宝石のような和菓子♡京都「鶴屋吉信 IRODORI」の「琥珀糖」

宝石のような和菓子♡京都「鶴屋吉信 IRODORI」の「琥珀糖」

平成27年に京都駅八条口に誕生した、「鶴屋吉信 IRODORI(いろどり)」。ここには、胸キュン間違いなしのステキな和菓子があるんです。宝石のようにキレイな「琥珀糖」。自分用にも、お土産用にも最適で、ずっと眺めていたくなるキレイさを持っています。京都でお土産に迷ったら、ここで買うことをおすすめしますよ♪

2017年02月07日

進化し続ける京都

進化し続ける京都1037700

出典:izzuo119さんの投稿

有名建築家が手掛けた近未来的な京都駅、有名ショコラの京進出、伝統工芸のモダン化、京都は常に進化しています。そし干菓子の世界でも、老舗和菓子屋「鶴屋吉信」がカフェを併設した「鶴屋吉信 IRODORI(つるやよしのぶ いろどり)」で、その進化を見ることが出来ます。

「鶴屋吉信 IRODORI 」とは

「鶴屋吉信 IRODORI」外観 1037034 外観

出典:yama-logさんの投稿

「鶴屋吉信 IRODORI 」は平成27年(2015年)、京都駅八条口のアスティロードに出店しました。享和3年(1803年)より続く、老舗和菓子屋「鶴屋吉信」の伝統を基盤に、「鶴屋吉信 IRODORI 」オリジナルのモダンな試みがいろいろされています。

「鶴屋吉信 IRODORI」メニュー 1037733 販売

出典:yama-logさんの投稿

「鶴屋吉信 IRODORI 」限定商品がウリですが、「鶴屋吉信」の和菓子も購入できます。また、和モダンにデザインされたカラフルな懐紙やトートバッグ、ポチ袋などの雑貨も扱っています。

「鶴屋吉信 IRODORI」内観 1037073 内観

出典:yama-logさんの投稿

「鶴屋吉信」初となるカフェスペース。テーブル席、カウンター席の白とダーグブラウンを基調とした、落ち着いた空間です。ここでは、甘味や和のドリンクがいただけます。

「鶴屋吉信 IRODORI」メニュー 1037731

出典:オカデンチさんの投稿

テイクアウトコーナーが設けてあるのも、「鶴屋吉信 IRODORI」だけなんですよ。アイスバーは、カップ付きで渡される配慮が嬉しいですね。

宝石のような和菓子「琥珀糖」

関西大手老舗の「鶴屋吉信」が手掛ける和菓子は、どれも味はお墨付き。いま注目されているのは、カラフルでキュートな和菓子「琥珀糖」。今までの京菓子のイメージを覆す、「鶴屋吉信 IRODORI 」の和菓子をとくとご覧あれ!

A photo posted by ayako (@akonew_) on

五色×二本づつ、画材のパステルのように並び、薄いケースに入った琥珀です。琥珀らしい優しい色味と透明感はそのままに、季節のモチーフを模った琥珀とは一線を画した、直線的直角的なスティック型が斬新!

A photo posted by @chorichy4 on

琥珀ならではのシャリッとした食感と口どけの良さはそのままに、琥珀らしからぬ斬新なフレーバー。白い琥珀は通常のほんのり甘い琥珀味。それ以外の色がついた琥珀は、カモミール、ローズ、ジャスミン、ラベンダーの味がついています。食べ終わるころには、口の中で残り香のように素材の風味がはんなりと漂います。

「鶴屋吉信 IRODORI」料理 1037746 都積み?

出典:奈鹿さんの投稿

キラキラとした宝石のような琥珀は、女性ウケ間違いなしですね♪

A photo posted by @kikintokyo on

30日ほど日持ちします。旅行から帰ってきてすぐに友達に会えない時でも、余裕が出来て安心です。

紅葉 琥珀糖 12個入り

「鶴屋吉信 IRODORI」料理 1037047 どないだす❓

出典:淡々斎さんの投稿

季節限定、店舗限定の超レアな干菓子商品が販売されることも。写真は秋限定の琥珀糖で、琥珀らしからぬ鮮やかな色が目を引きます。

A photo posted by 紅茶花伝 (@gogoteea) on

フレーバーはそれぞれアールグレイ、アップルティーなど。やはり通常の琥珀とは違います。そんなモダンな琥珀には、薄茶はもちろんのこと、コーヒー 紅茶にもぴったりですよ♪

まだある可愛い和菓子♡

「琥珀糖」を紹介しましたが、まだまだおすすめの和菓子があります。思わず「可愛い~♡」と言ってしまいますよ。

有平糖

A photo posted by chika (@chika.808) on

ヨーロッパのキャンディを彷彿とさせる、カラフルな棒状の「有平糖」。 上質な砂糖を煮詰め、一本一本、職人が手仕事で作りあげています。それぞれの「有平糖」の色合せは、京の名所になぞられているそうですよ♪

生菓子 5個入り

まるで折り紙のようなきれいな外郎(ういろう)は、色を重ねて季節感や意味合いを表現させています。芸術品のような1品。外国人へのギフトやハレの日の贈り物にもいいですね。生菓子のセットは、季節によって内容が異なります。店頭で見つけたら、ゲットしたいお菓子です。

カフェメニュー

せっかく来たなら、カフェメニューも味わってみてください!
もなかプレート
「鶴屋吉信 IRODORI」料理 1037173 もなかプレート(900円)

出典:蝶々さんの投稿

パステルカラーとマカロンのような可愛い最中です。小倉、抹茶、バニラアイスの餡は別皿で出てくるので、自分で最中に挟んでいただきます。 餡の種類は、季節によって変わりますよ。

京ふわわ(お菓子小皿つき)

A photo posted by yasuko (@skoj1019) on

「京ふわわ」は、ホイップミルクが乗った抹茶ドリンク。「鶴屋吉信」と「祇園辻利」がコラボレーションした、人気メニューです。ふわふわのミルクは和三盆が使われているので、優しい甘さで抹茶の邪魔をしません。一口のお菓子がついてくるのも嬉しい。「京ふわわ」はテイクアウトにすると、お菓子がつかない分、100円安くなります。

カジュアルでモダンな京菓子や琥珀は京都駅で♪

「鶴屋吉信 IRODORI」料理 1040146 カラフルなパステル

出典:奈鹿さんの投稿

アスティロードには「鶴屋吉信 IRODORI」をはじめ、モダンな老舗和菓子店が何店舗かあります。どこのお店も、現代にマッチする和菓子を考案しています。京都駅を利用することがあったら、是非、和モダンなお菓子をお土産にしてくださいね。

鶴屋吉信 IRODORIの詳細情報

鶴屋吉信 IRODORI

京都、九条、東寺 / 和菓子、甘味処、カフェ

住所
京都府下京区東塩小路高倉町8-3 JR京都駅八条口アスティロード
営業時間
9:00~21:00
定休日
無休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

京都府のツアー(交通+宿)を探す

このレストランの紹介記事

関連記事

SNSで人気

京都府×ホテル・宿特集

関連キーワード