おふろcafeに仲間入り!最高の温泉と寛ぎ空間「白寿の湯」【埼玉】

おふろcafeに仲間入り!最高の温泉と寛ぎ空間「白寿の湯」【埼玉】

埼玉県児玉郡神川町にある「白寿の湯」。2016年10月、話題のおふろcafe(お風呂カフェ)として生まれ変わりました!おふろcafeブランドの日帰り温泉の中でも、ひときわ落ち着いた雰囲気が漂う「白寿の湯」。館内には、健康をテーマにした食事処「寝かせ玄米と糀料理俵屋」があり、ただただダラダラするだけではなく、健康志向の大人の方でも楽しめるスポットになっています。今回はそんな「白寿の湯」を紹介いたします。

2017年01月28日

寛ぎと食にこだわった「おふろcafe 白寿の湯」

リニューアルで魅力倍増!

2016年10月に新しく生まれ変わった「おふろcafe 白寿の湯」は、長年にわたり愛されてきた名湯を大切に守りながら、さらに寛ぎと食にこだわった、心安らぐ日帰り温泉施設です。人気の「おふろカフェutatane」や「おふろカフェビバーク」など埼玉県内に数あるおふろcafeブランドの中でもお湯へのこだわりは随一!温泉通をも唸らすお風呂が楽しめるんです。

おふろcafeブランド随一の大人空間

古生層から湧き出す名湯、健康にこだわった糀料理、寛ぎのスペース…おふろcafeブランドの中でも、落ち着いた雰囲気漂う「おふろcafe 白寿の湯」なら“本物志向”の大人も十分に楽しめるんです。今回は、リニューアルしてさらに魅力を増した「おふろcafe 白寿の湯」の楽しみ方をたっぷりと紹介いたします。

それではさっそく館内へ

フロントで下足鍵と引き換えにリストバンドを貰います。入館料は館内利用分と合わせて後払い方式です。

入館料

■通常受付(10:00~21:00)
【平日】大人(中学生以上)750円、小人400円
【土日祝】大人850円、小人400円

■深夜受付(21:00~22:30)
大人 420円、小人200円

3歳未満は無料です。タオルや館内着は別料金です。

温泉通も納得!名湯「白寿の湯」

源泉はナトリウム、塩化物強塩泉(高張性・中性低温泉)で、地下750メートルの古生層から湧き出る本格天然温泉です。泉質の濃さは関東トップクラスと言われています。

海水と同程度の塩分濃度の温泉は無色透明ですが、空気に触れ、熱を加えると不透明な褐色になります。濃い温泉成分の結晶が湯舟のふちや床に千枚田のように堆積する姿は白寿の湯の名物です。

女性浴室では糀入りの泥パックが無料で使用できます。女性には嬉しいサービスですね。

山形県の月布の山から採掘した天然泥に含まれる鉱物「モンモリロナイト」が余分な皮脂を取り除き、肌をなめらかにしてくれます。

出典:おふろ | おふろcafé 白寿の湯

のんびりが嬉しいリラックススペース

寛ぎ処「葉隠」

やさしい木目に囲まれた寛ぎの空間には、おふろcafeではメジャーアイテムになりつつあるハンモックや、床を丸くくり抜いたソファーがあります。

A photo posted by Naoko Kadono (@naokokadono) on

<思い思いの過ごし方を楽しんで!>

A photo posted by @oui_br on

壁一面の本棚には漫画や雑誌がズラリと並んでいます。テーブルに座って読書をしたり、床に寝そべったり、寛ぎ方は人それぞれです。

A photo posted by @oui_br on

本棚の裏側にも寛ぎのスペースが。狭い空間って秘密基地のようでワクワクするのと同時に、なんだかとっても落ち着くんですよね。

A photo posted by rina onaya (@rii916) on

押入れのようなスペースだって、読書エリアになっちゃいます。

<無料コーヒーやマッサージチェアでほっと一息♪>

葉隠では無料コーヒーもいただけます。コーヒーを飲みながら読書をしたり、無料マッサージ機があったり、またフリーWi-Fiも完備しているので趣味に没頭するのもいいですね。

フロント横の売店には、品揃え豊富なサイダーがズラリと並んでいます。わさびジンジャーサイダーや醤油サイダーなど、変わったものが沢山あります。お風呂上がりにグイッと飲むのもいいけれど、お土産にするのも面白いですね。

露天涼み処

お天気のよい日は自然の光や空気を感じながら太陽の下でのんびりと涼んでみるのもオツなものです。ゆったり贅沢なひとときが過ごせますよ。

屋外だけど寒い日でも大丈夫。中央に設置された野外暖炉でポカポカ気分を満喫できちゃいます。

ゴロ寝スペースや個室も完備

ほかにも、ゴロンと転がることができる休憩室や、ゆったりくつろげる個室、気軽に楽しむエステサロンなど、疲れた体を癒すためのスペースがいっぱいなんです。

食事処「寝かせ玄米と糀料理 俵屋」

温泉の名前にもなっている「白寿」とは99歳のこと。コチラのお店では「白寿まで元気に」を意識した健康的なお料理がいただけるんです。こだわったのは「寝かせ玄米」と「糀」と地産地消。町内の老舗メーカーである「ヤマキ醸造」や、「結わえる」とのコラボで実現したお料理が堪能できます。

「寝かせ玄米」とは

俵屋ではビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富な「寝かせ玄米」がいただけます。寝かせ玄米とは、玄米を三日間ほど保温し続けたお米です。寝かせることでもちもちとした食感になり、とっても美味しくなるんですよ。

ヤマキ醸造の「糀」を使用

俵屋では、地元食材と無添加にこだわった「ヤマキ醸造」の醤油と糀が使われています。糀は食材を柔らかくし、旨味成分を引き出す役割があります。

自慢のメニュー

お店の看板メニューでもある「糀御膳」。「ヤマキ醸造」と「結わえる」がコラボして作った、手の込んだ御膳です。糀御膳は肉か魚を選ぶことができる週替わりのメニューです。写真は岩手県産秋鮭の麹漬け焼きです。

同じく「糀御膳」の肉料理バージョンです。群馬県産赤城鶏を使った糀照り焼きです。

コチラは冬限定のメニュー「味噌糀煮ぼうとう」です。地元野菜をふんだんに使った栄養満点の、埼玉県深谷の郷土料理です。

「お食事処 俵屋」料理 1016625 農民カレー

出典:mickeycoolさんの投稿

地産地消にこだわった野菜を贅沢に素揚げした「花豆と採れたて野菜の農民カレー」は、たっぷりの野菜とスパイスをじっくりと煮込んだ濃厚なカレーです。ごはんはプラス料金で寝かせ玄米にも変更できます。

お食事処 俵屋の詳細情報

お食事処 俵屋

神保原 / 定食・食堂

住所
埼玉県児玉郡神川町渡瀬337-1 白寿の湯
営業時間
11:00~21:30(L.O)
定休日
不定休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

お土産も健康を意識した品揃え

売店では、寝かせ玄米や「ヤマキ醸造」の商品などを購入することができます。健康や地産地消に関連した商品が沢山揃っているので、自分用に、お土産用に、いろいろと買って帰りたいですね。

おふろcafe 白寿の湯の詳細情報

おふろcafe 白寿の湯

住所
埼玉県児玉郡神川町大字渡瀬337-1
アクセス
本庄児玉ICから車で25分
営業時間
10:00〜23:00 最終入館22:30
料金
子供 400円 詳細はお問い合せ下さい。 大人 700円 詳細はお問い合せ下さい。

データ提供

いかがでしたか?

いかがでしたか?1015675

出典:

からだに嬉しい温泉と、からだにやさしいお料理が自慢の「おふろcafe 白寿の湯」。仕事で疲れたときや、思いっ切りリフレッシュしたいとき、ひとりでも、お友達同士でも、ご家族でも、癒されに行ってみませんか?心もからだも喜ぶこと間違いなしですよ。

埼玉県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード

奈良を旅する編集部おすすめ