【孤独のグルメ】東京都北区のロケ地をまとめてご紹介!

【孤独のグルメ】東京都北区のロケ地をまとめてご紹介!

2012年1月よりテレビ東京系で放送が始まった「孤独のグルメ」。この人気シリーズも、ついにシーズン5になりました。夜食テロと呼ばれ、“聖地巡礼” と実際の飲食店に訪れる人も多い、テレビドラマシリーズです。テレビドラマ以外にも、原作に登場した東京都北区のお店をまとめてご紹介します!

2016年04月05日

「孤独のグルメ」五郎さんが出会った北区グルメ

深夜にも関わらず、ハマる人が続出した人気ドラマ「孤独のグルメ」。独特の世界観で描かれる食の描写が話題を呼びました。原作の漫画『孤独のグルメ(原作・久住昌之 作画・谷口ジロー)』もカルト的人気を誇っています。主人公が訪れた店を紹介した巡礼ガイドは2巻まで発売され、ファンのバイブルになっています。
ドラマでは、主人公・井之頭五郎(いのがしら ごろう)を松重豊が演じ、関東を中心にディープなグルメ旅を続けています。今回は、五郎さんが訪れた東京都北区の店をご紹介します。北区では、どんな店で何を食べたのでしょうか。聖地巡礼・東京北区編、行ってみましょう!

五郎 in 十条駅

Season2【第10話】北区十条の栗かき氷「だるまや餅菓子店」

「だるまや餅菓子店」料理 42358 和栗のかき氷

出典:うどんが主食さんの投稿

仕事で北区十条を訪れた五郎さん。北風に吹かれながら商店街を歩いていると、一軒の茶屋が目につきます。「暖かい汁粉でカラダを温めよう」と店に入った五郎さんは、店員さんの強い勧めで “かき氷” を頼んでしまいます。そこで選んだのが、店イチオシの自家製かき氷(くり)だったのです。五郎さんが食べたかき氷は一風変わっていて、すりおろした栗に和三盆を混ぜたシロップがかかっています。「濃い!栗氷」とうなる五郎さんでした。
「だるまや餅菓子店」料理 42360 特選丹波栗かき氷、税込2100円

出典:u0monbanさんの投稿

こちらは、五郎さんが食べた栗氷の高級バージョン「特選丹波栗かき氷」。より濃厚な栗の味を楽しむことができます。

「だるまや餅菓子店」料理 42361

出典:ウェイクさんの投稿

五郎さんが食べた「くり」以外にも、ワインや甘酒など変わり種のかき氷が揃います。氷の上にアイスクリームをトッピングしたメニューもあるんですよ。

Season2【第10話】北区十条の栗かき氷「だるまや餅菓子店」42363

出典:クワトロ☆さんの投稿

自家製の餅を使った「あべかわ餅」や「雑煮」も人気です。

「だるまや餅菓子店」内観 42364

出典:うどんが主食さんの投稿

地元で愛される甘味処は、いつでも大勢のお客さんで賑わっています。店長のマシンガントークも楽しみのひとつ!

「だるまや餅菓子店」外観 42365

出典:かんみ♪さんの投稿

人気のかき氷は一年中食べることができます。

だるまや餅菓子店の詳細情報

5000だるまや餅菓子店

十条、東十条 / かき氷、甘味処、和菓子

住所
東京都北区十条仲原1-3-6
営業時間
10:00~18:30(L.O.)
定休日
火曜日(祝日などは営業)
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

Season2【第10話】 北区十条の鯖くんせい「田や」

「田や」料理 42369

出典:割った鍋さんの投稿

十条での仕事を終えた五郎さんは、ピンとくる店を探して歩き回ります。そこで見つけたのが、赤提灯が渋く灯った大衆割烹「田や」。メニューの多さに驚きながらも、次のメニューを選びました。鯖のくんせい、ももハムとキムチ、かきフライ、どんぶりしらす、玉子焼き……というゴージャスセレクト!割烹らしく、お通し(肉団子、おくら、唐揚げ)が出てきたのも五郎さんが喜んだポイントでした。
「田や」料理 42371

出典:ICHITAROさんの投稿

プリップリの牡蠣をカラリと揚げた「カキフライ」。ソースをかけて、熱いうちに食べましょう。

「田や」料理 42372 玉子焼き

出典:チャゴマさんの投稿

お酒もご飯も進む、ちょっと甘めの「玉子焼き」

「田や」料理 42373 ビールとお通し。

出典:ヤスダ0412さんの投稿

五郎さんも喜んだお通しは、日によって組み合わせが変わります。毎日3〜5種類のおつまみを一口ずつ盛り合わせてくれるので、これだけでお酒がどんどん進みます。

「田や」内観 42374 魅力的なメニュー

出典:グルマンじゅんさんの投稿

「田や」は、地元で愛されている大衆割烹です。店内に所狭しと貼られているのは、五郎さんも驚いた短冊メニューの数々。新鮮な魚を使ったメニューが自慢で、煮付けやぬたが人気です。

「田や」外観 42375

出典:Robakunさんの投稿

酒好きの心をくすぐる渋い外観。五郎さんは「酒飲みが、赤提灯に誘われる気持ちがわかるよ」と呟いています。

田やの詳細情報

田や

十条、東十条 / 居酒屋

住所
東京都北区中十条2-22-2
営業時間
[火~金] 16:00~24:00 [土・日・祝] 16:00~24:00
定休日
月曜日
平均予算
  • ¥2,000~¥2,999
  • ¥2,000~¥2,999

データ提供

五郎 in 赤羽駅

Season3【第1話】 北区赤羽のフルーツサンド「プチモンド」

「プチモンド」料理 42379

出典:コビン・ケスナーさんの投稿

久しぶりに赤羽を訪れた五郎さん。その変貌に驚きますが、一軒の喫茶店でクライアントと打ち合わせをします。そこで食べたのが、生クリームたっぷりのフルーツサンドセットでした。フワフワの食パンにフレッシュフルーツと生クリームが挟んであります。フルーツはどれも新鮮で、贅沢なサンドイッチに大満足の五郎さんなのでした。
「プチモンド」内観 42381

出典:micky_hiraharaさんの投稿

「プチモンド」は、赤羽マダム御用達のフルーツパーラーです。店頭ではフルーツを販売、奥に喫茶スペースが用意されています。新鮮なカットフルーツ、サンドイッチ、ていねいに淹れられたコーヒーなどが楽しめます。

「プチモンド」料理 42382 パフェ

出典:29世紀さんの投稿

旬のフルーツを惜しげもなく使ったパフェ。フルーツの糖度が高いため、生クリームとソフトクリームは甘さ控えめ。シンプルなパフェですが、フルーツの美味しさを堪能することができます。

「プチモンド」外観 42383

出典:29世紀さんの投稿

人気のフルーツサンドイッチは、持ち帰りも可能です。他にも、フルーツのシロップ漬けなども人気。赤羽のお土産にいかがですか。

プチモンド

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

Season3【第1話】 北区赤羽のうなぎ「川栄」

「川栄」料理 42387

出典:M・N・ドラッカーさんの投稿

赤羽でお腹を空かせた五郎さん。以前入ったお店に心惹かれるも、ピンと来た「川栄」に飛び込みました。ここで、五郎さんの “うなぎ熱” が爆発します。まずは手始めに、ほろほろの鳥の合わせ盛り、ほろバラ串、ほろあぶら串、ほろスープを平らげます。あれ、うなぎは?……と思っていると、鰻のオムレツ、うな丼を完食して「くぅ〜」と声を上げる五郎さんでした。
※以前訪れた店「まるます家」は、後ほどご紹介。
「川栄」料理 42389

出典:場末のレディさんの投稿

新鮮だからこそ食べることができる「ほろほろ鳥の合わせ盛り」。
ホロホロ鳥とは、おもにヨーロッパで食べられている種類の鳥でフレンチの食材として有名です。それが、和食に調理されて出てきます。柔らかい肉質で臭みもなく、しょうゆや味噌によく合います。

「川栄」料理 42390 ほろバラ串300円

出典:ラビかおりんさんの投稿

しっかりした肉質の「ほろバラ串」

「川栄」料理 42391 鰻オムレツ♬

出典:みたらしにゃんこさんの投稿

うなぎが半熟の卵に包まれた「鰻のオムレツ」

「川栄」外観 42392 外観

出典:すいんさんの投稿

「やきとり」と書かれた赤提灯の下に「うなぎ」の文字。飲ん兵衛のワンダーランドのような「川栄」は、新鮮なうなぎと鳥料理が自慢の居酒屋です。

「川栄」内観 42393 食事は板場を通ってずんずん奥へ入っていきましょう

出典:urya-momenさんの投稿

店頭ではお弁当が売られ、店に入ってすぐは板場になっています。その板場を突っ切った先が、食事のできる客席になっています。ディープな赤羽を楽しんでください。

「川栄」料理 42394 付き出しの「合鴨ロースの燻製」&熱燗W

出典:urya-momenさんの投稿

日本酒を注文すると、好きなおちょこが選べます。お酒好きにはうれしいサービスですよね。獺祭、一ノ蔵などの銘酒が揃っています。

川栄の詳細情報

5000川栄

赤羽、赤羽岩淵 / うなぎ、鳥料理

住所
東京都北区赤羽1-19-16
営業時間
[月・火・木・金・土] 11:30~13:00(L.O) 17:00~21:00(L.O) [日・祝] 11:30~17:00(L.O) *鰻売切れの際、閉店になります。
定休日
隔週火曜日・水曜日※2020年4月より日曜日と水曜日が定休日となります。
平均予算
  • ¥3,000~¥3,999
  • ¥6,000~¥7,999

データ提供

Season3【第1話】 北区赤羽の以前訪れた店「まるます家 総本店」

「鯉とうなぎのまるます家 総本店」外観 42398

出典:Min^2さんの投稿

五郎さんが以前訪れたという「まるます家」は、朝から酒飲みが集まる赤羽の有名店です。原作では、朝の9時からお酒を飲んでいる客を見て「夢でも見ているようだ……」と呆然とする五郎さんですが、しっかりご飯に合うメニューを注文しています。
「鯉とうなぎのまるます家 総本店」料理 42400

出典:まりあてぃーたいむさんの投稿

五郎さんが注文したのは、いくらのどぶ漬け、生ゆば刺し、岩のりという酒飲みメニュー。でも、うな丼と肝吸いを注文!しっかりと腹を満たした五郎さんでした。

「鯉とうなぎのまるます家 総本店」料理 42401 生ゆば刺

出典:ダルプッシュさんの投稿

ねぎをクルリと巻いた「生ゆば刺し」

「鯉とうなぎのまるます家 総本店」その他 42402

出典:ぴじきさんの投稿

メニューは常に100種類以上あるそうで、注文に悩む五郎さんの気持ちがよくわかります。彼が飛び上がるほど喜んだ「ごはん」も隠れた人気メニューです。

「鯉とうなぎのまるます家 総本店」内観 42403 提灯イイカンジ。

出典:50オヤジさんの投稿

赤羽では知らない人はいないというほど、超有名店の「まるます家」。店頭では鯉をさばき、うなぎを焼く香ばしい匂いが食欲をそそります。朝でもお酒をひっかける人が多いため、「あれ?いま何時だっけ」と不思議な気持ちにさせてくれる名店です。

鯉とうなぎのまるます家 総本店の詳細情報

5000鯉とうなぎのまるます家 総本店

赤羽、赤羽岩淵 / 居酒屋、うなぎ、魚介料理・海鮮料理

住所
東京都北区赤羽1-17-7
営業時間
【平日】 10:00~20:30(L.O.) 【土・日・祝】 9:00~20:30(L.O.)
定休日
月曜
平均予算
  • ¥2,000~¥2,999
  • ¥2,000~¥2,999

データ提供

五郎さんを追いかけて in 北区

五郎さんが訪れた北区の店をご紹介しました。どの店も行列必至の人気店ですが、五郎ファンなら訪れておきたい店ばかりです。みんなでワイワイ楽しむのもいいですが、五郎さんのように1人で「孤独のグルメ」を楽しんでみてはいかがでしょう。

東京都のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

東京都×ホテル・宿特集

関連キーワード

全国を旅する編集部おすすめ

お得に旅する編集部おすすめ

Go To トラベルキャンペーンでお得に旅しよう♪ 知っておきたい基本情報&オススメの旅先