キャンピングカーで北海道を冒険!札幌~日高~帯広をめぐるモデルコース

キャンピングカーで北海道を冒険!札幌~日高~帯広をめぐるモデルコース

キャンピングカーで、自由気ままに気の向くままに北海道を旅してみませんか?のどかで牧歌的な風景が楽しめる、日高をメインにしたモデルコースをご紹介。ご夫婦やお仲間、ファミリーでたくさんの思い出を作りましょう!

2017年04月03日

広い北海道をキャンピングカーで旅行しよう♪

広い北海道をキャンピングカーで旅行しよう♪1115073

出典:バナOKAさんの投稿

とっても広~い北海道。自由気ままに旅を楽しむなら、車は欠かせない存在です。普通の車よりもキャンピングカーなら広くて快適で、そこで寝泊まりもできてしまう優れもの。この夏はキャンピングカーで北海道旅行をしてみませんか?

広い北海道をキャンピングカーで旅行しよう♪1115086

出典:おつかれさんこんさんの投稿

中でも日高地方は北海道らしい牧歌的な風景が楽しめる、とっても素敵な場所。キャンピングカーなら雄大な自然が織りなす奇跡の瞬間に出会えるかもしれません。この夏ぜひおすすめの札幌~日高~帯広を行く2泊3日のモデルコースをご紹介します。

まずはキャンピングカーをレンタル

まずはキャンピングカーをレンタル1120081

出典:134さんの投稿

キャンピングカーを持っていなくても、北海道内にはレンタルできる会社がいくつもあります。予算や人数、旅行日数に応じてレンタルしましょう。また、借りた場所とは違う場所で乗り捨てできるサービスが利用できるお店もあります(別途料金がかかります)。

まずはキャンピングカーをレンタル1120624

出典:atom-oneさんの投稿

レンタル料金の相場は、最大5名まで寝泊りできるタイプで1日3万5千円~4万円ほど(ハイシーズンの場合)。ホテル代が節約できることを考えると「アリ」な金額ですね。さらにキャンプに必要なグッズをレンタルできたり、アメニティが無料でレンタルできる会社もありますので、色々と探してみてくださいね。

札幌~日高へ、独特の風景を楽しみながら

札幌~日高へ、独特の風景を楽しみながら1115084

出典:シュウシュウさんの投稿

キャンピングカーをレンタルしたら、札幌から高速道路(道央自動車道、日高自動車道)で約1時間半。門別I.C.で降りたあとは国道235号をひたすら走ります。サラブレッドの一大生産地である日高では、こんなのどかな牧場の風景が待っています。緑の牧場と太平洋のコントラストがとても美しいですね。

札幌~日高へ、独特の風景を楽しみながら1115118

出典:シュウシュウさんの投稿

こちらは新冠町(にいかっぷちょう)にあるサラブレッド銀座。国道235号を新冠市街に入るちょっと手前から左折したところにありますが、約8㎞に渡って牧場が並び、右を見ても左を見ても馬がいっぱい!見ているだけでも癒されますよ♪

札幌~日高へ、独特の風景を楽しみながら1117430

出典:

夏の海沿いには名産の日高昆布を干すこんな景色も。

道の駅みついし&三石海浜公園で海遊び

道の駅みついし&三石海浜公園で海遊び1117451

出典:

国道235号沿いの「道の駅みついし」。駐車場が広く、地域の特産物や軽食も販売していて休憩にピッタリ♪この海側にはオートキャンプ場と海水浴場があります。

「ルンビニフードカフェ 三石店」内観 1117661

出典:mie...*さんの投稿

道の駅の2階にはネパール人シェフが作る本格的なカレー店も。立地的にちょっと不思議な感じもありますが、人気のお店です。窓からは海も見えて景色は最高ですよ。

「ルンビニフードカフェ 三石店」料理 1117658

出典:aomayuさんの投稿

カレーはルータイプやスープタイプがあり、辛さもお好みで調節できます。スパイスが効いたカレーと、バターの風味のナンが評判。子どもでも食べられる辛さのものもありますので、ファミリーでも安心です。

ルンビニフードカフェ 三石店

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

A post shared by @the_north_camel on

海側にはバンガローやキャンプサイトもある、とってもきれいで広々とした三石海浜公園。夏は海水浴もできますよ。ファミリーや仲間と一緒にここで宿泊するのも楽しそうですね。

A post shared by いまいさゆ (@ao.0511) on

小さなお子さんも伸び伸びと遊べて満足♪日高の夏は少し涼しい気候ですので、曇りの日などは羽織ものが1枚あると安心です。

たっぷり遊んだら温泉へ

「蔵三」外観 1115197

出典:☆流れ星さんの投稿

道の駅みついしの隣には「みついし昆布温泉 蔵三」があります。日帰り入浴はもちろん、宿泊もできます。

A post shared by Akio Nakabayashi (@akioteam) on

露天風呂の向こうは海!ちょっと珍しい船の形をした露天風呂がシンボルです。内風呂からも海が眺められますよ。館内には無料の休憩所もありますので、お風呂上がりにゆっくり休むこともできます。

そして館内にはレストランも。日高の海の幸や山の幸を味わえるメニューがたくさん。マツブやタコ、カニなどが入ったラーメンや、みついし牛のすきやきなど、季節によって変わる贅沢なメニューが勢ぞろいしています。

A post shared by kazuya.Ale (@kazuya.tugu) on

宿泊の料理もとっても豪華!日高の旬の恵みをたっぷりと使ったメニューは大人気で、リピーターも多いそうです。

公式詳細情報 みついし昆布温泉 蔵三

みついし昆布温泉 蔵三

新冠・静内 / 旅館

住所
北海道日高郡新ひだか町三石鳧舞162地図を見る
アクセス
札幌から約2時間半道央自動車道⇒苫小牧東ICから日高自動車道...
宿泊料金
5,500円〜(2名1室 / 1名)

5,500円〜 / 人

データ提供

馬に会える浦河「AERU」

馬に会える浦河「AERU」1118373

出典:

道の駅みついしから車で30分ほど走ると、「うらかわ優駿ビレッジAERU」に到着します。ここでは宿泊や食事、日帰り温泉のほか、乗馬をはじめとする様々なアクティビティを体験できます。お部屋も広々としていて、窓からは日高山脈が見えますよ。

A post shared by Wataru N. (@watarun_n) on

広大な敷地の中には厩舎や放牧地のほかに、パークゴルフ場や公園など、子どもも一緒にのんびりゆったりと楽しめます。

AERUの乗馬は、引き馬体験や初心者~上級者向けのコースが用意されています。雄大な自然の中で馬に乗るのは貴重な体験ですね(前日まで要予約)。こちらでは過去に日本ダービーを制した「ウイニングチケット」などの功労馬も余生を過ごしています。宿泊者には近くのJRA日高育成牧場を見学できるプランもあるので、競馬好きの方にぜひおすすめです。

公式詳細情報 うらかわ優駿ビレッジアエル

うらかわ優駿ビレッジアエル

浦河・様似 / 高級ホテル

住所
北海道浦河郡浦河町西舎141-40地図を見る
アクセス
札幌駅よりホテル直通のバス有。JR日高幌別駅より車で約10分...
宿泊料金
4,400円〜(2名1室 / 1名)
宿泊時間
14:00(IN)〜 10:00(OUT)など

4,400円〜 / 人

もっと見る

データ提供

浦河から様似、襟裳岬へ

親子岩ふれ愛ビーチ(様似町)

A post shared by miemegu (@miemegu) on

うらかわ優駿ビレッジAERUから国道336号を南下し、様似町(さまにちょう)の親子岩ふれあいビーチへ向かいます。この辺りは海水浴場とキャンプ場があり、夏はとても賑わいます。太平洋に沈む美しい夕日に大感動です!

キャンプ場もきれいに整備され、静かで過ごしやすい親子岩ふれ愛ビーチ。センターハウスにはシャワーや無料のコインロッカーもありますよ。予約不可のフリーサイトですが、お盆時期は混みあいますので早めに行くのがおすすめです。

襟裳岬

襟裳岬1118643

出典:

日高山脈の最南端である襟裳岬。森進一さんの歌で有名な場所でもあります。日高まで来たら、この絶景はぜひ見ておきたいですね。自由に旅ができるキャンピングカーなら、心ゆくまで眺められますよ。

襟裳岬1118770

出典:

襟裳岬は展望台からさらに遊歩道を通って、岬の先端の方まで行くことができます。ここからは野生のアザラシの姿が見える時も。厳しい自然の中を生き抜く動物たちに感動します。

風の館で強風を体験!

風の館で強風を体験!1118738

出典:

襟裳岬は強風が吹くことでも有名な場所。風速10メートル以上の風が吹く日がなんと年間260日以上もあるのだとか。その風がテーマになった博物館がこちら「風の館」です。

風の館で強風を体験!1118735

出典:

襟裳岬にはどのくらい強い風が吹き付けるのか体験できるコーナーも。風速25mになると息苦しくて立っているのも辛くなるほどです。

A post shared by Takashi Yoshida (@tyal1005) on

大きなガラス張りの窓からは襟裳岬を一望でき、望遠鏡でアザラシの様子を観察できます。天候が悪い時や風が強い時は、岬に行くよりここから見る方が快適です。

黄金道路を通り、帯広方面へ

黄金道路を通り、帯広方面へ1118781

出典:

国道336号、えりも町庶野(えりもまちしょや)~広尾町音調津(ひろおちょうおしらべつ)までの「黄金道路」は切り立った断崖と海の間を走り抜ける道路です。ここを切り開くのに莫大な工事費がかかったことで黄金道路という名前が付けられました。美しい海岸線が続き、景色がとても良いのですが、断崖のため土砂崩れが頻繁に起き、たびたび通行止めになる交通の難所として知られています。しかし現在ではトンネルが掘られ、その頻度は減っています。

A post shared by kou1953 (@kou1953i) on

北海道で一番長い「えりも黄金トンネル」。左側に旧道がありますが、現在は通行止めになっています。黄金道路は高波の時や悪天候の時は通行止めになることがありますので、道路情報を確認してから出発するようにしましょう。

A post shared by mariko (@coo112) on

黄金道路を走っているとこんな風景も。道路のすぐわきにある「フンベの滝」は岩から水が出ているちょっと不思議な雰囲気の滝。これは地下水が湧きだしたものだそうです。また、この付近の海はサーフィンのスポットとして知られ、良い波を求めてサーファーが集まります。有名人がお忍びでサーフィンにやってくるという噂もありますよ♪

黄金道路が通行止めの時はこちらのルートで

もし、黄金道路が通行止めになってしまった場合は、こちらの道路から帯広方面に向かいましょう。先ほど紹介したうらかわ優駿ビレッジAERUのある国道236号は「天馬街道」と呼ばれ、日高山脈を越えて広尾町まで続く道路になっています。日高側は牧場も多く、のどかな風景が続きます。

黄金道路が通行止めの時はこちらのルートで1115144

出典:

峠に近づくと、まるで日高山脈に吸い込まれていくかのよう。ここから北海道で2番目に長い「野塚トンネル」を通って広尾町側に抜けていきます。

中札内村「六花の森」で一休み

中札内村「六花の森」で一休み1118902

出典:

帯広の手前、中札内村(なかさつないむら)にある「六花の森」はお菓子で有名な六花亭の包装紙に描かれた花々が咲き誇る、広さ100,000平方メートルの庭園です。四季折々の花が咲き、夏はハマナスやスズランなどが見ごろを迎えます。

中札内村「六花の森」で一休み1118992

出典:

この六花の森の中には六花亭の包装紙を描いた坂本直行の記念館や、クロアチアの民家を移築したギャラリーが点在しています。

中札内村「六花の森」で一休み1118899

出典:

「花柄包装紙館」の中の壁には六花亭の包装紙の壁紙が!これを見ているだけでもテンションが上がりますね。

「はまなし」料理 1118917 ハンバーグセット サラダ・ドリンク・ヨーグルト付 1000円 2016.5

出典:renmlv777さんの投稿

六花の森内のレストラン「はまなし」では農業王国十勝らしく、地元産の野菜を使ったランチがいただけます。窓からは広い庭園も見えますよ♪もちろん、六花亭のお菓子も販売しています。たくさんお土産を買って帰りましょう。

はまなし

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

帯広空港に到着!

帯広空港に到着!1119178

出典:

中札内村から帯広空港に到着したら、ここでキャンピングカーを乗り捨てて帰路につきます。自然を満喫する北海道の旅にやっぱり車は欠かせません。快適なキャンピングカーの旅はきっと思い出に残ることでしょう。

いかがでしたか?

北海道の夏を謳歌する気ままなキャンピングカーの旅。今回は日高をメインにプランを立ててみました、海に山に馬にグルメ。ほかにもまだまだ魅力がいっぱいの日高地方を巡ってみてはいかがでしょうか。

北海道のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

特集

札幌×ホテル・宿特集

関連キーワード

奈良を旅する編集部おすすめ