青森の大自然が生んだ絶品スイーツ♡お土産におすすめのお菓子8選

青森の大自然が生んだ絶品スイーツ♡お土産におすすめのお菓子8選

青森県は、全国屈指の美味しい水の産地です。厳しい冬に降り積もった雪による雪解け水は、青森の食材すべての美味しさの源になっています。そこで今回は、青森の水が育んだ、卵・りんご・小麦をふんだんに使った、青森県ならではの人気スイーツをご紹介いたします。お土産に喜ばれること、間違いありません。

2017年01月22日

1. アルパジョンの「朝の八甲田」

【青森市】JR新青森駅すぐ(県内に数店舗あり)

「アルパジョン」料理 987347 朝の八甲田(2016年5月)

出典:ダイアンサスさんの投稿

「朝の八甲田」は、自然豊かな八甲田山の麓での、清々しい朝をイメージしたふわふわのスフレタイプのチーズケーキです。専用のスプーンが用意されていて、そちらを使っていただきます。テレビや雑誌にも数多く取り上げられていて、今や青森土産を代表する人気スイーツとなりました。

「アルパジョン」料理 1011330 朝の八甲田;プレーン

出典:lovely sweetsさんの投稿

青森県産の新鮮な卵のまろやかな卵黄をふんだんに使い、砂糖・牛乳・チーズ・メレンゲを加えて、毎日の気温や湿度にあわせて調理されています。ふんわり、しっとりとした食感が人気です。賞味期限は製造日から冷凍で60日間、冷蔵で3日間です。

「アルパジョン」内観 987341 4日間で35万個販売

出典:ぽぱいさんの投稿

なんとこの「朝の八甲田」は、35万個をたった4日間で販売したという伝説のチーズケーキ。店頭以外にも通販でも購入できます。その場合は冷凍した状態で届きますので、食べたい時に食べたい個数だけ解凍していただきます。

「アルパジョン」外観 987344 アルパジョン@新青森駅

出典:ぽぱいさんの投稿

今回ご紹介したのは新青森駅にある店舗です。この店舗以外には、八戸市内に3店舗あります(2017年1月時点)。

アルパジョン 新青森駅店の詳細情報

アルパジョン 新青森駅店

新青森 / ケーキ

住所
青森県青森市大字石江字高間140-2 あおもり旬味館 1F
営業時間
9:00~20:00
定休日
無休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ~¥999

データ提供

2. ラグノオの「気になるリンゴ」

【青森市】JR新青森駅すぐ(県内に数店舗あり)

「ラグノオ 新青森駅ビルあおもり旬味館店」料理 986639 ラグノオ@新青森駅ビルあおもり旬味館店 気になるリンゴ紅玉を切ったところ

出典:Ryumanさんの投稿

青森土産の、定番ともいえる人気スイーツが「気になるリンゴ」。丸々1個のりんごの芯をくりぬいて、そのまま甘さ控えめのシロップに漬け、薄皮のパイ生地で包んで焼きあげたものです。木になる(実る)りんごを、丸々アップルパイにしている、なんとも気になるスイーツが「気になるリンゴ」なのです。

「ラグノオ 新青森駅ビルあおもり旬味館店」料理 986642 ラグノオ@新青森駅ビルあおもり旬味館店 気になるリンゴ紅玉

出典:Ryumanさんの投稿

発売当時、丸々1個のりんごをそのままでアップルパイにしたラグノオの発想に、多くの人が驚きました。賞味期限が製造日から45日と長いのも、お土産スイーツとして魅力的です。

「ラグノオ 新青森駅ビルあおもり旬味館店」料理 986640 ラグノオ@新青森駅ビルあおもり旬味館店 気になるリンゴ紅玉の外装

出典:Ryumanさんの投稿

「気になるリンゴ」には、紅玉と富士の2種類があります。紅玉は酸味のきいたりんごで、アップルパイ向きの品種として知られています。富士は、酸味と甘さのバランスがとれたりんごです。

「ラグノオ 新青森駅ビルあおもり旬味館店」外観 986643

出典:トドワラさんの投稿

ラグノオの本社は弘前市にあります。「気になるリンゴ」以外にも、青森県を代表する人気スイーツのメーカーとして、さまざな人気商品を展開しています。新青森駅の店舗以外にも、青森県内と東北地方に店舗展開しています。ラグノオのHPからのお取り寄せもできますし、東京では飯田橋駅前にある青森県アンテナショップ「青森旬彩館」でも購入できます。

ラグノオ 新青森駅ビルあおもり旬味館店の詳細情報

ラグノオ 新青森駅ビルあおもり旬味館店

新青森 / ケーキ

住所
青森県青森市大字石江字高岡140-2 あおもり旬味館 1F
営業時間
9:00~20:00
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

3. おきな屋の「そふとどらいふるーつ」

【青森市】JR青森駅から徒歩4分

「おきな屋 新町店」料理 986756 そふとどらいふるーつ紅玉 (486円)

出典:夏ミカンさんの投稿

「そふとどらいふるーつ」は、青森県産の紅玉りんごを一口サイズにスライスして、蜜で加工してから乾燥させて作ったドライフルーツ。りんご本来の旨味が凝縮されたスイーツなのです。

「おきな屋 新町店」料理 986758 そふとどらいふるーつ紅玉

出典:eb2002621さんの投稿

ドライフルーツというと普通は硬い食感ですが、こちらの「そふとどらいふるーつ」は、しっとりとソフトな歯ごたえで、とても食べやすいのが魅力です。甘すぎることもなく、紅玉本来の甘酸っぱさは、実にくせになる味。紅茶、コーヒー、日本茶にもあいます。賞味期限は常温で90日間です。

「おきな屋 新町店」内観 986820

出典:かつかつかつくんさんの投稿

「おきな屋」の創業は大正7年で、青森市でも老舗和菓子店です。青森県産の小麦・卵・りんご・山ぶどうのワイン・長芋・味噌など県産食材にだわり、青森ならではのお菓子を提供しています。時間と手間を惜しまずに、安心して食べられるお菓子作りには定評があります。

おきな屋 新町店の詳細情報

おきな屋 新町店

青森 / 和菓子

住所
青森県青森市新町 1-8-2
営業時間
9:00~19:00
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

4. しかないせんべいの「らぷる」

【弘前市】JR弘前駅から車で12分

「しかないせんべい」料理 986737 らぷる

出典:味歩さんの投稿

一見、洋菓子のように見える「らぷる」ですが、実は生地は「せんべい」なのです。せんべいは生地の水分をなくして固く焼き上げるのですが、「らぷる」はいわば半生状態に焼きあげ、さらにせんべい生地で包んだりんごの果肉のしゃきしゃきした食感を残しています。冷蔵庫で冷やして食べても、オーブントースターで軽く焼いて食べても美味しいです。賞味期限が20日間と長いのも、お土産には嬉しいですね。

「しかないせんべい」料理 986738 らぷる

出典:taktak99さんの投稿

真ん中にあるりんごの果肉は実にみずみずしい状態です。ふんわりした半生せんべいの食感と、しゃきしゃきしたりんごの食感が食欲をそそります。

「しかないせんべい」内観 986824 きれいでセンスの良さを感じます。

出典:DMライダーさんの投稿

「しかないせんべい」は1915年創業の弘前市の老舗店です。代々、弘前地方伝統の津軽せんべいを作ってきましたが、現在は、青森県産の小麦を使った地産地消のスイーツ作りにこだわり、独自の商品開発に定評があります。「らぷる」だけではなく、りんごせんべい「こあき」などもお土産スイーツとして人気です。

「しかないせんべい」外観 986866 隣の神社の鳥居とマッチしてます♪

出典:たいむう♪さんの投稿

「しかないせんべい」は弘前の本店の他に、JR弘前駅ビルのアプリーズに支店があります。また、公式オンラインショップでのお取り寄せもできます。

しかないせんべいの詳細情報

しかないせんべい

弘高下、中央弘前 / 和菓子、洋菓子(その他)、せんべい

住所
青森県弘前市新寺町32
営業時間
9:00~19:00
定休日
年中無休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

5. 小山せんべい店の「津軽路せんべい」

【弘前市】JR弘前駅から車で13分

「小山せんべい 大浦町本店」料理 986811

出典:えんぼうさんの投稿

小山せんべい店の「津軽路せんべい」は5種類あります。今回おすすめするのは、その中の1つの「豆せんべい」です。生の落花生をふんだんに使って、すべて1枚ずつ手焼きで作っています。ちょっと甘めのせんべいと、落花生の風味は和風クッキーのような食感です。日本茶にぴったりの和スイーツです。

「小山せんべい 大浦町本店」料理 986810 豆せんべい(落花生)8枚入り(648円)

出典:グルメ放浪記さんの投稿

豆せんべいは、小山せんべい創業時からの定番商品です。創業時の「津軽路せんべい」は豆とゴマの2種類だけでした。現在はこの2種類に、手焼きアーモンド・手焼きピスタチオ・手焼きピーカンナッツの3種類が加わって、全5種類が販売されています。すべて、お店での1枚ごとの手焼きです。賞味期限は製造日から60日間です。

「小山せんべい 大浦町本店」外観 986812

出典:えぞむらさきさんの投稿

小山せんべい店の本店は、弘前城のすぐ近くにあります。本店では3人の職人さんが昔ながらの方法で、1枚ずつせんべいを手焼きしています。他に青森市(青森駅・新青森駅など)や、黒石市・八戸市にお店があります。

小山せんべい 大浦町本店の詳細情報

小山せんべい 大浦町本店

中央弘前、弘前、弘高下 / せんべい、和菓子

住所
青森県弘前市大浦町5-3
営業時間
8:00~18:00
定休日
無休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

6. ニコ ケークスの「バームクーヘンラスク」

【六戸町】JR三沢駅から車で5分

「ニコ ケークス」料理 987028 バームクーヘンラスク320円(税込)

出典:わがまま30さんの投稿

「バームクーヘンラスク」は、丁寧に焼きあげたバームクーヘンを直径10cmほどにカットして、オーブンでじっくり焼き上げてラスクにしたスイーツです。外側はカリッとした食感で、内側はしっとりと柔らかく、ただのラスクとは一味違います。とても珍しい風味のラスクに仕上がっています。

A photo posted by Yuko Kodama (@yucoconut) on

賞味期限は未開封で製造日より90日。日持ちする上にお値段もお手頃なので、ちょっとしたお土産などにおすすめですよ。ただし開封後は当日が消費期限となっているのでご注意を。HPからのお取り寄せもでき、嬉しいことに「青森~四季・彩・物語」という、青森の魅力満載のDVDのプレゼントもあります。必見です。
「ニコ ケークス」外観 987029

出典:Nagimikanさんの投稿

「ニコケークス」は、青森県上北郡六戸町にある、小向製菓の直営パティスリーです。小向製菓は「アップルクーヘン」や「nicoシュー」など、お土産でも人気な青森スイーツメーカーです。地元ではチーズケーキやバースデーケーキなど、生活に密着したパティスリー店として愛されています。

ニコ ケークスの詳細情報

ニコ ケークス

三沢 / ケーキ、和菓子、カフェ・喫茶(その他)

住所
青森県上北郡六戸町犬落瀬柳沢91-643
定休日
年末年始以外ほぼ無休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

7. 大湊吉田ベーカリーの「アンバターサンド」

【むつ市】JR大湊駅から徒歩1分

「大湊吉田ベーカリー 」料理 987040 アンバター

出典:遊歩人さんの投稿

大湊吉田ベーカリーの「アンバターサンド」は、むつ市大湊出身の俳優・松山ケンイチさんが少年時代から食べていた、地元で大人気のスイーツ系のパンです。まさに大湊の人たちのソウルフード。食パンに餡子とバターをサンドしただけのシンプルなパンですが、一度食べるとやみつきになる美味しさです。

「大湊吉田ベーカリー 」料理 987043 アンバター

出典:遊歩人さんの投稿

「アンバターサンド」は店頭で売っていなくても、お店で注文すればその場で作ってくれます。「アンバター」以外にも、ジャムバター・チョコレートピーナッツ・アンピーナッツ・バターピーナッツ・マロンクリームなど、さまざまな組合せのパンを作ってくれます。お値段は中高生たちにも手頃に買える130円~170円ほどです。

「大湊吉田ベーカリー 」内観 987127 (2014/8月)サンド類のショーケース

出典:natchan72さんの投稿

大湊吉田ベーカリー店内には、お店で作ったサンドイッチやバーガーなど豊富な種類の惣菜パンが並んでいます。サンドイッチでの変わり種はチャーシューチーズサンドやハムバター。コッペパンのサンドではささみチーズサンドが変わり種です。パンだけではなく、お惣菜、お弁当類も販売しています。

「大湊吉田ベーカリー 」外観 987169 (2014/8月)外観

出典:natchan72さんの投稿

大湊吉田ベーカリーは、JR大湊駅の駅前を左に入って、ちょっと行った場所にあります。地元に密着したパン屋さんですから、お取り寄せはできません。ここでしか買えないというのが、何よりもお土産としていただいた時の喜びに繋がります。松山ケンイチさんのファンの方には特別なお土産スイーツのはずです。ちなみに店内にはイートインコーナーも。

大湊吉田ベーカリー の詳細情報

大湊吉田ベーカリー

大湊 / パン・サンドイッチ(その他)、弁当、スイーツ(その他)

住所
青森県むつ市大湊新町4-2
営業時間
6:00~20:00
定休日
不定休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

8. 八戸屋の「あめせんべい」

【むつ市】JR赤川駅から車で7分

「八戸屋」料理 987183 黄金色の水飴がトロ~っと

出典:光風霽月さんの投稿

むつ市にある八戸屋の「あめせんべい」は、正方形の南部せんべいに、水飴をサンドした冬季限定商品です。ゴマがたっぷり入った南部せんべいのカリッとした食感の後に、黄金色の甘い水飴がトロリと口の中を充たします。

「八戸屋」料理 987187 パッケージがおもしろい

出典:光風霽月さんの投稿

「あめせんべい」は個別包装。1枚のあめせんべいは、一口で食べられるように4分割できるようになっています。八戸屋で昔から人気の和スイーツで、懐かしい味わいが楽しめます。水飴になじみのない世代にとっては新鮮ですよね。

「八戸屋」料理 987188

出典:しろらんさんの投稿

大正12年にむつ市で創業した八戸屋は、南部せんべいの製造販売の老舗店です。11月から4月までと、ほぼ冬季限定の人気商品が「あめせんべい」。嬉しいことに、むつ市の店舗を訪れなくても八戸屋HPからのお取り寄せもできるのです。賞味期間は製造日から60日間です。

八戸屋の詳細情報

八戸屋

赤川、下北 / 和菓子

住所
青森県むつ市新町47-3
平均予算
  • ~¥999

データ提供

いかがでしたか?

古くから地元で愛されている、青森の老舗店のスイーツを中心にご紹介しました。ミネラルウォーターのように美味しい水を、普通に水道で飲める青森県は美味しいものの宝庫なのです。お酒も、食材も、料理も、スイーツも、美味しい水があってこそ生まれるもの。青森県の美味しい水が育んだスイーツを、ぜひ食べてみてください。きっと、青森ファンになるはずです。

青森県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

青森県を旅する

編集部おすすめ

関連キーワード