珍しい“世界遺産”の温泉が和歌山に!「つぼ湯」の魅力&入浴ルール

珍しい“世界遺産”の温泉が和歌山に!「つぼ湯」の魅力&入浴ルール

場所は和歌山県田辺市。熊野三山の一つ「熊野本宮大社」がある本宮町に、「つぼ湯」という温泉があるのをご存知ですか?なんとそこは、世界遺産に登録されている珍しい温泉なんです。予約ができないため当日の混み具合は神様頼みになりますが、ぜひお時間に余裕を持って立ち寄ってほしいスポットです。今回は、基本的な入浴に関するルールと共に、7色に変化するといわれる不思議な温泉の魅力をご紹介します。

2017年02月10日

温泉が世界遺産!?和歌山県にある「つぼ湯」の魅力

温泉が世界遺産!?和歌山県にある「つぼ湯」の魅力1040616

出典:こたにやんさんの投稿

和歌山県に、世界遺産に登録された珍しい温泉があるのをご存知ですか?その温泉こそが「つぼ湯」。今回はそんな「つぼ湯」について詳しく解説していきます。

とっても珍しい!実際に入れちゃう“世界遺産”の温泉

とっても珍しい!実際に入れちゃう“世界遺産”の温泉1040647

出典:

「つぼ湯」があるのは、和歌山県田辺市本宮町。このあたりは、世界遺産に登録された「熊野古道」を有するエリア。「熊野古道」とは、熊野三山へと通じる参詣道の総称です。つぼ湯がある本宮町は、熊野三山の一つ「熊野本宮大社」がある町として有名です。

今回ご紹介する『つぼ湯』は、本宮町の「湯の峰温泉」にあります。『つぼ湯』から歩いて3秒のすぐ奥の道は、世界遺産である「熊野古道」!そしてこの『つぼ湯』もまた、熊野詣の湯垢離場として世界遺産に登録されているのです。

「つぼ湯」ってどんな温泉?

つぼ湯は、MAXで2~3人程度入れるくらいの大きさ。天然岩の湯船の周りに板を囲っただけの、大変簡素な浴場になります。
「つぼ湯」ってどんな温泉?1040668

出典:

男女別ではなく、30分交代でのグループ利用になります。靴を脱いで入ると中にはすぐに湯船が。

「つぼ湯」ってどんな温泉?1040671

出典:

入って左側のところに、ちょっと狭いですが、脱いだ洋服などを置いておけるスペースがあります。

7色に変化する不思議な温泉

7色に変化する不思議な温泉1040672

出典:カバ吉さんの投稿

硫黄が香るこの温泉、なんと色が一日に何度も変わるので、地元では「七色の湯」とも呼ばれいるのだそう。

泉質
含硫黄-Na-炭酸水素塩泉 92℃ 無色
効能
リウマチ性疾患、神経痛、皮膚病、糖尿病など

出典:公衆浴場・つぼ湯|熊野本宮観光協会

天候・気温・時間帯によって色が変化するなんて!とっても不思議ですよね。
源泉をそのままかけ流しいているので、シャンプーやせっけんなどの利用はNG。かけ湯をして、ただただ温泉をじっくり楽しむ浴場です。熱いときは、横の蛇口から加水してもOKです。※必ず次の人のためにお水は止めておきましょう。

気になる「小栗判官伝説」

そしてこの温泉、実は「小栗判官蘇生の湯」としても伝説が残る場所なんです。
気になる「小栗判官伝説」1040709

出典:

常陸の国(現在の茨城)の一族であった小栗判官は、相模の大富豪・照手姫と恋に落ちます。二人は照手姫の父親の許しを得ないまま結婚。しかし怒った父親によって、小栗判官は毒殺されてしまいます。そうして地獄に落ちてしまった小栗判官でしたが、閻魔大王の同情を買い現世に戻ります。しかしその姿は、哀れな餓鬼阿弥の姿。しかしそこで出会ったのは、故郷から追放された照手姫。小栗判官とは知らずに一緒につぼ湯を目指して湯治をしたところ、なんと元の小栗判官の姿に戻ったという物語です。

温泉に入りながらこの伝説を読んでみると、なんだかすごいパワーが充電されたような気分に!

「つぼ湯」の入浴ルール

それでは、この「つぼ湯」に入るための、事前に知っておきたいルールをご紹介します。

①受付で先にお金を払って番号札をもらう

①受付で先にお金を払って番号札をもらう1040756

出典:

温泉街の入り口に「公衆浴場受付」があります。まずはここで券を買って、番号札をもらいましょう。つぼ湯は30分ごとの交代制です。電話などでの予約ができません。ここで受付をして順番やおおよその待ち時間が決まります。

■つぼ湯の営業情報(2017年2月現在)
つぼ湯:男女混浴風呂
料金:大人770円、子供460円
営業時間:6時~21時30分
土日はかなり混みあいます。行楽シーズンには6時間待ちなんていう日も・・・。できるだけ時間には余裕をもって計画してください。

②入浴時間はMAX30分です

つぼ湯はこの待合小屋のわきの階段を下ったところにあります。

@oscar_____11が投稿した写真 -

入浴するときは入口の左に番号札をかけて、鍵をかけて入ってください。入浴時間は30分以内とルール化されていますが、人によってはそれよりも早く出てくることも。その場合は、次の番号の人が順次入っていくシステムになります。
基本的に次の番号の人がそこにいなければ、繰り上げてくシステムだそう。あまり遠くへ離れないようにしたいですね。

③薬湯か一般の公衆浴場にも入れます

③薬湯か一般の公衆浴場にも入れます1040796

出典:

湯の峰温泉には、この「つぼ湯」のほかにも公衆浴場が。つぼ湯に入浴した後は、「くすり湯」もしくは「一般湯」か、どちらかの公衆浴場も利用できます。

おまけ:お風呂のあとや、待ち時間が長い時には温泉卵も!

つぼ湯のすぐそばの川沿いでは、温泉卵が作れるんですよ。
卵は近くの売店で、ネットに入った状態でお塩と一緒に販売されています。ぜひお時間に余裕があったら、温泉卵も試してみてくださいね。

湯の峰温泉公衆浴場・つぼ湯のアクセス

JR紀勢本線新宮駅から熊野交通バス湯の峰温泉行1時間15分、湯の峰温泉より徒歩すぐになります。

「つぼ湯」のある湯の峰温泉

「つぼ湯」のある湯の峰温泉1040812

出典:peiさんの投稿

1800年もの歴史を誇る湯の峰温泉の温泉街の中心にある、大変珍しい世界遺産の温泉「つぼ湯」をご紹介しました。パワーあふれる熊野古道散策と合わせて、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

和歌山県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード