京都ラーメンのルーツに迫る!黒スープが食欲そそる「新福菜館」

京都ラーメンのルーツに迫る!黒スープが食欲そそる「新福菜館」

「京都ラーメン」といえば、こってりとした濃厚なスープに加え、醤油ベースが大半を占めるのが特徴です。そんな京都ラーメンの原点ともいわれるお店をご存知ですか?そのお店こそ京都で不動の地位を築く「新福菜館」。まず目を引くのは、何と言っても真っ黒なスープ!そのお味はやみつきになる美味しさと評判です。「新福菜館」の魅力をたっぷりとご紹介いたします。2017年02月10日 最終更新

ブログで紹介

HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。

0

京都ラーメンの原点!「新福菜館」の魅力

「新福菜館 本店」料理 1039417 中華そば(並)

出典:Mハルさんの投稿

京都ラーメンといえば、濃厚でコッテリしたスープが特徴。そんな京都ラーメンの老舗といわれる「新福菜館」では、インパクト大の真っ黒なスープのラーメンが楽しめるんです。しかもこちらのお店、京都ラーメンの原点となったお店としても大変有名なんです。その魅力に迫ってみましょう!

どんなお店?

「新福菜館 本店」外観 1039423

出典:くろあめさんの投稿

1938年(昭和13年)創業と、戦前生まれの「新福菜館」。はじめは屋台からのスタートしたという、非常に歴史ある老舗のラーメン店なんです。

「新福菜館 本店」外観 1039439

出典:TrTさんの投稿

京都のラーメン文化の礎を築いたといっても過言ではないこのお店。京都のラーメンを語る上で決して外せない有名店なんです。今もなお圧倒的な人気を誇り、行列も絶えません。とくにランチの時間帯や夕方は長蛇の列なんです。

「新福菜館 本店」外観 1039430 外観

出典:ラムフィンズさんの投稿

ちなみに、隣のお店も有名ラーメン店なので、行列しているとたまにどちらの列に並んでいるのかわからない!という困った状況に陥るそうです。列ができているときは要注意!

本店は京都駅近くに!

「新福菜館 本店」外観 1043476

出典:ふじさんさんさんの投稿

今回ご紹介する「新福菜館」の京都本店は、京都駅から徒歩5分と好アクセスな立地にあります。

また、京都だけでなく関西エリアを中心に店舗を展開。さらに東京にも支店がオープンし、秋葉原・麻布十番でも「新福菜館」の味を楽しむことができるようになりました。(2017年2月現在)

なつかしさを感じる店内

「新福菜館 本店」内観 1039428 店内

出典:ラムフィンズさんの投稿

店内はちょっと昭和な雰囲気を感じさせます。写真は1階ですが、2階にも席があります。

「新福菜館 本店」メニュー 1039429

出典:ミヤタク777さんの投稿

本店の営業時間は、なんと朝の7時半から!そのため「朝ラーメン」と称して、朝食にがっつりラーメンを食べていくお客さんも多いそうですよ。

クセになる!黒いスープが特徴の極上の一杯

基本の「中華そば」

「新福菜館 本店」料理 1039418 中華そば

出典:辣油は飲み物さんの投稿

「新福菜館」のラーメンは、どのラーメンも真っ黒な醤油ベースのスープ。ちょっと昔懐かしい中華そば風ですね。中心には京都ならではの九条ネギがたっぷり。薄切りのチャーシューが入ります。

「新福菜館 本店」料理 1039462

出典:くろあめさんの投稿

このスープ、実は見た目ほどしょっぱい!というわけではないんです。むしろあっさりと楽しめます。鶏ガラと豚骨ベースの醤油スープはなんだかクセになる味。後を引く美味しさで絶品です!

「新福菜館 本店」料理 1039420 麺

出典:辣油は飲み物さんの投稿

麺は中太ストレート麺。まさに中華麺!という感じ。モチモチっとした歯ごたえが楽しめます。

「新福菜館 本店」料理 1039431

出典:くろあめさんの投稿

薄切りのチャーシューは、しっかりとしたお肉感と脂身両方が楽しめます。

「新福菜館 本店」料理 1039421 辣醤

出典:辣油は飲み物さんの投稿

ちょっとスープの味に変化をつけたいなぁ…というときは、調味料の豆板醤をオススメ!味がかなり引き締まって、また違った美味しさを楽しめますよ!

その他の人気ラーメン

「新福菜館 本店」料理 1039422 特大新福そば チャーシューメン

出典:USN05さんの投稿

こちらはチャーシューがたっぷりそして中央には卵黄がドカンとのった「特大新福そば チャーシューメン」。まさにボリュームたっぷりな一品。肉好きを満足させる一品。

「新福菜館 本店」料理 1039424 竹入 中華そば(メンマ入り)

出典:negifafaさんの投稿

こちらは、ふつうの中華そばにメンマがたっぷり追加された「竹入中華そば」。シャキシャキ感を楽しみたい方にオススメ。

もう一つのおすすめメニュー!真っ黒な「ヤキメシ」

「新福菜館 本店」料理 1039419 ヤキメシ

出典:Mハルさんの投稿

「新福菜館」のもう一つのオススメは、この真っ黒な「ヤキメシ」です。こちらもファンの多い人気メニュー。

「新福菜館 本店」料理 1039425

出典:想夫恋さんの投稿

こちらも、見た目ほど味が濃い…というわけではありません。しっかりとした醤油味は香ばしく、具材の玉ねぎ・ネギ・炒り卵とも絶妙にマッチしています。しっかり濃い醤油味のチャーシューも入っています。

「新福菜館 本店」料理 1039432

出典:maron.kuri.0122さんの投稿

ちなみにご自宅でも新福菜館の味が楽しめる、お土産も購入することができますよ!京都観光土産にもいかがですか?

いかがでしたか?

「新福菜館 本店」料理 1039426 麺リフト

出典:yama-logさんの投稿

戦前からの歴史を持ったラーメン屋さんが、今も変わらない味を提供し続けるのはとても難しいこと。いつまでも変わらない京都ラーメンの老舗の味を楽しみたいですね!京都観光の際にはぜひ立ち寄ってみてください!

新福菜館 本店の詳細情報

新福菜館 本店

京都、七条、九条 / ラーメン、中華麺(その他)

住所
京都府京都市下京区東塩小路向畑町569
営業時間
【月・火・木~日】 2017年7月31日まで 7:30~22:00 2017年8月1日から 10:00~21:00
定休日
水曜日
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

このレストランの紹介記事

関連まとめ