映画「ちはやふる」のロケ地!福井県あわら市へ行ってみよう

映画「ちはやふる」のロケ地!福井県あわら市へ行ってみよう

競技かるたクイーンを目指す綾瀬千早(ちはや)らの青春物語、「ちはやふる」。少女漫画が原作ですが、この春、映画化されることでも話題になっています。物語の中で、千早を競技かるたへ導くきっかけを作った綿谷新(わたやあらた)の故郷として登場するのが、福井県あわら市。のどかな風景が広がる観光地です。そんな「あわら市」をゆっくり満喫しましょう。

2016年07月08日

映画「ちはやふる」で注目されるあわら市

A photo posted by saki (@sakio4) on

「ちはやふる」は、競技かるたにかける少女と仲間たちの情熱・夢・恋を描く青春ストーリー。この春、広瀬すず主演で映画が公開され、<上の句><下の句>の二部作で描かれる話題の大作です。ストーリーの中で、主要な登場人物の故郷として登場するあわら市も、いま熱い注目を集めています。
映画「ちはやふる」で注目されるあわら市45115

出典:

物語の中で、千早たちが新に会うためにあわら市を訪れるシーンがあり、JR芦原温泉駅などが登場します。上の写真は、ちはやふるのポスターが貼られた芦原温泉駅。実際に、福井県では競技かるたがさかんで、学校でも学びます。クイーンなどの優勝者を多く輩出していることから、「かるた王国福井」といわれています。

そんなあわら市を観光してみましょう

北潟湖を擁する風光明媚(ふうめいこうび)な「あわら市」は、福井県の一番北に位置しています。明治17年にあわら温泉が開湯。福井県でも指折りの温泉街として「関西の奥座敷」とも呼ばれます。しかし、温泉だけでなく、景観を楽しんだり、観光スポットなどを巡るのが楽しいのも魅力です。
そんなあわら市を観光してみましょう45120

出典:おにころんさんの投稿

こちらは、あわら夢ぐるま公園から眺める北潟湖。右の赤い橋がアイリスブリッジ。

そんなあわら市を観光してみましょう45121

出典:おにころんさんの投稿

上の写真は、北潟湖と風力発電。あわら市の北潟地区には、福井県最大級の風力発電所「あわら夢ぐるま」が稼働しています。

吉崎御坊跡

吉崎御坊跡45123

出典:おにころんさんの投稿

吉崎御坊跡(御山)からの素晴らしい眺め。手前が北潟湖で、奥が日本海です。

吉崎御坊跡(よしざきごぼうあと)は、室町後期に浄土真宗を民衆に広めたといわれる蓮如上人(れんにょしょうにん)が、北陸での布教の中心に選んだ地。いまでもこの場所は“蓮如の里”といわれ、日本全国から参拝の人々が訪れます。蓮如上人の像や建物跡の碑があり、そこから北潟湖の素晴らしい眺めが楽しめます。
吉崎御坊跡45125

出典:おにころんさんの投稿

吉崎御坊跡にある蓮如上人像。上野の西郷隆盛像などで有名な“高村光雲”作です。

吉崎御坊跡には、蓮如上人をしのんで平成10年に建てられた「蓮如上人記念館」もあります。シアタールームでの映像や語り部(かたりべ)のわかりやすい解説などがあり、蓮如上人の教えや吉崎の歴史・文化を学ぶことができます。
吉崎御坊跡45127

出典:おにころんさんの投稿

金津創作の森

金津創作の森45130

出典:

広大な敷地を持つ森の中で、自然を肌で感じながら“何かを創る”楽しさを体験できる「金津(かなづ)創作の森」。展示スペースなどがある“アートコア”のほかに、一般の方が利用できる“創作工房”などがあり、陶芸教室やろうけつ染めなどさまざまな講座が年間を通して開かれています。また、“ガラス工房”もあり、訪れた人のための見学デッキが用意されています。
金津創作の森45132

出典:

A photo posted by N.noro (@nob156cm) on

金津創作の森の詳細情報

金津創作の森

住所
福井県あわら市宮谷57-2-19
アクセス
芦原温泉駅からタクシーで10分
営業時間
9:00〜17:00
定休日
[月] 年末年始

データ提供

滝の雨請堂

滝の雨請堂45136

出典:おにころんさんの投稿

江戸時代の“享保(きょうほ)の大飢饉(だいききん)”のときに、人々が宮山で雨請い(あまごい)の祈願をして雨を降らせたことから、不動明王像と八木龍王像を祀るようになったといわれます。かんばつの際には、その後も里人が集まり、祈願したそうです。

芝政ワールド

芝政ワールド45140

出典:

目の前には日本海がはるかに開け、広大な芝生が広がるテーマパーク「芝政ワールド」。総天然芝のパットゴルフ場や、ジェットコースターなどのアトラクションも楽しめる大規模なレジャースポットです。あわら温泉街から車で10分ほどですので、温泉を楽しんだ翌日に訪れるのもおすすめです。
芝政ワールド45143

出典:

夏にはプールがおすすめ。世界最長最大落差を誇る浮輪ウォータースライダーをはじめ、ビッグスケールの流れるプールなどお楽しみがいっぱい。2016年夏には世界初の巨大スライダーが登場するそうです。

芝政ワールドの詳細情報

芝政ワールド

住所
福井県坂井市三国町浜地
アクセス
1) あわら温泉街からタクシーで10分 2) えちぜん鉄道三国駅からタクシーで10分
営業時間
9:00〜17:00
料金
子供 1,000円 入場料 大人 1,500円 入場料

データ提供

季節ごとに楽しめるあわら市

あわら市では、初夏の花菖蒲や秋のコスモス、そして観月会の花火など季節ごとにさまざまな楽しみがあります。どの季節に訪れても素敵な出会いが待っています。

北潟湖花菖蒲園(きたがたこはなしょうぶえん)

北潟湖花菖蒲園(きたがたこはなしょうぶえん)45148

出典:カンタムウィンクさんの投稿

北潟湖畔にある「北潟湖花菖蒲園」では、例年6月頃に江戸・伊勢・肥後・外国系など300種20万本もの花菖蒲が咲き誇り、その見事さは全国屈指といわれます。見ごろに合わせて「あわら北潟湖畔花菖蒲まつり」も開催されますので、ぜひお出かけしてみてください。

伊井のコスモス畑

伊井のコスモス畑45151

出典:りおれうすさんの投稿

上の写真は、あわら市伊井のコスモス畑。休耕地を利用して、毎年秋には色鮮やかなコスモスが咲き乱れるそうです。美しい山並みを背景に、花々が風にゆれるさまはほんとうに可憐です。

A photo posted by babychoco chieko (@chieko1939) on

北潟湖畔観月の夕べ

北潟湖畔観月の夕べ45155

出典:じろー321さんの投稿

あわら市では、9月に「北潟湖畔観月の夕べ」が行われ、名月を観賞しながら花火を楽しんだり、野立(のだて)茶会や水上ステージでの芸能祭などさまざまな催しが行われます。この時期に合わせて、あわら市を訪れる人も多いようです。
北潟湖畔観月の夕べ45157

出典:のほほんHITOさんの投稿

北潟湖畔観月の夕べで湖上に打ち上がげられる花火はとても幻想的で、あわら市の秋の風物詩として親しまれています。名月との美しいコラボレーションをお楽しみください。

あわら市といえば「あわら温泉」

関西の奥座敷として多くの人に親しまれているあわら温泉は、温泉療法医がすすめる名湯百選のひとつにもなっています。鉄道や車のアクセスのよく、小松空港も近いので遠方からの来訪にも便利です。

あわら温泉湯のまち広場

あわら温泉湯のまち広場45163

出典:

こちらが、無料の足湯「芦湯」です。散策の途中でくつろいでみてはいかがですか?

「あわら温泉湯のまち広場」は、えちぜん鉄道「あわら湯のまち」駅のすぐそばにあり、あわら温泉街のにぎわいの中心。無料の足湯や伝統芸能館などもあり、多くの観光客がくつろいでいます。あわら温泉へお越しの際には、ぜひのぞいてみてください。
あわら温泉湯のまち広場45166

出典:

あわら温泉湯のまち広場にある屋台村「湯けむり横丁」。串揚げ、おそば、海鮮料理などさまざまなグルメが楽しめます。観光客と地元の人々がふれあう場でもあります。

A photo posted by PRIME_NB (@prime_nb) on

あわら温泉湯のまち広場の詳細情報

あわら温泉湯のまち広場

住所
福井県あわら市温泉

データ提供

あわら市へのアクセス

車/東名・名神・米原J.C.T経由、北陸自動車道・金津IC下車、あわら温泉街へは約15分。
鉄道/東京からは新幹線で米原へ出て「特急しらさぎ」に乗り換え、芦原温泉駅下車。
飛行機/小松空港からバスで小松駅へ。普通電車で芦原温泉駅下車。または、小松空港から空港連絡バスで福井駅へ行き、えちぜん鉄道に乗り換え、あわら湯のまち駅下車。
あわら市へのアクセス45171

出典:

あわら温泉で癒されて、のどかな市内を観光して、充実した旅が楽しめるあわら市。映画で注目を集める今が訪れてみるいいタイミングです。日本海の街ならではの落ち着いた雰囲気に心が安らぎますよ♪

福井県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード