走る高級旅館!一度は乗ってみたい『TRAIN SUITE 四季島』

走る高級旅館!一度は乗ってみたい『TRAIN SUITE 四季島』

『ななつ星』に続き、2017年5月1日から運行開始する『TRAIN SUITE 四季島』は、東日本を観光しながら巡る話題のクルーズトレインです。プランは1泊2日からあり、高額であるにも関わらず、すでに2018年3月までのチケットが完売してしまう人気ぶり。一体どんな列車なのでしょうか?ご案内していきます!

2017年04月25日

全室スイート!夢の列車がついに運行開始

全室スイート!夢の列車がついに運行開始1140860

出典:

2017年5月1日、いよいよ運行を開始する『TRAIN SUITE 四季島』。JR上野駅を起点に関東・東北・北海道を1泊2日~3泊4日でめぐる豪華寝台列車です。

A post shared by kzkjny (@zakiowwwww) on

利用料金は、1泊2日コースが1人あたり32万円から。デラックススイートを利用した3泊4日の旅はなんと95万円!高額にもかかわらず、5・6月出発分は最高倍率76倍、平均倍率6.6倍という人気ぶりです。『ななつ星』のライバルとなるクルーズトレインとして注目を集めています。

全室スイート!夢の列車がついに運行開始1128194

出典:KS-159さんの投稿

車両は全部で10両編成で、客室は全室がスイートルーム。合計17室が用意されています。中でも最高級のお部屋「四季島スイート」はメゾネットになっており、掘りごたつやヒノキ風呂までがついた高級旅館のような設えなのだそう!

全室スイート!夢の列車がついに運行開始1140967

出典:yoshiyukiさんの投稿

客室から出るときはドレスコードが設定されているという、まさに大人のための特別な列車。「一生忘れられない旅」を届けるゴージャスな『TRAIN SUITE 四季島』を詳しく見ていきましょう!

日本の伝統美と現代アートを融合

日本の伝統美と現代アートを融合1140868

出典:taka1451さんの投稿

『TRAIN SUITE 四季島』の外観は、上品なシャンパンゴールドで近未来的なデザインが印象的。デザインを担当したのはエンツォフェラーリやJR東日本のE7系新幹線を手がけた奥山清行氏で、目指したのは「日本文化の深さをモダンな形で再現する」ことなのだそう。重厚でクラシカルなものとはまた違った、新しい世界感をまとっています。

日本の伝統美と現代アートを融合1140894

出典:ベンジャミンItoさんの投稿

三角形がいくつも組み合わさるように配置された窓が特徴的。先頭車は展望車になっています。どのように景色が見えるのか楽しみですね。

A post shared by T.SuGi (@sugi_1988) on

ラウンジ車両(写真)は樹木をイメージしており、まるで呼吸をしているかのような有機的な空間に。各車両の役割によって窓のデザインがそれぞれ異なっているのも特徴です。車内には木材や漆、和紙などの古くからある日本の素材を多く取り入れ「モダンな和の空間」を作り上げているのだそう。一部の車両をご紹介していきます。

非日常を演出する車内

特別な時間へ誘う「エントランス」

『TRAIN SUITE 四季島』のエントランスは5号車のみ。ホテルのようにクルーに出迎えられ、非日常的な空間へと誘われます。エントランス車両はラウンジも兼ねており、東日本の工芸品で彩られた空間にピアノやバーカウンターが用意されていてゴージャスです!

ダイナミックな走行シーンが楽しめる「展望車」

先頭と最後尾は展望車となっていて、東日本の豊かな自然を楽しむ特等席です。壁側から天井にまで窓が広がり、ダイナミックな走行シーンが楽しめます。ソファも厚みがあって座り心地がよさそう♪

まるでフレンチレストラン。優雅な「ダイニング」

A post shared by Megavina (@megavina.travel) on

6号車のダイニングは、風景を楽しみながら食事が楽しめるよう大きな窓があしらわれています。料理の総監修を担当するのは、日本人で初めてミシュラン1つ星を獲得した中村勝宏シェフ。そして朝食・昼食には山形県の「アル・ケッチャーノ」や栃木県の「オトワレストラン」など、名だたるレストランや料亭の料理が楽しめます。※プランによって異なります

高級旅館のよう。メゾネットタイプ「デラックススイート」

最上級のお部屋「四季島スイート」は、メゾネットタイプで、1階は寝室、2階は畳を敷いた寛ぎスペースになっています。さらに浴室には檜を採用し、『TRAIN SUITE 四季島』の中でも極上の空間です。

日本の風景をゆっくり楽しむ旅行プラン

『TRAIN SUITE 四季島』には、どんな旅が用意されているのでしょうか?一部をご紹介します。

山梨・会津方面、1泊2日コース

『里山・棚田・ブドウ畑などのぬくもりのある風景や、その地に息づく工芸品の粋を味わう旅』
山梨・会津方面、1泊2日コース1136082

出典:

春から秋の1泊2日コースでは、1日目に上野駅を発車後、山梨県にあるJR塩山駅で一旦降車してバスに乗り換え、山梨県内の観光を楽しみます。

JR塩山駅から再び乗車すると、列車は長野県方面へと向かい、夕食後「姥捨(うばすて)駅」に到着。駅には専用ラウンジ「更級(さらしな)の月」が新設されており、善光寺平の美しい夜景を見ながら、ホテルメトロポリタン長野のシェフが作るおつまみとお酒が楽しめます。

山梨・会津方面、1泊2日コース1128196

出典:UI_BOWさんの投稿

100年以上の歴史がある一ノ戸川橋梁を渡る『TRAIN SUITE 四季島』。2日目はJR喜多方駅を通り、会津若松駅で降車。バスで会津市内を観光した後JR上野駅へと向かいます。

東日本を縦断、3泊4日コース

『豊かな自然が四季折々に見せる風景や、自然と共にある暮らしや文化にふれる旅』
東日本を縦断、3泊4日コース1145002

出典:makorigeさんの投稿

3泊4日のプランはJR上野駅を出発後、日光へと向かいます。初日は日光観光を楽しんだ後、北海道方面へ北上。2日目は北海道、3・4日目で日本海側を走り、上野駅へと戻ってきます。

雪景色を楽しむ、2泊3日コース

『雪国の冬ならではの繊細な景色や、冬の愉しみを再発見する旅』
雪景色を楽しむ、2泊3日コース1128201

出典:taka1451さんの投稿

冬季には、東北の雪景色を楽しむプランも用意されています。寒い季節ですが、銀世界の中を駆け抜ける体験も情緒を感じられて良さそうです。

特別な旅の出発は「プロローグ四季島」から

特別な旅の出発は「プロローグ四季島」から1135671

出典:

旅の基点となる上野駅では、乗車するゲストだけが利用できるラウンジ「プロローグ四季島」が旅のはじまりを演出します。ドリンクや茶菓子のサービスがあり、旅の高揚感を高めてくれますね。

『TRAIN SUITE 四季島』の予約方法は?

『TRAIN SUITE 四季島』の予約は、「びゅうトラベルサービス」の公式HPから可能です。2017年4月現在で、2018年3月までの予約が終了しています。情報は随時更新されるので、こまめに次回の予約開始日をチェックしておきましょう!

一生忘れられない旅を…

一生忘れられない旅を…1145045

出典:eiji.seemanさんの投稿

いかがでしたか?車窓からの景色はもちろん、豪華な車内の雰囲気を味わってみたいと思われた方も多いのではないでしょうか?一生に一度は体験してみたいクルーズトレインですが、値段が値段なだけに、なかなかすぐにはむずかしい…。そんな方は、東京駅に予約制の「四季島ギャラリー」があるので、ぜひ訪れてみて!豪華クルーズトレインの雰囲気を少しだけ体感できるかもしれません♪

東北のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード