走るカフェ「フルーティアふくしま」で、極上スイーツの旅に出よう!

走るカフェ「フルーティアふくしま」で、極上スイーツの旅に出よう!

走るカフェ「フルーティアふくしま」というリゾート列車をご存知ですか?福島は、フルーツ王国でもあります。そんな福島のフルーツを贅沢に使ったスイーツとともに、のんびりと風景を楽しみながら電車の旅を楽しむことができる列車なんです。極上のスイーツを味わいながら、文字通り“甘い旅”に出かけませんか?

2017年01月21日

「フルーティアふくしま」とは

「フルーティアふくしま」とは999525

出典:bata777さんの投稿

郡山~会津若松間、郡山~仙台間を走る観光列車です。電車のコンセプトは「走るカフェ」。福島県産のフルーツを使ったスイーツを列車で味わうことができます♪緑のなかを走ってくる姿は、まるで童話の挿絵のよう。

列車は赤と黒のツートンカラーが目印です!

列車は赤と黒のツートンカラーが目印です!999790

出典:

「フルーティアふくしま」の名前の由来は、福島の「フルーツ(fruit)」と、カフェの「お茶(tea)」との組み合わせです。シンボルマークは、ティーポットとともに、福島のフルーツが描かれています。

列車は赤と黒のツートンカラーが目印です!999800

出典:

こちらは、2号車。窓が大きく切られているので、景色も存分に楽しめますよ。2~4人のボックス席と、1人掛けのシートがあります。

列車は赤と黒のツートンカラーが目印です!999804

出典:

2人掛けのシートです。テーブルはちょっと狭い感じがしますが、ケーキをいただくくらいならこれで十分!

列車は赤と黒のツートンカラーが目印です!999793

出典:

こちらは、1号車。まるごと1両カフェカウンターになっています。ここでは、福島県内のお菓子やお酒などを購入することができます。

列車は赤と黒のツートンカラーが目印です!999805

出典:

「フルーティアふくしまの」オリジナルグッズなどもこのカウンターで買うことができます。

列車は赤と黒のツートンカラーが目印です!999796

出典:

アイスティーとアイスコーヒーは、こちらのカフェカウンターにあるドリンクバーで、自由におかわりもできますよ。

フルーティアふくしまのスイーツたち!

フルーティアふくしまのスイーツたち!999791

出典:

「フルーティアふくしま」のスイーツセットは、福島県産フルーツなどをふんだんに使ったオリジナルのスイーツ2品と、ホットコーヒー(1杯)、フルーツジュース(1本)となっています。もう少し飲み物が欲しいなというときには、1号車のカフェカウンターで、アイスコーヒーかアイスティーのドリンクバーを利用しましょう。

フルーティアふくしまのスイーツたち!999812

出典:

「フルーティアふくしま」に乗り込むと、まず白い箱がテーブルに運ばれてきます。スイーツに使用されるメインのフルーツは、季節ごとにかわります。好きなフルーツが使われる季節を狙うのもいいかもしれませんね。

A photo posted by みちゃん! (@mi_.40) on

「フルーティアふくしま」のスイーツは、地元の超人気店「fruits peaks(フルーツピークス)」のもの。福島県産の旬のフルーツを使った「フルーティアふくしま」オリジナルのスイーツが提供されています。郡山駅前にあった老舗の青果店から始まったお店なので、福島のフルーツを知り尽くしているというわけです。

フルーティアふくしまで提供されたスイーツ♪

どのスイーツも旬のフルーツがたっぷりで魅力的♡限定メニューなども登場するので、何度でも利用したくなりますね!

最後に

最後に999530

出典:

いかがでしたか?「フルーティアふくしま」の運行は、ほぼ土日の運行となっています。始発は郡山ですが、時期によって行き先が変わりますのでちょっと注意が必要です。美味しいスイーツを味わいながら、素敵な列車旅を楽しんでくださいね!

福島県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード

大山を旅する編集部おすすめ

お得に旅する編集部おすすめ

Go To トラベルキャンペーンでお得に旅しよう♪ 知っておきたい基本情報&オススメの旅先