富山でホタルイカといえば滑川へ!触れて、学んで、食べて、楽しもう!

富山でホタルイカといえば滑川へ!触れて、学んで、食べて、楽しもう!

北陸新幹線の開通で訪れやすくなった富山県。とくに春から夏にかけてが観光のベストシーズンとのこと。なかでも、産卵のために深海から富山湾沿岸に押し寄せてくる「ほたるいか」が定置網にかかった時に放つ青い光は幻想的な絶景ポイント!「活きたほたるいかの発光ショー」が見られるライブシアターや生態を学べるミュージアムなど、「ほたるいか」に関わる観光スポットをご紹介!

2016年04月05日

富山湾は、春は「ホタルイカ」、春から秋にかけては「シロエビ」が旬を迎えます。
この時期にお出かけすれば、どちらも食べることができて満足できること間違いなし!
しかし、ホタルイカは、実はその生態もとても興味深いのです。
せっかく滑川を訪れるのでしたら、まずホタルイカの生態について学んで知識欲を満たしてから、お腹を満たすのはいかがでしょうか。

ホタルイカとは?

ホタルイカとは?273

出典:greensさんの投稿

ホタルイカの寿命は1年と非常に短く、春に孵化した後、深海(200mから600m)で成長し、次の春に産卵してその一生が終わります。ホタルイカは、その名前の通り体に発行器を持っていて、青汁く光ることでよく知られています。一番光るのは、両腕の先に3つある発光器で、それ以外になんと1000個以上の発光器が体の側面についています。
滑川でのホタルイカ漁は、早朝行われるのですが、暗い海に青白く浮かび上がる無数のホタルイカは、とても幻想的です。
ホタルイカとは?275

出典:galapagosさんの投稿

海岸にもたくさんのホタルイカが打ち上げられて、青白く光っています。

ホタルイカの漁獲シーズンは、3月から5月くらいまで。

普段は深海に生息しているホタルイカですが、この時期に産卵のため岸の近くまで上がってきます。そこで、産卵を終えた後のホタルイカを定置網で獲るため、滑川で採れるホタルイカの99%はメスなんです!オスの生態はまだよくわかっていないそうです。

ホタルイカ漁を海上で見ることができる!ほたるいか海上観光

ホタルイカ漁を海上で見ることができる!ほたるいか海上観光278

出典:

午前3時に出発するホタルイカ観光船に乗り込んで、目の前で行われるホタルイカ漁を見学することができます。

ホタルイカ漁を海上で見ることができる!ほたるいか海上観光279

出典:とし@さんの投稿

ホタルイカ漁を海上で見ることができる!ほたるいか海上観光280

出典:てれてれ坊主さんの投稿

定置網の中で青白く光っているたくさんのホタルイカは、とても幻想的です。強風、波が高いときは船はでませんし、不漁の場合もありますから、実際にホタルイカを見ることができる人はラッキーです。

ホタルイカ観光ができる時期は毎年少しずつ変わりますが、だいたい4月上旬から5月上旬まで行われます。大変人気のツアーで、例年3月1日から予約受付開始していますので、行きたい人は早めに申し込みしましょう。

ホタルイカについて触れて学べる!ほたるいかミュージアム

ホタルイカについて触れて学べる!ほたるいかミュージアム287

出典:

「道の駅ウェーブパークなめりかわ」にあります。
富山湾沿いにあるので、目の前に広がる海、天気のいい日は立山連邦を見ることができます。

ホタルイカについて触れて学べる!ほたるいかミュージアム288

出典:

ホタルイカの漁がおこなわれる時期は、活きたホタルイカの発光ショーが行われます。水槽の網を実際に揺らして、その刺激で発光し始めるホタルイカを間近でみることができます。それ以外の時期は、ほたるいかの発光をイメージしたLEDライトのショー、また龍宮ホタル(深海性発光プランクトン)の発光ショーが行われます。
ホタルイカについて触れて学べる!ほたるいかミュージアム290

出典:

富山湾の海洋深層水に、深海の生き物を集めたプールもあります。ここでは、なんと深海の生き物に触れてることができます!シーズンにはホタルイカも入っていますから、手に取って写真撮影したいですね。

ホタルイカを見た後にちょっと休憩 「みちcafe wave」 

「ほたるいかミュージアム」料理 295

出典:ゆうきさそさんの投稿

ホタルイカのフライは、衣に程よく味がついていて、おいしいです。小腹を満たすのにぴったりのサイズです。

「ほたるいかミュージアム」外観 296 オープンテラス(⊙ꇴ⊙)

出典:肉の妖精さんの投稿

オープンテラスもありますから、天気のいい日は目の前に広がる富山湾を見ながら一息つくのもいいですね。

ほたるいかミュージアムと同じ敷地にある「みちcafe wave」。
滑川ならではのメニューで、ホタルイカについて学んだあと休憩しましょう。ホタルイカフライのほかにホタルイカバーガー、海洋深層水のほんのりとした塩気が感じられる、つべつべソフトがおすすめです。「つべつべ」とは肌などがつるつる、という意味の富山弁です。

ほたるいかミュージアムの詳細情報

ほたるいかミュージアム

滑川 / 天ぷら

住所
富山県滑川市中川原410 道の駅 ウェーブパークなめりかわ
営業時間
10:00~16:00
定休日
火曜日
平均予算
  • ~¥999

データ提供

滑川駅から664m

ホタルイカを食べ尽くす!「パノラマレストラン光彩」

「光彩」内観 301

出典:

ほたるいかミュージアムと同じ、道の駅ウェーブパーク内にあります。レストランからは富山湾を一望でき、明るく開放的な雰囲気です。

「光彩」料理 302

出典:うにゅさんの投稿

ホタルイカのシーズン(3~5月)に行くと、ホタルイカのお刺身などのホタルイカメニューが充実しています。
ホタルイカのお刺身、ほんのりと甘く、足の部分の独特な食感が癖になる美味しさです。

「光彩」料理 303 ほたるいかのバジルきのこピザ

出典:

ホタルイカのピザ

「光彩」料理 304 「ホタルイカペペロンチーノ」全景

出典:natchan72さんの投稿

ホタルイカがたくさん入ったスパゲティ!

「光彩」料理 305 アップの写真です。菜の花とホタルイカの組合せも美味しいですよ。やっぱり、形、色、艶、がいいですよね。

出典:kazuchiさんの投稿

プリプリしたホタルイカに野菜が、意外に合うのです。

ちょっと変わった、ホタルイカのスパゲティ、ホタルイカのピザ、ホタルイカのサラダなどのメニューも期間限定で登場するので、オススメです。



「光彩」料理 307 深層水ババロア:300円

出典:マイヤーくんさんの投稿

こちらで飲めるお水は、海洋深層水から塩を抜いたもので、おいしいと評判です。コーヒーもこのお水を使って入れています。
ホタルイカを楽しんだ後に、「深層水ババロア」とデザートにセットでどうぞ!

光彩の詳細情報

光彩

滑川 / 定食・食堂、イタリアン、海鮮丼

住所
富山県滑川市中川原410 ほたるいかミュージアム 2F
営業時間
3月~8月 11:00~21:00 (L.O. 20:30) 9月~2月 11:00~17:00(L.O.16:30)
定休日
火曜日(6月1日~3月19日)(祝日の時は翌日)、年末年始、1月最終月曜から3日間
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

(車)北陸自動車道滑川ICから県道箕輪滑川インター線を滑川市街に向けて市道滑川中央線を経由し4km、吾妻町交差点を右折(市道滑川富山線)し、0.5km先右折10分
(電車)JR北陸本線滑川駅・富山地方鉄道「滑川」駅から徒歩5分
滑川駅から643m

とても珍しい海洋深層水の足湯で足の疲れをとる!海洋深層水の足湯

「ほたるいかミュージアム」その他 311 ミュージアム蕎麦の乾燥晴れ渡る富山湾   磯の香りハンパないです  食べ物でなくてすみません

出典:zocchさんの投稿

ほたるいかミュージアムの展望フロアにあります。こんな風景を楽しみながら、足湯に浸かることができます。

海洋深層水を利用している珍しい足湯です。かけ流しなので、いつでもお湯はきれい!足をつけながら、のんびり座って海風に吹かれていると、あまりの気持ちよさについウトウトしてしまいそうです。4月中旬から10月の間、利用することができます。

海に浮かぶたくさんのネブタが迫力!滑川のネブタ流し

海に浮かぶたくさんのネブタが迫力!滑川のネブタ流し315

出典:greensさんの投稿

毎年7月31日中川原海岸(ほたるいかミュージアム裏)で、燃えるたいまつ「ネブタ」を海に流し、厄除け、無病息災を祈願し、仕事を妨げる睡魔を払うお祭りが行われます。睡魔を払うお祭りって面白いですね。海岸から気軽に見ることができますので、こちらの眠気も海で燃やしてもらいましょう。
海に浮かぶたくさんのネブタが迫力!滑川のネブタ流し317

出典:greensさんの投稿

ネブタは、高さ4~6mのたいまつ状になっていますので、これが薄暗くなっていく海に浮かびながら、勢い良く燃えていく様は、なかなかの迫力です。天気が良ければ、夕日に映えるいくつものネブタを見ることができます。

海に浮かぶたくさんのネブタが迫力!滑川のネブタ流し318

出典:greensさんの投稿

燃え尽きる前は、結構危ないですね。近くでネブタを支えている男衆は、勇気が必要です。

昔は、災いとともに海に流してしまう、ということでしたが、現在ではすべて回収しています。

目にも楽しい「富山湾の宝石」と言われるシロエビを満喫!「白えび亭」

目にも楽しい「富山湾の宝石」と言われるシロエビを満喫!「白えび亭」322

出典:TR3 PG@さんの投稿

シロエビとは、透明でほんのり薄紅色をしたエビです。色が淡いため、可憐な印象を受けます。富山湾だけでなく、駿河湾や相模湾などにも生息はしているのですが、漁業になるほど捕獲できるのは、ここ富山湾だけです。

「白えび亭」料理 323 白海老刺身丼スペシャル

出典:yama0117さんの投稿

シロエビの甘みをしっかり味わいたいのであれば、白えび刺身丼スペシャルが、これでもか!とシロエビを味わうことができます。

「白えび亭」料理 324

出典:ふぁいろばんすさんの投稿

シロエビの天ぷらもふっくらしていて、塩でいただくのがおすすめです。

「白えび亭」料理 325

出典:三食アイス、寝る前ビールさんの投稿

持ち帰りできるメニューもあります。

富山駅前の、きときと市場とやマルシェの中にある「白えび亭」。名前の通り、シロエビを美味しくいただけます。

白えび亭の詳細情報

5000白えび亭

電鉄富山、富山、電鉄富山駅・エスタ前 / 天丼・天重、魚介料理・海鮮料理、海鮮丼

住所
富山県富山市明輪町1-220 きときと市場 とやマルシェ 1F
営業時間
10:00~21:30(L.O.21:00)
定休日
無休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

富山駅前の「きときと市場 とやマルシェ」の構内

ホタルイカに触れて、学んで、味わう旅はいかがでしたか?

ホタルイカに触れて、学んで、味わう旅はいかがでしたか?330

出典:greensさんの投稿

貴重な食材ホタルイカを、「富山の宝石」シロエビと共に食べつくして、お腹が大満足すること間違いなしです。レストラン光彩から見える富山湾の夕景もとても美しいので、夕方から夜にかけて利用するのもオススメです。

富山県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

特集

関連キーワード