透明度抜群!沖縄・那覇から日帰りできる『瀬底島』は魅力がいっぱい!

透明度抜群!沖縄・那覇から日帰りできる『瀬底島』は魅力がいっぱい!

沖縄本島の北部にある『瀬底島(せそこじま)』は、車でも気軽にアクセスできるコバルトブルーの海に囲まれた離島。こんなキレイな海が近くにあったとは……。透明度抜群なので海の中がサイコー!充実のマリンスポーツにもアプローチを。それだけではありません。癒しのカフェや展望レストランなど島グルメもまるごと堪能しちゃおう!

2017年01月24日

瀬底島の魅力に迫ろう!

瀬底島の魅力に迫ろう!1005728

出典:machoさんの投稿

『瀬底島(せそこじま)』は、周囲7キロほどの小さな島。瀬底大橋が開通してから、地元では日帰り観光も楽しめるスポットになりました。現在では、海洋博公園(沖縄美ら海水族館)やフクギの並木などとあわせて、ハシゴでドライブするのも◎。

海上だけでなく海中が醍醐味

海上だけでなく海中が醍醐味1012607

出典:Ryo_Hyugaさんの投稿

本島からすぐとは思えない美しい海に感動!キレイな海で気軽にビーチ遊びやマリンスポーツなどが楽しめるのも大きな魅力です。透明度抜群の海はもぐらなきゃ損ですよ。

海上だけでなく海中が醍醐味1005726

出典:

島の中央部には、“瀬底集落”があり、懐かしさが残る赤瓦屋根の古民家・サトウキビ畑・ブーゲンビリアなど、趣深い光景が見つかります。「遠くから神がやってきた聖なる地」という意味を持つといわれる『瀬底島』。ウチグシク、宮島御嶽、アンチ御嶽など「瀬底七御嶽」と呼ばれる歴史ある名所も持つ、拝所や御嶽(うたき)は島内に15か所ほどあります。今でも、島人たちに守り継がれています。

瀬底島へのアクセス

瀬底島へのアクセス1005719

出典:

【レンタカー(車)】
瀬底島にはレンタカーがおすすめ。那覇空港からは、沖縄自動車道(高速道路)の終点「許田(きょだ)IC」まで北上しましょう。高速を降りたら「沖縄美ら海水族館」方面へ。海沿いの国道449号線を快適ドライブできるルートも楽しみのひとつ。国道449号線からは瀬底島と結ぶ“瀬底大橋”が直結しているのでわかりやすいです。瀬底大橋を渡れば瀬底島に到着です。所要時間はおよそ2時間です。

【バス】
バス利用なら、那覇バスターミナル(沖縄都市モノレール・旭橋駅前)から名護バスターミナルまでおよそ2時間。乗り継いで本部町までおよそ30分。バス停から徒歩15分ほどで瀬底島に到着します。

瀬底島の美しいビーチ

パウダーサンド「瀬底ビーチ」

パウダーサンド「瀬底ビーチ」1005727

出典:TC76さんの投稿

島の西側にある『瀬底ビーチ』は、長さ800mほどある天然ビーチです。その美しさは本島ではなかなか体験することができない離島の海を感じます。それにもかかわらず、本島からは目と鼻の先という好立地も人気の秘密です。

パウダーサンド「瀬底ビーチ」1005761

出典:

整備された白い砂浜はサラサラのパウダーサンド。キレイなビーチは海水浴場としても人気があります。コバルトブルーとエメラルドグリーンのグラデーションがまばゆく目に焼きつきます。

パウダーサンド「瀬底ビーチ」1005716

出典:1-64.さんの投稿

地元の人たちの憩いの場でもあり、子供たちやおばぁのかわいい沖縄弁が飛び交います。ここに来たらぜひシュノーケリングを楽しんでほしい。浅瀬がおよそ200mの沖合まで続くので、初心者にも打ってつけの場所です。

パウダーサンド「瀬底ビーチ」1005774

出典:

西側に位置するので、夕日がキレイなスポットとしても有名です。水納島(みんなじま)や、伊江島(いえじま)を背景に沈むサンセットはなんともロマンチックです♪

パウダーサンド「瀬底ビーチ」1005757

出典:numa fukuroさんの投稿

約250台停めることができる大型駐車場は有料です。施設営業期間は、4月下旬~10月上旬まで。トイレ・有料シャワー・更衣室・有料ロッカーなどの設備も整っています。ビーチはクラゲ防止ネットもあり、監視員がシーズン中は常勤しています。

瀬底ビーチの詳細情報

瀬底ビーチ

住所
沖縄県国頭郡本部町瀬底
アクセス
名護バスターミナルからバスで40分
営業時間
[夏] [4月〜10月] 9:00〜17:30

データ提供

アンチ浜

アンチ浜1005752

出典:youeyeさんの投稿

瀬底大橋の真下に見える『アンチ浜』は、パーキングの目の前がビーチなのでドライブコースとしても気軽に立ち寄れます。瀬底大橋を渡ったらすぐ左に曲がって坂を下れば到着します。透明度もバツグン!対岸には本部の町並みが見渡せる個性的な立地です。

アンチ浜1005809

出典:

実は、アンチ浜も瀬底ビーチに劣らない充実度たっぷり。マリンスポーツやツアーのほか、軽食・アルコール・バーベキューなどの海メシも楽しめるビーチなのです。昼からビールなんて最高ですね。

アンチ浜1005721

出典:

見通しの良いミニビーチなので小さなお子さん連れにはもってこい。地元民ご用達の穴場ビーチを満喫できます。駐車場は無料、売店、トイレ、シャワーなどの施設も整っています。

アンチ浜の詳細情報

アンチ浜

住所
沖縄県国頭郡本部町瀬底2631
アクセス
高速許田インターから約22km・およそ45分

データ提供

瀬底島で楽しめるマリンアクティビティ

シュノーケリング

シュノーケリング1005776

出典:

透明度バツグンな海では「シュノーケリング」がお手軽でおすすめです。レンタルもあるので手ぶらでもOKです。沖縄ではシュノーケルが量販店などで普通に売られているので、2・3回以上利用するなら購入した方が断然お得!

ダイビング

ダイビング1005781

出典:

せっかくなら海の中に潜って「ダイビング」も楽しみましょう。生きたサンゴやカラフルな熱帯魚にうっとり。海の中を見て人生観が変わったという人も少なくありません。沖縄の海を楽しめるのは夏だけではありません。ダイビングは年中通してツアーがあります。冬場はとくにお手頃価格だそう。

ダイビング1005772

出典:

沖縄ならではのカラフルな魚たちの演舞はいつまで見ていても飽きません。まるで水槽の中にいるような透明度に身も心も癒されます。

ダイビング1005778

出典:

エキゾチックな模様をした魚も発見!どんな珍しい魚に出会えるかワクワクします。

ダイビング1005723

出典:

ほかにも、バナナボート・パラセーリング・ジェットスキー・シーウォーカーなど、たくさんのマリンアクティビティが充実しています。

ダイビング1005759

出典:

地元サーファー達のカッコイイ姿も、オシャレな海の風景には欠かせません。

ホエールウォッチング

ホエールウォッチング1005850

出典:fukumaさんの投稿

実は瀬底島でも「ホエールウォッチング」ができるツアーがあります。クジラを見られる可能性がかなり高いと太鼓判付き。

瀬底島の観光スポットならココ

瀬底大橋

瀬底大橋1010903

出典:くりりさんの投稿

1985年(昭和60年)に『瀬底大橋』が開通しました。全長は762mに及びます。橋から見る海の景色は最高です。

瀬底大橋1010900

出典:癒流里庵さんの投稿

前方に近づく島は、緑が豊富な自然がそのまま残された雰囲気を連想させます。ちなみに、橋上は駐停車禁止なのでご注意を!晴れた日には、ウォーキングもおすすめ。

瀬底土帝君(せそことぅんてぃくん)

国指定重要文化財にもなっている『瀬底土帝君(せそこてぃーてんく)』。18世紀中頃に造られたものではないかといわれています。中国由来の土地神・土帝君を祀り、唐から来た使者をもてなした場所と伝えられています。

島のイベントに潜入!

豊年祭

3年に一度行われる最大のイベント『豊年祭』。島の若者たちも積極的に参加する、豊年を祈願するお祭りです。開催年の干支によって祭りの内容が大きく変わります。丑と未年は踊りが、辰と戌年は大綱引きが行われ、使用される綱は藁から1か月以上かけて編み上げるとか。北と南にわかれて、それぞれ作成される綱は直径80cm、長さ65cmの大綱。そして、勝利した大綱を持ち帰ると、その年に良いことがあると信じられています。次回は2018年の戌年・大綱引き、2021年の丑年・踊りが予定されています。

ピージャーオーラサイ

「豊年祭」よりも旅行日程に組み込みやすいのが、5月と11月の年2回開催される『ピージャーオーラサイ』。沖縄の方言で、「ピージャー」はヤギ、「オーラサイ」は格闘なので、闘山羊の大会(ヤギの闘い)のお祭りです。沖縄といえば闘牛が有名ですが、角をぶつけあうヤギの姿も迫力あるもの。見学は有料になります。

瀬底島のグルメならココ

fuu café(ふーかふぇ)

「fuu cafe」外観 1006005 お店

出典:Légumeさんの投稿

自然あふれる贅沢な空間を満喫できる『fuu café』。自家栽培や有機栽培にこだわった野菜やハーブをふんだんに使った料理が味わえます。とくにあまり流通していない“やんばる野菜”を使っているのがポイントです。採れたての野菜を使ったランチメニューをぜひ!

「fuu cafe」料理 1016033 海ぶどうとアグーの丼仕立て

出典:りりぃママさんの投稿

「海ぶどうとアグーの丼仕立て」は、海ぶどうのプチプチ食感と濃厚に味付けされた、やんばる島豚がコラボした絶品。しかもモチモチ食感のジーマミー豆腐とドリンクもセットになったおすすめメニューです。

「fuu cafe」内観 1005991

出典:ガチマイ☆☆☆さんの投稿

森の中にいるようなテラス席やハンモックなど、癒しを求めるには最高な場所です。スマホの電源を切ってのんびりとした時間を過ごしてみてはいかがですか?

fuu cafeの詳細情報

fuu cafe

本部町 / カフェ

住所
沖縄県国頭郡本部町瀬底557
営業時間
11時からサンセット
定休日
水曜日・木曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

UKAUKA(ウカウカ)

「pizzeria UKAUKA」料理 1005346 四種のチーズで焼き上げたクワトロフォルマッジ。女性に大人気です。

出典:

瀬底大橋からも近く、少し高台にあるので見晴らしがいい場所にある『UKAUKA』。こちらでは、手造りの石窯で一枚一枚丁寧に焼き上げるナポリピッツァが食べられます。

「pizzeria UKAUKA」料理 1005344 瀬底大橋を望むテラス席でアツアツピッツァをどうぞ!

出典:

イタリアから取り寄せる最高級の小麦粉とモッツァレラチーズ、自家栽培で収穫した野菜をふんだんに使った絶品ピッツァがおすすめ。他にも島野菜を使ったプレートランチなど、ハンバーガーやカレー、ホットサンドなどのメニューが揃います。瀬底大橋や本部半島が望めるテラス席がおすすめです。

pizzeria UKAUKAの詳細情報

pizzeria UKAUKA

本部町 / ピザ

住所
沖縄県国頭郡本部町瀬底2281-1
営業時間
11:30~16:00(生地無くなり次第終了) 18:30〜21:00(予約制。前日16時まで受付)
定休日
火曜日(その他、Facebook参照)
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

瀬底島めぐりいかがでしたか?

瀬底島めぐりいかがでしたか?1005754

出典:TC76さんの投稿

『瀬底島』のキレイな海は、海水浴だけでなくシュノーケリングやダイビングなどのマリンスポーツを近場で楽しめる打ってつけの場所です。思いっきり遊んだあとには美しい夕日を見ながらクールダウン。沖縄本島から気軽にアクセスできる瀬長島にぜひ訪れてみましょう。

瀬底島の詳細情報

瀬底島

住所
沖縄県国頭郡本部町字瀬底
アクセス
名護バスターミナルからバスで40分

データ提供

沖縄県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

沖縄県×ホテル・宿特集

関連キーワード

全国を旅する編集部おすすめ

お得に旅する編集部おすすめ

Go To トラベルキャンペーンでお得に旅しよう♪ 知っておきたい基本情報&オススメの旅先