ここってお化け屋敷?静岡にある「怪しい少年少女博物館」

ここってお化け屋敷?静岡にある「怪しい少年少女博物館」

伊豆急行「城ケ崎海岸駅」より徒歩10分。名前からに怪しい雰囲気を漂わす、静岡の「怪しい少年少女博物館」。地元の人も珍スポットとして認識していて、その雰囲気からお化け屋敷と思っている人もいるほどです。いざ、勇気出して入ってみると・・・本当に怪しい!!正直言って、小さいお子様は入らないほうが身のためかと。大人の広い心をもって、入館してください。

2017年04月11日

1129375

出典:

富山県を観光するにあたって、プランに入れて欲しい場所があります。その名も「怪しい少年少女博物館」。ネーミングから気になるこの場所、覗いてみたくなりませんか?

「怪しい少年少女博物館」へようこそ

「怪しい少年少女博物館」へようこそ1118163

出典:

伊豆急行城ケ崎海岸駅より徒歩10分。見えて来たのは大きなペンギンのオブジェ。でもよく見たら、ハットを被っていてとても怪しげな表情…。ここ「怪しい少年少女博物館」は、その名の通りとにかく怪しい!

「怪しい少年少女博物館」へようこそ1118160

出典:

年中無休で、9:00〜17:00まで営業しています。入場は一般1,000円です。一度行くとクセになると、リピーターが多い博物館です。

A post shared by @miccc036 on

外に自動販売機があるのはありがたいですが、横に寝転んでいる女性のキャラクターは一体…!?なんだかジュースも買いづらい雰囲気です。

入り口も怪しさ全開!!博物館や小学校の表記があり、入場者も混乱してしまいます。床屋の古びれたサインポールが置かれているのも、不思議でしょうがないです!

いざ入館!!気になる館内の様子

建物は2階建で、それぞれのフロアで様々な展示がされています。一見テーマ毎にまとまりがあるように見えますが、たぶんない?と思うくらい雑に展示物が設置されています。マニアにはたまらない懐かしい展示もあるので、見どころ満載です。

1階「ファッションとレトロなおもちゃの展示」

A post shared by Risa Sakuno (@risa_39no) on

1階には明治から大正、昭和後期の日本のファッションが展示されています。昭和後期のファッションを見ていると、今の流行にも取り入れられるようなものが多く見られます。流行ってやっぱり巡ってくるんだという事が実感出来ます。

1階「ファッションとレトロなおもちゃの展示」1118200

出典:

マネキン自体は小さいけれど、本当に細かく当時を忠実に再現しています。ここだけでも既に見応えがありますよね!

A post shared by WeeEmily (@emily_maruko) on

懐かしいおもちゃがいっぱい!!箱に入って綺麗なまま保管・展示されているものも多数あります。中にはプレミアがつくおもちゃもあるかもしれません!

A post shared by @mouko_han on

懐かしのファミコンも実際にプレイ出来るから驚き!!スーパーマリオブラザーズや星のカービィ、セーラームーンなどのソフトがあります!ここでゲームに夢中になる人も多いですよ。

2階「アーティストと怪奇の世界」

A post shared by MIFA (@mifa_t) on

マリリンモンローの展示がたくさん!貴重な展示が続いていて、どうして「怪しい」のか逆に不思議になってしまいます。

A post shared by MIFA (@mifa_t) on

え!?なぜ急に日本人形が…この辺りからだんだん怪しくなって来ました。中にはギブアップして館内から逃げるように出て行く人も。

これは本気でノックアウトです。リアルな藁人形が…。しかもこの藁人形は購入できるんです。お土産にもぴったり(?)ですが、皆さん実際にここに打ち付けて帰るそうです。怨念がたちこめていそうですが「怪しい少年少女博物館」曰く「ご利益がある」そうです。ツッコミどころ満載です!

恐怖のクライマックス「別棟 あやしい夜の学校」

マネキンの首だけが置かれた古い棚、そのバックには「夜の学校入口」という文字があります。お化け屋敷なのか展示室なのか・・・。入ってみなければ検討すらつかない場所です。

A post shared by ... (@toumbido) on

学校と耳なし芳一との関係性はどこに…!?こんなの見たら叫んでしまいそうです。大丈夫、これはただの展示物だからと自分に言い聞かせましょう!

「夜の学校」は暗闇に包まれているので、足元には十分注意しましょう!こんなお化けが!動きはしないものの、これは立派なお化け屋敷です。

時おりセンサーに反応して動くものも・・・。お化け屋敷が苦手な人は、入らないほうがいいかもしれません。

「楽しい」から「恐怖」への落差が半端ではない!

「少年少女博物館」は、観光というよりチャレンジという言葉がふさわしい場所でした。1階や2階は比較的見ていて楽しく遊べるコーナーもありましたが、そんな楽しい時間を覆すほどの恐怖がのちに待ち構えています。本当に怖いので、小さいお子様はやめたほうがいいかもしれませんよ。

富山県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード

奈良を旅する編集部おすすめ