江戸・東京の文化を肌で感じる東京観光!職人体験をしてみよう

江戸・東京の文化を肌で感じる東京観光!職人体験をしてみよう

特別な体験がしてみたい!文化に触れてみたい!このように東京を一歩踏み込んで観光してみたい方におすすめなのが、職人体験。東京に息づく伝統工芸や、江戸前の食文化を身をもって感じられる思い出づくりにぴったりのプランです。外国人ゲストの方も体験できる場所を含め、おすすめの職人体験スポットをご紹介します。

2017年04月28日

受け継がれる東京の職人技を感じてみよう

受け継がれる東京の職人技を感じてみよう1142529

出典:Ag2Oさんの投稿

東京には現在伝統工芸と呼ばれるものが40品目あります。そんな伝統工芸品を製作する工房の中には、現役の職人さんが指導者になって、一般の人や海外からの観光客に伝統の技を体験してもう体験教室を開催しているところがあるんです。江戸文化を深く感じられる職人体験は、海外からの観光客にも大人気!
受け継がれる東京の職人技を感じてみよう1150254

出典:smkw-psさんの投稿

この記事では貴重な職人体験ができる工芸品の工房に加えて、日本食の料理人体験ができるスポットについてもご紹介!東京観光のプランのひとつに、取り入れてみてはいかがでしょうか?

繊細なカットがきらめきを生み出す「江戸切子」

すみだ江戸切子館(墨田区)

すみだ江戸切子館(墨田区)1140996

出典:

東京の伝統工芸の1つ「江戸切子」は、美しいガラス細工として江戸末期から多くの人に愛されてきた工芸品。JR錦糸町から歩いて6分ほどのこちらは、江戸切子の歴史や制作工程などについての資料を展示し、常時350点ほどの江戸切子の販売も行う墨田区認定の工房兼ショップです。

店内ではガラス越しに江戸切子職人さんの仕事ぶりを見学できるほか、自分だけのオリジナルグラスを作る切子体験ができるんです。さまざまな色や形のグラスの中から、好きなものを選んで切子紋様を削っていく作業はワクワクドキドキです!

A post shared by カク (@kaku5218) on

初めにガラスにカットを施す機械の扱い方の説明を受けて、まずは練習!その後いよいよ自分で選んだグラスをカットして、世界に1つだけの江戸切子グラスを完成させてお持ち帰りとなります。料金は持ち帰り料込みで4,000円(税別)。平日・土曜日開催で所要時間は約90分です。1日に3回行われており、1回の定員は4名までです(要予約)。

彩り硝子工芸(江東区)

A post shared by natsuki soga (@natsu215) on

東京スカイツリーからも近く、周辺は「七福神めぐり」のコースにもなっている亀戸の江戸切子工房兼ギャラリーです。こちらでは工房の見学も兼ねて、グラスに簡単な切子紋様や好きなデザインをカットする体験ができます。料金は持ち帰り料込みで6480円。土・日曜、祝日開催で所要時間は2~3時間、午前と午後の2回実施されています。1回の切子体験には8~10人ほどまで参加可能です(要予約)。

グラスに江戸切子を施す体験では、赤、水色、紫、緑、瑠璃色の全5色の色ぎせガラス(透明なガラスに色つきガラスを2層にかぶせたもの)の中から好みで選べます。初めての切子体験では、なかなか思うようにカットできないかもしれませんが、難しい分大人も無我夢中になってしまいます。職人さんが実際に仕事をしている工房で体験できるので、雰囲気も味わえていいですね。

独特の風合いに感動!「手漉き和紙」

小津和紙(中央区)

小津和紙(中央区)1150309

出典:

全国の手漉き和紙を扱っている、創業360余年の日本橋の老舗紙商「小津和紙」。三越前駅から歩いて5分ほどの場所にあるこちらには店舗、ギャラリースペース、資料館などもあり、和紙を身近に感じられるようになっています。和紙漉きが体験できる工房もあるんですよ。

A post shared by hitomi sago (@10htm13) on

製作する和紙は、無地のものとオリジナルの柄を加えるものの2種類から選べます。柄を加える場合には、デザインを考えるのに少し頭を悩ませますが、漉く作業はスタッフがていねいに教えてくれ、お子さんでも楽しめる作業なので安心してくださいね。

自分で漉いた和紙は専用の機械ですぐに乾かすことができるので、その場で持ち帰ることができます。「小津和紙」の紋も型押しできるので、おうちで使ってみたくなるような見事な仕上がりに。漉いたばかりの和紙の手触りの良さをぜひ味わってみてくださいね。

小津和紙(中央区)1150306

出典:

手漉き和紙体験は所要時間が約1時間で、月~土曜日に1日4~5回開催されています(日曜・年末年始定休日)。1人からでも参加でき、予約優先となっているので、あらかじめ予約をしておいた方が安心です。料金は、A4判1枚で500円。店舗では全国のさまざまな和紙や、和紙を使った商品も取り扱っているので、おみやげ探しにもおすすめです。

涼やかな音色が心地良い「江戸風鈴」

篠原まるよし風鈴(台東区)

現在製作している所がこちらの工房ともう1ヶ所しかないとされ、貴重な東京の伝統工芸品となっている「江戸風鈴」。江戸時代の末期より江戸庶民の間でその音色の心地良さから、涼を感じる工夫として広まったものです。新御徒町駅A2出口からすぐの場所にあるこちらの工房では、そんな美しい江戸風鈴の絵付け体験ができます。

A post shared by しのはら (@shi__ka) on

江戸風鈴作りは、出来あがっているガラスの風鈴への絵付けがメインですが、希望によってガラスを吹く段階からの体験もできるそう(予約時に希望を伝えてください)。職人さんがていねいに教えてくれるので、自信がある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか?英語でのレクチャーも可能なため、外国の方も気軽に参加できますよ。

A post shared by MIKA ADE (@mikaaa_31) on

絵付けは風鈴の内側から行うので、平面に絵を描くよりちょっとテクニックが必要です。自分で絵付けをした江戸風鈴は世界でたった1つ!じっくり描いて、自分だけの江戸風鈴を持ち帰りましょう♪

絵付け体験は工房の営業時間中であればいつでも体験できますが、事前の予約が必要です(営業日、営業時間はHPを参照。ガラス吹きからの体験は3月中旬~7月初旬、9月中旬~12月初旬までと期間限定です)。絵付け体験のみだと所要時間は50分ほど、ガラス吹きからの体験は約80分の所要時間となります。料金は絵付けのみで 1500円、ガラス吹きからの場合は2000円(材料費込み・税込)です。

伝統の技と色合いを体感できる「江戸更紗」

東京染ものがたり博物館(新宿区)

東京染ものがたり博物館(新宿区)1142544

出典:

江戸の染色業はかつて、良質の水が豊富にあった神田や浅草で盛んでしたが、水の汚れが進むとにつれ江戸川橋から落合へ拠点が移り、新宿の周辺に業者が集まるようになりました。そして現在でも、新宿区の貴重な伝統工芸としてその技術が受け継がれています。高田馬場から徒歩15分ほどにあるこちらは、大正3年に創業した東京染小紋の老舗染め工房「富田染工芸」による、江戸更紗や江戸染小紋の技法や工房の活動を紹介するミニ博物館となっています。

東京染ものがたり博物館(新宿区)1142947

出典:

博物館の見学は平日の10:00~12:00、13:00~16:00の間なら自由に見学できますが(無料)、染色体験は予約が必要。FAXにて1週間前までに予約してください。花柄など5種類の型紙から、ハケを使って好きな柄をハンカチに染める体験が1時間30分~2時間ほどの時間で楽しめますよ。料金は2000円。開催日時は月・火・木・金・第3土曜日の9:00~16:00で、5名以上で開催されます。

A post shared by HA! (@hahahahahacraft) on

型紙の柄や色選びから始まり、ハケで染め具合を確かめながら色をこすっていく作業では、小さな型紙でデザインを加えたり、ハケの力加減で自由にグラデーションをつけたりすることもできます。想いのこもったとっておきの1枚を染め上げましょう。

染の里 二葉苑(新宿区)

西武新宿線「中井」から徒歩4分ほどの場所にあるこちらは、大正9年創業の老舗の型染め工房で、ギャラリーとカフェ併設のモダンなミニ博物館。伝統的な染色の技と現代的なアイディアをうまく融合させた作品を提案し、展示販売もしています。工房の見学は無料ですが(火~土曜日)、型染めの体験は事前予約が必要です。

型染め体験はテーブルセンターかトートバッグの染色から選べます。小学生のお子さんから参加できる作業で、職人さんも親切に指導してくれるので初めての方でも大丈夫。染色する素材によって開催の曜日や時間、体験料が異なるので、詳しくはホームページでご確認くださいね。またエプロンが必要になるのでお忘れなく。

色彩豊かな江戸更紗は、同じ型を使っても刷り方によって色合いに違いが出るので、個性がはっきりとでます。伝統的な柄で和風テイストにするのも、カラフルでかわいいモダンなデザインにするのも、お好み次第。普段使いできるものを作れるのがうれしいですね。

打ちたてのおいしさが味わえる「そば打ち」

江戸東京そばの会(葛飾区)

A post shared by Hiroki Okamoto (@ioharu) on

最近は趣味でそばやうどんを打つ方も増えてきていますが、こちらはおそば屋さんの開業を目指す人や、そば打ちのインストラクターを養成する本格的な教室から、そば粉の製粉技術を学ぶ教室など、そばに関するさまざまな教室を開催している施設です。そしてそのカリキュラムの中には、そば打ち未体験の方も参加できる1日体験コースというのもあって人気なんですよ!東京スカイツリーから電車で10分ほどの京成押上線「京成立石駅」が最寄駅です。

A post shared by ai_nakama (@ai_nakama) on

そば打ちの1日体験コースでは自家製粉工場の石臼で挽いたそば粉を使い、わかりやすくていねいに指導してくれます。講師の先生が見せてくれる打ち方にならって、1人あたり500gのそばを打つことができるので、試食分とおみやげ分を作ることができます。

A post shared by Vronnie17 (@vronnie17) on

1日体験コースは1回で25人まで参加でき、英語の通訳つきの日もあるので、外国からの観光客も多く参加しています。所要時間は2時間30分程度で、開催日時は月・火曜日以外毎日で午前コースが11:00〜、午後コースが15:00〜となっています。料金は4,000円(材料費・税込み)です。

打ちたてのそばの試食ももちろんできます。三たてそばの香りの良さや、喉ごしをたっぷり楽しんでくださいね。

海外からのお客さん限定!「寿司にぎり体験」

築地玉寿司 晴海通り店(中央区)

「築地玉寿司 晴海通り店」外観 1143409

出典:ダイヤモンド・リルさんの投稿

こちらは外国からお越しの方限定の体験メニューです。大正13年創業の老舗寿司店「築地玉寿司 晴海通り店」ではベテランの板前さんの指導による、にぎり寿司と手巻き寿司体験コースがあります。月~土曜日、午前中1日1組限定で2名から開催。料金は1人8000円(税込み)で、事前予約が必要です。

「築地玉寿司 晴海通り店」料理 1144832 仕事が速い♪

出典:Chaniさんの投稿

コースの所要時間は約90分。本物の職人さんのように白衣を着てカウンターに立ち、にぎり寿司を握って食べてもらうというとても貴重な体験が、海外からの観光客の皆さんに大人気!寿司の歴史や食べ方などのマナーも学べて、鯵のお造りショーや本わさびを味わう体験などもあり、内容は盛りだくさんです。

「築地玉寿司 晴海通り店」内観 1143423 2階

出典:あかやぎさんの投稿

ただしこちらのコースは日本語のみでの対応になるため、通訳やガイドの方も一緒に参加するのがおすすめ。体験をした後はお食事タイムもあるので、ゆっくりとおいしいお寿司を味わいましょう!

築地玉寿司 晴海通り店の詳細情報

築地玉寿司 晴海通り店

築地、東銀座、築地市場 / 寿司、魚介料理・海鮮料理、居酒屋

住所
東京都中央区築地2-15-19 ミレニアム築地1~2F・B1
営業時間
月~土/11:00~23:00(L.O.22:30) 日・祝/11:00~22:00(L.O.21:30) ●ランチ [月~金]11:00~15:00 [土日祝]11:00~14:00
定休日
年中無休
平均予算
  • ¥3,000~¥3,999
  • ¥3,000~¥3,999

データ提供

職人技の体験で日本文化をもっと身近に

職人技の体験で日本文化をもっと身近に1150401

出典:Kodachrome64さんの投稿

いかがでしたか?長年受け継がれてきた職人の技を少しだけ体験してみることで、文化についての理解や旅行の思い出もより一層深まりそうですね。海外のお客さんにも喜ばれるので、ぜひご紹介したスポットで特別な体験を楽しんでみてくださいね。

東京都のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

東京都×ホテル・宿特集

関連キーワード

全国を旅する編集部おすすめ

お得に旅する編集部おすすめ

Go To トラベルキャンペーンでお得に旅しよう♪ 知っておきたい基本情報&オススメの旅先