2017年04月08日

素敵な撮影スポットがいっぱい♪カメラをもって神楽坂に行こう

素敵な撮影スポットがいっぱい♪カメラをもって神楽坂に行こう

伝統的でレトロな背景やオシャレな場所を撮りたい時、東京・神楽坂に行ってみませんか?大正時代に栄えた花街で、今でもその空気を残しています。一歩入ると、小道があり老舗の料亭やお店が並んでいます。その光景は、まるで京都のよう。明るい時や暗い時間に撮っても美しいので、いつ撮影に行っても楽しめますよ。オシャレなカフェもあるので、気軽に足を運んでみてください♪

1125919

出典:自転車JJさんの投稿

歩けば歩くほど素敵なフォトスポットが見つかる神楽坂エリア。時間帯で変わる街の表情は、「生」を強く感じられます。そんな魅力が詰まった神楽坂のフォトジェニックな場所をテーマ別にご紹介します!

まずはここから!素敵なフォトスポットに出会えますように!

毘沙門天・善國寺

毘沙門天・善國寺1125318

出典:

神楽坂エリアに来たならばまずはここで祈願!「毘沙門天・善國寺」です。場所は、飯田橋駅から徒歩7分ほどです。安土桃山時代の文禄4年(1595年)に、馬喰町に建てられました。しかし、たびたび火災に見舞われて、この地へ移転してきたのです。

A post shared by @anastasia_beaverhausen_jpn on

ここには、「狛犬」ではなく「狛虎」が!毘沙門天は、寅の年・寅の月・寅の日・寅の刻にこの世にお出ましになった事から「寅毘沙」とも呼ばれています。寺院には迫力ある石虎が鎮座。写真に迫力を出すときは、陰影がポイント!斜光になるようにカメラを構えてパシャリ!

A post shared by tomoko (@tomatomato1999) on

寺院には絵馬が括られていますが、ここで写真のマナーを1つ!SNSにアップする写真を撮る時は、個人の名前などを写さないようにしましょう。仮に思い出として全体を写した場合は、自分の手元にだけ残すようにしましょうね。

毘沙門天・善國寺1125325

出典:

夜の「毘沙門天・善國寺」は提灯が灯って幻想的!いつ訪れても風格を漂わせる「毘沙門天・善國寺」は、素敵なフォトスポットです。構図を変えて、自分だけの1枚が撮れるとSNS受けも良いですよ♪

赤城神社

赤城神社1125358

出典:

神楽坂駅から1つ路地に入ったところにある「赤城神社」。最近建て直され、大きなガラス張りの扉がとてもオシャレな雰囲気♪まさにフォトジェニックな神社です。神社の御神体はお詣りに来た女性の願い事を叶える女神様とされており、良縁成就や夫婦円満、安産などの願いを叶えてくれるそうです。

赤城神社1125334

出典:yuitokotoさんの投稿

大きく風景の一部を切り取る時は、どこで撮影したか分かるようにするのがポイントです。例えばこの提灯に「赤城神社」と書かれていなかったら、見る側に何も伝わりません。背景におみくじをぼかしているのも神社ならでは♪

赤城神社1125342

出典:watayu0821さんの投稿

「赤城神社」の狛犬は、江戸時代には「加賀白山犬」として流行していました。現在このような狛犬が残っている神社は少ないそうなので、ぜひ写真におさめておきましょう!ローアングルで撮ると、被写体を力強く大きく見せる事が出来ますよ♪背景の空の様子から、時刻もだいたい分かりますよね!この時あまりにも下から撮りすぎると歪みが生じるので、注意が必要です。

フォトジェニックな路地は外せない!

兵庫横丁

兵庫横丁1125373

出典:T-sukeさんの投稿

映画やドラマなどにも多く使われる「兵庫横丁」。写真好きが集まる場所です。とても風情があって、素敵なフォトスポット!神楽坂通りを歩き、途中で右側にある細い路地を入った道を「兵庫横丁」と呼ぶそうです。どうして東京なのに「兵庫」なの?と思う方も居るかと思いますが、昔この辺りが武器や兵器に関係する場所だった事からそう名付けられたそうです。

「兵庫横丁」といえばこの石畳!!モノクロームにする事によって、写真そのものに重厚感が出て来ます。この手法を使う事で、普段とは違った新しい何かを発見出来ます。

兵庫横丁1125376

出典:

路地には様々なお店が並んでおり、東京に居る事を忘れさせてくれます。まるで京都に居る感じがしませんか?日本ならではの景色を、神楽坂で撮る事が出来るんですよ♪

A post shared by Eigo yoshioka (@eigo062) on

夜の「兵庫横丁」は地面に置かれたライトが灯り、どこか不安定で妖艶な情景に変わります。この画を撮る為に、夜の神楽坂を散策するカメラ女子も急増中!でも遅い時間にお出掛けする時は、必ず複数人で行きましょうね。

かくれんぼ横丁

かくれんぼ横丁1125403

出典:T-sukeさんの投稿

「お忍びで遊びに来た人を後ろからつけてきても横に入られるとわからなくなる」という事から名前が付けられた「かくれんぼ横丁」。神楽坂仲通りと兵庫横丁を結ぶ道です。こちらの路地も上品な飲食店や呉服店が並び、かつての江戸の佇まいを現代にそのまま残したような場所となっています。

こちらも石畳が特徴!道や路地の長さを表現するには、奥行きを出すのがポイントです。「かくれんぼ横丁」の特徴でもある石畳に焦点を当てつつ、背景をあまりぼかし過ぎないようにする事で素敵な1枚に仕上がります。

A post shared by Yusuke Endo (@endoyusuke) on

「かくれんぼ横丁」の夜も素敵です。奥に歩く人を入れるだけで、繁盛している様子も捉える事が出来ます!「兵庫横丁」と併せて巡りたい、素敵なフォトスポットです!

思わず撮らずにはいられない雑貨たち♡

ねこの郵便局というなまえのお店

ねこの郵便局というなまえのお店1125426

出典:

どれを撮ったら良いか分からないくらい「可愛い」が溢れている、「ねこの郵便局というなまえのお店」。猫に関する可愛くてオリジナリティに富んだ雑貨がいっぱいのお店です。場所は神楽坂駅から歩いて3分ほど!営業時間は日によって異なる場合があるので、HPをチェックしてから行ってみましょう。

A post shared by ナナミョ (@nnnnmmmmyo) on

猫雑貨中心のお店の名前がどうして「郵便局」なの?と思いますよね!実はオーナーは大の切手好きなんです。切手といえば郵便局。そんな理由からこの店名になったんです♪写真も自由に撮ってOKです。運が良ければ、お店に出入りしているキジ太郎という猫ちゃんに会えるかも!?

A post shared by kira (@kirafune) on

せっかく訪れたのなら、絵はがきを買ってお店に設置されているポストに投函してみませんか?後日、肉球スタンプが押された絵はがきが届きますよ♪自分用に出す人も多いようなので、写真と併せて思い出作りに良いかも♡

la kagu

la kagu1125451

出典:

「la kagu」は、1960年代に建てられた新潮社の書庫をリノベーションして誕生した「衣食住+知」のお店です。場所は神楽坂駅から徒歩2分と好アクセス!ここに来ると何か新しい発想やインスピレーションが湧いてくると思います。

A post shared by A TSUCHIDA (@agram_1010) on

お店の前にはこんな看板が!とにかく全てがフォトジェニックであちこち撮影したくなってきます。ちなみに店名は神楽坂に住むフランス人が「神楽坂」と言えず、「ラカグ」と呼ぶ事があるというエピソードから採用されたとか。

A post shared by @__diarei1224__ on

店内は見所満載!本やファッション、様々なキュレーターの雑貨など画になるものばかりです。クオリティの高い物たちが見せる販売スペースにオシャレに陳列され、まるで美術館に居るかのような感覚になります。

歩き疲れたらフォトジェニックなカフェへGO!

モジョ コーヒー 神楽坂店

「モジョ コーヒー 神楽坂店」外観 1125471

出典:あだ名が食べログです( ̄∇ ̄)さんの投稿

たくさん歩いてちょっと一息入れたい時。カメラ女子達が求めるのは、フォトジェニックなカフェ♡「モジョ コーヒー 神楽坂店」は、神楽坂駅から歩いて5分。営業時間は日によって異なるので、HPをチェック!

A post shared by @umi.mimimi on

お店の中に入ると、壁一面に掛けられたコーヒーカップが!これは撮らずにはいられませんよね。

「モジョ コーヒー 神楽坂店」内観 1125473 ('14/10)階段通路

出典:でかちび調査隊さんの投稿

コーヒーカップだけではありません。階段通路には、オシャレな絵が額縁に入って飾られています。隅から隅までセンスの良さが漂う空間で、ブレイクタイムなんて贅沢ですよね♡

「モジョ コーヒー 神楽坂店」ドリンク 1125484

出典:ai_mahaloさんの投稿

お店のコーヒーは本格的。人気は「フラットホワイト」です。ラテアートもシンプルで、大人なコーヒー通が集う場所。写真の出来栄えを語り合うにも良さそうな静かな場所なので、オススメです。

モジョ コーヒー 神楽坂店

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

ムギマル2

「ムギマル2」外観 1125487 外観2

出典:みるみんくさんの投稿

外観からフォトジェニックなこちらのカフェは「ムギマル2」。神楽坂駅から徒歩5分です。ここは、ちょっと変わったメニューがあって面白いです!

A post shared by Ito Yamane (@mipolin_tokyo) on

「ムギマル2」でおすすめは、「マンジウ」というネーミングの饅頭です。ただの饅頭ではありません!「白地にチーズ」や「よもぎ地にあんチーズ」など、味のバリエーションが豊か!手作り感溢れる、素朴な味です。

A post shared by @eavece on

店内は、それぞれ個性の持った物たちが集結していてアンバランスな感じ。しかし座ってみると、自然と統一感を感じます。どの角度から撮っても、オシャレな写真に仕上がりますよ。

「ムギマル2」その他 1125499

出典:Maoloさんの投稿

このお店には、看板猫が2匹いるんです。名前は「トン」と「寸(すん)」。とても人懐っこいので、たくさん写真を撮らせてくれますよ♡生き物を撮る時は、必ず声を掛けましょう。言葉は通じなくとも撮らせてもらう時のマナーでもあります!心が通わないと、良い写真は撮れないものです。

ムギマル2

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

神楽坂はカメラ好きの聖地!

神楽坂はカメラ好きの聖地!1125923

出典:kiku.さんの投稿

都会から一気にノスタルジックな場所にタイムスリップ出来る、神楽坂エリア。魅力的なスポット満載で、カメラを持って散策するのに最適です。ルールを守って楽しんで下さいね♪

東京都のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

東京都×ホテル・宿特集

関連キーワード

永田町を旅する編集部おすすめ