桜や紅葉の名所!参拝者が絶えない大阪「勝尾寺」で勝運祈願!

桜や紅葉の名所!参拝者が絶えない大阪「勝尾寺」で勝運祈願!

大阪市内から約30分、箕面市にあるお寺「勝尾寺」。桜の時期になると一面が薄紅色に染まり、遅咲きの桜の名所としても知られています。紅葉の美しさや、パワースポットとしても人気!勝運ダルマも置いてあり、年間を通して参拝に訪れる人が絶えません。そんな「勝尾寺」へ勝運祈願と、お花を楽しみにおでかけしてみませんか?

2017年02月03日

1029569

出典:自然堂哲さんの投稿

強力な勝ち運の御利益で名高く、古くは戦国武将も度々足を運んだといわれる「勝尾寺」。大阪は箕面の山中にあり、桜や紅葉の名所としても有名です。

今回はパワースポットとしても人気の高い、この勝尾寺の魅力に迫ってみました。

箕面の山に囲まれて 「勝尾寺」への道のり

箕面の山に囲まれて 「勝尾寺」への道のり1030783

出典:アラキングさんの投稿

阪急電鉄「箕面」駅、もしくは「千里中央駅」からバスで30分。箕面駅からは徒歩で2時間ほどありますが、なだらかな山道を行くハイキングコースとしても人気がある道のりとなっています。バスの本数は少なめなので、タクシーを利用するのもお勧めです。

箕面の山に囲まれて 「勝尾寺」への道のり1030780

出典:さんろくさんの投稿

ハイキングコースとして進む場合、美しい自然の中を遊歩しながら、道中では「箕面の滝」を見ることもできますよ。

勝ち運の「勝尾寺」

勝ち運の「勝尾寺」1030787

出典:

大阪の住民にとっては「勝ち運」といえば「勝尾寺」、というイメージが定着しているお寺ですよね。

そんな勝尾寺は、十一面千手観世音菩薩を本尊として祀る、高野山真言宗の寺院です。

勝ち運の「勝尾寺」1030788

出典:

ところで、勝ち運の御利益で有名だから「勝尾寺」なのか、「勝尾寺」という名に掛けて「勝ち運」の御利益が語られるようになったのか…不謹慎にも考えてしまったことはないでしょうか? 

勝ち運の由来

勝ち運の由来1030797

出典:【nao】さんの投稿

「勝尾寺」、その名の由来は平安時代にさかのぼります。当時、絶対的な権力を持っていた清和天皇。その天皇が病気の折、病気平癒の祈祷を成し遂げたのが勝尾寺の住職行巡でした。

勝ち運の由来1030801

出典:suguru.bさんの投稿

そのとき、勝尾寺の祈祷の前では王の力も及ばず…と清和天皇自ら贈った名前が「勝王寺」、つまり「王に勝った寺」でした。とはいえ「王に勝つ」など畏れ多い、と勝「尾」寺に控え現在に至ります。

勝ち運の由来1030800

出典:suguru.bさんの投稿

以降、清和源氏を受け継ぐ、鎌倉幕府や室町幕府の将軍などから厚い信仰を得続け、勝ち運祈願の寺院として確固たる歴史を築いていきました。

実は見ることができる「勝王寺」の扁額

実は見ることができる「勝王寺」の扁額1030803

出典:ぎんじろうさんの投稿

そんな勝尾寺ですが、実はいただいた勝「王」寺の扁額を見るところができる場所が1カ所存在します。

実は見ることができる「勝王寺」の扁額1030792

出典:ヤマモーさんの投稿

お気づきになられたでしょうか? 

実は見ることができる「勝王寺」の扁額1030793

出典:char-kunさんの投稿

三門の内側にかかっているのは勝「尾」寺ではなく、勝「王」寺の扁額。境内を散策すると、最後に回ってくる場所なだけに見落としがちですが要チェックですよ。

球団やサッカーチームもやってくる? 勝ち運祈願は「勝尾寺」

球団やサッカーチームもやってくる? 勝ち運祈願は「勝尾寺」1030898

出典:

勝尾寺は阪神タイガースやJリーグチーム「ガンバ大阪」が、毎年決まって戦勝祈願に訪れることでも有名ですね。

A photo posted by natty (@na____na0819) on

このように、スポーツなどの勝ち運を祈願されることもあれば、受験や就職の合格祈願をされることもあります。勝尾寺で祈願すると、単に「勝たせて欲しい、合格させて欲しい」というお願いではなく、「一心不乱に努力し、己に勝つ」という宣誓にも感じますね。

広大な勝尾寺境内を行く

広大な勝尾寺境内を行く1029573

出典:

その大きさ、東京ドーム5個半ほどもある勝尾寺は、四季を通して見ごたえのある美しい風景を抱きます。

朱塗りの山門 弁天堂を包む雲海

朱塗りの山門 弁天堂を包む雲海1030993

出典:

勝尾寺にたどり着くと見えてくるのは、立派な朱塗りの山門です。

朱塗りの山門 弁天堂を包む雲海1031207

出典:Gaiaさんの投稿

三門両わきには、眼力のある真っ赤な仁王像がこちらを見据えています。

朱塗りの山門 弁天堂を包む雲海1030994

出典:mamiya0418さんの投稿

目が合うと、緊張してしまいますね。

朱塗りの山門 弁天堂を包む雲海1030998

出典:さんろくさんの投稿

歴史を感じる重厚さを漂わせた山門をくぐると、大きな橋に差し掛かります。

朱塗りの山門 弁天堂を包む雲海1029562

出典:suguru.bさんの投稿

境内に向かって右手に見えるのは、弁天堂。

朱塗りの山門 弁天堂を包む雲海1029391

出典:renazuさんの投稿

天候によっては霧がかかり、まるで雲海さながら。神秘的な光景に、思わず手を合わせざるを得ません。

眼力を感じる達磨奉納棚

眼力を感じる達磨奉納棚1029432

出典:

参道を行くと、宿願を果たした「勝ちダルマ」たちの奉納棚が見えてきます。

勝ちダルマは、あれこれいろいろお願いするのでは無く、ただ一つのお願いごとに対してあなた自身が直接目を入れる大切なお守りです。

出典:勝尾寺 勝ちダルマ納め所 駒札

眼力を感じる達磨奉納棚1029430

出典:

駒札は各所に用意されていますが、現代風の文体で書かれたもので、子どもにもわかりやすいものがほとんどです。胸に染み入るものばかりなので、ぜひ1枚1枚確認してみてくださいね。

気が付けば、あちこちから視線が? 

気が付けば、あちこちから視線が? 1029566

出典:suguru.bさんの投稿

境内では、至る所で小さなダルマの姿を見かけます。

A photo posted by @kurt_ansbach on

気が付けば、あちこちから視線が? 1031006

出典:masatさんの投稿

A photo posted by もも (@momo110411) on

これは「ダルマみくじ」のもの。その本体のそこに小さな穴があり、おみくじが収められています。
気が付けば、あちこちから視線が? 1031005

出典:心MONSTERさんの投稿

おかげで「境内はどこを見渡してもダルマが目に入る」といってもよいくらいですが、その光景はあまりにもユニークで名物になっています。

A photo posted by F U K A (@fukaaa_0729) on

ちなみにこのおみくじのダルマのイラストの「凶」は白目で、ほかのものは黒目です。凶を引いてしまったら、しっかりお参りをしましょう。そして、無事に一年を乗り越え、このダルマも黒目に塗りつぶしてあげたいですね。

気が付けば、あちこちから視線が? 1031019

出典:a-kichiさんの投稿

勝尾寺を散策する際には、この小さなダルマたちの物語を探してみると楽しいかもしれません。

気が付けば、あちこちから視線が? 1029584

出典:LIONさんの投稿

とはいえ、「ダルマみくじ」を引いたなら、その小さなダルマは連れて帰ってあげてくださいね。

気が付けば、あちこちから視線が? 1031078

出典:

参道をさらに進むと、大師堂、本堂などが見えてきます。

本堂と大師堂 勝ち運祈願とお砂踏み

本堂と大師堂 勝ち運祈願とお砂踏み1029617

出典:

参道を上がると、荒神社、薬師堂…と建物が続き、大師堂、本堂が見えてきます。大師堂では、四国八十八カ所霊場より持ち帰られた砂が敷き詰められており、これを踏むことによって各霊場に御参りした事と同じ功徳が与えられるといわれています。

本堂と大師堂 勝ち運祈願とお砂踏み1030795

出典:【nao】さんの投稿

大師堂の隣には、朱塗りの立派な本堂がたたずみます。心の準備ができたなら、早速お参りをしてみましょう。

本堂と大師堂 勝ち運祈願とお砂踏み1031085

出典:

本堂前には勝ちダルマが販売されていますよ。しっかりとお参りをしたら、初志貫徹のためにもだるまを買ってみてはいかがでしょうか?

法然上人が滞在した二階堂

A photo posted by たまみん (@tamami_n_o) on

その古めかしさをのこしながらも、美しい朱塗りが映える本堂をはじめとした勝尾寺の建造物。本堂よりしばらく進むと、落ち着いた風格のある二階堂にさしかかります。

ここは法然上人が讃岐から京都に戻られる途中、第4第座主証如上人の遺徳を偲び、4年近く住まわれた建物です。また、法然上人が浄土宗本基の戒を授かった場所でもあります。

勝尾寺の花々

勝尾寺の花々1029576

出典:santa1230さんの投稿

境内は四季折々の草花で彩られ、訪れる人の目を引き、心をいやします。

桜に色づく「勝尾寺」

桜に色づく「勝尾寺」1031178

出典:chabugakiさんの投稿

勝尾寺は山の木々に囲まれていることもあり、特に桜と紅葉の時期は圧巻です。

桜に色づく「勝尾寺」1031167

出典:ヤマモーさんの投稿

桜に色づく「勝尾寺」1031198

出典:くにおさんの投稿

朱に染まる紅葉の「勝尾寺」

朱に染まる紅葉の「勝尾寺」1030899

出典:

建造物の朱、ダルマの朱もしかることながら、紅葉に染まる勝尾寺に訪れると、なんと朱が似合う寺院だろうかと思わされますね。

朱に染まる紅葉の「勝尾寺」1029570

出典:

2500株のシャクナゲが誘う参道

2500株のシャクナゲが誘う参道1029587

出典:

桜の時期を少し過ぎ、4月下旬から5月末にかけては、シャクナゲが約2500株も咲き誇ります。

山門から続くシャクナゲの参道を進むと、朱塗りの多宝塔が目に入ります。本堂より少し高い位置にあるこの多宝塔は、遠くからもうかがえる、緑に包まれた美しい塔です。

秋にはライトアップも…

秋にはライトアップも…1030806

出典:鵜鷹さんの投稿

晩秋11月頃には、土日の夜にライトアップが行われます。

秋にはライトアップも…1030804

出典:Gun Koma。さんの投稿

秋にはライトアップも…1030805

出典:ぎんじろうさんの投稿

いつもとは違う、神秘的な勝尾寺の風景が味わえますよ。

パワースポット 知恵の環

パワースポット 知恵の環1031174

出典:

三門をくぐり抜け橋を渡ると、池の近くに岩が立っている場所が目に入ります。実はこれが勝尾寺のパワースポットと呼ばれる「知恵の環」。この知恵の環を歩くと、心が穏やかになり、良い知恵や沸き上がる力を感じるといわれています。

ただし、ここへは本堂をはじめとする勝尾寺の諸堂をお参りしてから訪れましょう。きっと良い知恵、良い力を授かることができますよ。

勝ち運祈願、美しさだけの寺院じゃない、面白みもある「勝尾寺」

勝ち運祈願、美しさだけの寺院じゃない、面白みもある「勝尾寺」1031210

出典:Tobekiwiさんの投稿

いかがでしたか? 勝ち運祈願として頼りになる勝尾寺は、自然豊かで散策しやすい寺院です。勝ち運祈願や観光もさることながら、ユニークなダルマたちの風景もあり、大人も子どもも気軽に楽しめる場所ではないでしょうか。
勝ち運祈願、美しさだけの寺院じゃない、面白みもある「勝尾寺」1031226

出典:10pointさんの投稿

四季を通して気持ちよく過ごす事ができる寺院なので、ぜひ勝尾寺に訪れて、ゆっくりとしたひとときを楽しんでくださいね。

大阪府のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

特集

大阪府×ホテル・宿特集

関連キーワード

全国を旅する編集部おすすめ

お得に旅する編集部おすすめ

Go To トラベルキャンペーンでお得に旅しよう♪ 知っておきたい基本情報&オススメの旅先