長崎のクラシックホテル「雲仙観光ホテル」で贅沢ランチを満喫

長崎のクラシックホテル「雲仙観光ホテル」で贅沢ランチを満喫

昭和初期に外国人観光客向けに建てられた雲仙観光ホテルは、現在でも当時と変わらぬクラシカルな雰囲気を保ち続けています。レトロモダンな洋館でランチを味わってみませんか。長崎観光の際は、良質な温泉に恵まれた雲仙まで足をはこんでみましょう。メインダイニングで気軽に楽しめるランチメニューをご紹介します。

2017年01月20日

「雲仙観光ホテル・メインダイニング」料理 1008859 特注のオールドノリタケ

出典:mrbluewaveさんの投稿

昭和初期から続く老舗ホテル「雲仙観光ホテル」は、長崎・雲仙観光でぜひ寄りたいスポットのひとつです。「宿泊やディナーはちょっと敷居が高すぎて…」というあなたには、気軽に楽しめるランチがおすすめです。

雲仙観光ホテルって?

雲仙観光ホテルって?1008867

出典:

昭和初期、外貨を獲得するために諸外国から観光客を招こうという国策が生まれました。その一環として、国内各地に高級ホテルを建てる計画が持ち上がりました。
昭和10年、国内初の国立公園・雲仙国立公園内に誕生したのが雲仙観光ホテルです。

「雲仙観光ホテル・メインダイニング」内観 1008869 エントランス

出典:mrbluewaveさんの投稿

スイスの山小屋をイメージした木造建築のホテルには建設当時の最新設備が揃い、国内外からの宿泊客でにぎわいました。戦後いったん米軍に接収されたものの昭和25年に営業再開を果たし、昭和天皇・香淳皇后をはじめとする皇族の方々も雲仙観光ホテルでの滞在を楽しみました。
平成に入って国の登録有形文化財および経済産業省の近代化産業遺産に指定され、図書室・撞球室(ビリヤードルーム)などを備えた開業当時の姿が再現されました。

館内を少しみてみましょう

「雲仙観光ホテル・メインダイニング」内観 1009685

出典:ジョニー72さんの投稿

重厚でクラシックな雰囲気が漂っています。

「雲仙観光ホテル・メインダイニング」内観 1009692

出典:ジョニー72さんの投稿

古さはありますがきちんと手入れされており、クラシカルな館内は散策するだけでも楽しめます。

館内を少しみてみましょう1009699

出典:

図書室はアンティークライトやレトロな空間を演出しています。約1,500冊の蔵書があり、昭和初期の貴重な本もおいています。その他にもビリヤード台や映写室などがあります。

館内を少しみてみましょう1009733

出典:

客室もクラシカルなインテリアで統一されており、落ち着いた空間になっています。洋室のほかに和室もあります。

予約プランを見る:

メインダイニングでランチを楽しもう

宿泊せずにランチだけいただくこともできます。フレンチコースを贅沢に味わうのもよし、伝統のビーフカレーやサンドイッチなどの軽食メニューをカジュアルに楽しむのもいいですね。
「雲仙観光ホテル・メインダイニング」内観 1008874 メインダイニング室内

出典:covakazuさんの投稿

かつて数多くの文化人・財界人が集ったスイス風のメインダイニングルームには、約220畳分のゆったりした空間が広がっています。特にドレスコードは定められていませんが、いつもよりオシャレしていくのもいいですね。スタッフのホスピタリティにも定評があり、心地のいい時間が過ごせます。

「雲仙観光ホテル・メインダイニング」その他 1008875 優れもの一輪ざし

出典:ribonnの騎士さんの投稿

スプーンをそのまま使った一輪挿しにも、センスの良さが感じられます。

コースメニューの一例

「雲仙観光ホテル・メインダイニング」料理 1008878 生まれたままの姿のサラダ!

出典:ribonnの騎士さんの投稿

ランチのコースは3,500円から(税抜・サービス別)。自家農園でつくった無農薬のサラダ。

A photo posted by chil-san (@chilstar1) on

上段はメインディッシュの「雲仙ポークのピカタ仕立て」、下段左から「海の幸のスモークサラダ パスティスの香り」「野菜のポタージュ」「デザートプレート」です。自然豊かな雲仙の恵みを最大限に生かし、地産地消にこだわっています。
メインディッシュは、肉・魚から好きなほうを選べます。

グリル食堂復刻メニュー

「雲仙観光ホテル・メインダイニング」料理 1008893 昼ごはん・カレー①

出典:Joie de Vivre さんの投稿

コースメニューだけでなく、創業当時の味を再現した復刻版メニューも人気です。
こちらの「伝統の雲仙観光ホテル 特製ビーフカレー」は、創業当時のレシピに従って長崎和牛のバラ肉をじっくり煮込んだ欧風カレーです。コクが強く、ビーフシチューやハヤシライスに近い味わいです。
この特製ビーフカレーはレトルトタイプも販売されており、雲仙観光ホテルの味を自宅でも簡単に再現できます。

「雲仙観光ホテル・メインダイニング」料理 1008895 特製オムライス(きのこたっぷりデミグラスソース)

出典:井垣利英さんの投稿

きのこたっぷりのデミグラスソースがかかった「特製オムライス デミグラスソース」。お肉と野菜の旨味が溶け込んだデミグラスソースの味わいと、きのこのやわらかな歯ごたえがなんとも上品です。

アラカルトメニュー

「雲仙観光ホテル・メインダイニング」料理 1008899 アメリカンクラブハウスサンドイッチ

出典:井垣利英さんの投稿

軽めに食べたいときや時間が限られているときは、「アメリカンクラブハウスサンドイッチ」もおすすめです。
ハムやきゅうりなどをはさんだシンプルなサンドイッチは、どこか懐かしい味わいです。

アラカルトメニュー1008900

出典:

デザートには、「開業当時のレモンアイスクリーム」がおすすめです。レモンのさわやかな風味と甘く重厚なバニラの香りが合わさって、食後のコーヒー・紅茶によくあう味になっています。あっさり・さっぱりしたレモンアイスに慣れた人には、かえって新鮮に感じられるかもしれませんね。

雲仙観光ホテル・メインダイニングの詳細情報

雲仙観光ホテル・メインダイニング

雲仙市その他 / フレンチ、ステーキ、喫茶店

住所
長崎県雲仙市小浜町雲仙320
営業時間
12:00~14:00 17:30~21:00
定休日
ホテルに順ずる
平均予算
  • ¥3,000~¥3,999
  • ¥20,000~¥29,999

データ提供

食後に温泉はいかが?

食後に温泉はいかが?1008904

出典:

ホテルでお食事をした人は、1000円で日帰り入浴(11:00~17:00)が可能です。
アールデコ調の明るい浴室には硫黄の香りが漂い、地獄温泉のお湯をかけ流しで楽しむことができます。強い酸性泉は、慢性の皮膚病・婦人病・消化器疾患などに期待できそうです。

さいごに

古い映画に出てきそうなレトロな空間で、何十年も前にトリップしたかのような体験ができる「雲仙観光ホテル」。国内外から多くの賓客が訪れ、今でも当時の面影を残る歴史的遺産のホテルです。長崎観光の際は少し足をのばして、雲仙までおいしいランチを食べに行ってみてはいかがでしょうか。

長崎県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

SNSで人気

関連キーワード

奈良を旅する編集部おすすめ

お得に旅する編集部おすすめ

Go To トラベルキャンペーンでお得に旅しよう♪ 知っておきたい基本情報&オススメの旅先