2017年03月31日

ビーチリゾートに持って行きたい!女性向け持ち物リストをご紹介♪

ビーチリゾートに持って行きたい!女性向け持ち物リストをご紹介♪

ビーチリゾートに行く際は、いつもの旅行とは少し違う持ち物が必要です。水着やビーチサンダルだけでなく、防水グッズや日焼け対策グッズ、ビーチでの遊び道具など、事前に用意しておきたいものが多数あります。そこで今回は、ビーチリゾートに持って行きたい、女性向けの持ち物リストをまとめてみました!ビーチで快適に過ごすために、持ち物をよく確認しておきましょう。

ビーチの必需品!

ビーチの必需品!1111489

出典:asknさんの投稿

まずは、ビーチで遊ぶための必需品を確認しておきましょう。水着やビーチサンダル、ビーチバックはもちろん、スマホなどの小物を入れる防水ケースや、ビーチでくつろぐためのビニールシートも忘れずに用意しておきたいですね。また、タオルはバスタオルとフェイスタオルの2種類持って行くと良いでしょう。さらに、ビーチから離れて食事をしたり買い物をしたりするときのために、水着の上から着られるパーカーやショートパンツ、ワンピースなどがあると便利ですよ。

アイテムリスト

①水着
②ビーチサンダル
③ビーチバッグ
④防水ケース
⑤水着の上に着る服
⑥タオル
⑦ビニールシート

街中でも使える!おしゃれなビーチバッグ

街中でも使える!おしゃれなビーチバッグ1111495

出典:

ビーチバッグもおしゃれなデザインにこだわりたい!という方には、こちらの商品がおすすめです。女性らしいカラーのストライプ柄ビーチバッグで、小物の収納に便利なミニポーチも付いています。街中で使っても違和感がないほど、かわいらしいデザインですよね。ビーチでもおしゃれなアイテムにこだわって、周りからの注目を集めちゃいましょう!

スマホ専用防水ケース

スマホ専用防水ケース1111510

出典:

わざわざ防水ケースを買わなくても、ジッパー付きビニール袋で良いのでは?と思う方もいるかもしれません。しかし、水に弱いスマホなどの電子機器をビーチに持って行く場合は、防水性の高い専用ケースを必ず使用するようにしましょう。こちらの商品は首から下げられるストラップ付きで、さらにケースの外からフリック&タップ操作も行えるため非常に便利。もちろん、濡れた手で使用してOKです。

着替えいらず!スカート&トップス付き水着が便利

着替えいらず!スカート&トップス付き水着が便利1111533

出典:

水着の上に着る服を別途用意するのは面倒くさい…という方には、こちらのようなスカート&トップス付き水着がおすすめです。ビキニの上からセットのスカートとトップスを着れば、露出が抑えられてカジュアルな印象に。少しビーチから離れても、これならあまり違和感がないですよね。もちろん水着素材ですので、そのまま海で泳ぐこともできますよ。

ワンピースタイプもおすすめ

ワンピースタイプもおすすめ1111543

出典:

スカート&トップスのセットだけでなく、こちらのようなワンピースタイプの水着もおすすめです。ワンピースタイプだと、気になるお腹周りも隠すことができるのが魅力的ですよね。おしゃれなエスニック柄も、ビーチリゾートにぴったりです!

あると便利なビーチグッズ

あると便利なビーチグッズ1111486

出典:Advenchuさんの投稿

続いては、ビーチリゾートをより楽しむために持って行きたいアイテムをご紹介します。水中カメラや浮き輪、シュノーケリングセットなど、お好みで持ち物リストに加えてみてくださいね。また、ビニールシートよりもリラックスできるサマーベッドやエアーソファー、日陰を作れるパラソルやビーチテントなどもおすすめですよ。

アイテムリスト

①水中カメラor防水カメラケース
②浮き輪
③シュノーケリングセット
④サマーベッドorエアーソファー
⑤パラソルorビーチテント

リーズナブルな水中使い捨てカメラ

リーズナブルな水中使い捨てカメラ1112395

出典:

水中カメラは高価なものが多いですが、こちらは使い捨てタイプなのでとってもリーズナブル!高価なカメラは盗難の心配もありますので、カメラの種類にこだわりがない方には、こちらのような使い捨てタイプがおすすめです。そのほか、手持ちのカメラに防水カメラケースを付けて、水中撮影をするのも良いでしょう。

ふかふかのエアーソファー

ふかふかのエアーソファー1111570

出典:

ビーチでふかふかの座り心地を楽しめる「エアーソファー」。海外でも大人気のビーチグッズです。ぺたんこの袋を広げて走ると、中に空気が入ってふかふかのソファーになります。空気を抜けばコンパクトに折り畳めるので、持ち運びも便利です。ビーチでのんびりとくつろぎたい方に、特におすすめのアイテムですよ。

パッと開くだけでOK!ワンタッチタイプのビーチテント

パッと開くだけでOK!ワンタッチタイプのビーチテント1111600

出典:

こちらの商品は、パッと開くだけで設置できる、ワンタッチタイプの便利なビーチテントです。アウトドアに慣れていない女性でも、簡単に組み立てられるのが嬉しいですね。ビーチにプライベートな空間を作ることができるので、周りを気にせずにリラックスできます。さらに、UV・耐水・遮熱加工が施されている点も魅力的です。

日焼け対策グッズ

日焼け対策グッズ1111628

出典:おおねここねこさんの投稿

ビーチリゾートに行く際、女性なら特に気になるのが紫外線ですよね。日焼け止めはもちろん、帽子やサングラス、ラッシュガードなども活用して、しっかりと日焼け対策をしておきましょう。最近では、おしゃれな日焼け対策グッズも多数販売されていますよ。

アイテムリスト

①日焼け止め
②帽子
③サングラス
④ラッシュガード
⑤ラッシュトレンカ

長袖のラッシュガードで日焼け防止

長袖のラッシュガードで日焼け防止1111617

出典:

上半身の日焼け対策には、長袖の「ラッシュガード」がおすすめです。一見普通のパーカーのようですが、UPF50+で紫外線カット率最大99%の特殊な素材で作られています。水着の上からラッシュガードを1枚羽織るだけで、ビーチの強力な紫外線から肌を守ることができますよ。さらに、ラッシュガードは伸縮性のある丈夫な素材なので、マリンスポーツでのケガ防止にも役立ちます。

ラッシュトレンカで下半身もガード!

ラッシュトレンカで下半身もガード!1111627

出典:

上半身だけでなく、下半身もしっかりと紫外線対策を行いましょう。こちらの商品は、先ほどご紹介したラッシュガードと同じ素材で作られている、「ラッシュトレンカ」と呼ばれるものです。シンプルなブラックタイプなので、普通のトレンカと同じように着用することができますね。

その他必要なもの

その他必要なもの1111631

出典:DJ Ko-Kiさんの投稿

ビーチグッズや日焼け対策グッズ以外にも、準備しておきたいアイテムがいくつかあります。海で遊んだ後シャワーを浴びる際に用いる、洗面用品やスキンケア用品。そして地味だけれど意外と役立つ、ウェットティッシュやビニール袋、絆創膏などです。特に、ビニール袋はやや多めに用意しておくのがおすすめですよ。また、ビーチで冷たいドリンクを飲みたい場合には、クーラーボックスや保冷バッグも持参しましょう。

アイテムリスト

①洗面用品(シャンプー、コンディショナー、ボディーソープなど)
②スキンケア用品(化粧水、乳液、クリームなど)
③ウェットティッシュ
④ビニール袋
⑤クーラーボックスor保冷バッグ
⑥絆創膏

スキンケア用品はトラベルセットやトライアルセットが便利

スキンケア用品はトラベルセットやトライアルセットが便利1111690

出典:

ビーチに行く際は、ミニサイズのスキンケア用品を詰め合わせた、トラベルセットやトライアルセットを活用するのがおすすめです。宿泊先で全て使い切れる量であれば、帰りの荷物を少なくすることができます。トラベルセットはさまざまなブランドから販売されていますので、お好みの商品を探してみましょう。

折り畳み式クーラーボックスがおすすめ

折り畳み式クーラーボックスがおすすめ1111698

出典:

たくさんの食材を保冷できる、便利なクーラーボックス。しかし大きくて重たいので、持ち運びに不便ですよね…。そこでおすすめなのが、こちらの折り畳み式クーラーボックスです。中身を取り出した後はコンパクトに折り畳めるので、帰りの荷物がかなり少なくなります。また、従来のクーラーボックスとはひと味違う、おしゃれなデザインも魅力的です。

いかがでしたか?

いかがでしたか?1111639

出典:Lemon heartさんの投稿

ビーチリゾートに持って行きたい女性向けの持ち物リストをまとめてみましたが、いかがでしたか?水着や防水グッズ、日焼け対策グッズなど、ビーチリゾートならではの持ち物が多数あります。ビーチで思いっきり楽しむために、必要な持ち物を事前によく確認しておきましょう。

全国のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

特集

関連キーワード