沖縄・海鮮グルメなら漁港直営『パヤオ』とれたてボリューミーな至福の味を堪能しよう♡

沖縄・海鮮グルメなら漁港直営『パヤオ』とれたてボリューミーな至福の味を堪能しよう♡

沖縄市・泡瀬漁港内にある『パヤオ直売店』では、沖縄の近海でとれた鮮度の高い魚が食べられることでも人気です。冷凍ではない生魚はどれも新鮮さの太鼓判付き!その場で食べてもお土産にしても◎。豪快さが魅力の港メシの絶品グルメをご紹介♪

2017年05月22日

漁港直営『パヤオ直売店』はおいしい海鮮が盛りだくさん!

「パヤオ直売店」料理 1174357 イセエビウニ焼き

出典:ナタリーナタリーさんの投稿

『パヤオ直売店』は、沖縄県中部の沖縄市、中城湾(なかぐすくわん)の「泡瀬漁港(あわせぎょこう)」内にあります。漁港直営のお店なので、新鮮なとれたての海鮮グルメをお目当てに人が集まります。地元民や国内外の観光客をはじめ、米軍関係者も訪れるのでインターナショナルに賑わう雰囲気も楽しみのひとつです。
漁港直営『パヤオ直売店』はおいしい海鮮が盛りだくさん!1174319

出典:

沖縄近海でとれたばかりの海鮮は種類が豊富。聞いたことのない異国情緒の魚が大量にてんこ盛り。お店に並ぶものを購入してその場で食べたり、テイクアウトすることも可能です。また、購入した魚を食堂に持ち込んで料理してもらうこともできますよ。もちろん、食堂の定番メニューもあるので、そちらも併せてご紹介します。

沖縄の魚の色がグロテスク

「パヤオ直売店」料理 1174348 直売所の鮮魚

出典:大西ライオンさんの投稿

「ギョギョッ!」。魚の販売エリアを探索するや否や、グロテスクなカラーの魚が。ちょっとこのカラフルな魚を食べるって抵抗ありますよね。でもご安心あれ。刺身にさばいてしまえば、その見栄えとは裏腹に、新鮮な歯ごたえとまったりした食感に、リピートする観光客があとを絶たないほど……。

マグロの解体ショーは必見!

「パヤオ直売店」内観 1174324 マグロを解体中

出典:yuf179さんの投稿

定期的に“マグロの解体ショー”も行われます。大きなマグロを三枚おろしに解体する過程は必見!お子さんの社会勉強にもなりますよ。手際の良い見事なさばきに思わず拍手。

気軽にテイクアウトも

「パヤオ直売店」内観 1174328 持ち帰りの品々

出典:IEHOJさんの投稿

隣接する食堂はちょっと高いという人ならテイクアウトが賢い。丼などが、リーズナブルな価格で用意されています。これを目当てに通い続ける地元リピーターのご用達なのです。

「パヤオ直売店」内観 1174334 鮮魚販売コーナー

出典:IEHOJさんの投稿

新鮮な魚はパックでも購入できますが、家族の多い沖縄ではブロックで購入する人も多いのだとか。新鮮なうちにその場で食べるのも最高です。

“アチコーコー”天ぷらも!

「パヤオ直売店」内観 1174337 店内

出典:subaru555さんの投稿

評判のアツアツの揚げたて「天ぷら」もテイクアウトにいかが?沖縄の「天ぷら」はサクサクというよりはフリッターに近い食感。これまた懐かしい味わいにホッコリしてしまいます。

「パヤオ直売店」料理 1174344 魚とイカの天ぷら (合計160円)

出典:IEHOJさんの投稿

沖縄のファストフードとも言われるスナック感覚の天ぷらは、アツアツ揚げたてが一番。ちなみに、沖縄地元ではアツアツのことを“アチコーコー”と言います。

海の見えるテラス席もおすすめ

晴れている日にはテラス席で海をみながら食べるのもいいですね。漁港独特の磯の香りが好きな人にピッタリ。

特産品販売コーナーでお土産も

「パヤオ直売店」料理 1174335 GETした品々

出典:さサラサらさんの投稿

ここならではのお土産探しも楽しいですね。地元民にも人気の「うにソース」は、料理のソースにはもちろん、パスタやドレッシングとしても最高だとか!

食堂の人気グルメをチェック!

「パヤオ直売店」内観 1174339 パヤオ直売店 地域産物展示販売施設

出典:大西ライオンさんの投稿

『パヤオ直売店』で食事をするには、席を確保してからカウンターでオーダー。

「パヤオ直売店」メニュー 1174346

出典:たかきちろうのすけさんの投稿

カウンターの上部にある写真の付いたメニューから選びましょう。カウンターの横で料理が出てくるまでしばし待機。料理は数分ほどで手早く用意されるので、自分の席までセルフサービス。

大人気!「イセエビウニ焼き定食」

大人気!「イセエビウニ焼き定食」1174316

出典:

定食は味噌汁と新鮮な刺身がついたお得メニューがラインナップ。中でも、「イセエビウニ焼き定食」は、イセエビにウニを塗ったものをグリルした贅沢コラボの絶品。一度食べたら忘れられないと訪れるリピーターも少なくないハイクオリティーは、試す価値あり!
「パヤオ直売店」料理 1174359

出典:おでのおでんさんの投稿

お値段は高めですが、15時からのサービスタイムを利用すれば、割引価格になるとか、要チェックです。

「マグロの握り」食べ放題はコスパ最強

「パヤオ直売店」料理 1174330 ネタ。新鮮です

出典:yuf179さんの投稿

年に数回提供される「マグロの握り食べ放題」は、マグロが大漁だった日に限って行われるイベント。8貫ずつ盛られた握りずしは新鮮そのもの。味噌汁もつく最強のコスパです。おかわりは自分でカウンターにもらいにいくシステムです。残念ながら不定期で行われるので、運を天にまかせましょう。

定番メニューのひとつ「魚のガーリックバター焼き」

「パヤオ直売店」料理 1174358 魚のバター焼き定食 時間が早いと大きいようです。

出典:大好き沖縄さんの投稿

「魚のガーリックバター焼き」も人気のメニュー。バター焼きのアレンジは沖縄では定番!魚のおいしさを最大限に活かす調理方法のひとつです。魚にのったすりおろしニンニクがたまりません。

お得な「マグロ丼定食」

「パヤオ直売店」料理 1174343 再々度のマグロ丼定食@2012-09

出典:GeeGeeさんの投稿

「マグロ丼定食」は、天ぷらとアラ汁も一緒にセットになったお得メニュー。漬けマグロにのった海ぶどうのプチプチ食感も◎。

バラエティーにのった「海鮮丼定食」

「パヤオ直売店」料理 1174345

出典:hiko yamaさんの投稿

いろいろな魚を食べたい欲張り派なら「海鮮丼定食」がおすすめです。マグロをベースに、沖縄でしか味わえない地魚が味わえます。その日によって変わる朝とれたばかりの新鮮なネタが楽しみ。

「魚汁定食」は深い味わい

「パヤオ直売店」料理 1174342 魚汁定食@2011-12

出典:GeeGeeさんの投稿

「魚汁定食」は、凝縮された魚のエキスが堪能できるもの。一口すすれば、口に広がる海鮮風味に大満足!魚好きにはおすすめの定食です。

営業時間の注意点

「パヤオ直売店」その他 1174322

出典:y_tsu31さんの投稿

4~9月はサマータイム、10~3月はウィンタータイムと、営業時間が異なるので、事前確認しましょう。盆と正月以外は、ほとんど年中無休ですが、台風の場合は休業となります。

『パヤオ直売店』への交通アクセス

車でのアクセス

「パヤオ直売店」外観 1174321 この看板が目印です。

出典:北のもみたろうさんの投稿

那覇空港からは、沖縄自動車道を利用するのが便利です。北中城インター経由、車でおよそ45分です。『パヤオ直売店』にアクセスするには、“泡瀬漁港”でナビ検索しても到着しますよ。

バスでのアクセス

バスでのアクセス1174300

出典:I.Kさんの投稿

バスの場合、東陽バス・泡瀬西線(31番)が便利です。ゆいレール(沖縄都市モノレール)・旭橋駅に隣接した“那覇バスターミナル”から徒歩で行ける、始発バス停「上泉(かみいずみ)」から、「泡瀬三区入口」までおよそ90分、徒歩で10分程度で泡瀬漁港に到着します。終日1時間に2・3本運行しています。上泉バス停がよくわからない場合は、那覇バスターミナルのスタッフに確認してみて。

『パヤオ直売店』の海鮮グルメいかがでしたか?

「パヤオ直売店」料理 1174363 マグロウニ丼1000円

出典:おでのおでんさんの投稿

漁港直営だからこそ味わえる、抜群の鮮度が醍醐味の『パヤオ直売店』。また、泡瀬まではちょっとスケジュールに合わないなら、道の駅いとまんにある『糸満漁業協同組合・お魚センター』や、那覇市泊港の『泊いゆまち』などの漁港直営店でも、新鮮な海鮮魚介類を堪能することができるので、そちらも要チェックです。

パヤオ直売店の詳細情報

パヤオ直売店

沖縄市 / 魚介料理・海鮮料理、天ぷら、海鮮丼

住所
沖縄県沖縄市泡瀬1-11-34 泡瀬漁港内
営業時間
[夏季] 10:30~18:00 [冬季] 10:30~17:30
定休日
盆・正月など
平均予算
  • ~¥999

データ提供

沖縄県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

SNSで人気

沖縄県×ホテル・宿特集

関連キーワード