沖縄観光・本部半島は自然と穴場ビーチとテーマパークの宝庫・レジャースポット11選

沖縄観光・本部半島は自然と穴場ビーチとテーマパークの宝庫・レジャースポット11選

沖縄本島の北部に位置する『本部半島』は、「沖縄美ら海水族館」をはじめとする大中小テーマパークがたくさん!亜熱帯植物や動物とのふれあい、世界遺産の城跡、キレイな白い砂浜のビーチなど、一日では廻りきれない遊びどころが満載です。そんな自然を感じることができる本部半島で訪れたい、選りすぐりの観光スポットをご紹介します♪

2017年03月04日

本部半島をめぐろう!

本部半島をめぐろう!1086011

出典:かいちゃんパパさんの投稿

自然がいっぱい残された『本部半島(もとぶはんとう)』は、沖縄北部の中心都市・名護市(なごし)からも簡単にアクセスできます。そんな本部半島には、観光で行きたいレジャースポットが目白押し!一番の観光客が訪れる「沖縄美ら海水族館」を中心に、他の場所にもぜひ、足を延ばしてみましょう。

本部半島へのアクセス

本部半島へのアクセス1078554

出典:大月慶彦さんの投稿

本部半島へは、那覇空港から沖縄自動車道(有料高速道路)で、終点の“許田インターチェンジ(きょだ)”まで1時間ほど。名護市内を抜けて、それぞれの観光スポットには30分から1時間以内でアクセスすることが可能です。海沿いの道や山林の道など、往復で道順をかえて両方楽しむのがおすすめです。

やんばる観光案内コーナー

やんばる観光案内コーナー1078311

出典:

許田インターを降りてしばらく走行すると右側に『道の駅・許田』があります。道の駅・許田の中にある“やんばる観光案内コーナー”では、北部観光情報が集結されているのでぜひチェック!

1.沖縄美ら海水族館

1.沖縄美ら海水族館1078293

出典:

『沖縄美ら海水族館(おきなわ・ちゅらうみ・すいぞくかん)』は、沖縄県内でも多くの人が訪れる観光スポットです。なんといってもジンベイザメが泳ぐ“巨大水槽”が一番人気です。大迫力の大きさに思わずのけぞってしまいそう……。
1.沖縄美ら海水族館1078322

出典:

運が良ければ、エサやりの時間に遭遇できるかもしれません。エサをあげる人たちがジンベイザメに間違って食べられてしまわないかと息をのむ瞬間です。パフォーマンスも面白い……。

1.沖縄美ら海水族館1078305

出典:

水槽の上からジンベイザメを見ることができる「黒潮探検(水上観覧コース)」もおすすめです。横から見るアングルとは、またちょっと違った迫力です。スタッフの解説を、子どもや大人たちまでが一緒に学べます。無料なのでこれは参加しなきゃ損ですよ。所要時間およそ20分です。
1.沖縄美ら海水族館1078295

出典:

イルカのショー“オキちゃん劇場”にもたくさんの人が集まります。イルカのオキちゃんを中心に、イルカたちが繰り広げるショーは見ごたえ十分。愛嬌のあるイルカたちは、賢くてとってもかわいい♪こちらのショーも無料で見ることができます。駐車場は無料ですが、大きな敷地に何か所か設置されているので、行きたい場所の最寄りに駐車することをおすすめします。

2.今帰仁城跡(世界遺産)

2.今帰仁城跡(世界遺産)1078330

出典:

『今帰仁城跡(なきじんぐすくあと)』は、世界遺産にも登録されています。標高約100mの高台から眺める海と山の景色をパノラマで眺望できます。波が押し寄せる海の景色はいつまで見ていても飽きません。陽射しの強い沖縄では日傘やタオルは必需品です。また、歩きやすい靴などで訪問しましょう。
2.今帰仁城跡(世界遺産)1078337

出典:

沖縄の城は、見慣れている城の特徴とはだいぶ違います。その特徴のひとつでもある“石垣のくねくね曲がった美しいライン”は、目に新しいと感じる人も少なくないでしょう。
2.今帰仁城跡(世界遺産)1078342

出典:指おじさん30さんの投稿

桜の開花が早い沖縄では、本土でマフラーと手袋が欠かせない時期の毎年、『今帰仁グスク桜まつり』が行われます(2017年は1月28日~2月12日)。ライトアップされたピンクが鮮やかな桜と、城跡の石垣にうっとりしてしまいます。パーキングは無料です。

3.ナゴパイナップルパーク

3.ナゴパイナップルパーク1078368

出典:

コミカルなパイナップルのオブジェがお出迎えしてくれる『ナゴパイナップルパーク』は、その名の通りパイナップルのテーマパークです。館内ではもちろんパイナップルが作られています。
3.ナゴパイナップルパーク1078380

出典:

南国ムードただようパイナップル畑は、カート“パイナップル号”や、パイナップルトレインでめぐることができます。カートの運転が心配な人でも自動運転なので楽チンです。また、ワイン工場の見学や、無料のパイナップル試食などの見どころや味どころも満載です。

4.ネオパーク・オキナワ(名護自然動植物公園)

4.ネオパーク・オキナワ(名護自然動植物公園)1078417

出典:

『ネオパーク・オキナワ』は、動物と直接ふれあうことができるテーマパークです。本格的でリアルに近い亜熱帯の環境は見ごたえ十分。まるでジャングルにいるよう……。鳥たちの餌付けも楽しいですよ。子どもだけでなく大人でもテンションあがってしまうこと間違いなしです。
4.ネオパーク・オキナワ(名護自然動植物公園)1078399

出典:

むかし沖縄を走っていた“沖縄軽便鉄道”のミニチュア版の機関車で、園内を一周することができます。電車好きにはたまりません。所要時間およそ20分です。
4.ネオパーク・オキナワ(名護自然動植物公園)1078407

出典:

ゾウガメの“カメジロウ”も人気です。背中に乗って記念撮影することもできるそうです。こわくて泣きだしちゃうお子さんもいるようですが、いい思い出です。きっと強い子になりますよ。

5.DINO恐竜PARK やんばる亜熱帯の森

5.DINO恐竜PARK やんばる亜熱帯の森1078456

出典:

沖縄では有名な“御菓子御殿”が経営する『DINO恐竜PARK やんばる亜熱帯の森』。以前は“やんばる亜熱帯園”という名前だったことでも知られています。ジャングルと恐竜がコラボした子どもに人気のエリアです。
5.DINO恐竜PARK やんばる亜熱帯の森1078471

出典:

やんばると言うだけあって、いつもと違う亜熱帯の植物に思わず感動!珍しい植物に囲まれた森林を散策するのもワクワク。ジュラシックパーク気分をぜひ味わって!
5.DINO恐竜PARK やんばる亜熱帯の森1078463

出典:

御菓子御殿といえば、お菓子の工場見学も定番。何度行っても思わず見入ってしまいます。紅芋タルト作り体験もできるので、ぜひ家族で一緒のトライ!また、現在リニューアル工事中ですが、沖縄の歴史や文化を学べる“沖縄歴史民俗資料館”にも立ち寄ってみましょう(2017年5月のリニューアルオープンに向けて工事中)。

6.もとぶ元気村

6.もとぶ元気村1078596

出典:

沖縄美ら海水族館近くにある『もとぶ元気村』は、イルカと直接ふれあうことができるマリンプログラムなど、体験観光ができる施設です。ぜひイルカからみなぎるパワーをもらいましょう。
イルカのかわいいまなざしで見つめられると、知らず知らずに笑顔がいっぱい。かわいいなき声もたまりません。
6.もとぶ元気村1078625

出典:

また、クルージング、シーカヤック、シュノーケル、フィッシングから、今注目のスタンドアップパドルサーフィン“SUP(サップ)”や、“フライングジェットボード”まで、ほとんどのマリンスポーツが体験できます。子どもから大人まで、それぞれ好きなプログラムを思う存分エンジョイするのがここでの楽しみ方です。

7.ウッパマビーチ

7.ウッパマビーチ1078634

出典:

ホテル「ベル・パライソ」の目の前にあるビーチが、『ウッパマビーチ』です。手つかずの自然が残された透明度の高い天然ビーチは、とても開放的な空間です。天然ビーチとは言え、クラゲ防止ネットも完備され遠浅なので、小さなお子さんでも安心です。

A post shared by @mm_515_mmm on

魚もたくさんいるのでシュノーケリングにも向いています。シャワーはベル・パライソの施設がプール込みでリーズナブルに利用できます。

ウッパマビーチの詳細情報

ウッパマビーチ

住所
沖縄県国頭郡今帰仁村字運天1069
アクセス
沖縄自動車道許田ICから国道58号・449号、県道72号を今帰仁方面へ車で24km

データ提供

【アクセス】沖縄自動車道・許田インターから車でおよそ40分です。ホテル「ベル・パライソ」を目指せば目の前です。

8.エメラルドビーチ(海洋博公園内)

8.エメラルドビーチ(海洋博公園内)1078642

出典:

『エメラルドビーチ』は、海洋博公園の敷地内(沖縄美ら海水族館に隣接)にあるオシャレな人工ビーチです。真っ白な砂浜は、反射する太陽の光がとてもまばゆい……。

A post shared by @moonbeach.jp on

人工ならではのキレイさに加え、海の鮮やかな景観はまさしくエメラルド。シャワーが無料というのも嬉しいです。監視員やクラゲ防止ネットも完備されているので、小さなお子さん連れでも安心です。駐車場は海洋博公園の大型無料パーキングを利用しましょう。

9.塩川ビーチ

9.塩川ビーチ1078647

出典:

『塩川ビーチ』は、地元民に密着した穴場のビーチです。ビーチ使いのほか、シュノーケルやサーフィンなどでも人が集まる場所です。引き潮には、サンゴや魚たちを近場で見ることができます。地元民の間では、キャンプなどを楽しむファミリーも多く訪れます。

A post shared by Ittoku Toya (@cosmic_ocean) on

無料のパーキングやトイレ、シャワーなどの基本的な設備は整っています。

塩川ビーチの詳細情報

塩川ビーチ

住所
沖縄県国頭郡本部町崎本部

データ提供

【アクセス】沖縄自動車道・許田インターから車でおよそ25分です。

10.長浜ビーチ

地元民ご用達の隠れ家ビーチ『長浜ビーチ』。魚やサンゴは比較的少ないですが、砂浜が広がるビーチはとてもキレイです。ゆっくりのんびりしたい人には打ってつけのビーチです。
10.長浜ビーチ1072994

出典:

キャンプなどで利用する地元民も多いようです。トイレや無料パーキングはありますが、シャワーがありません。泳ぐ場所としては女性にはキツイかもしれませんが、ワイルド感を味わいたい人にはぴったりです。

【アクセス】沖縄自動車道・許田インターから車でおよそ40分です。
【住所】沖縄県国頭郡今帰仁村諸志
※「GUEST HOUSE 風来荘」を目指していくとわかりやすいです。

公式詳細情報 風来荘 Fu-rai-sou

風来荘 Fu-rai-sou

美ら海・本部・今帰仁 / 民宿

住所
沖縄県国頭郡今帰仁村諸志868地図を見る
アクセス
那覇空港よりお車で約120分。 許田インターより車で約45分。
宿泊料金
6,300円〜(2名1室 / 1名)
宿泊時間
15:00(IN)〜 10:00(OUT)など

6,300円〜 / 人

もっと見る

データ提供

11.21世紀の森ビーチ

11.21世紀の森ビーチ1078654

出典:

名護市民の憩いの場としても人が集まる人工の『21世紀の森ビーチ』。遊歩道も整ったロングビーチなので、ジョギングなどをする地元民も多いのが特徴です。
バーベキューやビーチバレーなど、いつでもたくさんの人で賑わっています。パーキングは無料です。シャワー、クラゲ防止ネット、監視員なども完備されています。

21世紀の森ビーチの詳細情報

21世紀の森ビーチ

住所
沖縄県名護市宮里2丁目2
アクセス
名護バスターミナルから徒歩で20分

データ提供

【アクセス】沖縄自動車道・許田インターから車でおよそ15分です。

本部半島めぐりいかがでしたか?

A post shared by mina.1988 (@mi_ina37) on

国道沿いに本土のチェーン店がひしめく名護市からちょっと車を走らせれば、天然の自然が豊富な『本部半島』にタイムスリップ。沖縄がつまったテーマパークやビーチを満喫できる充実の観光エリアです。沖縄美ら海水族館からトンボ帰りしてしまう人も多いようですが、ぜひゆっくり本部半島をめぐる旅行プランを計画されてみてはいかがですか?

沖縄県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

特集

沖縄県×ホテル・宿特集

関連キーワード