徳島旅行で心に残る絶景を。訪れておきたい絶景スポット12選

徳島旅行で心に残る絶景を。訪れておきたい絶景スポット12選

四国のひとつ「徳島」は自然たっぷりで、おおらかな風景が楽しめる場所です。そんな徳島には絶景スポットがたくさんあります。絶景を見て心を癒されるも良し、写真に収めてとっておきの1枚を撮るも良し♪徳島を観光する際に立ち寄っておきたい、ステキなスポットを集めました。

2017年03月19日

雄大で自然豊かな「徳島」の絶景

雄大で自然豊かな「徳島」の絶景1091077

出典:ken-1さんの投稿

剣山山頂より次郎笈(シロウギュウ)を臨む

四国の東部に位置する徳島県は、山地が多く、全面積の約8割を占めており、1,000mを超える山も多くあります。山間には豊かな水量を誇る「吉野川」が流れ、海側は穏やかな瀬戸内海と黒潮が寄せる太平洋を併せ持つ、雄大で自然豊かな地域です。そんな徳島県の絶景に出会えるスポットをご紹介します!ぜひ観光と共に訪れてみてください。

雄大な山々が広がる四国の屋根「剣山」

徳島県の最高峰!県のシンボルともされている「剣山(つるぎさん)」。四国の屋根とも呼ばれ、標高1,955mと西日本第二の高さを誇ります。日本百名山にも選ばれている剣山は、山頂近くまでリフトで登ることができ、山頂までの道のりも整備されているので、初心者でも登りやすい山のひとつとされています。
雄大な山々が広がる四国の屋根「剣山」1091079

出典:branchriverさんの投稿

山頂付近には、樹木がないので360度パノラマの絶景が望めます。山頂へ続く道には階段が設置されており、まるで天国へと続く階段のようですね。

雄大な山々が広がる四国の屋根「剣山」1091082

出典:ken-1さんの投稿

山頂にはゆっくりと座って絶景が楽しめる、ウッドデッキのようなスペースが設けられています。ここでお弁当を食べると気持ちよさそうですね。

A post shared by Moeka (@morimorimoeka) on

三好市東祖谷に剣山を登る「剣山観光登山リフト」があります。ラクラク山頂近くまで、のんびり絶景を眺めがら遊覧が楽しめますよ。

徳島の珍スポット「祖谷渓の小便小僧」

三好市西祖谷に位置する、深く切り込んだV字型の「祖谷渓」。祖谷渓谷、祖谷谷とも呼ばれ、雄大な山々が四季折々の絶景を魅せてくれます。谷底を流れる祖谷川はエメラルドグリーンに輝き、目がくらむような断崖から見下ろせます。このスポットまでは、かなり細い道が続いているので車の運転には気を付けながら訪れてくださいね。
徳島の珍スポット「祖谷渓の小便小僧」1091075

出典:コイケヤプレミアムさんの投稿

夏には青々とした緑に覆われ、秋になると赤やオレンジと色とりどりに山一面が覆われます。息を飲む美しさですよ。

徳島の珍スポット「祖谷渓の小便小僧」1091040

出典:cochangさんの投稿

祖谷渓の街道の途中に、断崖に岩が突き出た珍スポットがあります。昔、ここで地元の子供たちが度胸試しをしたという逸話があり、その話をもとに岩の先に小便小僧の像が立っています。手前にはちゃんと柵がありますが、気を付けながら覗いてみてください。

清流が作り出す自然の芸術「大歩危・小歩危」

吉野川の中流域に位置する渓谷「大歩危・小歩危(おおぼけこぼけ)」。三好市山城町付近から高知県長岡郡大豊町まで続く、約8kmの壮大な渓谷で、エメラルドグリーンの美しい清流が臨めます。2億年の時を経て、吉野川の激流によって創られた渓谷美は、白い岩肌がまるで芸術作品のよう。のんびり舟くだりや、スリル満点のラフティングなども楽しめます。
清流が作り出す自然の芸術「大歩危・小歩危」1091073

出典:cochangさんの投稿

美しい渓谷美が魅力のスポットです。ところどころに川の近くまで降りられる遊歩道が整備されているので、ドライブの途中にゆっくり眺めに降りてみるのもいいですね。

清流が作り出す自然の芸術「大歩危・小歩危」1091074

3月下旬から5月末まで、大歩危峡に全国から集まった、鯉のぼりがかけられます。川風によって悠々と泳ぐ姿を眺めながら、舟くだりを楽しんでみてはいかがでしょうか?

スリル満点!日本三奇橋のひとつ「祖谷かずら橋」

秘境・祖谷の渓谷に架けられた、日本三奇橋に数えられる「祖谷かずら橋」。国県指定重要有形民俗文化財にも指定されています。地域に自生する「シラクチカズラ」を編み連ねて創られた橋で、重さ約5トンにも及ぶそうです。料金はかかりますが、実際に渡ることができますよ。
スリル満点!日本三奇橋のひとつ「祖谷かずら橋」1091044

出典:おかっこさんの投稿

周囲を木々に囲まれ、下には美しい清流が流れる、自然を体感しながらスリルが楽しめます。春には橋のそばに群生する藤の花が紫に華やぎ、秋には紅葉につつまれます。

スリル満点!日本三奇橋のひとつ「祖谷かずら橋」1091046

出典:かず122さんの投稿

幾重にも編まれたカズラが、冒険心を高めます。観光シーズンには多くの人が一度に渡り、想像以上に揺れますよ。板の隙間から美しい川が覗き、スリルが味わえます!訪れた際には、ぜひチャレンジしてみてください♪

A post shared by marin (@maa_0201) on

かずら橋を渡り切った場所のすぐ近くにある「琵琶の滝」。1ヵ所で二度楽しめるスポットです。滝壺の近くまで行けるので、しぶきを上げる滝の水を感じることができますよ。

お遍路さんの難所!霊峰「太龍寺」

阿南市加茂町にある、四国八十八箇所霊場の第二十一番札所「太龍寺」。792年、弘法大師の創建と伝えられる高野山真言宗の寺院で、「西の高野」とも呼ばれる名高いお寺です。海抜600mの太龍山の山頂近くにあり、遍路の難所のひとつとも言われています。今ではお寺まで大型ロープウェイで簡単に登ることができますよ。

A post shared by Takashi Hattori (@zebra_hat) on

全長2,775m、西日本最長を誇る大型ロープウェイで、雄大な自然を眺めながらお寺のそばまで登れます。約10分の遊覧が楽しめ、窓の外には崖の上に鎮座する弘法大師像などが見られます。

お遍路さんの難所!霊峰「太龍寺」1091156

出典:

境内へと上る階段のすぐ近くにロープウェイが到着しますよ。神聖な神の国へと誘うような木々に覆われた長い階段です。

お遍路さんの難所!霊峰「太龍寺」1091130

出典:

山の上に現れる広大な伽藍には、本堂、大師堂、多宝塔などの諸堂があります。木の揺れる音や鳥の鳴き声などが響き渡るのみで、神聖な空気が漂っています。

A post shared by aika♡ (@alohakiri.soraai) on

境内から650mほど歩いた場所に、岩場に鎮座する大師像が置かれた「舎心ヶ嶽」があります。この場所で大師が「虚空蔵求聞持法(こくうぞうぐもんじほう)」の修行をしたと伝えられています。

神秘的な世界が現れる「轟九十九滝」

徳島県の南部、海部郡海陽町にある日本の滝百選にも選ばれた大滝「轟の滝」を含む「轟九十九滝」。趣や大きさの異なった滝が連続してたくさんあることから、九十九滝と呼ばれているそうです。滝を巡りながら散策を楽しめる遊歩道が整備されており、ゆっくり森林浴を楽しむことができます。
神秘的な世界が現れる「轟九十九滝」1091099

出典:CarpeDiemさんの投稿

様々な岩を伝いながら流れ落ちる「二重の滝」。大小の美しい流れを見ることができます。

A post shared by @rsa80360 on

落差58mある大滝「轟の滝」。名のごとく、爆音と豪壮な姿は、神々しさを感じさせます。

A post shared by もとこ (@anne_0110) on

滝のそばには轟神社・龍王寺が祀られています。夏になるとふんどし姿の男衆が御神輿を担いで、轟の滝の滝壺へと入ります。全ての人々の健康・安全・平和を祈願するお祭りで、とても幻想的な光景ですよ。

高原に溢れるアジサイ「大川原高原」

名東郡佐那河内村にある、面積120ヘクタールもの山肌に広がる高原「大川原高原」。市内から車で約1時間ほどの場所にあり、緩やかなスロープを上りながら、爽やかな景色を満喫できます。山頂からは遠く、紀伊水道や徳島平野、阿讃山脈などが見渡せる絶景のパノラマビューが広がっています。

A post shared by MIWA KITOKU (@miiwa0420) on

7月上旬から中旬にかけて、高原の標高900m付近では、約3万株のアジサイが咲き誇ります。高原を覆う壮大な花風景が楽しめます。山頂付近には風力発電所の風車が15基設置されおり、独特の風景を創りだしていますよ。

A post shared by Junko (@doramama35) on

アジサイを愛でながら、ゆる~りゆる~りとドライブを楽しみましょう。

A post shared by 長谷川隼 (@kugel626) on

高原にはログハウスやバンガロー、炊事棟を備えたキャンプ場もあるので、大自然を満喫できるステイが楽しめます。山頂付近には、反射望遠鏡を設置した「ヒルトップハウス」もあります。7月中旬から9月上旬まで天体観測会が行われていますよ。迫力ある満天の星空を楽しんでください。

懐かしい日本の原風景「落合集落」

三好市東祖谷落合地区、祖谷川と落合川の合流点より山の斜面に山村の原風景が広がる「落合集落」。国の重要伝統的建造物群保存地区に選定された名勝で、近くにはこの景色を一望できる展望所も作られていますよ。江戸時代中期から昭和初期に建てられた民家や石垣、段々畑など懐かしい風景が望めます。

A post shared by @coco_a2 on

対岸にある落合展望所からの眺め。初夏の青々とした山々と村が美しく溶け合っていますね。秋には鮮やかな紅葉に彩られた景色が見られます。

高低差390mにも及ぶ斜面に形成された集落には、風情ある茅葺屋根の宿泊施設もあります。田舎暮らし体験に訪れてみてはいかがでしょうか?

美しい農村の風景「樫原の棚田」

勝浦郡上勝町にある、全国棚田百選に選ばれた「樫原の棚田」。谷沿いに広がる棚田は、季節ごとに農村の美しい風景を見せてくれます。上から見下ろしたり、下から見上げたり、横から眺めたり、様々な角度からこの風景を楽しんでください。毎年11月初旬には、地域の秋祭りが行われ、谷間を祭囃子が鳴り響きわたりますよ。
美しい農村の風景「樫原の棚田」1091219

出典:ぱる吉さんの投稿

青い空を映し出す、初夏の田園風景。周りの緑とのコントラストが美しい季節です。

美しい農村の風景「樫原の棚田」1091222

出典:あいてむさんの投稿

稲が棚田を覆い尽くし、山に溶け込む晩夏の季節。凛とした静寂が広がります。田んぼの周りには、水車小屋などもありますよ。

幻想的な妖精が住む森「山犬嶽」

森の神や妖精が住んでいそうな、苔むした幻想的な場所「山犬嶽」。樫原の棚田からさらに山を登ったところにあります。山道はあまり整備されておらず、自然のままの姿の場所が多いので注意して訪れてくださいね。登山口の案内看板にはマップが入った木のボックスが設置されています。迷う方も多いので持っていくといいですよ。
幻想的な妖精が住む森「山犬嶽」1091230

出典:ぱる吉さんの投稿

巨岩と水苔に覆われた場所。眩しいほどの青い世界が広がっており、不思議な世界に迷い込んでしまったかのような錯覚に襲われそうですね。

A post shared by mami (@mamiin.11) on

山林の中を進む登山道。梅雨の時期などには霧がかかることもあります。幻想的な風景が楽しめますが、視界が悪くなるので足元に注意しながら進んでください。

轟音とともにうねる迫力の渦「鳴門の渦潮」

世界最大級の豪快な渦潮が発生する鳴門海峡。「鳴門の渦潮」と呼ばれる人気のスポットで、潮の干満によって渦潮が発生しています。春と秋の大潮の時期に最も大きな渦が発生し、その大きさは最大直径20m、潮流時速20kmにも及ぶことがあるそうです。クルーズで渦のそばまで行くこともでき、大迫力の光景とうねる轟音を体感してみてください。
轟音とともにうねる迫力の渦「鳴門の渦潮」1091235

出典:アンさんの投稿

鳴門市孫崎と淡路島を結ぶ鳴門海峡にかかる大鳴門橋。世界三大潮流のひとつと言われる渦潮が見られます。3月下旬から4月下旬が良い渦潮が観測しやすいシーズンです。

轟音とともにうねる迫力の渦「鳴門の渦潮」1091236

出典:shimomuraさんの投稿

激しく交差する潮流と轟音を、船に乗って間近で体感してみてください。他ではなかなか体験できない感動があります。

A post shared by 矢田真 (@zhenshitian) on

大鳴門橋の橋桁のスペースには、足元に潮流が望める450mの遊歩道と、渦潮展望室が設置された観潮施設「渦の道」があります。

徳島市のシンボル「眉山」

徳島市にそびえる「眉山(びざん)」は、徳島駅を出るとまっすぐ目の前に見える、シンボル的存在で親しまれる山です。その形がどこから見ても「眉」の形に見えることから「眉山」と万葉の昔から呼ばれ続けてきたそうです。山頂まではロープウェイで登ることができ、山頂には整備された公園があり、展望台や休憩所、レストランもありますよ。
徳島市のシンボル「眉山」1091242

出典:夜宮さんの投稿

山頂からは徳島市内の街並みが一望できます。海に流れ込む吉野川や大鳴門橋、天気が良ければ遠く、淡路島や和歌山まで眺望を楽しめます。

ロープウェイは通常、夜遅く21時まで運行されているので、煌めく夜景を満喫することもできますね。

徳島市のシンボル「眉山」1091241

出典:watakenさんの投稿

海まで見渡せるので、運が良ければ陽の光が降り注ぐ、絶景にも出会えるかもしれませんね。山頂までは車でも行けるので、朝日や夕日、夜景など多彩な絶景を楽しむことができます。時間を忘れてのんびり眺めていたくなる景色ですね。

自然豊かな徳島県には、雄大な絶景が望めるスポットがたくさんありますね。どこまでも続く山々、エメラルドグリーンの清流、日本の原風景に大迫力の渦潮。全身で徳島の絶景を楽しんでください。山の方へ訪れる際には車の運転に気を付けてくださいね。かなり細い道が多く、スリルがあります♪

徳島県の航空券 + ホテルの価格を見てみる

あなたにおすすめ

徳島県を旅する

編集部おすすめ

関連キーワード