京都の立ち飲み本屋「レボリューションブックス」が気になる!

京都の立ち飲み本屋「レボリューションブックス」が気になる!

食に特化した本屋さんであり、立ち呑みの酒場であり、さらにはコーヒーを提供するカフェスタンドでもあり・・・さまざまな楽しみ方ができる「レボリューションブックス」。店名のごとくまさに革命を起こしてくれた新業態は、使い勝手がよく最高の組み合わせ!今回はそんな多彩な顔を持つレボリューションボックスの魅力を存分にお伝えします。

2017年03月02日

立ち呑みしながら読書ができる店!?

「レボリューションブックス」外観 1084076 入り口の看板

出典:やまでらさんの投稿

京都の繁華街、四条河原町と木屋町に挟まれた細い路地にある「レボリューションブックス」。個性的なお店が立ち並ぶこの界隈に、2016年4月に仲間入りした異色のお店です。看板に"食の本 珈琲 酒 肴 一式"とあるように、食に特化した本を扱う本屋さんでありながら、お酒と肴、さらにコーヒーまで楽しめる立ち飲み屋さんなのです!
「レボリューションブックス」外観 1063792

出典:ぴょん子さんの投稿

ビルの2Fにあります

コンセプト

本屋さんをやりたいけれど新しく書店を始めるのは色々大変。全国を巡って魅了されたような酒場もやりたい。元ミュージシャンの店主自らが毎日通いたいお店、ということでひらめいた"呑める本屋さん"。なんと本格コーヒーまで用意して、カフェスタンドの一面も!
レボリューションブックスは食の本専門の書店です。
レボリューションブックスは酒肴一式を提供する立飲み屋です。
レボリューションブックスはシングルオリジンのコーヒーが飲めるカフェスタンドです。
レボリューションブックスには、新たな発見があります。
お一人でもお友達とご一緒でも、お気軽にお立ち寄りください。
呑める本屋レボリューションブックス始めます。

出典:レボリューションブックス / Revolutionbooks

こんなお店みたことありませんよね!とっても異色なお店ですが、いざ足を運んでみると、今までなかったのは不思議とさえ思えるほど絶妙にマッチした組み合わせなのです。

本がずらりと並んだ店内

A post shared by ru_ (@ru______chan) on

店内は女性ひとりでも気兼ねなく訪れることができる空間です。飲食は基本カウンターで。立ち飲みスタイルです。
「レボリューションブックス」内観 1063800

出典:やまでらさんの投稿

立ち飲みカウンター

食に関する本が勢ぞろい

お店の奥の小部屋のようなスペースは三方の壁に本がずらり。テーブル脇の本棚や箱型の本棚にも!置いてあるのは全て「食」がテーマの本ばかりで約800冊もあります。全て店主がセレクトしたのだそう。
「レボリューションブックス」内観 1063793

出典:ぴょん子さんの投稿

「食」というとレシピ本を思い浮かべますが、こちらでは色々な切り口から食を見つめています。レシピだけでなく、各地の食文化にまつわるものや専門書、食を題材にした小説や絵本、エッセイなどもあります。

「レボリューションブックス」内観 1063794

出典:ぴょん子さんの投稿

オシャレな本棚。手前にある箱は昼間はこのように本棚として使用。夜混んでくるとフタをしてテーブルに早変わりします。

とにかく本の品揃えが豊富で、よくもまあ一つのテーマでこんなにたくさん集められるものだと感心します。普通の本屋さんではなかなか置いていないような食にまつわる貴重な本・ユニークな本がたくさんあって、思わず手にとって読みふけってしまうことも。

絵本も「食」がテーマ

「レボリューションブックス」その他 1063803 本がずらり

出典:やまでらさんの投稿

こちらのお店とお取引のある本の取次店は、もともとは児童書からスタートしているため絵本の種類もたくさん揃っているのだとか。お昼間は子連れのお客さんも多く、お酒やコーヒーを楽しむママの横で子どもは絵本を読んでいるといった光景もみられます。

リーズナブルで豊富なお料理

お料理の注文は、壁に貼ってある手書きのメニューから吟味して下さい。大阪京橋の有名立ち飲み店「岡室酒店直売所」仕込みのお料理はどれもリーズナブルで美味しい!
「レボリューションブックス」内観 1063799

出典:やまでらさんの投稿

メニューがふせんでペタペタ貼られています。営業は13時からなので昼から飲めますよ。ですがお昼は提供されるお料理メニューが若干少なめ。夜マークがあるものは夜のみのメニューになっています。

「レボリューションブックス」料理 1084254

出典:しののめ太夫さんの投稿

カウンターのショーケースもチェック!手頃なサイズ感なので、お一人様でも色々食べられますよ。

「レボリューションブックス」料理 1063826 肴盛り

出典:やまでらさんの投稿

居酒屋の定番メニュー、お造りや煮物、揚げ物、卵焼きなど、どれも200円~500円というからうれしい!

「レボリューションブックス」料理 1063821

出典:ぴょん子さんの投稿

立ち飲みには必須メニュー!?お店でコトコト煮込んだおでん。味が染みていておいしいです。

「レボリューションブックス」料理 1063823

出典:ぴょん子さんの投稿

豚皿ことチャーシューはとってもボリューミー。やわらかくてしっとり!

A post shared by shouuuu (@munch_away_) on

定番メニュー以外にも、ユニークなメニューが盛りだくさん!
「レボリューションブックス」料理 1063825

出典:ぴょん子さんの投稿

〆には人気のアブラだれ炒め麺をどうぞ!以前京都・一乗寺の「ラーメン荘 夢を語れ」で働いていたご縁から、そちらの麺を利用した一品。

ドリンクも充実

「レボリューションブックス」ドリンク 1063809

出典:やまでらさんの投稿

ドリンクは瓶ビール、生ビール、焼酎、日本酒、サワーと充実のラインナップ。京都ではなかなか飲めない清酒「世界一統」もあります。この世界一統、和歌山出身の民俗学者・南方熊楠の実家の酒蔵が手掛けた逸品なのだそう。

パクチーサワーもあります。パクチー好きならマストオーダー!

A post shared by @a2onaka on

ドルフィンサワーはキウイ味!日によってオーダーできる日とできない日があります。

「レボリューションブックス」料理 1063830

出典:いねのひとさんの投稿

いかがでしたか?

「レボリューションブックス」内観 1063795 本がずらり

出典:やまでらさんの投稿

今までにないタイプの立ち飲み居酒屋「レボリューションブックス」。美味しい料理と酒を味わいながら読書を楽しんでみませんか?

レボリューションブックスの詳細情報

レボリューションブックス

河原町、祇園四条、清水五条 / 立ち飲み居酒屋・バー

住所
京都府京都市下京区船頭町235 集まりC号 2F
営業時間
13:00~23:00
定休日
月曜・火曜不定休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

京都府のツアー(交通+宿)を探す

このレストランの紹介記事

関連記事

SNSで人気

京都府×ホテル・宿特集

関連キーワード