本場ドイツビールを日本で堪能!ビールの祭典「オクトーバーフェスト」

本場ドイツビールを日本で堪能!ビールの祭典「オクトーバーフェスト」

世界一のビールの祭りといわれる「オクトーバーフェスト」。ドイツで行われているお祭りで、現地では770万ほどのビールがお祭り中に消費されるとか!そんなビールの祭典が、日本でも楽しめます。東京のお台場や日比谷、東北や奈良と各地で開催されているんですよ。ドイツまでは遠いけど、ドイツビールを味わいたい!って人はぜひ行ってみて下さい。どんなお祭りなのか、紹介していきますね。2017年05月20日 最終更新

オクトーバーフェストの季節がやってきた!

出典:安芸の国からさんの投稿

ビールといえばドイツ。ドイツといえばオクトーバーフェスト。行ってみたいとは思うんだけど……という未体験の方や、開催された当初は行ってたけど……というご無沙汰している方、オクトーバーフェストの楽しみ方や注文の仕方を紹介していくので、今年は参加してみませんか?

オクトーバーフェストとは?

出典:Yagi-sanさんの投稿

オクトーバーフェストは、9月半ばから10月上旬にドイツのミュンヘン市内中心部で開催される、世界最大規模のお祭りです。1810年、当時の皇太子ルートヴィヒとザクセン皇女の結婚式を祝福して、ミュンヘン市民がお祭りを開いたことからはじまりました。

世界最大規模のお祭りは、東京ドームの約9倍の会場で行われます。ミュンヘンの醸造会社6社が運営する14の巨大ビールテントをはじめ、小さな屋台や移動遊園地などが設置されます。伝統あるパレードやステージでの音楽、ダンスもあり、人々は1日中、楽しめ酔いしれます。
2016年は、590万人の来場者、770万リットルのビール消費がされたとのこと。まさに世界最強のビール祭りですね!

A post shared by Adrya Mota (@adryamota) on

多くの外国人も参加するオクトーバーフェストは、今では日本を含め、カナダ、アメリカ合衆国、ブラジル、オーストラリア、香港などでも同様のお祭りが開催されています。

日本のオクトーバーフェストとは?

出典:はたさんの投稿

日本でのオクトーバーフェストが、今のような大規模で行われるようになったのは、2003年5月の日比谷シティでの「ジャーマンフェスト」、同年10月の横浜赤レンガ倉庫での「オクトーバーフェスト」からです。2006年に名称を「オクトーバーフェスト」に統一し、現在に至ります。

開催会場&開催時期

開催会場は、お台場・日比谷・奈良・東北です。開催時期は、春と秋。日本のオクトーバーフェストは、年に2回ほど楽しめるイベントになっているんです。詳しくは、公式HPをチェックしましょう。

オクトーバーフェストへ行ってみよう

出典:duncanさんの投稿

例えば日比谷会場なら、日比谷公園内の噴水広場で開催されます。大きな噴水を囲うようにビールやフードの屋台が並び、テーブル席がセットされています。平日は16時~22時まで開催しているので、会社帰りに寄ることも可能。土日は11時~22時(ラストオーダー21地30分)なので、昼間からビールが楽しめます。

ビールの買い方

出典:commit;さんの投稿

まずは注文したいビールのブースに行き、1杯目を注文。グラスのデポジット1000円とビール代金を支払います。

2杯目は、空いたグラスを持って、次に注文したいビールブースにいきます。注文時に空いたグラスを渡せば、2杯目以降はビール代だけでビールが購入できます。ただし、グラスに破損があった場合は、適応されません。グラスの扱いには、くれぐれも注意してくださいね。

出典:

お開きにするときは、空になったジョッキやグラスを注文したブースに返却します。ジョッキやグラスに異常が見られなければ、デポジットが返金されます。破損、紛失、盗難した場合は、残念ながらデポジットは返ってきません。

ドイツのビールが勢ぞろい!

ドイツビールが多く揃うイベント。ビール好きにはたまりません!会場内で提供されているビールでは、ラガー、日本ビールに近いピルスナー、黒ビールのドゥンケル、アルコール度数6%以上のボックがあります。

出典:yskpeaceさんの投稿

上面発酵ビールのヴァイスビアもしくはヴァイツェンビアは、ドイツを代表する白ビール。ふっくらとした豊かな泡立ちと、甘いバナナに似た香りが特徴です。日本のビールような苦みはなく、爽快感を楽しむビールです。

日本のドイツビール

出典:Tak [KBY]さんの投稿

日本のビール製造所も参加しています!ワールドビアカップ4大会連続受賞を果たしている、日本人が造るヴァイツェン。どんな味なのか気になった人は、是非、会場でお試しあれ。

ビアカクテル
フルーツ系のビールカクテルも充実しています。写真は、シュパルター製造所のグリーンアップルのビアカクテル。青りんごのスイートな味わいと、ミントの爽やかな後味があるリフレッシュビア。ビアカクテルは、アルコール度数も低めなので、アルコールに弱い人におすすめです。
ワインやソフトドリンクもあります
会場によっては、ドイツワインや日本酒なども飲めることもあります。ソフトドリンクは全会場で扱っているので、下戸も子連れファミリーも楽しめます!

クーポンでお得に楽しむ

会場内インフォメーションで販売している「オクトーバーフェスト2017年ガイドブック」。これは、ドイツビールの解説やオクトーバーフェストの基本ルール、2017年の開催スケジュールなどが書かれています。さらに、総額2600円のクーポンもついていますよ。

出典:ココットさんの投稿

クーポンを使ってスタンプを集めれば、さらにお得な特典もあります。1冊300円なので、すぐ元が取れますね。

フードメニューも充実!

ジャーマンソーセージ
ドイツといえば、ソーセージにポテト!各会場ではドイツを代表するフードメニューを用意しています。例えば、写真のホワイトソーセージは、ミュンヘン及びバイエルン地方を代表するソーセージ。ソフトな食感とハーブの爽やかな味わいが特徴です。
チェダーチーズナゲット
チェダーチーズとじゃが芋のカリカリフライ。ビールには、やっぱり揚げ物♡
ムール貝の白ワイン蒸し

出典:ueminさんの投稿

天然養殖場の活ムール貝のみを使用した、ガーリック風味のムール貝。1パウンドの大盛りシーフードは、食べごたえありで、シェアにピッタリ!

スナック
ドライフルーツやナッツなど、軽めのおつまみもあります♪今回紹介したフードメニューは、ごくごく一部。ビールに負けないくらいメニュー豊富なので、この機会にドイツ料理も堪能しちゃいましょう。

もっと楽しむには?

音楽に身をゆだねる

各会場では、国内外のバンドによる演奏が繰り広げられます。ライブで盛り上がったり
生バンドで踊ったり
パフォーマンスに魅了されたり。ステージは数回行われるので、タイムスケジュールの確認はお忘れなく。

衣装を着よう

会場内のグッズ売り場では、ドイツの女性用民族衣装「ディアンドル」のレンタルサービスがあります。本場ドイツのオクトーバーフェストでは、男女ともに伝統衣装に身を包んで、ビールを楽しむんですよ。子どもからLLまで揃う衣裳は、1時~最大5時間までレンタルOK。

A post shared by kyoko (@kyoko.0120) on

コスプレ感覚で着用すれば、まわりの人たちともすぐ仲良くなれること間違いなし!率先して、イベントを盛り上げちゃいましょう。ちなみに購入することもできるので、毎年参加する人やコスプレイヤーさんは一着持っていてもいいかも。超かわいいデザインだし♡

公式グッズあります

毎年好評のオリジナルTシャツ。3種類展開でS、M、L、XL、数量限定!
ネイビーのSサイズとナチュラルのLサイズのトートバッグ。お弁当を入れたり、エコバッグにしたりと、使い勝手がよさそう!
ドイツビールや郷土料理が描かれたマスキングテープも注目!会場では、自分のグラスにマスキングして、盗難や紛失の防止に役立てて!(※自分でグラスを持ち帰る場合に限る)

青空の下で飲むビールはサイコー!

出典:いんどさんの投稿

オクトーバーフェスについて紹介してきましたが、いかがでしたか。初夏や秋に開催される日本のオクトーバーフェスト。あなたもビール祭りに参戦して、みんなと盛り上がっちゃいましょう!くれぐれも開催会場と開催日の確認は、お忘れなく~。

関連まとめ

kumakuma

kumakuma

海外旅行、美容&スーパー銭湯、B級グルメが大好き! 本...