暑い京都の夏(6月~8月)は涼を感じられるコースを楽しもう!

暑い京都の夏(6月~8月)は涼を感じられるコースを楽しもう!

盆地である京都の夏は、観光で初めて訪れる人がびっくりするほどに日差しが強く、少し歩いただけでもばててしまう事があります。体力勝負の京都観光ですが、普段は訪れることのないスポット巡りで涼を取りに出かけませんか?夏の京都だから心に残る…そんな京都を紹介します。

2017年03月24日

京都の夏は厳しいけれど……

四季を肌で感じられる季節でもあります

四季を肌で感じられる季節でもあります1104750

出典:Falfaさんの投稿

夏場に京都を訪れたひとは、「冷房のある場所から動きたくない」と思ってしまうほど体力を消耗します。京都府民は、日差しが強い昼間をさけて夕方から出かけることが多いのですが観光で来たからにはフルに京都を満喫したいでしょう。何度も仕事で京都に足を運んでも、できれば昼間は涼しい会議室が恋しくなります。
四季を肌で感じられる季節でもあります1104751

出典:空色しずくさんの投稿

そんな京都は夏だから見たい・夏にしか楽しむことができない景観や行事もあるので、体調を万全にゆっくりと回るのがおすすめ。疲れているのに一度に回るのは危険ですから、夏の京都観光は時間をかけて楽しむような計画を立てたいもの。『暑かったけどいい思い出ができた』と感じてもらえるとびっきりの観光スポットを今回は紹介していきましょう。

保津川下りで心も涼を感じます

保津川下りで心も涼を感じます1104752

出典:ジェムさんの投稿

400年の歴史がある保津川下りは毎年たくさんの人が訪れ、保津狭の景観を楽しみながらのんびりした時間を楽しむことができます。慣れた手つきの船頭さんの軽快なトークに、船内が笑いで揺れることも暫し。
保津川下りで心も涼を感じます1104753

出典:ジェムさんの投稿

終点が近づくと、売店船が美味しそうなにおいをさせながら近づいてきます。時間のかかる焼き物などは、船が下りてから渡されるので飲み物やお菓子を購入するのがおすすめです。
保津川下りで心も涼を感じます1104754

出典:風舞さんの投稿

京が賑わったのも、この保津川で物資がどんどん運ばれたことにあります。下りは2時間、登りは倍の4時間をかけた過酷な運搬業であったといわれており、引き上げの綱の跡からもそれを感じることができます。観光名所として一度は訪れたいのですが、ひと時当時を偲び栄えた京を思い描いてみてはいかがでしょうか。

穂津川下りから嵐山へ

穂津川下りから嵐山へ1104759

出典:久月さんの投稿

夏の嵐山観光は、穂津川下りから始まり新緑に輝く竹林へと進みます。桂川にかかる渡月橋(とげつきょう)は、美しい緑の山に囲まれていますが嵐山の魅力はそれだけではありません。
穂津川下りから嵐山へ1104760

出典:mhirokassyさんの投稿

嵯峨野に広がる竹林の小径は、足を踏み入れると一気に平安時代にタイムスリップしたかのような錯覚に陥らせてくれます。夏の日差しも、この竹林が壁になりサラサラ揺れる音が耳に心地よく響きます。
穂津川下りから嵐山へ1104761

出典:写真りょうさんの投稿

野宮神社から常寂光寺、大覚寺など紅葉の季節も素晴らしいスポットですが、夏の嵐山はまた違った魅力を感じることができます。ゆっくり歩いて行くのもおつなのですが、夏は人力車を利用して貴族気分を味わうのもまた楽しいですよ。

宵山を楽しみたい!祇園祭

宵山を楽しみたい!祇園祭1105369

出典:Fushimizuさんの投稿

山鉾巡行の前夜祭でもある宵山は、山鉾に提灯が灯される幻想的ば光景だけでなく、賑やかな衹園囃子や夜店などで盛り上がります。先祭でもある宵山は、祇園祭の中でも一番人が多く賑やかなので京都の祭りを堪能することができます。
祭りはもちろんですが、この祇園祭の時だけは、山鉾町の旧家などに保存されている美術品が公開されますので、歩きながらじっくり見ることができる楽しみがあるのも忘れてはいけません。京都ならではの、こんなチャンスには祭り以外の楽しみ方がある事を知っておくといいですよ。

下鴨神社で夏のみたらし祭

下鴨神社で夏のみたらし祭1105375

出典:moon sideさんの投稿

参加して楽しむことができるのが、このみたらし祭。下鴨神社の御手洗川に足をつけて無病息災を願う神事で「見るだけ」ではなく自分が参加できるのもポイントでしょう。
水の冷たさに驚く人も多いのですが、上半身は暑くても足元はひんやりとした湧き水につけることで禊をしていると実感することができます。受付でお供え料を支払い、ロウソクをいただいたら靴を脱いでいざ御手洗池に!けっこう深いので足元には注意して入りましょう。
ロウソクに火を灯して願いをかけたら、上がってご神水をいただき、心身共にお清め終了。ロウソクに光も美しいのですが、自分自身が神事に携わる事ができた喜びを大きく感じられます。夏は体調も崩しやすいので、ここで無病息災を願ってみてはいかがですか?

千年の歴史のある京都の名水巡り

千年の歴史のある京都の名水巡り1105382

出典:capricciosa!さんの投稿

京都は水に囲まれた都として古来から栄え、たくさんの文化を生み出しました。だからこそ、美味しい料理や菓子なども多く、寺社仏閣だけでなく魅力が溢れています。名産品はこの清らかな水があってこそですから、京都を深く知る為には名水巡りを忘れてはならないのです。

「貴船神社」のご神水

「貴船神社」のご神水1105387

出典:kaz1375さんの投稿

恋愛成就にご利益がある貴船神社ですが、古来から大地のエネルギーが強く、ここにお参りをすると体の中から力がみなぎるとされてたくさんの人が恩恵を受けにやってきます。水は人にはなくてなならない大切なものです。水がなくては生きてはいけないことから、人と水、そして人と人を繋ぐ縁のご利益があるともされています。貴船山には神様が宿り、その水は『ご神水』として飲めば体の中から清めてくれる大きな力を持っています。

「美御前神社」で心も体も美しくなりたい!

八坂神社の境内にある美御前神社(うつくしごぜんじんじゃ)は、『宗像三女神(むなかたさんじょじん)』が祀られています。3人の神様のうち『市杵島比売命(いちきしまひめのみこと)』は最も美しい神様で、芸能や美の神様として京都の舞妓さんがお参りにもやってきます。社殿前には『美容水』と呼ばれる名水があり、これを肌につけると心身ともに美しくなるといわれています。

香る水?「御香宮神社」

香る水?「御香宮神社」1105411

出典:moconaさんの投稿

源氏物語では『薫』と呼ばれ、体から良い匂いをすることから『匂う宮』と呼ばれる公達が登場します。伏見にある神社で、拝殿の彫刻が非常に美しいことでも有名。鯉が瀧を登る姿が描かれ、水の神様が祀られているのも一目瞭然です。本殿の左には『御香水』と呼ばれる湧き水がこんこんと流れています。
香る水?「御香宮神社」1105408

出典:7creekさんの投稿

この御香水は、香りがするだけでなく飲むとたちまち病気も治ってしまう『ご神水』なんです!清和天皇がこの湧き水の『御香水』と名づけられたとのことで、平安時代から人々の体を癒してくれたんです。名水百選にも選ばれた、御香水を旅行で訪れたときには一度口にしてみたいものです。

御香宮神社の詳細情報

御香宮神社

住所
京都府京都市伏見区御香宮門前町174
アクセス
1) 京阪電車京阪本線伏見桃山駅から徒歩で5分 2) 近鉄電車京都線桃山御陵前駅から徒歩で5分
営業時間
9:00〜16:00
料金
大人 200円 庭園拝観料、境内参拝自由

データ提供

蓮と睡蓮

蓮と睡蓮1105414

出典:mamiya0418さんの投稿

寺社仏閣と縁の深い、蓮と睡蓮の名所は京都にはたくさんありますので、どこに行こうか迷ってしまいます。蓮の花は早朝に美しい姿を見せてくれますので、夏の朝の京都観光にぴったりのスポット。朝に蓮の花を楽しんだら、睡蓮を見に昼頃までに回れば、日差しが高くなる正午までには一息いれることができます。

「川床料理」で暑さを吹き飛ばそう!

「川床料理」で暑さを吹き飛ばそう!1105430

出典:atsushi1969さんの投稿

京都の夏は、川床料理を忘れては語れません。穂津川下りや、美しい自然を楽しんだ後は、心も体も涼しくなる為に川床料理が楽しめるお店でのんびりしましょう。

貴船 兵衛

「貴船 兵衛」外観 1105454 川床入口

出典:

料理旅館のこちらでは、ランチがリーズナブルに楽しめます。旬の食材を使った贅沢な料理を自然な中で食べる、開放感と優雅な気分をしっかり味わっていただきたいものです。川床料理を楽しむなら貴船が一番ですので、初めての人も粋を楽しんでいただきたいですね。

奥貴船 兵衛の詳細情報

奥貴船 兵衛

鞍馬 / 懐石・会席料理、京料理、旅館

住所
京都府京都市左京区鞍馬貴船町101
営業時間
11:00~20:00(L.O)
定休日
不定休  ※川床期間(5/1~9/30)は無休
平均予算
  • ¥10,000~¥14,999
  • ¥10,000~¥14,999

データ提供

貴船 仲よし

「貴船 仲よし」外観 1105467 川床

出典:

川幅の狭い川床なので、清流を直に感じながら食事だできると、粋な貴船らしい楽しみ方ができます。平日はミニ会席がメニューに用意されているので、リーズナブルに楽しみたい人におすすめです。メニューも豊富なので、カップルでも友人同士でも気軽に立ち寄れます。

貴船 仲よしの詳細情報

貴船 仲よし

鞍馬、貴船口 / 懐石・会席料理、京料理、和食(その他)

住所
京都府京都市左京区鞍馬貴船町71
営業時間
11時~21時(19時ラストオーダー)
定休日
12月31日のみ
平均予算
  • ¥8,000~¥9,999

データ提供

京都で美味しいかき氷が食べたい!

京都には甘味処も多く、美味しい和菓子や洋菓子が味わえるお店がたくさんあります。そのなかで、さっぱりしたかき氷は夏だから食べたくなるもの。京都ならではの抹茶味などを、お腹いっぱい食べ歩きましょう。

中村軒

「中村軒」料理 1105500 いちご氷

出典:ほじゅさんの投稿

ふんわりもっちりの『麦代餅』でも有名ですが、こちらのかき氷はまた個性的なものが多くシロップは果実をつかった自家製なので自然のうま味が口の中に広がります。美味しいからと、お代わりしてお腹をこわさないようにしてくださいね。

中村軒の詳細情報

5000中村軒

桂 / 和菓子、甘味処、かき氷

住所
京都府京都市西京区桂浅原町61
営業時間
7:30~18:00 [茶店] 9:30~18:00 (L.O.17:45)
定休日
水曜日 (祝日の場合は営業)
平均予算
  • ~¥999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

虎屋菓寮京都一条店

「虎屋菓寮 京都一条店 」料理 1105507

出典:かんみ♪さんの投稿

『羊羹』で有名な虎屋が直営するお店が、この虎屋菓寮京都一条店。稲荷神社がすぐ側にあるので、かき氷を食べながら京都らしい景観を楽しめるのが魅力。店内はモダンな雰囲気ですが、テラスから見える見事な日本庭園は京都だな……とほっこりさせてくれます。かき氷の中から餡子が出てくるのも虎屋らしさを感じますよ。

虎屋菓寮 京都一条店 の詳細情報

5000虎屋菓寮 京都一条店

今出川 / 甘味処、和菓子、かき氷

住所
京都府京都市上京区一条通烏丸西入ル
営業時間
10:00~18:00 (L.O.17:30)
定休日
年中無休 (元旦を除く)
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥2,000~¥2,999

データ提供

京都で食べたい鱧や鰻料理

堺萬 (さかいまん)

「堺萬」料理 1105543

出典:ウィーンの森の物語さんの投稿

創業は文久年間の老舗の料亭で、日本を代表する文豪も良く足を運んだことでも有名です。こちらの『鱧つくし』は余すことなく鱧を丸ごと料理してもてなしてくれるので、『本当の鱧美味しさ』を味わえます。お土産に鱧寿司もあるので、こちらもお忘れなく!

堺萬の詳細情報

堺萬

丸太町(京都市営)、烏丸御池、二条城前 / 割烹・小料理、魚介料理・海鮮料理、京料理

住所
京都府京都市中京区二条通室町西入大恩寺町248-2
営業時間
12:00~14:30(L.O 13:30) 17:00~20:30(L.O 19:00)
定休日
火曜・最終月曜
平均予算
  • ¥20,000~¥29,999
  • ¥15,000~¥19,999

データ提供

うなぎ屋 廣川

「うなぎ屋 廣川」料理 1105561 うな重

出典:サプレマシーさんの投稿

京都で『うなぎ屋 廣川』を知らない人はいない名店。嵯峨野の地下水で育った鰻は、独特な臭みがまったくなく極上の状態で開かれ蒸されて焼かれると関西風の調理方法。なんといっても秘伝のタレが、鰻の旨味を引き出しています。このフワフワに鰻を一度食べると、他は食べられない!そういっても過言ではないくらいに美味しいです。

うなぎ屋 廣川の詳細情報

1000うなぎ屋 廣川

嵐山(京福)、トロッコ嵯峨、嵐電嵯峨 / うなぎ、どじょう

住所
京都府京都市右京区嵯峨天龍寺北造路町44-1
営業時間
11:30~14:30(L.O) 17:00~20:00(L.O)
定休日
月曜日
平均予算
  • ¥5,000~¥5,999
  • ¥5,000~¥5,999

データ提供

夏の京都は一度は訪れるべし

夏の京都は一度は訪れるべし1105581

出典:マキうさぎさんの投稿

6月からじわじわと暑くなる京都は、とにかく外は暑く店内は冷房がガンガン入っているので温度差に体がついて行かず、旅行中に体調を崩す人も少なくありません。日中はできるだけ涼しいスタイルで、帽子や日傘などは必須ですし、上着がないとお店に入って震えることにもあります。それでも楽しい思い出がたくさんつくれる素晴らしいスポットはありますし、時期によってはライトアップされるので素晴らしい旅の一頁を心に刻んでください。

京都府のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

特集

京都府×ホテル・宿特集

関連キーワード