遊びも温泉も!「つま恋リゾート 彩の郷」で充実のホテル滞在を

遊びも温泉も!「つま恋リゾート 彩の郷」で充実のホテル滞在を

静岡県掛川市にある「つま恋リゾート」は、泊まる・食べる・遊ぶ・癒す!といった、様々な楽しみ方が充実したリゾート施設。プールやスポーツといったレジャーまで体験できる、巨大な敷地を誇ります。さらに2017年4月に再オープンし、「つま恋リゾート 彩の郷」として生まれ変わりました。そんな改めて注目したいスポット、「つま恋リゾート 彩の郷」の魅力をご紹介します。

2017年04月13日

「つま恋リゾート 彩の郷」がある掛川はどんなところ?

「つま恋リゾート 彩の郷」がある掛川はどんなところ?1107558

出典:ソライロンさんの投稿

静岡県の掛川市は、全国の中でも有数のお茶の産地として知られています。緩い傾斜を自然のまま利用し作られた茶畑は、見事な美しさです。また、平坦な砂地の南部では、メロン・イチゴ・トマトといった農産物も収穫されています。また、富士山静岡空港や新東名高速道路、東名高速道路、新幹線など、アクセスにも恵まれています。

掛川にある観光スポットは?

掛川にある観光スポットは?1107525

出典:mahimabさんの投稿

【掛川城】
江戸時代の東海大地震によって城の大半は損壊してしまい、再建されることなく明治2年には廃城となりました。それから約140年の時を経て、日本初の本格木造天守閣が復元されました。その美しさから『東海の名城』と呼ばれています。

掛川にある観光スポットは?1107532

出典:惣領の甚六さんの投稿

【掛川花鳥園】
広大な敷地の中に大温室があり、いつ訪れても美しい花を観ることができます。また、フクロウやタカなど様々な鳥を間近で見られるバードショーが人気です。

2017年4月再オープン!「つま恋リゾート 彩の郷」の魅力

2017年4月再オープン!「つま恋リゾート 彩の郷」の魅力1107606

出典:

掛川ICより車で約15分の場所にあるのが「つま恋リゾート」です。広大な敷地内には、ホテル2棟・温泉施設・スポーツ施設など…充実の施設が揃っています。レジャーやスポーツも楽しめて、さらに温泉に浸かりながら宿泊もできるとあって、県内外から多くの人が訪れています。

そんな「つま恋リゾート」ですが、2017年4月に「つま恋リゾート 彩の郷」として新しく生まれ変わりました。4月12日プレオープン、4月27日グランドオープンです。気になる魅力をご紹介したいと思います。

木の温もりを感じるフロント

木の温もりを感じるフロント1107715

出典:

チェックイン・チェックアウトは、スポーツマンズクラブ(S.M.C)内にあるフロントで。木の温もりが感じられるインテリアが心を落ち着かせてくれます。ホテルはノースウィングとサウスウィングの2棟に分かれています。

ゆとりスペースが魅力の「ホテル・ノースウィング」

ゆとりスペースが魅力の「ホテル・ノースウィング」1107610

出典:

「ホテル・ノースウィング」は、1部屋に5人まで宿泊が可能なため、ファミリーでの宿泊に向いています。また、1階にはガーデンビューの大風呂が設置されています。

ゆとりスペースが魅力の「ホテル・ノースウィング」1107631

出典:

1部屋の広さが52.3㎡のデラックスルームは、ゆとりあるスペースが魅力です。とくに、小さなお子さん連れのご家族におすすめです!

ゆとりスペースが魅力の「ホテル・ノースウィング」1107651

出典:

ラグジュアリーな空間のプレミアムルームは、ご夫婦やカップルにおすすめです!

ゆとりスペースが魅力の「ホテル・ノースウィング」1107659

出典:

ノースウィングの最上階にあるのが、こちらの和洋室のお部屋です。和室があるのは日本人としてやっぱり落ち着きますね。

自然の傾斜を利用した「ホテル・サウスウィング」

自然の傾斜を利用した「ホテル・サウスウィング」1107613

出典:

山の斜面を利用して建てられたのが「ホテル・サウスウィング」です。全室テラス付きで、テラスからは美しい庭園を眺めることができます。

自然の傾斜を利用した「ホテル・サウスウィング」1107669

出典:

56㎡の広々とした空間のスイートルームは、一度は泊まってみたいお部屋ですね!シンプルなインテリアでゆったり寛げます。

自然の傾斜を利用した「ホテル・サウスウィング」1107671

出典:

サウスウィングには愛犬と一緒に宿泊できるお部屋があります。室内にはケージやトイレ、リード掛けなども完備されています。

自然の傾斜を利用した「ホテル・サウスウィング」1107709

出典:

愛犬と一緒に宿泊する場合は、専用の宿泊エントランスから入ることができます。また、ドッグコミュニティ専用のドッグランも利用することができます。

気になるお食事は?

気になるお食事は?1107711

出典:

スタイリッシュな空間のビュッフェテラスで様々な種類のお料理が提供されます。こだわりの自家製パンや地元農家の新鮮なお野菜を味わうことができます。

気になるお食事は?1107687

出典:

夕食は、50種類以上の和洋折衷のお料理をバイキング形式で楽しめます。地元で獲れたこだわりの野菜を美味しく頂けます。

気になるお食事は?1107688

出典:

朝食はバイキング式で。自家製の焼きたてパンや新鮮で瑞々しいお野菜など、素敵な朝にピッタリのメニューが豊富に用意されています。

温泉施設「森林乃湯」で心も体もリラックス♪

温泉施設「森林乃湯」で心も体もリラックス♪1107677

出典:

ホテルとは別棟になりますが、「森林乃湯」という温泉施設があり、外の湯と内の湯にある温泉を楽しむことができます。

温泉施設「森林乃湯」で心も体もリラックス♪1107679

出典:

『内の湯』では、「お茶風呂」や「大露天風呂」が人気です。また、サウナからも外の景色を眺めることができます。

温泉施設「森林乃湯」で心も体もリラックス♪1107681

出典:

『外の湯』では、開放的な森林浴が楽しめる「大露天風呂」や「ひのき風呂」が人気です。大自然に囲まれた中で心も体もリラックスできそうですね!

温泉施設「森林乃湯」で心も体もリラックス♪1107682

出典:

湯上がりは、風が心地よいテラスで。景色を眺めながらひと息つける、贅沢なひとときを味わえます。

温泉施設「森林乃湯」で心も体もリラックス♪1107683

出典:

温泉以外にも手もみで足つぼやフットテラピーの施術を受けることもできます。温泉と合わせて利用すれば、日頃の疲れは一気に吹き飛んでしまいそうですね。

敷地内のスポーツ施設が凄い!

「つま恋リゾート」が誇る、広大な敷地内にあるスポーツ施設をご紹介します。パターゴルフやグラウンドゴルフ、パドルテニス、トレッキングコース、室内プールなど、様々なスポーツを楽しめる施設が多数あります。
敷地内のスポーツ施設が凄い!1107722

出典:

夏の目玉はこの「ウォーターパーク」。子供から大人まで楽しめるウォータースライダーは一番人気です!

敷地内のスポーツ施設が凄い!1107725

出典:

テニスコートだってもちろんあります。人工芝の屋外コートが11面、室内コートが3面というテニス好きには嬉しい環境です。最近はとくにテニスが人気あるので、ご家族で楽しむには最適です。

敷地内のスポーツ施設が凄い!1107728

出典:

ゴルフ人気も負けていません。ゴルフショートコースも完備され、全ホール天然芝で整備されています。56~146ヤードで全てパー3なので、ゴルフデビューの方にもおすすめです。

敷地内のスポーツ施設が凄い!1107735

出典:

なんとアーチェリー場まで!アーチェリー用具のレンタルや初心者の方への指導もしてくれるので、子供から大人まで初めての方でも楽しめます。

他にもある!つま恋のおすすめスポット

他にもある!つま恋のおすすめスポット1107751

出典:

まずはギフトショップ。つま恋でしか買えないオリジナル商品や、掛川のお土産や静岡県の名産品などが揃っています。旅の記念にお土産を買って行かれてはいかがでしょうか?

他にもある!つま恋のおすすめスポット1107753

出典:

なんと「つま恋神社」まで。掛川市にある遷宮1200年を迎えた『事任八幡宮(ことのままはちまんぐう)』から分霊された神社で、古くから願い事が叶う神社として知られています。つま恋に来た記念に願掛けをしてみてはいかがでしょうか?

「つま恋リゾート」で休日を満喫しよう!

「つま恋リゾート」で休日を満喫しよう!1107764

出典:Star Flowerさんの投稿

「つま恋リゾート 彩の郷」の魅力をご紹介いたしました。宿泊、食事、リラクゼーション、スポーツなど、利用客が心ゆくまで楽しめる要素が満載のリゾート施設です。お子さんや愛犬を連れて、家族サービスに訪れてみてはいかがでしょうか?きっと、家族の思い出のアルバムに楽しい1ページを刻めるはずです♪

公式詳細情報 つま恋リゾート 彩の郷 (HMIホテルグループ)

つま恋リゾート 彩の郷 (HMIホテルグループ)

掛川 / 高級ホテル

住所
静岡県掛川市満水2000地図を見る
アクセス
JR東海道新幹線 掛川駅よりタクシー15分。
宿泊料金
3,700円〜(2名1室 / 1名)
宿泊時間
15:00(IN)〜 10:00(OUT)など

3,700円〜 / 人

もっと見る

データ提供

静岡県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード

奈良を旅する編集部おすすめ