1泊2日で日光を満喫!定番観光地を網羅するおすすめコース

1泊2日で日光を満喫!定番観光地を網羅するおすすめコース

浅草から電車で2時間弱で行ける日光は、史跡・旧跡や温泉、絶景スポットに大型テーマパークなど、たくさんの見所や楽しみがある一大観光地です。さらに、街を歩けば、古くは江戸から残る古民家や、明治から昭和初期の美しい近代建築に出会うことができます。そんなお楽しみがたくさん詰まった日光を、1泊2日で満喫するプランを、地元っ子が提案します!

2017年01月24日

見どころをギュッと凝縮した日光の旅へ

見どころをギュッと凝縮した日光の旅へ1012199

出典:たあぼさんの投稿

栃木県の日光は、浅草から約2時間と関東圏から日帰りでも遊びに行ける観光地。でもせっかくなので、ちょっとだけ時間と費用をかけて、1泊2日で楽しんでみるのはいかがでしょう?日光の定番観光地をギュッと凝縮したモデルプランをご紹介していきます。

1日目

さあ出発です!

さあ出発です!1007872

出典:3122さんの投稿

日光へ出かけるなら、個室車両もある東武鉄道の特急「スペーシア」が便利です。時間帯によっては池袋や新宿から乗れるもの(JR線直通運転の車輌)もありますが、ほとんどは浅草が始発となっています。

さあ出発です!1012634

出典:

スペーシアの特急券は「まるごと日光 東武フリーパス」と一緒に購入するのがおすすめです。こちらのフリーパスは日光地区の鉄道やバスが乗り降り自由で、有効期限は4日間。泊りがけのお出かけにはとっても便利です!

さあ出発です!1007876

出典:しばおさんの投稿

都内から約2時間で東武日光駅に到着!ではまず、世界遺産にも登録された日光の二社一寺めぐりを始めましょう。

さあ出発です!1012544

出典:

東武日光駅から「世界遺産めぐり循環バス」という、東照宮などの主な観光地を循環しているバスが出ています。ちなみにこちらは、そのコース内が1日乗り放題になるフリーパス「世界遺産めぐり手形」。ただし、「まるごと日光 東武フリーパス」を購入していればこちらは不要ですよ。

さあ出発です!1009683

出典:

こちらが「世界遺産めぐり循環バス」です。最初の目的地まではひとまずバスで行ってみましょう。

女子から人気上昇中の「日光二荒山神社」へ

女子から人気上昇中の「日光二荒山神社」へ1009723

出典:

東武日光駅前からバスで約12分。日光山内で最古の建造物、二荒山神社です。境内には御神木のほかにも「夫婦杉」や「親子杉」、霊泉といったさまざまな祈願場所があります。

女子から人気上昇中の「日光二荒山神社」へ1009729

出典:

パワースポットしても知られていて、特に縁結びのご利益を求めて参拝に訪れる女子が増えています。ハートが描かれた絵馬や、お守りの種類も豊富で人気です。いいご縁を求めている方はぜひ訪れたい場所ですね。

日光二荒山神社の詳細情報

日光二荒山神社

住所
栃木県日光市山内2307
アクセス
日光駅からバスで7分 - 西参道下車から
営業時間
[4月〜10月] 8:00〜17:00 [11月〜3月] 9:00〜16:00
料金
小学生 100円 神苑入苑料 中学生 100円 神苑入苑料 大人 200円 神苑入苑料 その他 日光神楽 500円(10名以上)/特別参拝神楽 1,000円(10名以上)

データ提供

眠り猫や三猿で知られる「日光東照宮」

眠り猫や三猿で知られる「日光東照宮」1009809

出典:

日光二荒山神社から徒歩約8分の日光東照宮。日光随一の観光地です。陽明門や五重塔などの重要文化財や、神厩舎(しんきゅうしゃ)にある「三猿(さんざる)」や東廻廊(ひがしかいろう)にある「眠り猫」は有名ですよね。絢爛豪華な社殿など、美しく荘厳な雰囲気を味わいましょう。

日光東照宮の詳細情報

日光東照宮

住所
栃木県日光市山内2301
アクセス
1) JR、東武「日光」駅からバスで約10分、「西参道」下車徒歩約10分 2) 日光宇都宮道路「日光IC」から約2km
営業時間
[4月〜10月] 8:00〜17:00 [11月〜3月] 8:00〜16:00 ※受付は閉門30分前まで
料金
日光東照宮単独拝観券 大人 1,300円、小中学生 450円 セット料金 (東照宮拝観券+宝物館入館券) 大人 2,100円、小中学生 770円

データ提供

栃木県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード

奈良を旅する編集部おすすめ