沖縄・人気の観光スポットから穴場まで!おすすめ観光地紹介BEST86

沖縄・人気の観光スポットから穴場まで!おすすめ観光地紹介BEST86

人気の観光地「沖縄」には、見逃せない景色や訪れたいスポットなのど、素敵な場所が盛りだくさん。今回は人気の観光地から、穴場の観光スポットまで、さまざまなおすすめの場所をご紹介します。旅の計画の参考になりますように。

2017年04月01日

●沖縄の世界遺産から

琉球王国のグスク及び関連遺産群

琉球王国のグスク及び関連遺産群1113672

出典:Aoniyoshiさんの投稿

沖縄本島は、2000年にユネスコの文化遺産登録された世界遺産が9か所もあります。観光スポットとして人気の「首里城」をはじめ、パワースポットの「斎場御嶽 (せいふぁーうたき)」や、美しい城壁が見事な「勝連城跡 (かつれんじょうあと)」、琉球独自の庭園スタイルを持つ「識名園 (しきなえん)」などさまざま。まずは「首里城」を中心にご紹介します。

1.首里城(世界遺産)

※首里城公園は2019年10月の正殿火災の影響により立入制限がございます。
最新情報は、公式サイトにてご確認ください。

漆の塗り直し工事時期も見逃せません

漆の塗り直し工事時期も見逃せません937953

出典:かいちゃんパパさんの投稿

1429年から1879年まで琉球王国の中心地であった「首里城」。広大な国営公園の中にあり、那覇市内を一望できる高台に位置します。沖縄戦で焼失したものの、1992年に復元されました。見事な“朱い”城は天然の漆が塗られているので、3~4年ほどで漆の塗り直し工事が行われます。工事中は普段見られない内部や作業風景を目にすることも。沖縄本島に訪れたら、一度は訪れる人気の観光地。

首里城公園 (首里城)の詳細情報

首里城公園 (首里城)

住所
沖縄県那覇市首里金城町1-2
アクセス
ゆいレール「首里」駅から徒歩で約15分

データ提供

2.園比屋武御嶽石門(世界遺産)

2.園比屋武御嶽石門(世界遺産)937955

出典:三次人さんの投稿

首里城正殿を見学後に訪れやすい「園比屋武御嶽石門 (そのひゃんうたきいしもん)」。琉球王国時代に国王の拝所だった石門は、城外に国王が出かける際、“往路帰路の安泰”を祈願した場所だそう。扉以外は石造りですが、屋根の両側にある“懸魚(げぎょ)”の彫刻にも注目してください。

首里城 園比屋武御嶽石門の詳細情報

首里城 園比屋武御嶽石門

住所
沖縄県那覇市首里真和志町1-7
アクセス
ゆいレール首里駅から徒歩15分

データ提供

3.首里森御嶽(すいむいうたき)

3.首里森御嶽(すいむいうたき)937960

出典:

首里城に訪れたら、無料区域にあるパワースポット「首里森御嶽(すいむいうたき)」もぜひ。ついつい見逃してしまいそうになりますが、木が生い茂っているところは“御嶽”の可能性もあるので、沖縄に訪れた時は気にしてみることをおすすめします。城内には礼拝所が何か所があり、琉球の開闢(かいびゃく)神話でも“神が造られた聖地”とされています。城壁の手前にあるので、見逃さないで。

首里森御嶽の詳細情報

首里森御嶽

住所
沖縄県那覇市首里金城町1-2

データ提供

4.守礼門

4.守礼門937962

出典:yamaneccoさんの投稿

「守礼門」といえば、2000年に発行された“二千円紙幣”の表面絵柄に採用された場所としても有名です。駐車場やバス停から首里城に向かって坂道をのぼっていると、見えてくる最初の門。朱色が鮮やかな門は、やはり沖縄戦で焼失しましたが、1958年に復元されました。掲げられている「守禮之邦(しゅれいのくに)」とは、「礼節を重んじる」という意味。

守礼門の詳細情報

守礼門

住所
沖縄県那覇市首里当蔵町
アクセス
1) 那覇バスターミナルからバスで30分市内線(1、17)番、市外線(46)番に乗車し、首里城公園入口バス停にて下車。 - 首里城公園入口バス停から徒歩で3分 2) 空港駅からモノレールで27分 - 首里駅から徒歩で10分 - 首里駅からバスで5分100円バス

データ提供

5.玉陵(世界遺産)

5.玉陵(世界遺産)937956

出典:katuwoさんの投稿

首里城見学前後に訪れやすい「玉陵(たまうどぅん)」は公園の西側、鬱蒼と生い茂る一画にあります。琉球王国を統治した王家・第二尚氏王統の歴代国王が眠る陵墓です。沖縄特有の“破風墓(はふばか)”の最初ともいわれています。睡蓮や鳳凰、龍などが掘り込まれた欄干も見事です。首里城から歩いて4分ほどなので、ぜひ足を伸ばしてみてください。

玉陵の詳細情報

玉陵

住所
沖縄県那覇市首里金城町
アクセス
1) 那覇バスターミナルからバスで30分 2) 朱里駅から徒歩で15分
営業時間
9:00〜18:00 入場締め切りは17:30
料金
子供 150円 大人 300円

データ提供

6.中城城跡(世界遺産)

6.中城城跡(世界遺産)937963

出典:dwi_sspさんの投稿

中部エリアの北中城村にある「中城城跡(なかぐすくじょうあと)」。世界遺産の中では、もっとも城壁が残さされ、その曲線が美しいグスクとして名高い場所です。東シナ海や太平洋が一望できる絶景スポットとして、おすすめです。ぜひ晴れた日に訪れてください。

中城城跡の詳細情報

中城城跡

住所
沖縄県中頭郡北中城村/中城村
アクセス
空港/タクシー・レンタカー/60分
営業時間
8:30〜17:00
料金
小学生 200円 中学生 300円 高校生 300円 大人 400円

データ提供

7.座喜味城跡(世界遺産)

7.座喜味城跡(世界遺産)937965

出典:led-manさんの投稿

無料の観光スポットとしても人気が高い「座喜味城跡(ざきみじょうあと)」。一部進入禁止の場所はありますが、比較的自由に見学できるところもうれしい。とくに朝日や夕日を狙える撮影地としてもおすすめです。15世紀初頭に造られたといわれている最高傑作のグスクは、さまざまな季節や時間帯を変えて訪れてみてください。

座喜味城跡の詳細情報

座喜味城跡

住所
沖縄県中頭郡読谷村座喜味708-6
アクセス
1) 那覇バスターミナルからバスで75分28.00km29番線 - 座喜味バス停から徒歩で15分 2) 那覇バスターミナルからタクシーで60分28.00km

データ提供

8.勝連城跡(世界遺産)

8.勝連城跡(世界遺産)937969

出典:takayukinさんの投稿

中部エリアの人気観光スポットでもある「勝連城(かつれんぐすく)」は、東海岸を一望できる高台にあります。高低差によって、石垣の稜線の美しさが際立つグスクです。人気のドライブコース「海中道路」に向かうなら、ぜひ「勝連城跡(かつれんじょうあと)」も合わせて訪れてください。

勝連城跡(世界遺産)の詳細情報

勝連城跡(世界遺産)

住所
沖縄県うるま市勝連南風原3908
アクセス
1) 那覇バスターミナルから90分屋慶名線(27、180番)西原バス停下車、徒歩約10分 2) おもろまち駅広場から90分屋慶名おもろまち線(227番)西原バス停下車、徒歩約10分 3) 那覇バスターミナルから90分与勝線(52番)勝連団地前下車、徒歩約5分 4) 宜野湾真志喜から60分前原線(61番)勝連団地前下車、徒歩約5分
営業時間
年中無休 9:00〜18:00 勝連城跡向かいの休憩所は、18時までです。(年中無休)
料金
見学無料

データ提供

9.今帰仁城跡(世界遺産)

9.今帰仁城跡(世界遺産)937970

出典:はにまるさんの投稿

日本一早く咲く「カンヒザクラ(寒緋桜)」が見られる場所としても有名な「今帰仁城跡(なきじんじょうあと)」。本部半島の高台にあり、遠くにコバルトブルーの海が眺められる絶景スポットとしても人気です。とくに敷地面積広く、全長1.5kmにも渡る城壁がポイント。

今帰仁城跡の詳細情報

今帰仁城跡

住所
沖縄県国頭郡今帰仁村字今泊
営業時間
8:00〜18:00 夏期延長時期(5月〜8月)午前8時〜午後7時
定休日
年中無休
料金
大人 400円 小中高生 300円 小学生未満 無料

データ提供

10.斎場御嶽(せーふぁうたき)(世界遺産)

10.斎場御嶽(せーふぁうたき)(世界遺産)937973

出典:時間さんの投稿

沖縄のパワースポットとして名高い「斎場御嶽(せーふぁうたき)」。琉球の創世神話に登場し、琉球王国時代には国家的な祭事が行われていた格式高い聖地です。世界遺産に登録される前は、鬱蒼とした森の中を歩く静かな時間がとても神秘的な場所でした。互いを支えあっている岩の下をくぐり抜けると、“神の島”と呼ばれる久高島が望めます。雨が降った後は足元がぬかるむので、歩きやすい靴で訪れてください。

斎場御嶽の詳細情報

斎場御嶽

住所
沖縄県南城市知念字久手堅
アクセス
1) 那覇空港からモノレールで15分旭橋駅下車 那覇バスターミナルへ(徒歩5分) - 那覇バスターミナルからバスで60分東陽バス 38番 志喜屋線 バス停斎場御嶽前下車 - バス停斎場御嶽前から徒歩で5分バス停近くの地域物産館にてチケット購入をお願いします。 2) 那覇空港から車で60分那覇空港自動車道南風原北ICから国道329号線・331号線を知念方面(地域物産館にてチケット購入)へ
営業時間
[3月1日〜10月30日] 9:00〜18:00 入館は17:30まで、 入場チケット販売17:15まで [11月1日〜2月29日] 9:00〜17:30 入館は17:00まで、 入場チケット販売16:45まで
定休日
聖地としての静寂さを確保し、自然保 護の観点から毎年2回旧暦5月1日〜3日、旧暦10月 1日〜3日を休息日とします。
料金
子供 150円 大人 300円

データ提供

11.識名園(世界遺産)

11.識名園(世界遺産)937976

出典:黒豚さんの投稿

首里城から車で15分ほどの距離にある、琉球王国時代にお受けが使用した別邸「識名園(しきなえん)」。基本は、日本庭園の池泉回遊式(ちせんかいゆうしき)という様式で設計されたそう。そこには中国風な石橋や六角堂が混在しています。

識名園の詳細情報

識名園

住所
沖縄県那覇市字真地421-7
アクセス
三重城バスターミナルからバスで30分バス(那覇バス)利用の場合、1番:首里・識名線、5番:識名線 - 識名園前バス停から徒歩で1分
営業時間
[4月1日〜9月30日] 9:00〜18:00 入場締め切り 午後5時30分 [10月1日〜3月31日] 9:00〜17:30 入場締め切り 午後5時
定休日
[水] 水曜が祝日、または慰霊の日(6/23)の場合は、その翌日
料金
子供 200円 中学生以下 団体20人以上 160円 大人 400円 団体20人以上 320円

データ提供

●ビーチや岬など、自然がいっぱいの景勝地

●ビーチや岬など、自然がいっぱいの景勝地1113708

出典:Shuchangさんの投稿

沖縄といえば、青い海、ビーチ、岬と絶景が欠かせません。沖縄本島の場所ごとに、いろいろな青さが楽しめるビーチは、沖縄旅行の醍醐味のひとつです。人気のビーチをメインに、地元の人が多く訪れる穴場のビーチもあわせて紹介します。もちろん、自然がいっぱいの景勝地もリストアップ!

12.美々ビーチ

12.美々ビーチ937977

出典:ThumbSongsさんの投稿

那覇空港から訪れやすい人工ビーチの「美々ビーチ」。バーベキューやマリンスポーツなどの設備も整っているので、丸一日ビーチで遊びたい人にはぴったりです。

美々ビーチいとまんの詳細情報

美々ビーチいとまん

住所
沖縄県糸満市西崎1-6-15
アクセス
那覇空港から車で25分
営業時間
[4月〜10月] 8:30〜20:30 [11月〜3月] 8:30〜19:30
定休日
11月〜3月の毎週火曜日、年末年始

データ提供

13.エメラルドビーチ

13.エメラルドビーチ937979

出典:かいちゃんパパさんの投稿

沖縄の人気観光スポット「沖縄美ら海水族館」に訪れるなら、同じ海洋博公園内にある「エメラルドビーチ」にも足を運んでみてください。真っ白な砂浜と鮮やかな海の色が美しいラグーンビーチです。コバルトブルーの海の先には、伊江島が望めます。

エメラルドビーチの詳細情報

エメラルドビーチ

住所
沖縄県国頭郡本部町備瀬海洋博公園内
アクセス
名護バスターミナルからバスで45分
営業時間
[夏][4月〜9月] 9:00〜19:00

データ提供

14.宜野湾トロピカルビーチ

14.宜野湾トロピカルビーチ937981

出典:Seiさんの投稿

宜野湾海浜公園に隣接している「宜野湾トロピカルビーチ」は、駐車場が無料のうれしいビーチです。更衣室やロッカー、シャワーなどが完備されているので、おすすめ。遊泳区域や砂浜、広場も広いので、子どもさんと一緒に遊ぶビーチにぴったりです。ビーチバーベキューの場所としても◎。

宜野湾トロピカルビーチの詳細情報

宜野湾トロピカルビーチ

住所
沖縄県宜野湾市真志喜4-2-1
アクセス
1) 那覇空港から系統番号99番バスで60分 - 宜野湾市コンベンションセンターから徒歩で料金目安490円 2) 那覇空港から系統番号120番バスで50分 - 宜野湾市真志喜から徒歩で15分

データ提供

15.サンセットビーチ

15.サンセットビーチ937685

出典:delphinusさんの投稿

沖縄に訪れるときの楽しみのひとつにあげたいのが、夕日の時間。名前の通り、有数のサンセットスポットでもある「サンセットビーチ」。青い海、白い砂浜にヤシの木が並ぶ……これぞ求めていた南国のビーチが目の前に広がります。大きな観覧車が目印の「美浜アメリカンビレッジ」が近いので、ショッピングの途中にも訪れやすいビーチです。

サンセットビーチの詳細情報

サンセットビーチ

住所
沖縄県中頭郡北谷町字美浜2番地
アクセス
1) 那覇空港から車で40分22.00km那覇空港から国道58号線を北へ約40分 2) 那覇バスターミナルからバスで45分22.00km那覇バスターミナルから系統20番・28番「軍病院前」下車 徒歩約5分
営業時間
[4月14日〜11月30日] 9:00〜17:00 遊泳時間は期間によって異なる。
料金
無料、入浴施設は有料

データ提供

16.波の上ビーチ

16.波の上ビーチ937984

出典:yabecchiさんの投稿

国際通りからも歩いて行ける「波の上ビーチ」は、地元民も多く訪れる場所です。那覇空港からも近く車で15分ほど。シャワーやトイレ、更衣室も完備されているので、帰りの便のチェックインぎりぎりまで海で遊びたい!というワガママも叶えてくれます。高台にある、琉球八社のひとつ「波上宮」にお参りも。

波の上ビーチの詳細情報

波の上ビーチ

住所
沖縄県那覇市若狭辻1-24
アクセス
1) 那覇バスターミナルからバスで15分2番国場線(那)開南廻り/2番国場線(那)開南廻り/2番国場線(那)壺川廻り/2番国場線(那)壺川廻り/3番松川線(那)開南廻り/3番松川線(那)泊廻り/5番識名線(那)開南廻り/5番識名線(那)開南廻り/5番識名線(那)牧志廻り/5番識名線(那)牧志廻り/14番泊線(那)首里向け/14番泊線(那)三重城向け/15番寒川線(那)巡回/15番寒川線(那)巡回/17番石嶺開南線(那)首里向け/17番石嶺開南線(那)三重城向け/45番与根線(那)具志向け - 久米郵便局前バス停から徒歩で5分 2) 那覇空港から車で15分
営業時間
[夏秋][4月〜10月] 9:00〜18:00
料金
周辺にコインパーキング有、冷水シャワー 100円/3分

データ提供

17.アラハビーチ

17.アラハビーチ937985

出典:はねとび☆さんの投稿

全長約600mもある白い砂浜に、実物大の帆船のレプリカが目印になっている「アラハビーチ」。ビーチで泳いだり、バーベキューを楽しんだり、思い思いの過ごし方ができるとあって、家族連れやグループが多く訪れる人気スポット。そして、沖縄で夕日を見るのに外せない夕日スポットのひとつです。

アラハビーチの詳細情報

アラハビーチ

住所
沖縄県中頭郡北谷町北谷2丁目21番
アクセス
1) 那覇空港から車で40分 2) 那覇バスターミナルからバスで45分名護西線(20)、読谷線(28)、(29) - [北谷]下車から
営業時間
[4月中旬〜10月下旬] 遊泳時間は季節によって異なる。
料金
無料

データ提供

18.万座ビーチ

18.万座ビーチ937986

出典:chanyumiさんの投稿

人気観光地「万座毛」の近くに位置し、白い砂浜とサンゴ礁の海が美しい水浴場百選にも選ばれたビーチです。すぐそばにANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートホテル」があるので、ダイビングやシュノーケリング、シーカヤックなどさまざまなマリンスポーツが楽しめる場所としてもおすすめ。

万座ビーチの詳細情報

万座ビーチ

住所
沖縄県国頭郡恩納村字瀬良垣2260
アクセス
那覇空港から車で約80分

データ提供

19.新原ビーチ

19.新原ビーチ937987

出典:ドンブリさんの投稿

人気NO.1の海カフェ「浜辺の茶屋」の近くにある南部の「新原(みーばる)ビーチ」。岩場が少なく、透明度が高い、自然あふれる隠れ家的ビーチです。穏やかな波と遠浅で広く、家族連れの海水浴にもぴったり。

新原ビーチの詳細情報

新原ビーチ

住所
沖縄県南城市玉城
アクセス
1) 那覇空港からモノレールで15分旭橋駅下車 那覇バスターミナルへ(徒歩5分) - 那覇バスターミナルからバスで60分沖縄バス 39番 百名線 バス停新原ビーチ下車 - バス停新原ビーチから徒歩で2分 2) 那覇空港から車で60分那覇空港自動車道南風原南ICから国道507号線・県道48号線・国道331号線を新原方面へ

データ提供

20.残波ビーチ

20.残波ビーチ937988

出典:kamerin_mさんの投稿

夕日スポットで人気の残波岬の近くにある「残波ビーチ」は、まさに思い描く南の島そのもの!青い空に青い海、そして白い砂浜……。中部エリアを代表する素敵なビーチです。

残波ビーチの詳細情報

残波ビーチ

住所
沖縄県中頭郡読谷村字宇座1933

データ提供

21.古宇利ビーチ

21.古宇利ビーチ937989

出典:黒豚さんの投稿

気軽に訪れることができる離島として人気の古宇利島、その古宇利大橋のたもとに広がるのが「古宇利ビーチ」。エメラルドグリーンの海以外に、とくに透明度が高いのも魅力のひとつ。潮の流れが早いので、泳ぐときには気をつけてください。

古宇利ビーチの詳細情報

古宇利ビーチ

住所
沖縄県国頭郡今帰仁村字古宇利

データ提供

22.崎本部ビーチ(さきもとぶビーチ)

22.崎本部ビーチ(さきもとぶビーチ)937692

出典:Photodiveさんの投稿

本部半島の西側、本部港の近くにある「崎本部ビーチ」。あまり潮の流れがなく、シュノーケリングに最適な天然ビーチです。白いサラサラの砂浜は、遠浅。国道449号線沿い、本部港の手前にある「ゴリラチョップ」を目印に訪れてみてください。

ゴリラチョップの詳細情報

ゴリラチョップ

住所
沖縄県国頭郡本部町崎本部

データ提供

23.吉の浦ビーチ(吉の浦公園)

A post shared by Taka M. (@lequeos) on

中城湾に面した吉の浦公園のビーチです。海水浴よりも、静かに海を眺めながら散歩するのに最適な場所です。遠浅で岩場が多いので、海辺生物の観察にもぴったり。
■吉の浦公園
住所:沖縄県中城村安里190

24.長浜ビーチ

24.長浜ビーチ937991

出典:たっちーさんの投稿

本部半島の北側には場所が少しわかりづらく、地元民が多い穴場のビーチが点在しています。なかでも、天然ビーチで広く、砂浜も美しい「長浜ビーチ」がおすすめです。

■長浜ビーチ
住所:沖縄県国頭郡今帰仁村諸志

25.真栄田岬(まえだみさき)

25.真栄田岬(まえだみさき)937992

出典:maloloさんの投稿

本島で一番人気のダイビングとシュノーケリングのスポット「真栄田岬」は、北部の恩納村にあります。週末は多くのダイバーたちで賑わう、透き通った海の青さと魚の多さが際立つスポットです。潜る予定がなくても、展望台からの眺めは最高です!

真栄田岬の詳細情報

真栄田岬

住所
沖縄県国頭郡恩納村字真栄田
アクセス
那羅バスターミナルからバスで70分

データ提供

26.青の洞窟

26.青の洞窟937993

出典:マルこさんの投稿

真栄田岬といえば、「青の洞窟」も外せない人気ポイント!海水の浸食によってできた洞窟にはいると、太陽の反射で海面が青く輝くことから名づけられたそう。とくに、朝日が入る時間帯が綺麗に反射するので、早朝から午前中がおすすめ。体験ダイビングスポットとしても人気が高く、ダイニング初心者ならぜひ「青の洞窟」を!

青の洞窟の詳細情報

青の洞窟

住所
沖縄県国頭郡恩納村真栄田469-1

データ提供

27.残波岬

27.残波岬1113991

出典:CookDoDoDoさんの投稿

東シナ海に面した「残波岬」は、本島の最西端に位置します。地元民には磯釣りやダイビングのスポットとしても人気ですが、おすすめは夕日。本島で最後に夕日が沈む場所として、夕焼けの撮影スポットとしても評判が高い。

残波岬の詳細情報

残波岬

住所
沖縄県中頭郡読谷村宇座
アクセス
1) 那覇バスターミナルからバスで75分28.00km28・29番線 - 読谷バスターミナルから徒歩で25分 2) 那覇バスターミナルからタクシーで55分28.00km

データ提供

28.いこいの広場 Ti-da33

28.いこいの広場 Ti-da33937994

出典:nobu954さんの投稿

残波岬がある読谷村は、灯台やビーチ、大型テーマパークの体験王国むら咲むら、やちむんの里など、観光スポットが多いエリアです。そして、バーベキュー施設などを備えたレジャースポット「残波岬いこいの広場」もおすすめ。高さ8.75メートルの「残波大獅子」が出迎えてくれますよ。

残波岬いこいの広場Ti-da33の詳細情報

残波岬いこいの広場Ti-da33

住所
沖縄県中頭郡読谷村宇座1861番地
アクセス
1) 那覇バスターミナルからバスで75分28.00km28・29番線 - 読谷バスターミナルから徒歩で25分 2) 那覇バスターミナルからタクシーで55分28.00km

データ提供

29.辺戸岬(へどみさき)

29.辺戸岬(へどみさき)938000

出典:gusukuさんの投稿

本島の最北端にある「辺戸岬」は、サンゴ礁の断崖絶壁にぶつかるダイナミックな荒波が楽しめる景勝地です。那覇空港から、車で約2時間半ほどかかるので、旅行日数が短いと訪れにくい場所のひとつですが、ぜひ、沖縄の雄大な自然と、紺碧の海の色を見に訪れてほしいところ。元旦には初日の出スポットとして、地元民で賑わいます。

辺戸岬の詳細情報

辺戸岬

住所
沖縄県国頭郡国頭村辺戸
アクセス
名護バスターミナルからバスで100分 - 徒歩で15分

データ提供

30.万座毛

30.万座毛937791

出典:atsushiswさんの投稿

沖縄らしい絶景スポットのひとつ「万座毛」。多くの観光客でもにぎわう恩納村の景勝地です。まるで、ゾウの鼻のような形をした岩があるのが特徴的。海に沈む夕日が美しいとしても、人気。

万座毛の詳細情報

万座毛

住所
沖縄県国頭郡恩納村字恩納
アクセス
那覇バスターミナルからバスで90分

データ提供

31.果報バンタ(かふうばんた)

31.果報バンタ(かふうばんた)937793

出典:Joeyさんの投稿

人気のドライブコース・海中道路で訪れることができる離島のひとつ、宮城島にある絶景スポット「果報バンタ」。沖縄の言葉で、“幸せを運ぶ崖”という意味を持っています。心地よい海風に吹かれながら、色鮮やかなエメラルドグリーンの海を楽しめる景勝地です。

果報バンタの詳細情報

果報バンタ

住所
沖縄県うるま市与那城宮城

データ提供

32.備瀬のフクギ並木

32.備瀬のフクギ並木937795

出典:さくたろーさんの投稿

古きよき沖縄の景色が広がる、北部の備瀬エリアで人気の散策スポット「備瀬のフクギ並木」。美ら海水族館近くにあるので、合わせて訪れるのもおすすめ。塗装されてない砂の道に、まっすぐに伸びたフクギから差し込む陽射しを浴びながら歩くだけで、癒される穏やかな空間です。

備瀬のフクギ並木の詳細情報

備瀬のフクギ並木

住所
沖縄県国頭郡本部町備瀬

データ提供

33.慶佐次湾のヒルギ林

33.慶佐次湾のヒルギ林937798

出典:Purpleさんの投稿

マングローブ(ヒルギ)が鑑賞できる本島で貴重なエリア「慶佐次湾のヒルギ林」。川と海が交わる場所に生えているマングローブは3種類。遊歩道が整備されているので、ゆっくり歩きながら眺めるのもいいですが、カヌー体験も可能です。

慶佐次湾のヒルギ林の詳細情報

慶佐次湾のヒルギ林

住所
沖縄県国頭郡東村慶佐次湾

データ提供

34.茅打ちバンタ

34.茅打ちバンタ938008

出典:黒豚さんの投稿

沖縄屈指の絶景として、人気の「茅打ちバンタ」。辺戸岬の手前にあるので、あわせて訪れてほしい定番スポットのひとつ。約80mある崖から眺めることができるのは、深く濃いブルーの海。思わず引き込まれそうなほどの美しい海の色をぜひ!

茅打バンタの詳細情報

茅打バンタ

住所
沖縄県国頭郡国頭村宜名真
アクセス
名護バスターミナルからバスで100分 - 徒歩で10分
料金
無料

データ提供

35.ガンガラーの谷

35.ガンガラーの谷938009

出典:takayukinさんの投稿

鍾乳洞が崩壊してできた谷間に広がる森「ガンガラーの谷」は、東京ドームとほぼ同じ面積だそう。巨大なガジュマルの木や、鍾乳石など、豊かな自然が広がる場所です。谷へは、予約制のガイドツアーと一緒に入るので、旅行日程が決まったら、ぜひ予約を忘れずに。

ガンガラーの谷の詳細情報

ガンガラーの谷

住所
沖縄県南城市玉城字前川202番地
アクセス
玉泉洞バス停から徒歩2分
営業時間
10:00〜16:00
定休日
年中無休

データ提供

36.ター滝

36.ター滝938016

出典:sannkakuさんの投稿

北部エリアにある、やんばる国立公園内にある「ター滝」は、トレッキングツアーでも好評な場所。落差15メートルの滝は、家族連れで沖縄の自然を満喫できるスポットとして人気。遊歩道はなく、亜熱帯の木々に囲まれた山道や川の中を歩いていくので、濡れてもいい服装で。夏場は滝つぼで泳ぐことも。

■ター滝
住所:縄県国頭郡大宜味村津波、平南川(へなんがわ)の上流にあります。

37.大石林山

37.大石林山938017

出典:コーサンさんの投稿

沖縄で自然を満喫するなら、おすすめなのは北部のやんばるエリア。特に昔から“聖なる地”として伝えられている「大石林山」は人気のパワースポットです。絶滅が心配されるキツツキの仲間・ノグチゲラに、ヤンバルクイナなど、貴重な野生動物が生息する東洋のガラパゴスといわれる亜熱帯の森にあります。国立公園のひとつとして、ハイキングコースが整備されています。石灰岩地特有の植物や大自然が色濃く残る景観をぜひ。

大石林山の詳細情報

大石林山

住所
沖縄県国頭郡国頭村字宜名真1241
アクセス
許田インターから車で70分
料金
子供 500円 大人 800円

データ提供

38.福州園

38.福州園938018

出典:黒豚さんの投稿

那覇中心部にある「福州園」は、国際通りからも徒歩圏内にある中国南方様式の庭園です。住宅街の中に位置し、あまり訪れることのないエリアですが、中国福建省福州市と那覇市の友好都市締結10周年などを記念して作られました。福州の伝統的手法を用いて作られた庭園は、福州の名所をイメージしつつ、それぞれ四季を表現しているそう。散策にも、休憩にもぴったりな場所です。

福州園の詳細情報

福州園

住所
沖縄県那覇市久米2-29
アクセス
1) 那覇バスターミナルから徒歩で15分 2) 県庁前駅から徒歩で10分
営業時間
9:00〜18:00
定休日
水曜日(祝祭日の場合は翌日)
料金
子供 100円 小学生未満は無料 団体(20人以上)80円 大人 200円 高校生以上は大人料金 団体(20人以上)160円

データ提供

39.末吉公園

39.末吉公園938019

出典:

ゆいレールの市立病院前駅から徒歩5分、気軽に訪れることができる「末吉公園」。園内は亜熱帯ならではの植物が多く、公園というよりは森のイメージ。琉球八社のひとつ、熊野権現を祀っている末吉宮や、日本一早咲きのヒカンザクラの標準木があることで知られています。

末吉公園の詳細情報

末吉公園

住所
沖縄県那覇市首里末吉町1-3-1
アクセス
1) 那覇バスターミナルからバスで30分 2) 那覇空港駅からモノレールで23分 - 市立病院前駅から徒歩で2分

データ提供

40.垣花樋川

40.垣花樋川938020

出典:黒豚さんの投稿

南部のドライブ途中に立ち寄りたい、絶景スポットのひとつ「垣花樋川(かきのはなひーじゃー)」。全国名水百選にも選ばれた、湧き水があふれた井泉です。南城市玉城の高台にあるので、眼下には青い海が一望できます。石畳の急な坂道を歩くので、歩きやすい靴と虫除けスプレーがあると便利です。

■垣花樋川(かきのはなひーじゃー)
住所:沖縄県南城市玉城字垣花、国道331号線沿いに入口があります。

41.嘉数高台公園

41.嘉数高台公園938022

出典:よぎっちさんの投稿

宜野湾市にある「嘉数高台(かかずたかだい)公園」は、普天間基地が一望できる展望台が有名な夜景スポットとして人気です。沖縄戦では周辺が激戦地だったこともあり、多くの人々が亡くなり、慰霊の塔が建てられています。戦跡と普天間基地が見渡せるこの公園は、戦争について学び、現在の沖縄について考えさせられる場所のひとつ。天然酵母パンが人気の「宗像堂」が近くにあるので、ぜひ合わせてどうぞ。

嘉数高台公園の詳細情報

嘉数高台公園

住所
沖縄県宜野湾市嘉数1

データ提供

42.知念岬公園

42.知念岬公園938023

出典:ミカさんの投稿

南部の絶景スポットとして、おすすめの「知念岬公園」。太平洋が一望でき、晴れた日には綺麗な海が眼下に広がります。周辺はパラグライダーのテイクオフポイントになっていて、穏やかな風の日には青空にカラフルなパラグライダーが映えます。近くには、世界遺産の「斎場御嶽」もあるので、ドライブコースに組み込みたい公園です。

知念岬公園の詳細情報

知念岬公園

住所
沖縄県南城市知念字久手堅
アクセス
1) 那覇空港からモノレールで15分旭橋駅下車 那覇バスターミナルへ(徒歩5分) - 那覇バスターミナルからバスで60分東陽バス 38番 志喜屋線 バス停斎場御嶽前下車 - バス停斎場御嶽前から徒歩で5分 2) 那覇空港から車で60分那覇空港自動車道南風原北ICから国道329号線・331号線を知念方面へ
営業時間
9:00〜22:00
定休日
無休
料金
無料

データ提供

43.ニライカナイ橋

43.ニライカナイ橋937805

出典:ganbareNIHONさんの投稿

南部のドライブコースで外せない人気スポット「ニライカナイ橋」。南城市佐敷の高台から県道86号線を知念方面に降りていく途中にある、ニライ橋とカナイ橋からなる、ふたつの橋の総称です。優美な曲線を描く橋と、太平洋が一望できる景色が楽しめる場所です。おすすめの撮影スポットは、橋の入口にある展望台。途中に駐車スペースがあるので利用して、徒歩で向かってください。「ニライカナイへの道」の看板が目印です。

ニライ橋 カナイ橋の詳細情報

ニライ橋 カナイ橋

住所
沖縄県南城市知念吉富
アクセス
南風原南ICから車で30分

データ提供

44.嵐山展望台

44.嵐山展望台938024

出典:A.シーゲルさんの投稿

晴れた日に名護市内を訪れるなら、ぜひ「嵐山展望台」へ寄り道を。本部半島と屋我地島に囲まれた“羽地内海(はねじないかい)”が一望できる展望台です。とくにお昼の時間帯がおすすめです。

嵐山展望台の詳細情報

嵐山展望台

住所
沖縄県名護市呉我
アクセス
許田インターから車で25分

データ提供

45.海中展望塔

45.海中展望塔938025

出典:Takosさんの投稿

沖縄に訪れたなら、熱帯魚を間近で見たい!そんな希望を叶えてくれるのは、ブセナ海中公園にある「海中展望塔」。透明度が高い海で人気のブセナ岬にある、沖縄で雄一の海中展望台です。360度のガラス窓からは、優雅に泳ぐ熱帯魚が眺められ、グラス底ボードも楽しめます。

海中展望塔の詳細情報

海中展望塔

住所
沖縄県名護市喜瀬1744−1
アクセス
国道58号線のご利用で那覇空港より約60km、約90分。沖縄自動車道のご利用で、那覇I.C〜許田I.C約75分。

データ提供

46.ヤンバルクイナ展望台

46.ヤンバルクイナ展望台938027

出典:

最北端にある辺戸岬まで足を運んだら、ぜひ立ち寄ってもらいたいのが「ヤンバルクイナ展望台」。辺戸岬からも、そのリアルな姿を見つけることができるほどの巨大な展望台です。細い道を進んだ先にある駐車場は、ほんの数台しかスペースがありません。細い道の手前にある駐車場を利用するのがおすすめ。

ヤンバルクイナ展望台の詳細情報

ヤンバルクイナ展望台

住所
沖縄県国頭郡国頭村字辺戸
アクセス
名護バスターミナルからバスで100分 - 徒歩で15分
料金
無料

データ提供

●車で行ける離島がたくさん!

●車で行ける離島がたくさん!1116339

出典:one_by_oneさんの投稿

沖縄本島には、橋で繋がった離島が多くあります。せっかく沖縄に訪れたなら、魅力的な離島もぜひ足を運んでみてください!

47.瀬長島

47.瀬長島937725

出典:shimazoriさんの投稿

那覇空港から近く離島といえば「瀬長島」。無料シャトルバスも走っているので、気軽に訪れやすいスポットです。島にある天然ビーチで潮干狩りやバーベキューも可能。天然温泉が楽しめるリゾートホテルもある、人気の観光地。周囲は2キロほどなので、海を眺めながらの散歩にもぴったり。島の手前では、那覇空港の離着陸する飛行機の撮影場所としても人気。

瀬長島の詳細情報

瀬長島

住所
沖縄県豊見城市字瀬長
アクセス
那覇空港から車で10分

データ提供

48.瀬長島ウミカジテラス

48.瀬長島ウミカジテラス938028

出典:ともっち@道産子さんの投稿

那覇空港から車で15分ほど、白壁の外観が印象的な「瀬長島ウミカジテラス」は、沖縄料理はもちろん、パンケーキやジェラートなど人気の飲食店が多く立ち並ぶショッピングモールです。ハンモックに揺られながらメキシコ料理が味わえるレストランなども!

49.古宇利島

49.古宇利島937716

出典:かいちゃんパパさんの投稿

海が美しいエリアとして人気の北部にある「古宇利島」。古宇利大橋ができたことによって、人気の離島に!大橋から眺める海の風景も、橋の下にひがるビーチから眺めるエメラルドブルーの景色は最高です。JALのCMで有名になった「ハートロック」や、絶景ロケーションが楽しめるカフェもおすすめです。

古宇利島の詳細情報

古宇利島

住所
沖縄県国頭郡今帰仁村字古宇利
アクセス
名護バスターミナルからバスで30分 72番系統の路線バスで30分、屋我運天原下車徒歩30分、車で5分

データ提供

50.古宇利大橋

50.古宇利大橋937720

出典:sokajiさんの投稿

今やドライブコースとして大人気の「古宇利大橋」。全長1960メートルの大橋は、古宇利島の直径とほぼ等しいとか。透明度の高い海を進んでいく様は観光客だけでなく、地元民にも人気。

古宇利大橋の詳細情報

古宇利大橋

住所
沖縄県国頭郡今帰仁村(古宇利島)、名護市字済井出(屋我地島)

データ提供

51.ハートロック

51.ハートロック938029

出典:takayukinさんの投稿

JALのCMで一躍有名になった「ハートロック」。古宇利島の北側にあるティーヌ浜にある、まるで海に浮かんでいるように見えるハート型の岩。古宇利島には“沖縄版”アダムとイブの伝説が残っていて、縁結びのパワースポットとしても人気です。

ハートロックの詳細情報

ハートロック

住所
沖縄県国頭郡古宇利今帰仁村

データ提供

52.古宇利オーシャンタワー

52.古宇利オーシャンタワー937732

出典:JT8D-219さんの投稿

2013年にオープンした古宇利島の新名所「古宇利オーシャンタワー」。古宇利大橋を渡ると正面に見えてくる真っ白い建物です。高台にあるため、見晴らしがともかく最高。とくにタワーからは、コバルトやエメラルドに輝くブルーな海が一望できます。1万点もの世界の貝殻を集めた展示も見ごたえがあるので、ぜひ。

古宇利オーシャンタワーの詳細情報

古宇利オーシャンタワー

住所
沖縄県今帰仁村古宇利538番地
定休日
無休

データ提供

53.水納島

53.水納島 937723

出典:down4thさんの投稿

渡久地港から定期船で15分ほど、豊富なマリンアクティビティが人気の離島「水納島」。本部半島の沖合いにあり、島の形から「クロワッサンアイランド」との愛称も。アクセスがよく、白い砂浜、サンゴ礁、透明感ある海は、リピーターも多いです。

水納島の詳細情報

水納島

住所
沖縄県国頭郡本部町瀬底水納
アクセス
那覇空港から車で90分渡久地港/船/15分

データ提供

54.海中道路

54.海中道路938114

出典:カワチャンさんの投稿

沖縄のドライブコースの定番といえば、うるま市勝連半島と平安座島を結ぶ「海中道路」。全長約5キロにも及ぶ長い橋は、見渡す限りの青い空に青い海に囲まれ、まさに海の中を走っている感覚にさせてくれます。途中には「海の駅・あやはし館」があるので、休憩をとりながら、海中ドライブを楽しんでください。

海中道路の詳細情報

海中道路

住所
沖縄県うるま市字屋平
アクセス
那覇バスターミナルからバスで140分

データ提供

55.浜比嘉島

55.浜比嘉島938463

出典:黒豚さんの投稿

沖縄の伝統的な赤瓦の町家が並ぶ「浜比嘉島」も、海中道路で気軽に訪れることができる離島のひとつ。そして、アマミチュー、シルミチューの男女二神の墓として伝えられる「アマミチュー」や、子宝祈願で有名な「シルミチュー」など、島全体がパワースポットとして人気です。那覇空港から車で70分ほど、天然ビーチに豊かな自然、数々の聖地がある魅力が詰まった島は、ぜひ滞在を視野にいれてほしいところ。

浜比嘉島の詳細情報

浜比嘉島

住所
沖縄県うるま市勝連浜、勝連比嘉
アクセス
那覇バスターミナルからバスで100分

データ提供

56.シルミチュー

56.シルミチュー1117063

出典:

子宝祈願のパワースポットとして有名な「シルミチュー」は、沖縄の神様アマミキヨとシネリキヨが正解津市、ふたりが最初に子どもを授かった場所だと伝えられています。シルミチューがあるエリアは私有地なので、近くにある公園に駐車してから向かってください。

シルミチューの詳細情報

シルミチュー

住所
沖縄県うるま市勝連浜(兼久)

データ提供

57.平安座島

57.平安座島938466

出典:youeyeさんの投稿

海中道路を渡ってすぐ、石油タンクのイメージが根強い「平安座島」。貿易の中継地として貢献していたこともあり、島の大半が石油基地に。そして、宮城島方面に向かう途中目にするのは、防波堤に書かれた護岸アートの印象が強い島です。集落内には、見晴らしのよいテラスがある茶屋やカフェ、リーズナブルに魚料理が食べられる海鮮食堂など、他の島の通過点にするのはもったいない、飲食店があります。

平安座島の詳細情報

平安座島

住所
沖縄県うるま市与那城平安座島
アクセス
那覇バスターミナルから80番屋慶名線で80分、小学校前下車、タクシーで10分

データ提供

58.宮城島

58.宮城島938467

出典:やちろゥさんの投稿

工場見学もできる定番観光スポット「ぬちまーす観光製塩ファクトリー」がある「宮城島」。人気の絶景スポット・「果報バンタ」や、天・地・海の神様が集まる鍾乳洞「三天御座」など、パワースポットとしても評判が高い島です。そして、実は自然に囲まれた地元民ご用達の穴場ビーチが多いことでも有名です!

宮城島の詳細情報

宮城島

住所
沖縄県うるま市与那城宮城島

データ提供

59.ウクの浜

59.ウクの浜1117103

出典:

地元民ご用達のビーチ「ウクの浜」は、シャワーやトイレなどの設備はありませんが、あまり人が訪れない静かなビーチです。途中、塗装されていない一本道を通るので運転に自信がない人は細い道に入る手前のスペースに駐車して、徒歩で向かうのをおすすめします。

■ウクの浜
住所:沖縄県うるま市与那城宮城

60.伊計島

60.伊計島938470

出典: テルさんの投稿

海中道路で使って訪れる離島の一番先端にある島「伊計島」。サトウキビ畑が広がるのどかな風景が楽しめ、透明度の高いビーチは地元や観光客にも人気。

伊計島の詳細情報

伊計島

住所
沖縄県うるま市与那城伊計
アクセス
那覇バスターミナルからバスで160分

データ提供

61.伊計ビーチ

61.伊計ビーチ938471

出典:thomhさんの投稿

シュノーケリングをするのにぴったりな透明度が高い海が人気の「伊計ビーチ」。シャワー、トイレ、ロッカーなどの設備が充実しているので、家族連れにもおすすめ。事前に予約すれば、海を眺めながらバーベキューも可能です。

伊計ビーチの詳細情報

伊計ビーチ

住所
沖縄県うるま市与那城伊計405

データ提供

●人気の水族館やテーマパークも!

●人気の水族館やテーマパークも!1117119

出典:かいちゃんパパさんの投稿

人気の美ら海水族館をはじめ、沖縄の自然を満喫したり、伝統を体験できるスポットなど、さまざまなテーマパークをご紹介します!

62.沖縄美ら海水族館

62.沖縄美ら海水族館 937751

出典:ぎんじろうさんの投稿

沖縄旅行で外せない人気観光地が「沖縄美ら海水族館」。一番人気エリアの「黒潮の海」では、ジンベエザメやマンタ、エイなどが悠々と泳ぐ姿が眺められます。おすすめはジンベエザメの食事タイム!たくさんの海水と一緒に餌を吸い込む、ダイナミックな姿は必見です。ほかにも、青い海をバックにイルカショーが楽しめる「オキちゃん劇場」もぜひ。

沖縄美ら海水族館の詳細情報

沖縄美ら海水族館

住所
沖縄県国頭郡本部町石川424
アクセス
名護バスターミナルからバスで45分
営業時間
[秋冬]8:30〜18:30 [春夏]8:30〜20:00 8:30〜19:30 多客日
定休日
12月の第1日曜日とその翌日木曜日
料金
幼児 0円 6歳未満無料 小学生 610円 中学生 610円 高校生 1,230円 大人 1,850円

データ提供

63.海洋博公園

63.海洋博公園938473

出典:かいちゃんパパさんの投稿

美ら海水族館やエメラルドビーチなど、沖縄観光で人気のスポットが多く集まる「海洋博公園」。昭和50年に開催された沖縄国際海洋博覧会の跡地に作られた国営公園です。植物園やプラネタリウムもあるので、家族連れにもおすすめ。ともかく広い敷地なので、1日あっても足りないほど。

海洋博公園の詳細情報

海洋博公園

住所
沖縄県国頭郡本部町石川424
アクセス
沖縄自動車道許田ICから国道58号・449号、県道114号を本部方面へ車で27km

データ提供

64.ネオパークオキナワ(名護自然動植物公園)

64.ネオパークオキナワ(名護自然動植物公園)937764

出典:babymonstarさんの投稿

東京ドーム5個分の広大な敷地を持つ「ネオパークオキナワ(名護自然動植物公園)」は、北部の名護市にあります。亜熱帯気候の開放感が楽しめるフラミンゴの湖や、アマゾンのジャングルを再現した森など、それぞれのゾーンに合わせて動植物が展示されています。

ネオパークオキナワの詳細情報

ネオパークオキナワ

住所
沖縄県名護市名護4607-41
アクセス
名護バスターミナルから車で5分
営業時間
9:00〜17:30 入園は17:00まで
定休日
無休
料金
大人 630円 中人(中・高校生)315円 小人(4才〜小学生)210円

データ提供

65.琉球村

65.琉球村938474

出典:わをんさんの投稿

築200年の古民家などを移築し、古きよき沖縄・琉球の文化や芸能自然が体感できるとあって、人気のテーマパーク「琉球村」。工芸体験に、エイサーや獅子舞などの伝統芸能も見学できます。

琉球村の詳細情報

琉球村

住所
沖縄県国頭郡恩納村山田1130
アクセス
那覇バスターミナルからバスで60分
営業時間
[夏]9:00〜18:00 最終受付 17:30 [冬]8:30〜17:30 最終受付 17:00
料金
子供 600円 6歳から15歳 大人 1,200円 16歳以上

データ提供

66.ビオスの丘

66.ビオスの丘938475

出典:5だいUすけさんの投稿

園内を周遊するジャングルクルーズが人気の植物園「ビオスの丘」は、本島中部のうるま市にあります。蘭の里としても知られる園内は、沖縄に自生する植物や昆虫、鳥、動物たちともふれあえるビオトープの植物園です。本島で水牛車体験できるスポットとしても人気。

ビオスの丘の詳細情報

ビオスの丘

住所
沖縄県うるま市石川嘉手苅961-30
アクセス
沖縄道石川ICから車で15分
営業時間
9:00〜18:00
定休日
無休
料金
大人 (中学生以上) 900円、小人 (4歳〜小学生) 500円 乗船セット (中学生以上) 1,600円、小人 (4歳〜小学生) 900円 障がい者特別料金 (中学生以上) 300円、小人 (4歳〜小学生) 100円 入園+乗船セット (中学生以上) 1,100円、小人 (4歳〜小学生) 600円 グループご利用料金あり (20名様以上が対象)

データ提供

67.ナゴパイナップルパーク

67.ナゴパイナップルパーク1117290

出典:のださんの投稿

沖縄といえば、国内のパイナップルの生産量が日本一。そのパイナップルをメインとしたテーマパークが名護市にある「ナゴパイナップルパーク」。パイナップルをモチーフにしたカートに乗りながら、パイナップル畑を散策できます。もちろん、パイナップルや、ワインなどの加工食品も試食できるので、パイナップル好きには嬉しいスポット。

ナゴパイナップルパークの詳細情報

ナゴパイナップルパーク

住所
沖縄県名護市為又1195
営業時間
9:00〜18:00 最終受付17:30(パイナップル号)(年中無休)
料金
子供 450円 小学生 中学生 600円 大人 850円 高校生以上

データ提供

68.おきなわワールド

68.おきなわワールド942936

出典:yun-yun*さんの投稿

鍾乳洞・玉泉洞が有名な有名な「おきなわワールド」。本島南部にある人気の観光スポットです。那覇空港から車で約30分、アクセスも便利。鍾乳洞のほかにも、世界で唯一といわれる「ハブ博物公園」や、琉球文化が体験できるエリア、鍾乳洞の地下100mから汲み上げた水を使って作られたクラフトビールやハブ酒が味わえる酒造所など、盛りだくさん。大太鼓を使ったエイサーの公演も人気です。

おきなわワールドの詳細情報

おきなわワールド

住所
沖縄県南城市玉城前川1336番地
営業時間
9:00〜18:00(最終受付17:00)

データ提供

69.玉泉洞

69.玉泉洞937801

出典:力太郎さんの投稿

おきなわワールドで人気なのが、今でも少しずつ伸び続けている鍾乳石が楽しめる「玉泉洞」。全長は5000メートルという、鍾乳洞の長さは、国内最大級。現在、一般公開されているのは890メートルほどですが、全国にある鍾乳洞の中でも、鍾乳石のする井が多く、密度も高いとあって見応えがあります。足早に進むのではなく、じっくりと時間をかけながら散策してほしいところ。

おきなわワールド文化王国 玉泉洞の詳細情報

おきなわワールド文化王国 玉泉洞

住所
沖縄県南城市玉城字前川1336
アクセス
那覇バスターミナルからバスで40分54番 前川線83番 玉泉洞線玉泉洞前バス停下車
営業時間
[4月〜10月] 9:00〜18:30 受付終了17:30 [11月〜3月] 9:00〜18:00 受付終了17:00
料金
子供 830円 フリーパス 小人は4才から中学生まで 大人 1,650円 フリーパス

データ提供

70.体験王国むら咲むら

70.体験王国むら咲むら942940

出典:

世界遺産の座喜味城跡、夕日が美しい残波岬、やちむんの里など人気のスポットが点在する読谷村にある「体験王国むら咲むら」。NHK大河ドラマ『琉球の風』の撮影に使われたオープンセット跡地を活用した、沖縄の文化や伝統を体験できるテーマパークです。その体験できるメニューは、100種類以上!子どもも大人も一緒になって楽しめる家族連れにはおすすめなスポット。ホテルも併設されているので、サトウキビ畑に囲まれたのどかなロケーションも一緒に楽しめます。

体験王国むら咲むらの詳細情報

体験王国むら咲むら

住所
沖縄県中頭郡読谷村字高志保1020番地1
アクセス
1) 那覇バスターミナルからバスで75分28.00km28番線 - 大当バス停から徒歩で20分 2) 那覇バスターミナルからタクシーで55分28.00km
営業時間
9:00〜18:00
定休日
年中無休
料金
子供 500円 大人 600円 その他 400円 中高生

データ提供

公式詳細情報 ホテル むら咲むら

ホテル むら咲むら

恩納・読谷 / スタンダードホテル

住所
沖縄県中頭郡読谷村高志保1020-1地図を見る
アクセス
読谷大当 (うふどう) バス停から徒歩10分
宿泊料金
4,400円〜(2名1室 / 1名)
宿泊時間
15:00(IN)〜 11:00(OUT)など

4,400円〜 / 人

もっと見る

データ提供

71.GALA青い海

71.GALA青い海942942

出典:

塩づくり体験や、120種類のサンゴや生態系を学べる人工のサンゴ礁、そして琉球ガラスを使った工芸体験などができるとあって人気の「Gala青い海」。売店では、沖縄の海水塩を使ったアイスクリームやソフトクリームも販売。

Gala青い海の詳細情報

Gala青い海

住所
沖縄県中頭郡読谷村字高志保915
アクセス
1) 那覇バスターミナルからバスで28番線 - 読谷村大当から徒歩で20分 2) 那覇バスターミナルからタクシーで55分28.00km
営業時間
11:30〜22:00 レストラン 9:00〜18:30 ショップ

データ提供

72.やちむんの里

72.やちむんの里937776

出典:Bearistaさんの投稿

沖縄独特の焼き物“やちむん”の聖地として有名な読谷村にある「やちむんの里」。さまざまな工房や共同登り窯、売店が立ち並ぶ工芸村です。職人さんの作業を間近で見ながら、自分好みのやちむん探しにぴったり。カフェもあるので、時間をかけてゆっくり回りたい場所です。毎年12月には、通常の2~3割引で購入できる陶器市が開催されています。

●沖縄の歴史や神社・遺跡・パワースポット!

●沖縄の歴史や神社・遺跡・パワースポット!1117381

出典:itsuki38さんの投稿

さまざまな、沖縄の華やかな観光スポットを紹介してきましたが、沖縄は太平洋戦争ときに、約20万人もの犠牲者が出た場所です。多くの命が失われた沖縄戦について学べる歴史スポットもぜひ訪れてほしいです。

73.ひめゆり平和祈念資料館

73.ひめゆり平和祈念資料館942953

出典:ウェーダーマンさんの投稿

地上戦となった沖縄戦で主戦場となった南部は、沖縄戦に関する戦跡が点在するエリアです。なかでも、沖縄陸軍病院に動員された女子学生や教師の鎮魂のための慰霊碑がある「ひめゆり平和祈念資料館」は、戦争体験者の貴重な証言や資料がわかりやすく展示されています。とくに若い世代に戦争の実態を伝える場所として、平和学習で訪れる修学旅行生も多く訪れます。

ひめゆり平和祈念資料館の詳細情報

ひめゆり平和祈念資料館

住所
沖縄県糸満市伊原671-1
アクセス
那覇空港車約30分
営業時間
9:00〜17:30 最終入館17時まで
定休日
無休
料金
子供 110円 小・中学生 高校生 210円 大人 310円

データ提供

74.平和の礎(沖縄県営平和祈念公園内)

74.平和の礎(沖縄県営平和祈念公園内)1117425

出典:ウェーダーマンさんの投稿

本島南部の糸満市摩文仁(まぶに)にある広大な沖縄県営平和祈念公園内にある「平和の礎」。沖縄戦終結50周年に沖縄戦などで亡くなられたすべての人々の氏名を刻み、建てられたもの。園内には、住民の視点から捉えた沖縄戦の状況など、さまざまな資料を収集した「沖縄県平和祈念資料館」をはじめ、国立沖縄戦没者墓苑や、慰霊碑などがあります。

平和の礎の詳細情報

平和の礎

住所
沖縄県糸満市摩文仁

データ提供

75.中村家住宅

75.中村家住宅937785

出典:キンボウさんの投稿

沖縄独特の住居建築を学べるとあって、人気の「中村家住宅」。国指定重要文化財にもなっています。戦前に建てられた豪農の屋敷ならではの納屋や家畜小屋などがあり、建築構造などの作りにも注目して見学がおすすめ。近くには、世界遺産の中城城跡があるので、合わせてどうぞ。

中村家住宅の詳細情報

中村家住宅

住所
沖縄県中頭郡北中城村大城106
アクセス
空港/タクシー・レンタカー/60分
営業時間
9:00〜17:30
定休日
[火]
料金
小学生 200円 中学生 300円 高校生 300円 大人 500円

データ提供

76.波上宮

76.波上宮937752

出典:黒豚さんの投稿

琉球八社のひとつ「波上宮(なみのうえぐう)」は、国際通りからも車で10分ほど。那覇市内唯一の波の上ビーチの崖の上にあります。海を見た渡すように建てられた本殿は、狛犬ではなくシーサーが見守っています。その昔、ニライカナイの神々に祈りを捧げた聖地として、人気のパワースポット。初詣をはじめ、多くの参拝客で賑わう神社です。

波上宮の詳細情報

波上宮

住所
沖縄県那覇市若狭1-25-11
アクセス
ゆいレール県庁前駅からバスで10分1・3・5・17・45系統の路線バス「西武門(にしんじょう)」または「久米郵便局前」下車

データ提供

●沖縄ならではの工場見学&酒造見学も!

「オリオンハッピーパーク」ドリンク 1117634

出典:takuya.s79さんの投稿

観光旅行に欠かせないのが、その土地だからこその社会見学ができるスポットを紹介!いまや工場見学は定番レジャーのひとつ。

77.オリオンハッピーパーク

「オリオンハッピーパーク」内観 1011340 オリオンのビールが造られています。 入口にあった仕込み釜です。

出典:なまらうまいさんの投稿

沖縄を代表するビール“オリオンビール”の工場見学は、本島北部の名護市内にあります。創業当時の仕込み釜がでむかえてくれる「オリオンハッピーパーク」では、ビールの原材料から発酵、ろ過など生産工程を映像を交えて見学ができます。できたてのビールと地産地消の料理が楽しめるレストランや、オリジナルグッズを販売しているショップも併設されています。旅行日程が決まったら、ぜひ予約を!

オリオンハッピーパークの詳細情報

オリオンハッピーパーク

住所
沖縄県名護市東江2-2-1
アクセス
名護バスターミナルからバスで5分
営業時間
9:16〜20:40

データ提供

78.ぬちまーす観光製塩ファクトリー

「たかはなり」外観 1117632 展望台から見たぬちうなー

出典:柚子胡椒姫さんの投稿

宮城島にある「ぬちまーす観光製塩ファクトリー」では、ミネラル成分を多く含んだ海塩“ぬちまーす”の製造工程が無料で見学できます。自然の恵みをそのままの状態で結晶化させることに成功した「常温瞬間空中結晶製塩法」は世界初の製法として特許も取得。さらに、敷地内には絶景で人気の「果報バンタ」や、パワースポットの「三天御座」、「龍神風道」もあるので、時間をとって訪れたいスポットです。

79.瑞泉酒造

79.瑞泉酒造 1011323

出典:孤独のグルマーさんの投稿

オリオンビールと並んで、沖縄の代表的なお酒といえば“泡盛”。見学コースを用意してくれている酒造も多いなか、王朝時代から首里伝統の味を引き継ぐ「瑞泉酒造」をぜひ。メイン銘柄の“瑞泉”は、県内外で高く評価されているもの。とくに古酒も人気。

●グルメ&ショッピングも忘れずに!

●グルメ&ショッピングも忘れずに!1117653

出典:mayukkoさんの投稿

沖縄旅行の醍醐味は青い海や白い砂浜のビーチを楽しんだり、さまざまな人気観光スポットを訪れたり……だけではありません。沖縄料理はもちろん、ショッピングも満喫したいですよね!

80.牧志公設市場

80.牧志公設市場942956

出典:丹波屋さんの投稿

那覇の定番観光地といえば、「那覇市第一牧志公設市場」は外せません。さまざまな沖縄の食材が並び、カラフルな鮮魚を選んで2階の食堂で調理してもらえるなど、沖縄の食に関することに触れられ、味わえる市場です。

81.国際通り

81.国際通り1011345

出典:tecさんの投稿

沖縄随一の繁華街「国際通り」は、夜遅くまで買い物ができるお土産屋さんや、沖縄料理などレストランが多く立ち並ぶスポット。とくに、島唄や琉球舞踊などのライブを楽しめながら食事できるお店が人気。そして、アメリカの文化が根付く沖縄で、本場のステーキが味わえるステーキハウスも多いです。

国際通りの詳細情報

国際通り

住所
沖縄県那覇市松尾・牧志周辺
アクセス
1) 那覇空港から車で約15分 2) 「那覇空港」駅からモノレール(ゆいレール)で12分、「県庁前」駅、「美栄橋」駅、「牧志」駅下車

データ提供

82.壺屋やちむん通り

82.壺屋やちむん通り1011349

出典:ぷちわらさんの投稿

国際通りからもアクセスが便利な「壺屋やちむん通り」。素朴な風合いが魅力な“やちむん”の窯元やショップが軒を連ねるスポットです。やちむんの歴史や技法を学べる「壺屋焼物博物館」や、実際に食器を使って食事ができる喫茶店も。

壺屋やちむん通りの詳細情報

壺屋やちむん通り

住所
沖縄県那覇市壺屋
アクセス
ゆいレール「牧志駅」から徒歩で約15分

データ提供

83.沖縄アウトレットモールあしびなー

83.沖縄アウトレットモールあしびなー1011482

出典:

那覇空港から車で15分、国内外の有名ブランドが集結した日本最南端のアウトレットモール「沖縄アウトレットモールあしびなー」。観光の合間や帰りのフライト前に立ち寄りやすい場所として人気です。ショッピングだけでなく、沖縄料理を始め、沖縄のファストフード「A&W」も入っています。近くには、空港から一番近い「美らSUNビーチ」も。白い砂浜が美しい人工ビーチです。

84.美浜アメリカンビレッジ

84.美浜アメリカンビレッジ1011486

出典:抹茶ブリュレさんの投稿

本島中部・北谷(ちゃたん)町にある「美浜アメリカンビレッジ」は、シッピングモールやレストラン、観覧車、リゾートホテルなど、多くの商業施設が立ち並ぶ一大リゾートエリアです。沖縄料理やハワイ料理、ステーキなど、沖縄グルメの定番をはじめ、さまざまなレストランが入っているので、家族連れにもおすすめです。アメリカンビレッジに訪れたなら、ぜひ夕方は隣接する「サンセットビーチ」へ!名前の通り、美しい夕日が楽しめますよ!

テレビ番組『逃走中』や、東方神起の『Sweat』のミュージックビデオの撮影が行われるなど、アメリカ西海岸をイメージしたとあって、ロケ地としても人気です。

美浜アメリカンビレッジの詳細情報

美浜アメリカンビレッジ

住所
沖縄県中頭郡北谷町字美浜
アクセス
1) 那覇空港から車で40分 2) 那覇バスターミナルからバスで45分名護西線(20)、読谷線(28)、(29) - 「軍病院前」下車から徒歩で5分
営業時間
※店舗により異なる

データ提供

85.道の駅 許田・やんばる物産センター

「道の駅 許田 やんばる物産センター」外観 1011491 道の駅 許田 やんばる物産センター。 遠くから牛さんが呼んでます(笑)

出典:なまらうまいさんの投稿

本島には多くの道の駅や海の駅がありますが、なかでも人気なのが北部・名護市にある「許田・やんばる物産センター」。特産品を使った沖縄グルメや食材、お得な観光チケットの販売など、県内初の道の駅として、北部観光の玄関口とも。海を眺めながら休憩できるスペースもあるので、ぜひ!

86.米軍施設でのフリーマーケット

86.米軍施設でのフリーマーケット1011497

出典:Route 329さんの投稿

沖縄に訪れると必ず目にする米軍基地。普段は中に入ることはできませんが、基地によっては毎週土日にフリーマーケットが開催されています。その時ならフリーパスで基地の中に入れるとあって人気。出品者は基地で働く人ばかりなので、基地ならではのミリタリーグッズなど、迷彩柄好きにはたまらない!アメリカの雑貨やビンテージ食器など、掘り出し物に出合えるかも!

■フリーマーケットが開催されて米軍基地の入口には、必ず看板がかかげてあります。それを目印に入場しましょう。

・米軍基地キャンプフォスター(毎月第1週の土日に開催)
北谷町にある「キャンプフォスター」では、58号線沿いで開催されます。

・米軍基地キャンプキンザー(毎月第3週の土日に開催)
浦添市にある「キャンプキンザー」は、58号線沿いで開催されます。那覇市内から訪れやすいです。

・米軍基地キャンプコートニー(毎月第2週と第4週の土日に開催)
うるま市にある「キャンプコートニー」では、75号線沿いで開催されます。

・米軍基地キャンプシールズ(毎月第3週の土日に開催)
沖縄市にある「キャンプシールズ」では、知花ゴルフコースの駐車場で開催されます。

まとめ

いかがでしたか?「沖縄・人気の観光スポットから穴場まで!おすすめ観光地」を盛りだくさんにご紹介しました。魅力あふれる沖縄のスポットは、まだまだ紹介しきれていませんが、沖縄旅行計画のお役に立ちますように!

沖縄県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

特集

沖縄県×ホテル・宿特集

関連キーワード