愛知県常滑市おすすめ観光スポット~東海地方の空の玄関口の見どころはここ!

愛知県常滑市おすすめ観光スポット~東海地方の空の玄関口の見どころはここ!

愛知県知多半島の中央部にある常滑市は伊勢湾に面した町で、古くから日本六古窯のひとつとして常滑焼の窯業で栄えてきました。また、近年では、伊勢湾沖の人工島に浮かぶセントレア(中部国際空港)が開港され、常滑市は東海地方の空の玄関口としても重要な役割を担っています。伊勢湾に面した、窯業と空港の町の散策をしてみませんか?セントレアを利用するときに、ただ通り過ぎてしまうにはもったいない、常滑市の見どころをご紹介します。

2016年03月23日

セントレア(中部国際空港)

セントレア(中部国際空港)47538

出典:えしえしさんの投稿

東海地方の空の玄関口、セントレア(中部国際空港)は愛知県常滑市に面する伊勢湾沖に作られた人工の空港島です。2015年には航空会社の格付機関、スカイラックス社が発表した「ワールドベストエアポート2015」賞の7位に輝き、世界的にも質の高い空港として広く知られています。

セントレア イルミネーション

セントレア イルミネーション47541

出典:yutureさんの投稿

空の玄関口として重要な役割を果たしているセントレアは、常滑を代表する観光地でもあります。時期によっては大規模なイルミネーションが大勢の観光客やカップルで賑わいます。

セントレア イルミネーションの詳細情報

セントレア イルミネーション

住所
愛知県常滑市セントレア1-1
アクセス
名鉄中部国際空港駅から徒歩すぐ

データ提供

名鉄常滑線「中部国際空港駅」下車。

スカイデッキ

スカイデッキ47544

出典:

スカイデッキからは間近で国内線、国際線の飛行機を見ることができます。

スカイデッキ47545

出典:yutureさんの投稿

間近で飛行機が発着陸してゆく様子は大迫力です。空に向かって飛び立つ飛行機は思わずカメラに収めたくなります。

スカイデッキ (セントレア)の詳細情報

スカイデッキ (セントレア)

住所
愛知県常滑市セントレア1-1
営業時間
7:00〜22:30

データ提供

名鉄常滑線「中部国際空港駅」下車。

りんくうエリア

めんたいパークとこなめ

めんたいパークとこなめ47549

出典:

めいたいパークとこなめでは、明太子に関する資料や、明太子の歴史が紹介されています。明太子チップス、明太子しゅうまい、いわし明太、明太子ソーセージなど、明太子で作られた珍しい食べ物がたくさん売られています。

めんたいパークとこなめ47550

出典:

明太子の製造工程を間近で見学することができます。

りんくうビーチ

りんくうビーチ47553

出典:fumialさんの投稿

りんくうビーチからはセントレアと管制塔、滑走路を見渡すことができます。

りんくうビーチ47554

出典:ういんずさんの投稿

夕日の名所としても有名です。伊勢湾に沈みゆく太陽、夕日を浴びて赤く染まる雲、徐々に漆黒へと色が変わりゆく空が織りなす景色は絶景そのものです。

りんくうビーチ47555

出典:hokuhokuさんの投稿

時間に余裕があれば、夜明け前にりんくうビーチを訪れてみましょう。波ひとつない静かな伊勢湾が、鏡のように七色の灯りで照らされた中部国際空港道路を映し出し、眼前には幻想的な景色が広がっています。

りんくうビーチの詳細情報

りんくうビーチ

住所
愛知県常滑市りんくう町

データ提供

名鉄常滑線「常滑駅」下車後、徒歩約25分。

やきもの散歩道

 やきもの散歩道47558

出典:doggfoodさんの投稿

常滑市は古くから窯業を伝統産業としてきた町。常滑焼は六古窯(常滑焼、瀬戸焼、越前焼、信楽焼、丹波立杭焼、備前焼)のひとつです。今でも伝統的な窯元が多く残る、やきもの散歩道は、焼き物の町特有の風情が漂っており、そぞろ歩きをするのに最適です。

 やきもの散歩道47559

出典:なべ1号さんの投稿

入り組んだ常滑やきもの散歩道を上り下り曲がり……と繰り返してゆくと、窯元の煙突が見えてきます。

やきもの散歩道の詳細情報

やきもの散歩道

住所
愛知県常滑市栄町5-3
アクセス
名鉄常滑線常滑駅から徒歩5分

データ提供

名鉄常滑線「常滑駅」下車後、徒歩約5分。

常滑やきもの散歩道には、窯業の町ならではのみどころが溢れています。早速、常滑やきもの散策道を歩きながら、窯元や陶芸の町ならではの見どころを訪れてみましょう。

とこなめ見守り猫 とこにゃん (招き猫通り)

やきもの散歩道を散策するときは、常滑駅から北東に伸びる招き猫通りへ向かってみましょう。
とこなめ見守り猫 とこにゃん (招き猫通り)47564

出典:

常滑駅交差点から北西に伸びる常滑ICへと続く道路は「招き猫通り」と呼ばれています。その名の通り、道路沿いの壁は39体の「御利益陶製招き猫」、11体の「本物そっくりの猫」、1体の「巨大招き猫(とこにゃん)」が並んでおり、行き交う人を思わず笑顔にしてくれます。

とこなめ見守り猫 とこにゃん (招き猫通り)47565

出典:テンゴクさんの投稿

招き猫通りの終点には、巨大招き猫、とこにゃんが町を見下ろしています。柔らかい表情をしたとこにゃんの目線は、常滑市街地に向けられています。縁起物として知られる招き猫、とこにゃんはまるで常滑の繁栄を願い、温かく町を見守っているかのようです。

とこなめ見守り猫 とこにゃん (招き猫通り)の詳細情報

データ提供

名鉄常滑線「常滑駅」下車後、徒歩約5分。

招き猫通りを後にし、やきもの散歩道の入り組んだ細い道を歩きながら、廻船問屋 瀧田家へ向かってみましょう。

廻船問屋 瀧田家

廻船問屋 瀧田家47569

出典:きなこやさんの投稿

常滑市の有形文化財に指定されている廻船問屋瀧田家は、やきもの散策道の中心部、デンデン坂沿いに位置する屋敷です。焼酎瓶で造られた壁が続く独特の景観を持つ急勾配のデンデン坂を上りきった左側に、江戸時代から明治時代にかけて廻船問屋を営んでいた瀧田家の屋敷が公開されています。

廻船問屋 瀧田家47570

出典:

屋敷内では、江戸時代における海上交通で重要な役割を担っていた和船の模型、海運の歴史、東洋のエジソンと呼ばれた江戸時代の発明家、田中久重が発明した無尽灯など、貴重な資料が数多く展示されています。

廻船問屋 瀧田家の詳細情報

廻船問屋 瀧田家

住所
愛知県常滑市栄町4-75
アクセス
名鉄常滑線常滑駅から徒歩10分

データ提供

名鉄常滑線「常滑駅」下車後、徒歩約10分。

廻船問屋 瀧田家を訪れたら、常滑を代表する景色が広がる土管坂に向かってみましょう。

土管坂

土管坂47574

出典:雲くじらさんの投稿

日本名坂30ヶ所に選定されている土管坂は、常滑やきもの散歩道を代表する景観のひとつです。土管坂の擁壁(ようへき)となっている土管は明治期を、焼酎瓶は昭和初期を代表する常滑焼です。急勾配の道を歩きやすくするため、地面には、土管の焼成時に使われるケサワと呼ばれる廃材が敷き詰められています。

前後左右のどこを見ても常滑焼に囲まれたこの坂道を歩いていると、改めて常滑市が“古くから続く窯業の町”であることを実感することができます。

土管坂の詳細情報

土管坂

住所
愛知県常滑市栄町4

データ提供

名鉄常滑線「常滑駅」下車後、徒歩約10分。

登り窯(陶栄窯)

登り窯(陶栄窯)47577

出典:しろんさんの投稿

レンガ造りの10本の煙突が特徴的な陶栄窯は、19世紀末頃に開窯され、1973年に閉窯された常滑を代表する窯です。国の重要有形民俗文化財に指定され、近代化産業遺産に認定されている陶栄窯は内部を見学することができるので、ぜひ、内部も見学してみましょう。

登り窯(陶栄窯)47578

出典:陽だまりさんの投稿

陶栄窯は、1973年まで現役の登り窯として使われていました。ガス窯や電気窯が普及し、窯元の町においても登り窯が減ってゆきつつあります。今では数が少なくなってしまっている日本に現存する登り窯の中で、陶栄窯は最大級の大きさを誇ります。

登り窯の詳細情報

登り窯

住所
愛知県常滑市栄町6
アクセス
名鉄常滑線常滑駅からタクシーで5分

データ提供

名鉄常滑線「常滑駅」下車後、徒歩約12分。

常滑市は世界有数の衛生陶器・住宅設備機器メーカー、株式会社INAXが本社を置いている場所です。やきもの散歩道の散策を終えたら、株式会社INAXの企業博物館、INAXライブミュージーアムへ足を運んでみましょう。

INAXライブミュージーアム

INAXライブミュージーアム47582

出典:

INAXライブミュージーアムでは、タイルをはじめとするさまざまな陶磁器が展示されているほか、タイル絵付けやモザイクアート制作体験をすることができます。体験は予約制なので、訪れる前に事前予約をしておきましょう。

数々の見どころがあるINAXライブミュージーアムですが、数々の美しいタイルが展示されている「世界のタイル博物館」と、国の登録有形文化財に指定されている「窯のある広場・資料館」は必見です。

世界のタイル博物館

世界のタイル博物館47586

出典:雲くじらさんの投稿

世界のタイル博物館では、イスラム建築のドームを見ることができます。青色を基調とした幾何学模様のモザイクタイルの美しさは、思わずため息が出るほどです。

窯のある広場・資料館

窯のある広場・資料館47589

出典:

1921年に造られた建物とレンガ造りの煙突がある「窯のある広場・資料館」の窯では、かつて、土管やタイルなどが焼かれていました。

窯のある広場・資料館47590

出典:雲くじらさんの投稿

大きな古窯の内部は休憩スペースとなっています。散策に疲れたら、ここで一休みしてみるのもおすすめです。

いかがでしたか?

常滑には、紹介したスポット以外にも数多くの見どころがあります。古くは伝統産業の陶芸の町として栄え、近年では東海地方の空の玄関口として栄えている常滑市。伊勢湾に面した知多半島に吹きつける爽やかな海の風を肌に感じながら、空港と焼き物の町の魅力を存分に体験してください!
いかがでしたか?47594

出典:fumialさんの投稿

愛知県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード