子育てパパがイチ押し!横浜で子どもとお出かけならココに行こう!10選

子育てパパがイチ押し!横浜で子どもとお出かけならココに行こう!10選

待機児童ゼロ!?子育てファミリーにやさしい街として急成長中の横浜には、ファミリーに人気のスポットが盛りだくさん。なかでも、横浜在住、子育て真っ最中の現役パパが週末の遊び場にぴったりなスポットを、おすすめポイントと一緒に紹介します!

2016年03月23日

50633

出典:

横浜には様々なおでかけスポットがあります。アスレチック、動物園、水族館、科学館、博物館…と毎週末いろいろなジャンルの遊びをすることが出来ますよ!パパ&ママも子供といっしょに遊んだり、学んだりして家族の思い出いっぱい作りましょう!

親子で自然を満喫したいスポット

こどもの国(横浜市青葉区)

「こどもの国」は横浜市青葉区と町田市をまたがる子供のための総合レジャー施設。その広さは何と100万平方メートル!牧場、動物園、子供向け遊具、サイクリング、アスレチック、夏はプール、冬はスケートと、親子で様々な遊びと自然を満喫できる施設です!
こどもの国(横浜市青葉区)50638

出典:

入口から坂を上がったところに広がる、12,000平方メートルの広場。四季折々の花を咲かせる花壇や春はシダレザクラが満開になるエリアです。

こどもの国(横浜市青葉区)50639

出典:

ローラーすべり台、ジャングルジム、谷川渡りなど様々な遊具がいっぱい!ローラーすべり台は全長110mで横浜で一番長いローラーすべり台ですよ。

こどもの国(横浜市青葉区)50640

出典:

こどもの国牧場は、牛・羊の牧場、ポニー牧場、こどもどうぶつえん、乳搾り体験、バター・チーズ作りなど、動物との触れ合いをテーマにしたエリア。牧場で乳牛や羊にエサをあげたり、ポニー牧場で乗馬体験をすることも可能。こどもどうぶつえんではウサギやモルモットなどの動物の抱っこもできます。

こどもの国(横浜市青葉区)50641

出典:

夏はプール、冬はスケート場に変身する、こどもの国の名物施設。プールは水深15~130cmの7つのプール、チューブスライダー、滑り台があります。大きな屋根つきの休憩所もあるので、日差しを避けてお昼ごはんを食べるのにもいいですよ。屋根つきの休憩所は冬にはスケートリンクに様変わりします。

フィールドアスレチック 横浜つくし野コース(横浜市緑区)

「フィールドアスレチック横浜つくし野コース」は、国道246号線沿いにあるアスレチック兼バーベキュー場。雑木林の中に様々な木製遊具を配置し、自然の中で伸び伸びと体を動かすことのできる自然体感型体育施設です。親子そろって目いっぱい体を動かしましょう!
フィールドアスレチック 横浜つくし野コース(横浜市緑区)50645

出典:

コース内は「東の山」「池」「西の山」「おどろき」の4つのエリアにある50種類のアスレチックと、遊戯のある「トムソーヤ冒険の森」、バーベキュー場に分かれています。

フィールドアスレチック 横浜つくし野コース(横浜市緑区)50646

出典:

アスレチックは子供だけでなく、大人も十分利用ができる大きさのしっかりした造りです。パパもがんばれ!

フィールドアスレチック 横浜つくし野コース(横浜市緑区)50647

出典:

チャレンジせずにはいられない「池」のアスレチック。なかなか難しく、水にドボンと落ちるチビッコも多数…。裸足でチャレンジしましょう!

フィールドアスレチック 横浜つくし野コース(横浜市緑区)50648

出典:

子供は皆大好き「トムソーヤ冒険の森」。Wフリーホール、ロングトンネルすべり台、滑車ロープなど飽きない遊戯がいっぱい。我が家の子供たちも半日はここに入り浸りでした。

こども自然公園(横浜市旭区)

横浜市の中で最大級の面積を持つ公園で「大池公園」の名称でも親しまれている「こども自然公園」。バーベキュー広場、ピクニック広場、ちびっこ動物園、野球場など、数多くの施設が整っている総合公園です。
こども自然公園(横浜市旭区)50652

出典:

「こども自然公園」は広さが48万平方メートルもある広大な公園。横浜市が運営する公園なので入園無料もうれしいですね!

こども自然公園(横浜市旭区)50653

出典:

「こども自然公園」で子供たちに一番人気の「とりでの森」。大型遊具はアスレチックの要素盛りだくさんの冒険遊具です。

こども自然公園(横浜市旭区)50654

出典:

「万騎が原ちびっこ動物園」。園内のふれあい広場ではモルモットやハツカネズミなどの小動物と触れあうことが出来ます。天然記念物のニワトリやクジャクバトにも会えますよ。

こども自然公園(横浜市旭区)50655

出典:

自然がいっぱいのバーベキュー広場。ひとつひとつのバーベキューエリアが離れているので、ゆったり気分で自然も満喫できます。

動物園、水族館で親子いっしょに生き物観察!

よこはま動物園ズーラシア(横浜市旭区)

横浜市が運営する「よこはま動物園ズーラシア」には約70種400点の動物が展示され、世界三大珍獣の一つ、オカピを日本国内の動物園で初めて展示したことで有名な動物園。世界の気候帯・地域別の8つのゾーンに分けて、動物の暮らす地域の環境を再現しています。
よこはま動物園ズーラシア(横浜市旭区)50660

出典:

横浜市が運営している施設なので入場料金もリーズナブル。毎週土曜日は何と小・中・高校生の入場料は無料ですよ!(要学生証)

よこはま動物園ズーラシア(横浜市旭区)50661

出典:

ズーラシアで一番人気の動物「オカピ」。キリン科オカピ属の偶蹄(ぐいてい)類で「森の貴婦人」とも呼ばれています。日本ではズーラシアの他に上野動物園、横浜市立金沢動物園でしか見ることが出来ない貴重な動物ですよ。

よこはま動物園ズーラシア(横浜市旭区)50662

出典:

ズーラシアのブラスバンドチーム「ズーラシアンブラス」。ズーラシア内「みんなのはらっぱ」で本物の楽器の音を聞かせてくれます。(不定期演奏なのでスケジュールはズーラシアのHPで確認してください。)開園前(9:15頃~)に正門前でウェルカムコンサートも行われていますよ。

よこはま動物園ズーラシア(横浜市旭区)50663

出典:

ズーラシアには「わくわく広場」と「みんなのはらっぱ」の2つの遊具ゾーンがあります。ジャングルジムやターザンロープ、動物をモチーフにした遊具で子供たちも目いっぱい遊べます。

横浜 八景島シーパラダイスアクアミュージアム(横浜市金沢区)

海と島のテーマパーク「横浜・八景島シーパラダイス」内にある「アクアミュージアム」は日本最大級の水族館。500種類10万点の生きものたちを観察することが出来ます。
横浜 八景島シーパラダイスアクアミュージアム(横浜市金沢区)50667

出典:

「アクアミュージアム」の他に「うみファーム」「ふれあいラグーン」「ドルフィンファンタジー」の4つの水族館を合せて「アクアリゾーツ」と呼びます。

横浜 八景島シーパラダイスアクアミュージアム(横浜市金沢区)50668

出典:

180度水槽の中を通るエスカレーター「アクアチューブ」。まるで水中散歩をしている気分!

横浜 八景島シーパラダイスアクアミュージアム(横浜市金沢区)50669

出典:

地球上で最大の海中ショー「サーディンラン」。国内最多5万尾のイワシが敵から身を守るために密度の高い塊になって回避する大群泳。必見です!

横浜 八景島シーパラダイスアクアミュージアム(横浜市金沢区)50670

出典:

「アクアスタジアム」では、イルカたちのダイナミックなジャンプや、セイウチ、カリフォルニアアシカのコミカルなパフォーマンスを見ることが出来ます。

科学館、技術館、博物館で親子で学ぼう!

はまぎん こども宇宙科学館(横浜市磯子区)

「はまぎん こども宇宙科学館」は館全体が巨大な宇宙船をイメージした体験型科学館。地下2階から5階までフロアごとに異なるテーマの5つの展示室とプラネタリウムがあり、宇宙や科学のふしぎを学ぶことができます。親子そろって宇宙や科学のおもしろさを一緒に体験しましょう!
はまぎん こども宇宙科学館(横浜市磯子区)50675

出典:

JR京浜東北・根岸線「洋光台」駅から徒歩3分。GW、夏休みは開館前から行列が出来て、最寄りの駐車場もすぐにいっぱいになってしまいます。電車で行っても駅から近くてGood!

はまぎん こども宇宙科学館(横浜市磯子区)50676

出典:

「はまぎん こども宇宙科学館」の一番人気は3Fの宇宙トレーニング室。浮き上がる体験が出来る「月面ジャンプ」、ユニットに乗り操作する「空間移動ユニット」、仕掛け付き室内迷路「惑星ジム」。体験型展示が子供たちにはやはり一番人気!

はまぎん こども宇宙科学館(横浜市磯子区)50677

出典:

5F宇宙船長室では楽しくゲーム感覚で宇宙の知識を身に付けることが出来ます。キャプテンシアターでは身近なものを使って科学に親めるサイエンスショーを土日祝に開催しています。

三菱みなとみらい技術館(横浜市西区)

「三菱みなとみらい技術館」は三菱重工横浜ビル内にある、最先端の科学技術を楽しく学べる体験型ミュージアム。航空宇宙、海洋、交通・輸送、くらしの発見、環境・エネルギー、技術探検の6つのゾーンに、本物のロケットエンジンや原子炉、飛行機などの模型を展示。フライトシュミレーションも大人気ですよ。
三菱みなとみらい技術館(横浜市西区)50681

出典:

JR根岸線/横浜市営地下鉄「桜木町」駅から徒歩8分。桜木町駅から行くとランドマークタワーの裏にあります。

三菱みなとみらい技術館(横浜市西区)50682

出典:

エントランスから入ると、三菱重工が製造および打ち上げを行う、人工衛星打ち上げ用液体燃料ロケット「HA-Ⅱロケット」の模型が迎えてくれます。

三菱みなとみらい技術館(横浜市西区)50683

出典:

一番人気はフライトシュミレーション。ヘリコプターの操縦体験や、日本初のジェット旅客機「MRJ」のシミュレーション体験をすることが出来ます。大人気なので入館とともに向かいましょう!

カップヌードルミュージアム(横浜市中区)

「カップヌードルミュージアム」はインスタントラーメンに関する様々な展示や体験工房を楽しみながら学べる体験型ミュージアム。カップヌードルの歴史からインスタントラーメン作り、世界のラーメンの食べ比べも出来ますよ。日本が生んだ偉大なる発明、インスタントラーメンを親子そろって学んでみましょう!
カップヌードルミュージアム(横浜市中区)50687

出典:しばおさんの投稿

みななとみらいエリア、ワールドポーターズ前にある巨大な建物。「三菱みなとみらい技術館」の近くなのでセットで訪れても楽しそう。

カップヌードルミュージアム(横浜市中区)50688

出典:

「チキンラーメン」を手づくりできる「チキンラーメンファクトリー」。小麦粉をこねて、延ばして、蒸した後に味付けをして「瞬間油熱乾燥法」で乾燥するまでの工程を体験することが出来ます。出来あがったチキンラーメンとバンダナは持ち帰ることが出来ますよ。

カップヌードルミュージアム(横浜市中区)50689

出典:

「マイカップヌードル・ファクトリー」は、カップヌードルのデザインと具材の充填を自分で選び、世界でたった一つの自分だけのカップヌードル作りができるコーナーです。もちろんこちらのカップラーメンも持ち帰ることが出来ます。賞味期限は1カ月なのでご注意!

カップヌードルミュージアム(横浜市中区)50690

出典:

「カップヌードル」の製造工程を体感するアスレチック施設「カップヌードルパーク」。巨大な工場で自分が麺になって、製めんから出荷されるまでの工程を全身で体験出来ます。

親子であの有名キャラクターに会いに行こう!

横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール(横浜市西区)

「横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール」は、アンパンマンの世界が広がる体験型ミュージアムとアンパンマングッズやレストランがあるショッピングモールの複合施設。ミュージアムエリアは入館料がかかりますが、ショッピングモールエリアは無料で入場できますよ。
横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール(横浜市西区)50695

出典:

「横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール」もみなとみらいエリアにあるテーマパーク。入場無料のショッピングモールエリアだけでも楽しいですよ。

横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール(横浜市西区)50696

出典:

ミュージアムエリアは3階建。1階の「わんぱくタウン」にはアンパンマンのアニメーションやステージが楽しめる「やなせたかし劇場」と限定グッズ販売の「ミュージアムショップ」。2階の「ふれあいタウン」にはおもちゃがある「キッズルーム」やビデオ上映・工作教室が開催される「みみせんせいのがっこう」。3階の「なかよしタウン」には写真の「おでむかえジオラマ」などがあります。

横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール(横浜市西区)50697

出典:

ショッピングモールエリアにはお土産物屋の他に、「ジャムおじさんのパン工場」、写真の「ドキンズハートシェイプカフェ」などの飲食店が多数あります。「ドキンズハートシェイプカフェ」はサンドウィッチやフレンチトースト、お子様向けのキッズメニューなどが食べられる、古き良き70~80年代のアメリカンダイナー。

横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール(横浜市西区)50698

出典:

アンパンマン広場では、無料で見ることができるアンパンマンショーが開催されます。

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(川崎市多摩区)

最後にご紹介したいのは、少し足を延ばして横浜市民も必ず行きたい「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」。ドラえもんはもちろん、パーマン、キテレツ大百科、エスパー魔美など様々な藤子キャラクターに出会うことが出来ます。館内にはF先生の書いたカラー原画の展示、ミュージアムだけでしか観ることのできない映画館、カフェ・ショップ等があります。
川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(川崎市多摩区)50702

出典:

ミュージアムには、小田急線/JR南武線登戸駅より川崎市バスによる直行便が出ています。駐車場はないので電車・バスを利用しましょう。また、入場チケットはローソンのみで販売され、日時指定による予約制です。入館者数を制限してしるので、必ず事前に購入しておきましょう。

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(川崎市多摩区)50703

出典:

建物の屋上スペースにある「はらっぱ」。ドラえもんでおなじみの空き地にある土管や写真の「どこでもドア」等、絶景のフォトスポットになっています。

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(川崎市多摩区)50704

出典:

3階にある「ミュージアムカフェ」。メニューはF先生の作品にちなんだオリジナルメニュー。写真はドラえもんに出てきた暗記パンに倣った「フレンチトーストde暗記パン」。土日祝は混み合うので入館したら、まずはカフェの整理券を取りに行きましょう。

いかがでしたか?子供の年齢に合わせても選べますし、天気に合わせて屋外施設、屋内施設と選んでみることもできると思います。いずれも人気スポットなので、子供に合わせてパパも早起きして、家族いっしょに遊びに行きましょう!

神奈川県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

特集

横浜×ホテル・宿特集

関連キーワード