渋谷のカルチャー発信地!アートやカフェもある「Bunkamura」をご紹介♪

渋谷のカルチャー発信地!アートやカフェもある「Bunkamura」をご紹介♪

渋谷にあるBunkamuraは、さまざまな「文化」を発信するスポット。“文化を通して未来を造る複合文化施設”として、さまざまなカルチャーを発信しています。コンサートやオペラを行うホール、舞台を行う劇場、上映作品にも個性のあるミニシアター、アートが楽しめる美術館と豊富。作品も販売されているショップや、レストラン&カフェも展開する楽しみどころ満載のスポットです。Bunkamuraの魅力をとことんご紹介します。

2017年04月07日

若者の街「渋谷」から文化・芸術を発信する!

若者の街「渋谷」から文化・芸術を発信する!1114101

出典:4501ryoさんの投稿

目まぐるしい時代を生きる若者たちの流行を映し出してきた「渋谷」。個性的な雰囲気が漂っており、ファション・音楽・カルチャーなど若者文化を発信し続けてきました。そんな渋谷で上質な芸術や文化を発信しているのが、道玄坂にある「Bunkamura」。様々な文化を通して未来を造る複合施設の魅力を、たっぷりとご紹介します。

カルチャーと芸術に浸れる「Bunkamura」

芸術の世界を詰め込んだ窓のない建物。緩やかな曲線美の外壁は、あらゆるカルチャーを優雅に包み込んでいるかのようでもあります。1989年に誕生した日本初の大型複合文化施設で、中にはコンサートホール、劇場、美術館、映画館などの各施設や、クリエイティブな空間を演出したカフェやレストラン、アート関連ショップなども入っています。渋谷の喧騒から離れて、ゆっくり芸術に浸りに行きませんか?
カルチャーと芸術に浸れる「Bunkamura」1114111

出典:

施設の入口は、東急百貨店本店をぐるりと回った裏側にあり、少し分かりくいですが、穴のような入口が芸術の世界へ誘ってくれています。

音楽のために造られた「オーチャードホール」

「オーチャードホール」は、世界有数のコンサート、オペラ、バレエなどの音楽を中心とした発信を行うために造られました。天井が高く、垂直の両側壁、浅いバルコニーを持つシューボックス型のホールで、世界三大ホールと呼ばれるボストンのシンフォニーホールなどと同じ構造になっています。音が何度も繰り返し壁に反射することで、重厚で豊かな音場を生み出しており、迫力あるサウンドを堪能することができ、感動を得られる空間です。

3月に開催された「Grand Concert 2017」。ピアノ協奏曲や、ベートーヴェン、チャイコフスキー、ラフマニノフなどの名曲を東京フィルハーモニー交響楽団によって演奏されました。迫力あるサウンドが全身を包み込みます。

A post shared by @aurelie__dupont on

浅いバルコニー席で遮るものがなく、2階からも全体を見渡せる構造です。

舞台表現のための劇場「シアターコクーン」

舞台から1階の最後列の客席まで24メートルという近さで、舞台と客席に一体感が生まれ、臨場感を体感できる劇場「シアターコクーン」。演劇、コンサート、コンテンポラリーダンスをはじめ、様々な舞台表現のために誕生した劇場です。総客席数747席と中規模ながら、左右は三層のサイドバルコニー席で、非常にコンパクトな造り。優れた舞台機構や音響、照明設備も充実しており、表現者の想いをダイレクトに伝えられる熱い空間です。

1階席を取り囲むように設置された三層構造のバルコニー席。舞台が近く、響き渡る音と共に演劇の世界へ誘ってくれます。

A post shared by @non_n20 on

2017年1月に公演された「令嬢ジュリー」と「死の舞台」では、舞台セットを1階の客席に置き、バルコニー席の三方向から観る独特な空間が作り出されました。2階席から舞台を見下ろす感じになり、客席から舞台へ吸い込まれるかのような不思議な感覚に陥ります。

こだわりの作品を上映「ル・シネマ」

独自のこだわりで選定した、芸術性の高い作品を上映する単館ロードショー方式の映画館「ル・シネマ」。総客席数150席のシネマ1、総客席数126席のシネマ2の2スペースあり、最新鋭のデジタル映写システムを完備したハイグレードなミニシアターです。ここから発信された作品は、数々のヒットやロングランを生み出した名作が多く、期待を裏切らない作品に出会えます。

他ではあまり見かけない、独自の視点で選び抜かれた作品がライナップされています。

A post shared by fumi (@fumisaya41) on

多様なアートを気軽に楽しめる「ザ・ミュージアム」

可動壁面パネルを構成し、多彩なアート表現をしている「ザ・ミュージアム」。総床面積837平方メートル、天井高4メートルの無柱の開放感ある展示室で、気軽にアートを楽しむことができます。近代美術を中心とした企画展を多く開催しており、日本で紹介されることが少なかった作家を見いだし、テーマ性・先見性・話題性のある展覧会を開催。今まで見たことがない新しいアートに出会えるかもしれませんよ。

ロビーでは、様々な体験型アートが展開されていることもあります。ぜひ体験してみてください。

オシャレ女子に人気が高い「マリメッコ」の展覧会が開催されたことも。見たことのないデザインも多く発表され、大盛況に終わりました♪

新しい芸術家発掘「ギャラリー」

1階のロビーラウンジに面した場所にある「ギャラリー」は、全面ガラス張りの開放感のある空間。年間約30本の様々なジャンルの企画展が開催されており、気軽にアートを楽しむことができます。館内を行き交う人や、ロビーラウンジでお茶を飲みながら、ガラス越しに作品を楽しむことも可能です。

A post shared by GuTaRa3_BOSS (@gt3_gang) on

こちらは2017年1月に開催されていた、「現代のドガ」と呼ばれる、ロバート・ハイデル氏の展覧会です。通路側に向けても展示されています。気になるアートに出会えたら、中に入ってじっくりアートを楽しんでください。

芸術の余韻に浸りながら過ごせるレストラン&カフェ

館内のレストラン&カフェでは、オーチャードホール、シアターコクーン、ル・シネマ、ザ・ミュージアムのチケット半券を持参すると様々なサービスが受けられます。そんな魅力あるお店をご紹介します。サービスは店舗で直接確認してくださいね。

名店の伝統を受け継いだカフェ「ドゥ マゴ パリ」

ピカソやヘミングウェイなどの様々な芸術家が集っていた、パリの有名カフェ「ドゥ マゴ」の伝統を受け継いだカフェ「ドゥ マゴ パリ」。古き良き伝統を守りながら、日本独自に進化したフレンチを融合させた「ネオ・クラシック」をコンセプトにしたメニューが楽しめます。舞台やアートを観賞した後に、芸術の余韻に浸りながらゆっくりと過ごせるカフェです。
「ドゥ マゴ パリ 本店 」内観 1114170 B1F店内  テラスが見渡せ落ち着いてお食事をお召し上がり頂けます

出典:

モノクロームの写真が飾られた、アートな空間の店内。ゆったりとした時間が流れ、優雅な気分で過ごすことができる空間です。

「ドゥ マゴ パリ 本店 」内観 1114171 テラス席

出典:chinekoさんの投稿

店外の開放感ある吹き抜けのパティオにもテラス席があります。明るい日差しが降り注ぐ、心地よい空間です。

「ドゥ マゴ パリ 本店 」料理 1114173 アフタヌーンティー   イメージ

出典:

芸術の余韻に浸りながら、午後のティータイムを楽しめる素敵な「アフタヌーンティーセット」。大理石のティースタンドには、一口サイズのカワイイスイーツが6種類とサンドイッチ3種類がのっていますよ。ドリンクは、茶葉にこだわったオーガニックティーやお店オリジナルのブレンドコーヒーなどが選べます。

「ドゥ マゴ パリ 本店 」料理 1114172 ディナーニューイメージ

出典:

人気商品「タルト・タタン」や、パスタ、肉料理、魚介料理など素材にこだわったフードメニューが揃っています。

ドゥ マゴ パリ 本店 の詳細情報

ドゥ マゴ パリ 本店

神泉、渋谷、代々木公園 / フレンチ、カフェ、ケーキ

住所
東京都渋谷区道玄坂2-24-1 東急文化村 B1F
営業時間
[月-土]11:30 - 22:30 (FOOD L.O 21:30/DRINK L.O 22:00) [日・祝]11:30 - 21:30 (FOOD L.O 20:30/DRINK L.O 21:00)
定休日
無休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

コンテンポラリーカフェ「ロビーラウンジ」

1階のギャラリー前にある、上質な大人の空間「ロビーラウンジ」。厳選されたコーヒー豆で抽出するフレンチプレスコーヒーや、ドイツの有名ティーブティック「ロンネフェルト」の紅茶を楽しむことができます。限定スイーツや軽食なども提供しており、オープンなスペースなので待ち合わせにも利用でき、開演前の待ち時間を優雅に過ごすことができます。
「Bunkamuraロビーラウンジ」内観 1114185

出典:

柔らかい絨毯が敷かれた、大人の空間。座り心地の良い椅子やソファ席があります。

「Bunkamuraロビーラウンジ」ドリンク 1114188

出典:こたっぴさんの投稿

厳選されたコーヒー豆を抽出して入れた「カフェオレ」。ラテアートを施してくれます。

A post shared by @makayo2003 on

開催されている展覧会や演目をイメージしたスイーツが提供されていることもありますよ。こちらは「これぞ暁斎!」展覧会開催記念メニュー。抹茶とチーズを使った和洋コラボのスイーツです。

Bunkamuraロビーラウンジの詳細情報

Bunkamuraロビーラウンジ

神泉、渋谷 / カフェ

住所
東京都渋谷区道玄坂2-24-1 東急文化村 1F
営業時間
10:00-19:30
定休日
不定休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥2,000~¥2,999

データ提供

世界中のカフェの味を楽しめる「フランネル スタイル コーヒー」

世界中のコーヒーや世界中のサンドイッチ、さらに世界中のスイーツを楽しめるをコンセプトに、「松涛カフェ」が2016年12月にオープンした新業態カフェ「フランネル スタイル コーヒー」。松涛カフェの人気メニュー「ローストビーフのサンドイッチ」をはじめ、日替わりで世界のサンドイッチが登場しますよ。訪れた時に何が提供されているかはお楽しみ♪
「フランネル スタイル コーヒー」内観 1114194 店内の雰囲気2

出典:ジオモルさんの投稿

木の家具でナチュラルな空間の中に、カラフルなイスがポップな楽しさを演出しています。

「フランネル スタイル コーヒー」内観 1114195 テラス席

出典:つくし家さんの投稿

外にはウッドデッキのテラス席があり、ペット同伴でも利用することができます。

「フランネル スタイル コーヒー」料理 1114196 自家製ローストビーフのサンドイッチ(L) 1280円
+ 目玉焼き 100円 + ドリンク 100円

出典:okamoooさんの投稿

松涛カフェの人気サンドイッチ、ボリューム満点の「ローストビーフサンドイッチ」。自家製ローストビーフと野菜がたっぷり入っています♪

「フランネル スタイル コーヒー」料理 1114197 松涛ケーキ もりもり生クリーム&美味しいメープル トースト (¥920)、松涛カフェブレンドコーヒー (¥500)

出典:keitaiさんの投稿

ふわっふわのスポンジの上に山盛りの生クリームがのった、看板スイーツ「松涛ケーキ」。シロップをかけて、がっつり食べちゃいましょう♪追加でいろんなトッピングメニューもありますよ。

フランネル スタイル コーヒー

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

アートを持ち帰ろう!館内ショップ

館内には、アートに関する書籍や雑貨などを販売するショップやディスプレイが目を惹くフラワーショップなどがあります。芸術にたっぷり浸った後に、家でもアートを感じられる商品を探してみてはいかがでしょうか?魅力のショップをご紹介します。

ブックショップ ナディッフモダン

地下1階、ロビーラウンジの向かいにある「ブックショップ ナディッフモダン」。‟現在を準備した様々なアートの流れ”をテーマに、20世紀を中心に画集や古書、美術書など幅広い書籍やグッズを販売しています。

カルチャー発信地ならではの写真、映画、演劇、音楽、建築などの各ジャンルの書籍も多く取り揃えています。

お店の前では、企画販売のお店が出店していることもありますよ。公演している作品に関連したブースが設けられることもあります。

フラワーショップ エルベ シャトラン

アートなディスプレイが見る人を魅了させる「フラワーショップ エルベ シャトラン」。パリのフラワーアーティスト、エルベ シャトランが手がけるフラワーブティックで、スタイリッシュな店内にはライティングで浮かび上がった宝石のような美しい花々を見ることができます。もちろん、花を購入することができますよ。

A post shared by Hissa (@hissa6hissa) on

真っ赤な薔薇で演出されたディスプレイ。気品高い美しさですね。

A post shared by Chigusa109 (@chigusa109) on

独創的な丸い花瓶に、妖艶な花で美しい世界観を創り出しています。

A post shared by oharaya83 (@oharaya83) on

まとめ

若者の街・渋谷で、極上の芸術・文化を堪能できる「Bunkamura」はいかがでしたか?独自の視点で選定された、他では見られないアートに出会える素敵なスポットです。アートの余韻に浸りながらティータイムを過ごせるカフェやショップなどもあるので、芸術をたっぷり楽しんでくださいね♪

東京都のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

東京都×ホテル・宿特集

関連キーワード

奈良を旅する編集部おすすめ