期待を上回る驚きの連続!ハウステンボスを五感で楽しもう!

期待を上回る驚きの連続!ハウステンボスを五感で楽しもう!

長崎県佐世保市にあるテーマパーク「ハウステンボス」。まるでヨーロッパの街に迷い込んだかのような空間は46万坪にも及び、これなんとあのディズニーランドとディズニーシーを合わせた広さとほぼ同規模というから驚きですよね。日帰り観光なんてもったいない!と思えるほど園内は充実しています。もう行った人もこれから行ってみたい人も、チェックしておきたいハウステンボスの魅力に迫ります。

2017年01月19日

テーマはヨーロッパ!長崎のハウステンボスへいこう

テーマはヨーロッパ!長崎のハウステンボスへいこう1007556

出典:Arihiroさんの投稿

今回ご紹介するのは、長崎県佐世保市にあるテーマパーク「ハウステンボス」。ここはヨーロッパ?!と見間違うほどの美しい街並みが魅力の観光スポットです。

五感で楽しむハウステンボスの魅力

五感で楽しむハウステンボスの魅力1005167

出典:Arihiroさんの投稿

東京ドームの33個分という広大な敷地には、大人も子供もときめく魅力がいっぱい。年間を通して楽しめるハウステンボス。もう行った人もまだこれからおでかけを計画している人も、チェックしておきたいポイントをピックアップ!カラダ全身で感じるハウステンボスの魅力をご紹介します。

魅力1:一年中咲き誇る花々

魅力1:一年中咲き誇る花々1005171

出典:Arihiroさんの投稿

ヨーロピアンテイストな雰囲気を彩るの美しい花々を、一年中楽しめちゃうハウステンボス。

春の2月~4月は「チューリップ祭」

春の2月~4月は「チューリップ祭」1005173

出典:

春のチューリップと風車はオランダの世界観そのもの。まるで日本にいることを忘れてしまいそうな景色ですよね。

初夏の5月~6月頃は「バラ祭」

初夏の5月~6月頃は「バラ祭」1007581

出典:むら智さんの投稿

広大な敷地を活かした展示は、迫力満点。初夏のバラはアジア最大級の規模を誇る「バラ祭」が開催されるほど。

12月~2月は「大胡蝶蘭展」

冬は日本最大規模200種類の胡蝶蘭が楽しめるイベントが開催。ハウステンボスにおすすめの季節はありません。どの季節に訪れても楽しめるのが最大の魅力です。四季それぞれの良さを花の香りと共に味わえるイベントも盛り沢山なので、ぜひチェックしてみてくださいね。

魅力2:ロマンチックなウォーターフロントリゾート

魅力2:ロマンチックなウォーターフロントリゾート1005184

出典:

ハウステンボスの魅力といえば、この水辺で過ごす優雅なひとときも忘れてはなりませんよ。

カナルクルーザーに乗ろう

カナルクルーザーに乗ろう1005181

出典:Arihiroさんの投稿

ハウステンボスの中にある全長6kmの運河を、カナルクルーザーで巡ってみませんか?ちょっとクラシカルな雰囲気が体験できるので、大人のデートにもおすすめ。

ゴンドラに乗ろう

ヨーロッパらしい雰囲気を体感したい人にはゴンドラもオススメ。
船頭さんがゆっくりこいでくれるので、街並みをより優雅に楽しめます。

水陸両用観光バス「ダックツアー」も!

よりアクティブに動きたい人にはカヌー水陸両用観光バス「ダックツアー」なども。ヨーロッパらしいワイルドさを満喫しながら過ごせると男性にも人気です。

魅力3:感性が磨かれるミュージアム

ハウステンボスの中にはミュージアムだけでも5つもあるんです!中でもおすすめの美術館をご紹介いたします。

ハウステンボス美術館

ハウステンボス美術館1005206

出典:

特に人気なのがこのオランダの宮殿を再現したという「ハウステンボス美術館(Huis Ten Bosch Museum)」。

ハウステンボス美術館1005209

出典:

オランダ美術コレクションやバロック式庭園などを楽しむことができます。

ハウステンボスの文化的象徴『パレス ハウステンボス』。その内部にある『ハウステンボス美術館』では、世界の美術品を集めたさまざまな企画展を楽しんでいただくことができます。

出典:ミュージアム|イベント&ニュース|ハウステンボスリゾート

ポルセレインミュージアム

ポルセレインミュージアム1005220

出典:

またこちらの「ポルセレインミュージアム(Porcelain Museum)」では、17世紀ごろヨーロッパに渡ったという伊万里焼を見ることもできます。

ポルセレインミュージアム1005222

出典:

展示数はなんと約3,000点!美しさとその迫力に魅了されます。

海を渡って愛された伊万里の磁器その東西交流の足跡と美しい品々を展示

出典:ミュージアム|イベント&ニュース|ハウステンボスリゾート

ほかにも、世界最大級のシャンデリアのある「ギヤマンミュージアム」や、女子に人気の「テディベアキングダム」など、ミュージアムをまわっているだけでもあっという間に1日が終わってしまいそうなほど!

魅力4:迫力満点のイルミネーション

魅力4:迫力満点のイルミネーション1005233

出典:ET1361さんの投稿

ハウステンボスといえば、「光の王国」と称されるほどの規模を誇るイルミネーションも素敵です。夜のデートスポットとしても最高ですね。しかもこれも一年中楽しめるんですよ。

光と噴水の運河

光と噴水の運河1005238

出典:

ハズせないのはやっぱりこの水辺の景色。水に溶け込むような幻想的な雰囲気に、大人も子供もうっとりしちゃいますね。

雨でも安心!スリラーシティ

雨でも安心!スリラーシティ1005247

出典:

またこちらのスリラーシティなら雨の日でも安心。イルミネーションやプロジェクションマッピングを、ちょっとドキドキするホラーアクションと共に楽しめます。

他にもイルミネーションスポットはたくさん!

他にもイルミネーションスポットはたくさん!1007543

出典:kamettaさんの投稿

また、ライトアップされた街並みをみながらバンジーできるスポットや、話題の3Dプロジェクションマッピングなど、とにかく規模が大きいイルミネーションをお楽しみいただけます。一晩じゃ足りないくらいの美しさですよ。

魅力5:ココロと体を癒す滞在「ホテルアムステルダム」

とっても便利!ハウステンボスの中にある高級ホテル

とっても便利!ハウステンボスの中にある高級ホテル1005262

出典:

一晩じゃ遊びつくせないハウステンボス。実は園内にとっても素敵なホテルまであるんですよ。

とっても便利!ハウステンボスの中にある高級ホテル1005265

出典:

まるでアムステルダムにいるかのようなラグジュアリーな滞在を楽しめるこのホテル、人気観光ランキングなどの上位をひた走る、憧れのスポットです。

とっても便利!ハウステンボスの中にある高級ホテル1005266

出典:

ヨーロッパのホテルさながらのリゾート感に、思わずため息が出そう♡

とっても便利!ハウステンボスの中にある高級ホテル1005269

出典:

イルミネーションも独り占め。宿泊者専用クルーズやホテルラウンジで毎日開かれる演奏会まであるんですよ。ヨーロッパの貴族になった気分で優雅なひとときを過ごせそうですね。

公式詳細情報 ハウステンボス・ホテルアムステルダム

ハウステンボス・ホテルアムステルダム

ハウステンボス周辺 / 高級ホテル

住所
長崎県佐世保市ハウステンボス町7-7地図を見る
アクセス
博多駅より特急ハウステンボス号で100分/長崎駅からシーサイ...
宿泊料金
9,300円〜(2名1室 / 1名)
宿泊時間
15:00(IN)〜 11:00(OUT)など

9,300円〜 / 人

もっと見る

データ提供

ハウステンボスへのツアーも充実

ハウステンボスへのツアーも充実1005270

出典:Arihiroさんの投稿

お得にハウステンボスを楽しんじゃおう!

交通手段とホテルがセットになったパッケージツアーや飛行機とホテルがセットになったダイナミックパッケージツアーなど、お得なプランが揃っています。全国からますます足を運びやすくなった長崎のハウステンボス。ぜひ次の季節の旅行にいかがですか?

ハウステンボスへのアクセス

ハウステンボスへのアクセス1007563

出典:t.t.chopperさんの投稿

○飛行機の場合
長崎空港から高速船またはバスで約50分

○電車の場合
新幹線などで博多駅まで。そこからは特急「ハウステンボス」で約1時間45分

魅力いっぱいのハウステンボス

魅力いっぱいのハウステンボス1005197

出典:

オランダの人気キャラクターミッフィーちゃんのグッズも!

年間を通して楽しめるハウステンボスの魅力をご紹介しました。でもこれ、まだまだほんの一部にすぎません。一緒にいく人や旅のテーマに合わせて、カラダもココロも大満喫できる素敵なテーマパークです。ぜひちょっと長めのスケジュールで滞在を計画してみてくださいね。

ハウステンボスの詳細情報

ハウステンボス

住所
長崎県佐世保市ハウステンボス町
アクセス
1) 佐世保西肥バスセンターからバスで35分 - ハウステンボス駅下車から 2) 佐世保駅から車で25分
営業時間
9:00〜22:00 (時期により変動あり)
料金
子供 4,600円 小学生以下 中学生 6,000円 高校生 6,000円 大人 7,000円 1DAYパスポート 備考 シニア 6500円

データ提供

長崎県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード

奈良を旅する編集部おすすめ