生きていながら地獄体験!鬼が待つ大阪「全興寺」

生きていながら地獄体験!鬼が待つ大阪「全興寺」

小さい時に行ったらトラウマになりそうな場所、大阪の「全興寺(せんこうじ)」。地獄ってどんな所だろう?って思う時ってありますよね。ここでは、そんな地獄の光景をありありとみることができます。おどろおどろしい鬼たちが待ちうけ、地獄へ行く怖さを体験させられます。子どもだったら間違いなく泣いています!大人でも、ビビリの人は足がすくみますよ。そんな体験をしてみたい方は、ぜひ行ってみてください。

2017年02月02日

1025083

出典:

自分の今までの行いを振り返る事の出来るお寺があります。それが「全興寺(せんこうじ)」。こにはものすごい形相の鬼が待ちうけています!!さぁ、勇気を振り絞って出発です!

商店街から入る事の出来るお寺「全興寺(せんこうじ)」

A photo posted by むしくん (@mushi64) on

JR大和路線平野駅南口から徒歩12分程。「全興寺」は平野中央本通商店会に面している真言宗のお寺です。「全興寺」の発祥はなんと1400年前。聖徳太子が薬師如来の像を安置したところから始まったと言われています。本堂は江戸時代初めの1615年「大阪夏の陣」で一部を焼失したものの、1661年再建され、大阪府下で古い木造建築の1つとしも知られています。

まずは本堂へお参り

A photo posted by Koka Fumino (@startline1997) on

お寺に来たら、まずは本堂へ向かいましょう。ご本尊にご挨拶をしてから、境内を散策するのがマナーですよ。

仏足石

境内には「仏足石」という、菩提樹や仏陀の模様が足の裏に彫られた石があります。この「仏足石」を敬えば、生身の仏を拝むのと同様に無量の罪障を滅すると言われています。

ペットのお骨を納める「わんにゃん堂」もあります。家族としてずっと過ごしてきた愛するペットのお参りに訪れる方も、たくさんいます。

あなたは極楽か地獄か!?

さて「全興寺」を訪れる多くの方は、面白い体験をしていきます。ここを訪れる一番の目的では?紹介していきましょう。
あなたは極楽か地獄か!?1024608

出典:hiyopapaさんの投稿

極楽へ行けるか、はたまた地獄行きか…まずはこのボードの質問に答えて点数を出してみましょう!青いスタートボタンを押して、嘘をつかず真実を答えます。点数によって・・・アナタの運命が決まりますよ…。

地獄行きの方、覚悟!!

地獄行きの方、覚悟!!1024618

出典:

残念ながら地獄行きが決まってしまったあなた…!本当の地獄は裁判に裁判を重ね、相当な年月を要します。四十九日や一周忌なども、実はこの地獄における裁判の節目の事です。しかしここ「全興寺」では、短い時間でその地獄を体験出来ます。命の大切さ、尊さを改めて学ばせてくれる場所です。

「門前茶屋おもろ庵」その他 1024643

出典:大阪らんちうさんの投稿

で、出た!!!中に入るとそこには閻魔大王が!!閻魔大王も裁判官の一人。とても怖そうな顔をしていますが、地獄内における最終的な裁判の判決をするのは閻魔大王ではないんですよ。それにしてもこの迫力に大人も涙が出そうです。

A photo posted by Carmen Tsang (@carmen_tsang) on

地獄に落ちた亡者を苦しめる鬼!これまた迫力満点です。そして白い着物を着ているのは、三途の川の入り口にいる奪衣婆(だつえば)。恐怖でしかありません。

「門前茶屋おもろ庵」その他 1024645

出典:大阪らんちうさんの投稿

閻魔大王の横には、地獄の裁判官がずらりと並んでいます。閻魔大王を含めた「十王」が、地獄へやって来た亡者の刑罰を決めていきます。

閻魔大王の下にはドラがあります。このドラを叩くと浄玻璃の鏡(じょうはりのかがみ)という、生前の行ないを映す鏡に地獄の説明や説教などが…これを聞くと悔い改めたくなる事間違いなし!!

A photo posted by Koka Fumino (@startline1997) on

・・・でドラを叩いてみると、もうかなり怖い地獄絵図が繰り広げられます。ビビリの人は、メンタルがやられるレベル。しかし命の尊さを学ぶため、しっかりと見つめます。※今はドラではなく、ボタンを押す形となっています。

A photo posted by @maaaya_045 on

やっとの思いで地獄から抜けると、穴の空いた石が。この石の穴に頭を入れると聞こえてくるのが、地獄の釜の音!閻魔様に叱られた後ではありますが、こちらもしっかり聞いておきましょう!

極楽行きの方はさあ、こちらへ!

A photo posted by メリコ (@merikokko110) on

最初の閻魔大王のジャッジメントで極楽に行けた方、こちらへどうぞ!「ほとけのくに」が待っています。

A photo posted by AIRIJPN (@airijpn) on

地獄判定を受けた方も、自由にお参りする事が出来るのでご安心を!こちらの「ほとけのくに」に行く際に階段を降りるのですが、その手すりにはなんと「四国霊場八十八カ所の砂」が入っています。この手すりに触れるだけで、四国霊場八十八カ所をお参りした事になるんです。

「ほとけのくに」には、四国八十八カ所霊場各寺院のご本尊と弘法大師たち、全151体が祀られてあります。中央にあるステンドグラスは、曼陀羅(まんだら)です。曼荼羅とは仏の世界を描いたもので、宇宙の理法の全てが含まれている絵図!この上で瞑想をしてみて下さい。きっと清らかな心を得られるはず。

ひとしきり恐怖で涙したら…

「門前茶屋おもろ庵」外観 1024647

出典:かんみ♪さんの投稿

「全興寺」でお参りをし、地獄体験で怖い想いをした後は甘味処でゆっくりしませんか?お寺の隣にある「門前茶屋おもろ庵 」。昭和のポスターや昭和の家具だったり、懐かしい物がたくさん置かれておりホッと一息つける場所です。

「門前茶屋おもろ庵」内観 1024653 柱時計の音がコチコチと響きます。

出典:旅浪漫さんの投稿

店内は時計の音が優しく響き、畳と座布団が昭和の茶の間を再現しています。足を崩してのんびり過ごせそうです♪

「門前茶屋おもろ庵」料理 1024654

出典:kumac298さんの投稿

オススメの甘味はこちら「おもろ餅」です。ゆずはちみつとごまきなこが柔らかいお餅に絡まった一品。お茶との相性ぴったり!「全興寺」と併せて、こちらのお店に訪れてみて下さい。

門前茶屋おもろ庵の詳細情報

門前茶屋おもろ庵

平野(大阪市営)、平野(JR) / 甘味処

住所
大阪府大阪市平野区平野本町4-12-21
営業時間
10:00~18:00
定休日
水曜日。木曜日(不定期)
平均予算
  • ~¥999

データ提供

大切な事を教えてくれるお寺

大切な事を教えてくれるお寺1029981

出典:トリス高尾さんの投稿

地獄体験ができる、このお寺。しかし、大切なのは命を大切にするという事です。それを具体的に教えてくれるのが「全興寺」!貴重な体験が出来るので、ぜひ参考にしてみて下さい。

大阪府のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

大阪府×ホテル・宿特集

関連キーワード

奈良を旅する編集部おすすめ