カメラ女子必見♡大阪にあるおすすめ撮影スポット12選

カメラ女子必見♡大阪にあるおすすめ撮影スポット12選

カメラ女子集合!大阪にあるステキな撮影スポットをご紹介します♪大阪らしい風景や、思わずシャッターを切りたくなる風景、女性らしい雰囲気のあるエリアなど、カメラ女子なら見逃せないスポットばかりを集めました!早速、カメラを片手に大阪を散策してみませんか?きっとすてきな写真が撮れること間違いありません♪

2017年03月23日

カメラ片手に個性的な大阪の街を歩こう♪

カメラ片手に個性的な大阪の街を歩こう♪1090120

出典:Jimmy Akiraさんの投稿

まばゆいネオン、インパクトのある看板など個性的な風景を作り出している大阪の街。いくつも川が流れる水都としても知られ、川の周辺には人々が集まるスポットも多くあります。そんな大阪の街には、カメラを向けたくなるスポットがたくさん!賑やかな繁華街、静かな路地裏、広大な緑が広がる公園など、カメラ片手に訪れてみて欲しいスポットをご紹介します。

コテコテの「道頓堀」から始めよう!

大阪の観光スポットしてまず名が上がるのは、コテコテの看板がひしめき合う「道頓堀」ですね。多くの人々が行き交い、様々な飲食店が軒を連ねる「くいだおれの街」の象徴的なスポットでもあります。巨大な立体看板なども多く、写真を撮りたくなる面白いモノがたくさん。まずはココから大阪の撮影を始めてみてはいかがでしょうか?
コテコテの「道頓堀」から始めよう!1090225

出典:Tomophotosさんの投稿

これぞ大阪!という、ごちゃごちゃと賑やかな景観が続く道頓堀のメインストリート。あの店もこの店も主張が強く、ワクワクしてきますね。おもしろい看板を探して歩いてみてください。

コテコテの「道頓堀」から始めよう!1090277

出典:ニコルバーグさんの投稿

道頓堀メインストリート入口にある、誰もが知っているであろう「かに道楽」の巨大なカニ!足がゆらゆらと動いていますよ。

コテコテの「道頓堀」から始めよう!1090289

出典:arema21さんの投稿

道頓堀のマスコット的存在の「くいだおれ太郎」。メインストリートの中間地点辺りにある、中座くいだおれビルの1階に立っています。1949年に登場してから、閉店される2008年まで約65年もの長き間、ここに立ち続けていました。閉店と共に一度は引退しましたが、市民の熱い願いから、2009年に復活して今も立ち続けていますよ。上に揺らめくシャンデリアも全て「くいだおれ太郎」です♪

道頓堀の裏路地「法善寺横丁」

道頓堀の裏通りに、ディープな雰囲気が写真熱を高める「法善寺横丁」があります。織田作之助の小説「夫婦善哉」にも登場する有名な石畳の路地で、小料理屋や小さなバーが軒を連ねています。この路地の途中には「法善寺」があり、「水かけ不動さん」の名で親しまれる、全身を苔に覆われた不動明王が鎮座しています。商売繁盛や恋愛成就など、お願い事をしながら水をかけてくださいね。体の不調を治したい人は、その部分にかけるとよいとも云われていますよ。
道頓堀の裏路地「法善寺横丁」1090301

出典:Takitouさんの投稿

提灯が揺れ、お店から温かい明かりが漏れる夜の風景が、郷愁を誘う雰囲気が漂っています。

道頓堀の裏路地「法善寺横丁」1090373

出典:10pointⅠさんの投稿

法善寺の本堂前には、天井にずらりと掛けられた提灯が揺れています。

道頓堀の裏路地「法善寺横丁」1090378

出典:

全身を苔に覆われ、独特の雰囲気を醸し出している「水かけ不動」。多くの人々が毎日水をかけてお願いをしてきました。

都会のオアシス「中之島」

水都大阪の北区にある、多彩な見どころが豊富な中之島エリア。堂島川と土佐堀川に挟まれた、東西約3㎞の細長い中州で、綺麗に整備され、緑が溢れる都会のオアシスです。中間地点には大阪市役所があり、歴史的建造物の大阪市中央公会堂やいくつもの博物館、広々とした芝生広場に、多彩な種類の美しいバラが咲くバラ園などもあります。ゆっくり散策を楽しみながら写真を満喫できるスポットです。

カラフルにライトアップされる橋

カラフルにライトアップされる橋1090455

出典:Hiroshi883さんの投稿

中之島の歴史は古く、大阪が「天下の台所」と呼ばれた江戸時代には、水運を利用して全国各地から物資が集まる集積地となっていたそうです。川辺には多くの蔵屋が建ち並び、この時代から使われてる歴史ある橋も残っています。様々なデザインの橋が川に架かり、夜になるとカラフルにライトアップもされますよ。

カラフルにライトアップされる橋1090412

出典:ジョニ男さんの投稿

江戸時代には八百八橋と言われるほど、多くの橋があった大阪。現在は数は減ったものの、多種多様な橋が楽しめます。橋の上を高速道路が走るスポットなど工業地帯的な風景の撮影を楽しめるスポットでもあります。

大正ロマン漂う「大阪市中央公会堂」

大正ロマン漂う「大阪市中央公会堂」1090444

出典:10n1さんの投稿

1913年(大正2年)に岩本栄之助氏の寄付をもとに建設された「大阪市中央公会堂」。国指定重要文化財にも指定されており、中之島の顔とも言える美しい景観が堂々とした風格を漂わせています。大正ロマンを感じる姿は、様々な角度から写真におさめたくなりますね。

大正ロマン漂う「大阪市中央公会堂」1090424

出典:satohideさんの投稿

クリスマスシーズンになると、周囲の道路などが多彩なイルミネーションで飾られる「光のルネサンス」が開催されます。2002年から続く冬のメインイベントで、公会堂にはプロジェクションマッピングも行われ、目玉的プロジェクトになっています。写真だけでなく、動画でもおさめたくなるイベントです。

大正ロマン漂う「大阪市中央公会堂」1090463

出典:

公会堂内部は、自由見学エリアであれば無料で入場することができます。歴史を感じさせる階段の手すりや天井画、日の光が差し込むステンドグラスなど見どころがたくさんありますよ。

約3,700株ものバラが咲く「バラ園」

約3,700株ものバラが咲く「バラ園」1090469

出典:正晴さんの投稿

難波橋付近から東西約500m、面積約13,000平方メートルに約310品種、およそ3,700株のバラが咲き誇るバラ園があります。美しく整備されたイングリッシュガーデンで、色とりどり、多彩な姿をしたバラが楽しめます。バラの見ごろは春の5月上旬~6月上旬、秋の10月下旬~11月中旬と年2回も美しい姿を愛でることができます。ロマンチックな写真が撮れそうですね。

約3,700株ものバラが咲く「バラ園」1090475

出典:キナコとコメさんの投稿

シンメトリ―のイングリッシュガーデン。難波橋の向こうには梅田の高層ビル群が建ち、都会のオアシスをイメージさせる写真が撮れます。

歴史ロマン溢れる「大阪城」

大阪の観光スポットとして人気が高い「大阪城」。安土桃山時代に豊臣秀吉によって築城されたお城で、「大阪夏の陣」の後、徳川幕府の二代目将軍・徳川秀忠が幕府の手によって再築しました。火事や戦争などの歴史を経て、秀吉時代の天守をモデルとしたお城が市民の寄付のもとに再建されたそうです。贅沢を極めた天守閣やどうやって運んだんだろうと思わせる大きな石の石垣、周囲には桜や梅、日本庭園など季節を楽しめるスポットも多いですよ。
歴史ロマン溢れる「大阪城」1090641

出典:おにころんさんの投稿

美しく堂々とした風格ある天守閣。昭和に再建されたお城なので、内部はエレベーターも完備された博物館になっています。

歴史ロマン溢れる「大阪城」1090505

出典:aibo2010さんの投稿

本丸広場にある日本庭園。整備された美しい庭園で、庭園越しに大阪城を捉えられる撮影スポットです。風がないといった運がよければ、池に映った逆さ天守閣も撮影できるかもしれません♪

歴史ロマン溢れる「大阪城」1090718

出典:@Charlieさんの投稿

桜の名所としても有名な大阪城公園。ソメイヨシノを中心に約3,000本もの桜が植栽されています。ライトアップもされるので夜桜を楽しむことも可能!また、大阪府の「桜の標準木」にも指定された木もあり、ここの咲き具合で桜の開花宣言がされていますよ。他にも色とりどりの梅が約1,270本咲き乱れる梅園や、約200本の桃の木が植えられた桃園、アジサイやうつぎなどの花も楽しめるエリアもあります。

雅な橋が魅力のパワースポット「住吉大社」

全国に約2,300社ある住吉大社の総本社。1800年以上もの歴史ある神社で、大阪市民に「すみよっさん」の名で親しまれるパワースポットです。正月には約200万人を超える参拝客が訪れ、大阪の初詣定番スポットとしても有名です。御本殿は国宝建造物に指定されており、神社建築の最古の様式のひとつとも言われる建築美が見られます。
雅な橋が魅力のパワースポット「住吉大社」1090725

出典:taka4532さんの投稿

住吉大社の象徴として有名な「太鼓橋」とも呼ばれる「反橋」。とても急なアーチになっており、川端康成の小説「反橋」で「上るよりもおりる方がこはいものです」と書かれるほどです。この橋を渡るのは、神前へ向かう前に罪や穢れを祓う清めの橋とされており、神聖な気持ちにさせてくれます。

雅な橋が魅力のパワースポット「住吉大社」1090727

出典:dilla161829さんの投稿

青々とした周囲の樹々の中に、朱色の橋が鮮やかに浮かぶ印象的な光景。川面に写る姿が重なり合って、目のようにも見えますね。

雅な橋が魅力のパワースポット「住吉大社」1090731

出典:モッツンさんの投稿

太鼓橋の上からの景色。鳥居の向こうには、大阪で唯一残るちんちん電車「阪堺電車」が走っています。他では見られない独特の風景が撮影できるスポットです。電車のデザインはレトロなものから、アート的なもの、広告、新しい車両などいろいろあります。どれに出会えるかは運次第♪

雅な橋が魅力のパワースポット「住吉大社」1090726

出典:mamiya0418さんの投稿

毎月、辰の日にお参りする「初辰まいり」は、「はったつさん」と親しまれる祈願参り。境内で毎月授かる「招福猫(しょうふくねこ)」が有名で、奇数月は左手を上げた子猫「人招き」、偶数月には右手を挙げた小猫「お金招き」の人形を毎月集めます。4年を一区切りとしており、48体揃えば満願成就の証として納め、一回り大きな招福猫と交換してくれます。これで今後の繁栄を祈願するそうですよ。たくさん並んだ猫の人形がなんとも可愛いですね。

聖徳太子建立「四天王寺」

聖徳太子建立七大寺の一つとされている「四天王寺」は、推古天皇元年(593年)に建立された約1400年もの歴史あるお寺です。日本初の本格的な仏教寺院で、大陸の影響を受けた「四天王寺式伽藍配置」や、仏法修行の道場「敬田院」、病気を癒す「療病院」、近畿三十六不動尊第一番の霊場「亀井不動堂」、日本庭園の「極楽浄土の庭」、さらに「天王寺舞楽」が行われる石舞台など多くの見どころがあるお寺です。
聖徳太子建立「四天王寺」1090736

出典:みわけんさんの投稿

広大な境内の南側には、講堂、金堂、五重塔、中門が一直線に並び、それを回廊が囲むように建設された「四天王寺式伽藍配置」が見られます。

聖徳太子建立「四天王寺」1090740

出典:fantomさんの投稿

五重塔の後ろには、日本一高い超高層ビル「阿倍野ハルカス」が見えますよ。古代の五重塔と現代の超高層ビルが共存する風景が撮れます。

聖徳太子建立「四天王寺」1090756

境内の中央に位置する「六時礼讃堂」。昼夜6回にわたって諸礼讃をする場所で、薬師如来、四天王等が祀られています。お堂の前には舞楽の石舞台があり、8月には燃え盛る篝火の中、舞楽が繰り広げられる幻想的な「天王寺舞楽」が行われます。

聖徳太子建立「四天王寺」1090739

出典:孤独なスナフキンさんの投稿

六時礼讃堂の前には、「亀の池」と呼ばれる放生池があります。ここにはたくさんの亀が住んでいて、その理由としては生き物を殺さずに野に逃がす仏教の教えから「放生会」という行事が行われており、その際に池に亀が放たれてきたためだそうです。

ノスタルジックなテーマパーク!?「新世界」

大阪のシンボルタワー「通天閣」の下に広がる、まるでテーマパークのような歓楽街「新世界」。パリのエッフェル塔と凱旋門を模倣し、アメリカの遊園地をイメージした街づくりを進めた結果、なんとも賑やかな街へと成長しました。ノスタルジックな雰囲気漂うお店も多く残り、大阪グルメの名店の本店なども多くあります。
ノスタルジックなテーマパーク!?「新世界」1090763

出典:羽晴琉さんの投稿

通天閣へと続く、メインストリート。派手な看板が競い合うかのようにせり出し、オモチャ箱をひっくり返したみたいなワクワクが詰まっていますね。

ノスタルジックなテーマパーク!?「新世界」1090765

出典:keikondoさんの投稿

愛嬌のある表情と足を投げ出した姿がかわいい「ビリケンさん」。足の裏を撫でるとご利益があると云われていますよ。大阪のシンボル的な神様で、市民に愛されています。

ノスタルジックなテーマパーク!?「新世界」1090766

出典:ふぃがろさんの投稿

新世界の入口近くにある、昭和レトロなパチンコ屋さん「スマートボール」。懐かしい雰囲気抜群の店内には、たくさんのパチコン台が並んでいます。100円を入れると上からコロコロっとボールが転がり出てきますよ。右下の取っ手を引っ張るとバネによってボールが弾き出されます!うまく穴に入ってボールが増えれば、お菓子などの景品と交換してくれますよ。

新世界の詳細情報

新世界

住所
大阪府大阪市浪速区恵美須東界隈
アクセス
1) 地下鉄堺筋線「恵美須町駅」から 2) 地下鉄御堂筋線・堺筋線「動物園前駅」から徒歩で3分
定休日
店舗により異なる

データ提供

レトロな隠れ家的魅力がある「中崎町」

古民家を利用した隠れ家的なカフェやショップが多く集まり、レトロな古い街並みが絵になる「中崎町」。お店の外観、小さな路地、カフェの空間やショップに並ぶ商品まで、どれも写真に撮りたくなる素敵なスポットです。カメラ片手に、いろいろ歩き周ってみてください。心惹く景色に出会えるはずです♪
レトロな隠れ家的魅力がある「中崎町」1090982

出典:ako*さんの投稿

中崎町エリア、中心辺りの交差点に建つオシャレな美容院「リスタ・バイ・スニップ」。レトロな煉瓦壁に瓦屋根、屋根に付いた三角のワンポイントがいい味を出しています。ゆったりとした時間の流れが感じられるお店です。

レトロな隠れ家的魅力がある「中崎町」1090984

出典:ako*さんの投稿

街の雰囲気に合わせたレトロな店構えのお店がたくさんあります。こんなところに!?と思う場所にもあったりするので、探してみてくださいね。

自然美に魅了される「箕面の滝」

大阪市内から車で約30分ほどの場所に、面積83.8ヘクタールもの雄大な自然を満喫できる「明治の森箕面国定公園」があります。中でも公園の一角にある「箕面の滝」は日本の滝百選にも選定されている名勝で、落差33mの大滝は迫力があります!全身でマイナスイオンを満喫できる場所で、紅葉の名所としても有名です。
自然美に魅了される「箕面の滝」1090769

出典:ハマやんさんの投稿

初夏には青々とした緑に包まれ、秋には鮮やかな紅葉が辺りを彩ります。冬には雪で白くなった樹々が幻想的な世界を作り出します。四季それぞれに魅せる自然の美しさを体感できるスポットです。

自然美に魅了される「箕面の滝」1090770

出典:kiyotti3さんの投稿

箕面の滝までは、阪急・箕面駅から川沿いの「滝道」を散策しながら、徒歩約40分ほどで辿り着けます。整備され、歩きやすい道なのでゆっくり森林浴を満喫しながら向かうことができますね。

自然美に魅了される「箕面の滝」1090771

出典:kayo.mさんの投稿

運が良ければ、山から降りて来たお猿さんなどの動物に出会えるかもしれませんよ。

四季を愛でる広大な「万博記念公園」

昭和45年、アジア初の日本万国博覧会(大阪万博)が開催された跡地に造られた「万博記念公園」。パビリオンなどの建物は残っていませんが、博覧会の顔として有名になった岡本太郎氏の「太陽の塔」が、今でも入口ゲートの目の前に象徴的な姿で建っています。自然の森再生事業に取り組んでいる公園で、広大な敷地には多種多様な植物が植えられています。どこも写真で切り取りたくなる美しい場所が多く、お弁当を持って一日中過ごしたいスポットです。

太陽の塔

太陽の塔1090774

出典:voivoiさんの投稿

「芸術は爆発だ!」で知られる、芸術家・岡本太郎の代表作のひとつ。公園の外からもニョキッと顔出すほどの大きさで、圧倒される存在感と迫力があります。現在は内部は未公開ですが、「生命の樹」や「地底の太陽」などの展示物を当時の姿に再生する工事が行われており、平成30年3月に内部の全体を一般公開する予定だそうですよ。待ち遠しいですね。

太陽の塔1090775

出典:ぎんじろうさんの投稿

「太陽の塔」には、3つの顔が付いているのを知っていますか?頂部にある金色に輝く「黄金の顔」は未来を象徴しており、正面にある「太陽の顔」は現在を象徴しています。そして過去を象徴する「黒い太陽」が背面にあります。どれも印象的で引き込まれそうな魅力があります。

季節の花

公園内では、見られないものは無いんじゃないか?と思うほど、四季折々の花が楽しめるエリアがたくさんあります。春・夏・秋・冬の4つだけでは区切れないくらいの見どころがある公園なので、訪れるたびに様々な季節が感じられます。カメラ初心者の方には絶好の練習スポットとも言えるので、ぜひ一度訪れてその魅力を楽しんでください。
季節の花1090781

出典:写真@おやじ虫さんの投稿

ソメイヨシノをはじめ、枝垂桜やヤマザクラなど9種、約5,500本もの桜が春になると咲き誇ります。シーズンには花見客で公園が埋め尽くされるほどの大阪の桜の名所としても有名です。

季節の花1090778

出典:chabugakiさんの投稿

桜のシーズンが終わるとチューリップのシーズンがやってきます。綺麗に手入れされた花園には、多種多彩でカラフルなチューリップが約10万本も咲き誇ります。夏になるとこの場所に、たくさんのひまわりが咲き誇りますよ。

季節の花1090779

出典:ゆ~いちさんの投稿

公園の一番奥に位置する「花の丘」では、春にはポピーやネモフィラ、カモミール、秋にはコスモスなどが丘一面を覆いつくします。ハイジになった気分でスキップしたくなるお花畑の世界が広がっていますよ。

日本庭園

日本庭園1090950

出典:Falfaさんの投稿

公園の北側には、広さ26ヘクタール、東西1,300m、南北200mの細長く広大な、日本の造園技術の粋が詰まった「日本庭園」があります。庭園内には、滝があり、水が流れ、築山があったり、広々とした蓮池もあります。中世、近世、現代と様々な時代の庭園があるので、時代の流れを感じながら散策を楽しむこともできます。

日本庭園1090954

出典:ムニエルさんの投稿

夏になると花蓮が咲き誇り、幻想的な風景を作り出す「はす池」。池の真ん中には通路があり、池の中に浮かぶかのような東屋が建てられています。ベンチに座って、ゆったりと眺めていたくなる場所です。

大阪にはコテコテで個性的な繁華街や、レトロな古い街並み、水都ならではの風景、大自然が満喫できるスポットなど、カメラ片手に訪れたい場所がたくさんありますね。テーマを決めて、いろいろと撮り歩いてみるのも楽しいですよ♪

大阪府のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

大阪府×ホテル・宿特集

関連キーワード