サバゲー初心者でも安心!関東のサバイバルゲームフィールド6選

サバゲー初心者でも安心!関東のサバイバルゲームフィールド6選

興味があるけど、最初の一歩が踏み出せないサバイバルゲーム。迷彩柄のコスチュームに身を包み、銃を片手に撃ちまくる…憧れるけど、なんだか怖い。そんな方も多いのでは?今回は、初心者歓迎のサバゲーデビューにぴったりのフィールドをご紹介します。都内からでもアクセス便利な首都圏で気軽に立ち寄れる屋内フィールドや、雰囲気抜群の野外フィールド集めました。番外編では上級者も大満足のスポットを紹介します。

2017年03月27日

ようこそ、サバゲーの世界へ

迷彩服を身にまとい、フェイスガードで顔を隠し、ソフトガンを携える…日常生活では考えられないような体験ができるサバイバルゲームは、男性のみならず女性でもハマる人が続出中!コスチュームや装備からして、物々しくて、ちょっぴり怖いイメージのあるサバイバルゲームですが、実はとっても紳士的なスポーツなんです。

サバゲーってどんなスポーツ?

サバゲーってどんなスポーツ?1111490

出典:むぎむぎさんの投稿

サバゲーとはエアソフトガンを使用して撃ち合う、大人の戦争ゲームのようなもの。1983年頃、当時米国で流行っていたペイントボールゲームがルーツのスポーツで、おもちゃのエアソフトガンを代用しておこなわれたのが始まりです。

A post shared by miho (@mihopipipi0620) on

敵と味方に分かれてお互いを撃ち合い、弾に当たったら失格となります。当たったかどうかは自己申告というのが“サバゲーは紳士のスポーツ”と言われる所以です。統一されたルールは存在せず、グループや大会、フィールドごとによってルールは異なります。

初心者だって楽しめます

初心者だって楽しめます1101010

出典:g.k.さんの投稿

でもいきなり始めるのはハードルが高いと思う方も多いのではないでしょうか。今回はそんな方にもおすすめなサバゲーを楽しめるスポットをご紹介します。レンタルが揃っていたり、レクチャーしてくれるフィールドを集めました。ぜひ新しい挑戦を始めてみませんか?

雨でも安心!屋内で気軽にサバゲーできるスポット

手ぶらでOK!全天候型なので、天気や季節を気にせずいつでも快適に遊べるフィールドをご紹介します。

ASOBIBA 秋葉原店<東京・千代田区>

秋葉原駅から徒歩4分。秋葉原の電気街の真ん中にあるオフィスビルの中に、非日常的な空間「サバゲーフィールドチェーン店ASOBIBA 秋葉原店」はあります。廃墟を模したフィールドは屋内にありながらも雰囲気たっぷりです。

エアガンや迷彩服のレンタルもありますが、近くのショップで装備を揃えて、そのまま参戦することが可能です。また、秋葉原というエリアならではのコスプレイベントもありますよ。コスプレとサバゲーに興味がある人には必見のイベントです。

またASOBIBAは初心者と女性に優しいフィールドと言われていて、講習会なども多く開催されているのが特徴です。未経験の方はこちらに参加してサバゲーのいろはを学んでみることをおすすめします。

S.A.T横浜港北 サバイバルゲームインドアフィールド<神奈川・横浜市>

※2018年4月28日以降、施設名を「ATTACKER」に変更してリニューアルオープンします

S.A.T横浜港北は横浜市営地下鉄ブルーライン仲町台駅、グリーンライン東山田駅からそれぞれ徒歩20分のところにある横浜屈指のサバゲーフィールドです。2016年11月にオープンした新しい施設なんです。無料の駐車場も完備されているため、車で行くこともできます。必要な装備は全てレンタル可能なので、立ち寄りやすいんです。

巨大倉庫を使った、初心者でも参加しやすいフィールド。5つのエリアに分かれていて、ドラム缶や木の板、棚をバリケードにして進んでいきます。

A post shared by matsutaira (@matsutaira) on

S.A.T.横浜港北のオリジナルグッズも販売しています。自前の迷彩服にワッペンを付けてどんどんカスタマイズしていくのも楽しいですね。

ユニオンワールド<千葉・山武市>

千葉県山武市成東にあるユニオンワールドは2016年11月にオープンしたインドアフィールドです。新しくできた施設ということもあって、郊外にありながらも多くのサバゲーマニアが足を運んでいます。JR成東駅・JR求名駅からそれぞれ車で6分のMEGAドンキホーテ敷地内にあります。

2階建て600平方メートルもの広い敷地があるインドアフィールドは関東でもこちらだけ。1階はアメリカのダウンタウン、2階は荒廃した中東の街をイメージして作られています。しっかりと世界観がつくりこまれています。

また、外の光が差し込むフィールドなので昼と夜の雰囲気が違うのも特徴です。行く時間によって違った楽しみ方ができるのでおすすめ。初心者にはお得な「ビギナーズサービスパック」があるのも嬉しいですね。プレイ料金に各種レンタル、そしてレクチャーまでついてきます。

雰囲気抜群!屋外で本格的にサバゲーできるスポット

屋外だからこその臨場感が楽しめるフィールド!こちらもレンタルがあるので手ぶらで行けちゃいますよ。もちろん初心者だって歓迎の施設です。

東京サバゲパーク<千葉・印西市>

千葉県印西市にある東京サバゲパークは屋外にある市街地型のサバゲーフィールドです。中に入れるバスや建物などもあるので、立て籠もり戦などの本格ゲームが楽しめるのが魅力です。初めての方には、プレイ料金やレンタルガン、各種装備にレクチャー、そしてランチまでついた「サバゲー初心者パック」がおすすめです。

まるで本当に戦っているかのような臨場感の中でゲームをするので、真剣にゲームの世界に入り込むことができます。砂埃も様になります。レンタルもありますが、自分のサバゲーグッズをたくさん購入して、持って行きたくなりますね。

屋外にあるということもあってフィールド内にはネコが現れることも。弾を当てないように気をつけながら楽しみましょう。

サバイバルゲーム場 BULLET<埼玉・東松山市>

埼玉県東松山市にあるサバイバルゲーム場 BULLETは市内で有名な廃墟・東松山遊園地の跡地を利用したサバゲーフィールドです。1970年に閉園して以来、人が近づくことのなかった場所がサバゲーフィールドという形で生まれ変わりました。東武東上線東松山駅から車で10分ほどの場所にあります。

遊園地の廃墟をそのままフィールドとして利用していて地形の変化や起伏に富んでいるので、野戦をイメージした本格的なプレイを楽しむことができます。フィールドは「平地&小屋ゾーン」や「古代遺跡ゾーン」にわかれています。うっそうと茂る草木や、木の幹が絡まるトンネルなど雰囲気抜群です。

お店がゲームを主催する定例会もありますが、こんなに大きなフィールドなら仲間と一緒に貸し切りにしてみんなでゲームを楽しむのも楽しそうですね。レンタルも一式あるので手ぶらで参加できますが、数に限りがあるので事前に連絡してみてくださいね。

番外編!リゾート気分で行きたいサバゲーフィールド

最後に紹介するのは、ちょっとだけリゾート気分をプラスしたスポット。ある程度、サバゲー慣れしてきたら是非訪れてみたい中級者から上級者向けのフィールドです。

新島リゾートフィールド<東京・新島村 >

不定期開催の定例会に参加、あるいはサバゲー仲間で集まって貸切というスタイルで楽しめる「新島リゾートフィールド」。レンタルはやっていないのでマイ装備を揃えて参加しましょう。広大な土地で遊べるのが魅力のサバゲーフィールドです。貸切にする際にはある程度人数を集めたほうが楽しめますよ。

東京の竹芝から最短2時間半のところにある新島は都内にある離島です。こちらには採石場跡地を使ったサバゲーフィールドがあります。離島へ渡る際には、乗船時にゲームで使用する電動ガンやガスガンの持込についてあらかじめ申告をする必要があるのでご注意を!

新島サバゲーフィールドは自然をそのまま利用した地形となっていて、人工物は一切ありません。海を横目に山や崖を利用してゲームに没頭することができますよ。環境保全のために土に還るBB弾として有名なバイオ弾を使いましょう。

新島リゾートフィールド<東京・新島村 >1111904

出典:加奈多 *ฅ•ω•ฅ*さんの投稿

ゲームを終えた後は、新島観光にでかけてみてはいかがでしょうか?緑溢れる島で日頃の疲れを癒すことができますよ。景色はもちろんですが、島寿司などの名物を食べるのもオススメです。

いかがでしたか?

いかがでしたか?1111478

出典:むぎむぎさんの投稿

サバゲーはフィールドによってゲームの進め方や攻略方法が異なります。これまで経験したことがないという人も、1度行ってみたらハマってしまうかもしれませんよ。ぜひお友達を誘って挑戦してみてはいかがですか?

関東のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード