2017年03月30日

6月の京都観光は見どころ満載!1年の折り返しを京都散策で過ごしたい

6月の京都観光は見どころ満載!1年の折り返しを京都散策で過ごしたい

6月の京都は紫陽花が随所で咲いているのを目にすることができます。梅雨の京都は風情がより感じることができる季節。6月にしか見られないイベントも多くありますので、観光がてらに立ち寄っていただきたいもの。普段は見逃してしまいそうな穴場スポットも合わせて紹介します。

1116034

出典:やまもさんの投稿

桜もすっかり散ってしまい、6月に入ると梅雨の京都は静かで楽しみやすくなります。足元は若干悪くはなりますが、観光客の足も鈍くなるので『情緒のある京都』を楽しみたいのであれば、6月は訪れて頂きたい季節なのです。

幽玄な世界を楽しめる「薪能」を見に行こう!

幽玄な世界を楽しめる「薪能」を見に行こう!1114330

出典:cyubakkaさんの投稿

京都の夏は、平安神宮で行われる薪能で始まります。6月に入りすぐに行われるイベントで、全席自由席になりますので良い席は早めに会場でとりましょう。平安神宮の特設会場で行われる薪能は、幽玄の世界に観る人をいざないます。能が初めての人も、雰囲気を味わい日本の素晴らしい伝統芸能に触れてみましょう。

清流のせせらぎと「貴船祭」

清流のせせらぎと「貴船祭」1116014

出典:mamiya0418さんの投稿

京都の奥座敷と呼ばれる貴船神社。夏には清流を楽しめる川床でも有名で、6月から京都の夏を感じることができる素晴らしいスポットです。毎年6月1日に行われる祭りで、『神輿渡御(みこしとぎょ)』と『奥宮』にて奉納される『出雲神楽』がメインになります。

A post shared by hiromi (@taka_hiro_ma) on

旧暦の4月1日と11月1日には、『御更衣祭』として行われていたそうですが、平安時代末期から上賀茂神社の摂社となり、上賀茂神社の神職が奉仕していましたが、明治維新後には現在の6月1日の1回に行われるようになりました。派手な祭りではありませんが、氏子が一体となり行われる神事は厳かに始まり、神輿が出ると一気にボルテージアップ。いつもは静かな貴船ですが、この時だけは神様が下りてこられ平安を祈ります。神事が終り静まり返った貴船神社には、川のせせらぎだけが聞こえてくる…そんな素晴らしい1日を体験してみませんか?

夏越大祓で「茅の輪くぐり」

夏越大祓で「茅の輪くぐり」1116019

出典:Dhamatakaさんの投稿

1年を半年に分け、それまでの厄を払うのが神社で行われる夏越大祓です。6月30日を1年の半分に見立て、全国の神社で茅の輪くぐりをするのが習いです。京都の夏越大祓では『水無月』という菓子を食べるのが特徴的。茅の輪くぐりは、スサノオノミコトが貧しい蘇民将来(そみんしょうらい)を訪れた時に、スサノオノミコトの腰にあった茅の輪をくぐれば子々孫々の繁栄を約束したことから始まったそうです。
夏越大祓で「茅の輪くぐり」1116025

出典:makopy1979さんの投稿

宮中で旧暦の6月1日に『氷の節句』が行われ、氷室の氷を口にして夏を健康に過ごせるようにしていましたが、庶民は小豆を使った菓子を氷に見立て『水無月』とし夏越大祓に食べて厄を払って、後の半年を健康に過ごせるようにしたそうです。
石川県金沢市では7月1日を『氷室の日』として、氷室饅頭を食べる習わしがあります。5代藩主前田綱紀公が、氷室から運び出された氷を江戸に届ける為に饅頭を神社に供えて祈願した事が発祥ですが、庶民の健康を祈りこの饅頭を振舞ったともいわれています。それだけ、昔は氷が貴重なものであったということがわかります。
※京都で行われる「夏越大祓」は、上賀茂神社をはじめ、岡崎神社、八坂神社、護王神社、北野天満宮、御香宮神社など、さまざまな多くの神社で行われています。

京都の名所であじさい巡り

京都の名所であじさい巡り1114338

出典:junjunjetさんの投稿

夏の花でもあるあじさいは、全国どこでも見られますが京都の寺社仏閣にはあじさいの名所と呼ばれるスポットがたくさんあります。散策コースに、このあじさいの名所巡りはいかがでしょう。静かな境内に、雨に濡れたあじさいと情緒あふれる京都を感じられます。

ライトアップが魅力!「三室戸寺」

ライトアップが魅力!「三室戸寺」1114339

出典:izzuo119さんの投稿

1年中、境内には色とりどりの花が咲くお寺で有名な三室戸寺。6月に入ると『あじさい園』の開園が始まり10日過ぎからは、ライトアップされ昼間とは異なった光景を楽しめます。ここのあじさいの魅力は、街中で見かける可憐な姿ではなく、杉林の中に力強く根を下ろす姿。野生のあじさいの美しさを一度目にすると『可憐』なだけではない、あたらしいあじさいが発見できます。

高台から見下ろせるあじさい「善峰寺」

@kyotoichigoがシェアした投稿 -

善峰寺は、徳川綱吉とその母桂昌によって再建されたお寺です。西国三十三所第20番札所、境内からは京都が一望できるだけでなく比叡山までもを望むことができる山手と自然に囲まれた隠れスポット。その高台から、見下ろすように見えるのがあじさいの群生。観光寺ではありませんが、あじさいを見るだけでも価値はありますので6月には是非足を運んでください。

ぬりこべ地蔵の「歯供養」

伏見大社に近くにある「ぬりこべ地蔵」は小さなお堂に安置されており歯痛にご利益のあるお地蔵様なんです。かっては、土を塗りこんだお堂に安置されていたとか、『塗りこむ』と病気を封じ込めるをかけたことなど色んな説があるようです。歯痛は今も昔も同じように悩んでいる人が多かったようです。
ぬりこべ地蔵の「歯供養」1116045

出典:

6月4日~10日は「歯の衛生週間」、これにちなんだ行事が毎年6月4日の「歯供養」です。お地蔵様前には、身代わりの石があるのでそれを撫でながら祈願します。小さな子供は虫歯予防に、大人は親知らずや歯周病予防の祈願にこられるとか。痛みを代わってくださる、優しいお地蔵様に会いに行ってみたくなります。歯供養に訪れた人には、法要のあとに歯ブラシが配られるので自宅に持ち帰り使わずに飾っておく人もおおいそうですよ。

ぬりこべ地蔵の詳細情報

ぬりこべ地蔵

住所
京都市伏見区深草大門町

データ提供

京阪電車 稲荷駅下車 徒歩約15分

京都五花街 「合同伝統芸能特別公演」

京都五花街 「合同伝統芸能特別公演」1114344

出典:izzuo119さんの投稿

「祇園東・上七軒・先斗町・祇園甲部・宮川町」の五つの花街がある京都。毎年行われるこの合同公演は、華やかであでやかな五花街舞妓が勢揃いする唯一の公演です。一見さんお断りに京都ですが、この時ばかりは誰もが素晴らしい舞を見ることができますので、旅行の記念として参加したいものです。

梅雨だって京都は美しいのです

梅雨だって京都は美しいのです1116031

出典:雷鳴写洛さんの投稿

6月は雨が多くじっとりした天気で気分も鬱々しがちです。そんな季節も、京都の街並みをまた魅力的にしてくれます。日本の四季の美しさを再確認できる行事を京都で存分に楽しんでみましょう。

京都府のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

京都府×ホテル・宿特集

関連キーワード

永田町を旅する編集部おすすめ