都会のオアシス北海道大学植物園。季節の花とエゾオオカミを見よう

都会のオアシス北海道大学植物園。季節の花とエゾオオカミを見よう

札幌農学校の初代教頭クラーク博士の提言から始まった「北海道大学植物園」。開園は1886年(明治19年)と、130年以上の歴史のある植物園です。かつての札幌の面影を残す自然林や、世界中から集められた植物に癒されましょう。広い芝生とあざやかな草花で彩られた風景を見て、芥川龍之介は「マヨネエズをかけてしまへ」と言ったとか。重要文化財の博物館建築あり、南極観測犬のタロや世界でここだけにしかない絶滅したエゾオオカミのはく製など見どころ沢山!そんな「北海道大学植物園」の魅力をご紹介します。2017年03月20日 最終更新

ブログで紹介

HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。

0

「北海道大学植物園」って?

クラーク博士の提言からはじまりました

クラーク博士の提言からはじまりました1092523

出典:

札幌都心のオアシス「北海道大学植物園 」。100年以上の歴史がある植物園なんです。すべての始まりは1877年。札幌農学校の初代教頭クラーク博士が植物学の教育のためには植物園が必要だと提言しました。少しずつ植物の採集や博物館への収蔵品の収集が進み、開園したは1886年、明治19年のことでした。
クラーク博士の提言からはじまりました1098481

出典:

開園に尽力したのは、その後園長に就任する宮部金吾。北海道中はもちろん、千島まで足を延ばして植物を採取し歩きました。垂れ下がった枝が特徴的なグイマツはそのとき千島から持ち帰ったものと言われています。ということは樹齢100年以上の古木になるんですね。
クラーク博士の提言からはじまりました1094531

出典:

中央の大きく枝を広げている木がグイマツ。

今も教育と研究で活躍中!

北海道中だけではなく、海外からも植物を集めています。普段市民に開かれている植物園ですが、しっかり研究と教育にも利用されているんです。園内では調査研究のために仕掛けられた装置を見かけることもあるんですよ。
今も教育と研究で活躍中!1098013

出典:

林の中に飛んできた植物の種を調べるシードトラップという装置。

例えば、自然林が残されているエリアでは台風で倒れた木もわざとそのままにしてあります。そうやって林が長期にわたってどう変化していくか調べているんですね。130年の歴史があるからこそ出来る壮大な時間をかけた研究です。
今も教育と研究で活躍中!1098026

出典:hokuto2005さんの投稿

憩いの場として130年札幌市民に寄り添ってきました

憩いの場として130年札幌市民に寄り添ってきました1098436

出典:

「北海道大学植物園 」開園当初は、周囲に塀もなく出入り自由だったそうです。やがて支障が出るようになり、1911年から門衛所を設けて料金を徴収するように。130年もの長い間ずっと札幌の市民に親しまれている植物園なんです。
憩いの場として130年札幌市民に寄り添ってきました1098045

出典:

「北海道大学植物園 」正門前に今も残る門衛所。1911年竣工・・・ということは100年以上前の建物なんですね。

芥川龍之介も絶賛

「北海道大学植物園 」にはあの有名作家も訪れています。1927年5月、講演のために札幌を訪れていた芥川龍之介。新緑の「北海道大学植物園」を見学し、そのみずみずしい美しさに感動して言葉を残しています。
芥川龍之介も絶賛1094552

出典:hokuto2005さんの投稿

あの植物園全体へどろりとマヨネエズをかけてしまへ

出典:『芥川龍之介全集 第9巻』 芥川龍之介/著 岩波書店

芥川龍之介も絶賛1098508

出典:hokuto2005さんの投稿

それほどまでに美しく、美味しそうに見えたのでしょう。今も変わらず鮮やかな緑に出会うことができます。そんな文豪が「食べてしまいたい」と思うほど美しい「北海道大学植物園 」の魅力をご紹介します!

アクセスは?

アクセスは?1092528

出典:

「北海道大学植物園 」があるのは、札幌の中心部。札幌駅からは徒歩10分ほどで着きます。大通駅からも約10分で到着。北海道大学のキャンパスからは南へ約10分と少し離れていますのでご注意くださいね。

綺麗なものから珍しいものまで。園内散策を楽しみましょう

1、季節の花が美しい!

1、季節の花が美しい!1098029

出典:

なんと言っても植物園、いつ行ってもきれいな花に出会えます♪標本として集められた北海道中、いや世界の花々が楽しめます。
1、季節の花が美しい!1094513

出典:

ライラックだけでも20種類以上。

なかなか見ることのできない高山植物なども栽培されています。「北海道大学植物園 」では登山をしなくても手軽に見ることができるんです。
1、季節の花が美しい!1098467

出典:

ホームページで開花情報を発信しているので確認してから行くとよりいっそう楽しめますよ。

2、札幌の原風景に出会えます

緑に覆われ、あちこちでアイヌ語でメムと呼ばれる泉から水がわき出していた、昔からの大地の姿が、ここには残っているといわれています。
2、札幌の原風景に出会えます1098035

出典:hokuto2005さんの投稿

「北海道大学植物園」にはゆるやかな起伏があり、水がわき出る泉があります。

2、札幌の原風景に出会えます1098507

出典:hokuto2005さんの投稿

その面影を残すためにほとんど人の手を入れていない自然林のエリアを確保。昔の札幌の姿に思いをはせてみませんか。

3、北海道初の博物館が今も残っています

3、北海道初の博物館が今も残っています1094515

出典:

建物は1882年に建てられた重要文化財。建築当時から今まで現役の博物館です。

「北海道大学植物園 」の中には博物館も併設されています。ルーツは1877年に開拓使が北海道へ移住した人びとの教育を目的に設立したもの。北海道でもっとも歴史の古い博物館なんです。
3、北海道初の博物館が今も残っています1097119

出典:

初代園長の宮部金吾が教えた植物学教室。今は資料館になっています。

「北海道大学植物園」には開拓の歴史、北海道大学へと続く札幌農学校の歴史が詰まった歴史的な建物も数多く残されています。レトロな建物も見どころの1つです。

4、南極観測犬タロに会えます♪

博物館の展示の中で特に見てもらいたいのは南極観測犬タロ。映画「南極物語」やドラマ「南極大陸」で有名な、南極大陸で生き抜いた樺太犬の兄弟、タロ・ジロの兄の方です。南極へ行く前の訓練を担当していたのが園内にある博物館の館長・犬養哲夫。そのことから帰国後にタロは「北海道大学植物園」に引き取られ、天寿を全うました。
4、南極観測犬タロに会えます♪1094517

出典:

ちなみに、弟の樺太犬ジロは東京の国立科学博物館で展示されていますよ。タロとジロは「北海道大学植物園」と国立科学博物館に長く分かれて展示されていましたが、1998年と2006年には特別展で再会を果たしたそうです。
4、南極観測犬タロに会えます♪1098295

出典:

第4次越冬中に5歳で病死し、国立科学博物館で剥製として置かれることになったジロ。

5、世界でここだけ。絶滅したエゾオオカミ

130年以上の歴史の中で少しずつ収蔵されていった物の中には、今では絶滅してしまった動物のはく製も含まれます。中でも注目なのは北海道に1890年代までいたエゾオオカミ。世界でもここだけにあるはく製です。
5、世界でここだけ。絶滅したエゾオオカミ1094518

出典:

今では貴重なものもたくさんありますが、それを狙って集めたわけではないんです。1つ1つ必要なものを収蔵していき、130年たって気付いたら貴重なものになっていたというわけ。きっとこれからも価値あるコレクションが貯まっていくことでしょう。
5、世界でここだけ。絶滅したエゾオオカミ1094511

出典:

北海道にこんな大きなオオカミが棲んでいたなんて驚きですよね。

6、運が良かったら会えるかも。キタキツネ

都会のなかのオアシス「北海道大学植物園」は動物たちにとっては楽園。園内を散歩していると運がよければこんな動物たちにも出会えるかもしれません。
6、運が良かったら会えるかも。キタキツネ1098016

出典:

影に隠れて様子をうかがうキタキツネ。「北海道大学植物園」の中に巣があるとか。

エゾリスもとってもキュート。キタキツネもエゾリスもかわいいからと言って近づいたり餌をやろうとはせず、遠くから優しく見守って下さい。

7、秋は紅葉・冬は温室。一年中楽しめます

四季を通じて楽しめる「北海道大学植物園」。見頃は、花のきれいな春から夏だけじゃないんです。いろいろな種類の木が入り混じる「北海道大学植物園」の中の紅葉はとってもカラフル。
7、秋は紅葉・冬は温室。一年中楽しめます1094546

出典:bamse98さんの投稿

冬季の間は、温室のみの開園です。外はどんなに寒くても、温室の中には花が咲き誇っています。寒い時に元気いっぱいの緑を見るとなんだかほっとしますよね。
7、秋は紅葉・冬は温室。一年中楽しめます1098329

出典:げんきちさんの投稿

睡蓮やバナナやパパイヤ、食虫植物など多数の展示がされています。

「北海道大学植物園」にちなんだスイーツを

六花亭 札幌本店

「北海道大学植物園」に行った後には、「六花亭 札幌本店」でこのスイーツを是非召し上がってください。芥川龍之介は「マヨネーズをかけてしまへ」と言いましたが、「六花亭 札幌本店」では限定スイーツ「さっぽろ植物園」が食べられます。季節によって中身が変わるんです。
「六花亭 札幌本店」外観 1092428

出典:夏ミカンさんの投稿

「六花亭 札幌本店」は「北海道大学植物園」から徒歩約5分。

「六花亭 札幌本店」料理 1092420 さっぽろ植物園(立夏)400円

出典:ももしばさんの投稿

レアチーズケーキの中には餡子が隠れています。抹茶を振った「さっぽろ植物園(立夏)」です。

「さっぽろ植物園(夏の露)」はヨーグルトムースクリームの中にフルーツゼリーが隠れています。ボンボンの「六花のつゆ」も乗ってちょっと大人の味。
「さっぽろ植物園(秋)」は和栗が乗ってほっくりとした食感が楽しい一品。季節ごとのメニューが待っています。

A post shared by U-mie Coma (@coma813) on

六花亭 札幌本店の詳細情報

六花亭 札幌本店

さっぽろ(札幌市営)、札幌(JR)、大通 / 洋菓子(その他)、和菓子、喫茶店

住所
北海道札幌市中央区北4条西6-3-3
営業時間
10:00~19:00 2F喫茶室は10:30~18:00(L.0.17:30)
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

いかかでしたか?

いかかでしたか?1094527

出典:

長い歴史のある「北海道大学植物園」。札幌の昔の姿を今に伝える自然林から世界中から集めた草花まで、いつ行っても鮮やかに彩られています。見学の後はスイーツでお腹も満たしましょう。市民の憩いの場、「北海道大学植物園」にお出かけしてみませんか?

北海道大学植物園の詳細情報

北海道大学植物園(ホッカイドウダイガクショクブツエン)

北海道大学植物園

住所
北海道札幌市中央区北3条西8丁目
アクセス
JR札幌駅から徒歩で10分

データ提供

北海道・札幌を旅する

編集部おすすめ

関連まとめ

関連キーワード