京都の初秋・9月はどんな風に楽しむ?おすすめスポット8選

京都の初秋・9月はどんな風に楽しむ?おすすめスポット8選

9月に入っても残暑が厳しい京都ですが、街路樹なども徐々に緑から秋の色へと変化していく様子がみられます。大きな祭りも終わり、ひと時の静寂が訪れる季節。秋への準備もあちらこちらで見ることができますので、季節の移り変わりを楽しめる月といえるでしょう。

2017年04月22日

1142515

出典:シュンブさんの投稿

9月には大きな祭りではなく、伝統文化に触れることができる貴重な季節。昼間の日差しは、まだ厳しい京都ですが夕方から一気に気温が下がってしまうので羽織物は必ず用意しましょう。夕食の時間には、過ごしやすくなるので秋の味覚も楽しんで帰りたいですね。

将来の横綱に会える!松尾大社の「八朔祭」

毎年:9月第1日曜日

毎年:9月第1日曜日1142344

出典:タルタルさんの投稿

旧暦8月1日(朔日)にちなんだ祭りで、台風による被害が非常に多かった事から秋の豊穣を願って明治に行われるようになったお祭りです。9月の第1日曜日に行われるんですが、その前日には前夜祭も行われ多くの人が集まります。松尾大社でおこなわれる八朔祭では奉納相撲が行われます。真剣な姿に、応援する声も高く未来の横綱が中にいるかもしれませんよ。

秋の名月を楽しもう!「観月祭」

お月見は、今では誰でも楽しむことができますが平安時代は貴族の遊びでもありました。江戸時代には、庶民も思い思いに楽しめるようになり、十五夜には里芋を備えた『芋名月』と呼ばれていました。京都の各所で、観月祭が行われ美しい月を楽しむだけでなく茶会や演奏会なども楽しむことができます。

「松尾大社」で俳句?(毎年:中秋の名月の日)

「松尾大社」で俳句?(毎年:中秋の名月の日)1140675

出典:矢野正章さんの投稿

奉納演奏では琴古流尺八や和太鼓の音色を楽しむことができます。輝くような名月を眺めながら素晴らしい演奏にひと時癒されましょう。こちらではバラエティ番組『プレバト!!』でも人気の俳句大会も行われますので、自信のある人は参加してみてはいかがでしょうか。

平安貴族になりきろう!「神泉苑」(毎年:中秋の名月の日)

神泉苑は源義経と巴御前が出会った場所としても有名なスポット。龍神伝説もあり、パワースポットとしても多くの人が訪れるようになっています。御茶会乗船が人気で、貴族になった気分で名月を楽しめるともあり毎年たくさんの申し込みがあるそうです。ほんのりと色づいた木々を皆型の観月祭をじっくり楽しんでください。

祇園社は華やか!「八坂神社」(毎年:中秋の名月の日)

祇園社は華やか!「八坂神社」(毎年:中秋の名月の日)1140683

出典:t_o_y_さんの投稿

『祇園さん』で親しまれる八坂神社では、通年さまざまな祭りが行われています。祇園社観月祭が行われ、なかでも、舞殿では音楽演奏や舞踊などが披露される、名月管絃祭が必見。こちらは無料で拝観できることや、気軽に遊びに出かけられることから混雑していますので、はぐれないように気をつけましょう。

嵯峨野で愛でる輝く月「大覚寺」(毎年:中秋の名月の日から3日間)

嵯峨野で愛でる輝く月「大覚寺」(毎年:中秋の名月の日から3日間)1140686

出典:丹波屋さんの投稿

嵯峨天皇が嵯峨野に離宮を造営したのが、現在の大覚寺。中国の洞庭湖をモデルとした『庭湖』をとりまくように配置された木々や石の配置は、この観月の夕べにその素晴らしさを存分に発揮します。「観月の夕べ」では、龍頭舟と鷁首舟の2つの舟が漕ぎだされ、大沢池を一周します。平安時代には、この舟から名月を眺め和歌を詠んだ風流なイベント。
嵯峨野で愛でる輝く月「大覚寺」(毎年:中秋の名月の日から3日間)1140687

出典:ayaharuさんの投稿

当日は特別舞台で満月法会が行われたり、音楽コンサートなども行われます。紅葉シーズン前ですが、素晴らしい庭と名月を目で楽しみながえら音楽で心を満たし、法会で心を穏やかにしてみてはいかがでしょうか。

※中秋の名月の日は毎年異なり、だいたい9月上旬から10月上旬の間になります。

「萩の宮」梨木神社で萩まつり

毎年:萩が見頃を迎える時期(9月第3日曜日または第4日曜日の前後)

染井の名水で有名な梨木神社は、京都御苑の東にひっそりある小さな神社。この神社の境内には、白く可愛い萩の花が初秋を飾ります。それに合わせて行われるのが萩まつりです。参道から、社殿前までに広がる萩の花は、風に揺れると枝をしならせはらはらと花をこぼします。
毎年:萩が見頃を迎える時期(9月第3日曜日または第4日曜日の前後)1140692

出典:exigeさんの投稿

その愛らしい姿は、古来から歌人も歌に詠むなどされているのも季節を感じさせると共に庶民の生活に密着した花であったからでしょう。拝殿では神事が厳かに行われますので、そちらもゆっくりとご覧ください。
毎年:萩が見頃を迎える時期(9月第3日曜日または第4日曜日の前後)1140693

出典:fujiwaraさんの投稿

真如堂は三重塔と萩のコントラストが素晴らしいスポットですし、その隣の迎称寺(こうしょうじ)も隠れた名所です。土塀にそうように萩の花が揺れているのも自然で素晴らしいもの。萩の花を楽しめるスポットもたくさんありますので、紅葉シーズン前にはふらりと立ち寄ってみましょう。

夏の風物詩「納涼床おわり」

鴨川納涼床:5月1日から9月30日まで(昼床は5月・9月)

鴨川納涼床:5月1日から9月30日まで(昼床は5月・9月)1142520

出典:yosshy99837さんの投稿

初夏から鴨川、貴船や高雄、鷹峯で行われる納涼床では、京都の懐石料理を気軽な価格で楽しむことができます。京都の日本料亭では一見さんお断りのイメージがつきものですが、最近では気軽に食事を楽しむことができる店も増えてきました。川のせせらぎを聞きながらはんなりした雰囲気を楽しんだ季節も9月からは紅葉の準備に入ります。まだ日差しの厳しい時期だからこそ、最後の納涼気分を楽しんでください。

名付けの神様?晴明神社の「晴明祭」

毎年:秋分の日前夜から2日間

毎年:秋分の日前夜から2日間1142578

出典:rururuさんの投稿

稀代の陰陽師『安倍晴明』の住居跡に建立された晴明神社は、スピリチュアルなスポットとして毎日のようにたくさんの人が参拝に訪れます。そんな晴明神社も西陣の住人にとっては、スピリチュアルな神社ではなく普通にありがたい神様なのです。
『晴明』と『姓名』をかけて、昔から名付けの神様として氏子に親しまれてきました。秋分の日の行われるおごそかな祭りで、このときは五芒星ステッカーを買い求める観光客よりも地元の人の姿が目立ちます。

A post shared by 晴明神社 (@seimeijinja) on

安倍晴明の神社だから、なにか陰陽師らしいイベントがあるわけではありませんが、晴明神社が多くの氏子に支えられているのが良く感じられる祭りなので新発見のために訪れてみてはいかがでしょう。

えんむすび地主(じしゅ)祭りで縁結び!

毎月第一日曜日、午後2時

毎月第一日曜日、午後2時1140699

出典:730243さんの投稿

地主神社(じしゅじんじゃ)は『じぬし』と間違えて読んでしまうこともあるようですが、京都が都として栄えるまえから何かしらの信仰があったとされる由緒正しい神社。清水寺のすぐ近くにあるのですが、小さく目立たない存在として認知されています。
毎月第一日曜日、午後2時1140701

出典:くらりゅんさんの投稿

狭い境内には、恋占いの石・良縁大黒があり、良縁祈願お守りもあるので、いつも若い女性でいっぱい。毎月第一日曜日に行われる地主祭りでは、恋占いの石や恋の願掛け絵馬のお祓いが行われています。祭典に参加すると『開運こづち』がいただけますので、このチャンスを逃さず縁結び祈願をしてみましょう。

夏の終わりを感じさせる「鵜飼おわり」

夏の終わりを感じさせる「鵜飼おわり」1142594

出典:せりぞうさんの投稿

宇治川と嵐山で行われる鵜飼も9月でおわり。宇治川には、全国に3人しかいない女性の鵜飼がいらっしゃいます。宇治川は9月下旬まで鵜飼が行われていますので、ぎりぎりまで鵜飼を楽しむことができます。嵐山では浴衣がレンタルできるお店があるので、浴衣姿の観光客が多く華やかな印象に。宇治川では舟に乗って鵜飼を鑑賞しますが、嵐山では川べりでも最後の鵜飼を見ることができます。嵐山の方が早くしまうので、中旬までに鵜飼鑑賞に訪れてください。

宇治川:毎年7月から9月末まで

嵐山:毎年7月から9月中旬まで

安井金比羅宮の「櫛まつり」!おせわになった櫛を供養しよう

毎年:9月第4月曜日

毎年:9月第4月曜日1140704

出典:gaap師匠の弟子さんの投稿

髪は女の命!と言いますが、その髪をとかす櫛は使っていると歯が折れてしまい使えなくなってしまいます。そんな櫛に感謝をして供養するのが櫛祭りなんですね。舞妓さんだけでなく、着物文化が根付く京都ならではのお祭りでもあり、女性の髪形の変貌を見ることができることもあり人気の祭りなのです。
毎年:9月第4月曜日1142610

出典:horetattyさんの投稿

境内の『櫛塚』で壊れた櫛を奉納した後には、供養が行われその後には古代から現代までの髪型をした女性が列になって東大路、花見小路などを練り歩いていきます。中には驚くような髪形もあり、当時に女性の美意識を感じる事ができるなど個性的。着物もすべて、当時を再現していますので『女性だけの時代まつり』といってもいいくらいですね。

9月の京都は穏やかに過ごせます

9月の京都は穏やかに過ごせます1142611

出典:ma4moさんの投稿

昼間はまだまだ暑いのですが、夕刻になると肌寒く感じることが多く『秋が近づいてきたな』としみじみできるのが9月の京都です。観光スポットも比較的人が少ないですし、地元の人が楽しむ祭りが多いので『ゆっくり回りたい』人にはおすすめの時期。まだ知らない京都を探しに、ちょっと足を延ばしてみませんか?

京都府のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

京都府×ホテル・宿特集

関連キーワード