信玄餅じゃなくて筑紫もち!お土産にも人気の福岡「如水庵」

信玄餅じゃなくて筑紫もち!お土産にも人気の福岡「如水庵」

全国的に人気の和菓子「信玄餅」に似ていると話題になった「筑紫もち」。福岡県民にとっては定番で、博多のお土産にも人気!モンドセレクションにも選ばれた地元の銘菓なんです!「どこが違うの?」と気になっている方のために、今回は筑紫もちと信玄餅の違い、そして筑紫もちを始めとする多くの和菓子を扱う「如水庵」の魅力についてご紹介します。福岡土産の話題として、筑紫もちと如水庵のこと、ぜひチェックしてください。

2017年05月23日

信玄餅に似てる?!「如水庵」の筑紫もち

福岡の「筑紫もち」をご存知ですか?「如水庵」の和菓子のひとつで、福岡県の代表的なお土産としてもお馴染みですが、実は全国的に有名な「信玄餅」にとても似ていると話題になっています。でもきっと福岡県民にリサーチしたら「筑紫もち」のほうがメジャー!そんな定番の和菓子を出す「如水庵」をご紹介します。その前に、2つの和菓子のどこが似ているのか検証してみましょう!

違うところがそのまま個性!

こっちが【信玄餅】

A post shared by kyoko 🍦 (@papipouty) on

こっちが「筑紫もち」
「筑紫もち」と「信玄餅」を比べると、確かにお餅の上にきな粉がかかっていて、黒蜜をかけて楊枝で食べるところはそっくり!お餅が入った白い容器のデザインや、風呂敷に包む形も似ているのが特徴なんですよ!

きな粉・求肥餅・黒蜜!でも味わいは違うんです♪

こちらが【信玄餅】

A post shared by nao (@naco1029) on

こちらが【筑紫もち】
「五十二萬石 如水庵 博多駅マイング店」料理 1166423 筑紫もち5個473円

出典:KOUJI328さんの投稿

どちらも求肥のきな粉餅、そして別容器に入った黒蜜が付いています。ただ比べてみると、黒蜜の色がかなり違う!信玄餅の方が黒蜜が濃く甘め、筑紫もちは上品な甘さといった感じ♪また信玄餅はきな粉が多めで、お餅も大きくて食べごたえがあります!一方の筑紫もちはきな粉が少なめで、求肥餅がしっとりして上品な味わいなんです。
「五十二萬石 如水庵 博多駅マイング店」料理 1175828 筑紫もち5個473円

出典:KOUJI328さんの投稿

どちらも好みが分かれるのがおもしろいところ♪両方食べてみて、好きなほうを見つけてみてくださいね!続いては「如水庵」についてご紹介しちゃいます!

「如水庵」は伝統を受け継ぐ和菓子店

「五十二萬石 如水庵 博多駅前本店」外観 1166430 5年ぶりに伺いました^ ^

出典:かちゅこ と ちヴィこさんの投稿

五十二萬石「如水庵」本店は、JR「博多駅」から徒歩5分の場所にあります。代々、神社仏閣の御供物調進所として屋号を重ねてきたと言われ、明治時代には皇室の御用菓子を献上したこともある由緒ある老舗。現在も工房では和菓子の技術向上に努め、日々良い和菓子やお菓子作りに挑戦しています。

如水庵のこだわり

「五十二萬石 如水庵 博多駅前本店」その他 1166426

出典:とんリンさんの投稿

如水庵はお菓子の素材となる水、小豆、塩、卵へのこだわりを重視しています。豆を煮たり、もち米を炊いたり、和菓子作りに欠かせない水は、谷山水系の天然水を地下水に引き、山麓の石清水のようにマイナスイオンを活性化させました。小豆は北海道十勝の有機栽培で、丁寧に手選りされた希少種のアカネ大納言“色薄”。塩は伊豆大島の天然塩田の“海の精”。卵は良質の飼料でストレスなく育つ、鶏の有精卵を使用します。

五感に訴える最高のお菓子作り

「五十二萬石 如水庵 博多駅前本店」料理 1166465

出典:喜一郎さんの投稿

如水庵は「お菓子は五感の芸術。詩心あふれる最高峰のお菓子づくりをめざす。」を理念のひとつにしています。味覚はもちろん、舌触りやのどごし、口溶けの良さなどの食感、美味しそうな良い香り、音の響きと意味を与え、聴覚に訴えるネーミング、そして見た目と五感全部に訴えかけるお菓子づくりを心がけているんです。菓子折りの掛け紙や題字は日本画家・書家、デザインは地元の著名な染色家の作品を使用しています。

お土産に人気の銘菓筑紫もち

「五十二萬石 如水庵 博多駅前本店」料理 1166437 きなこタップリ

出典:喜一郎さんの投稿

モンド・セレクション最高金賞受賞の銘菓「筑紫もち」。良質な皮むき大豆を使ったきな粉は、お口に頬ばると香ばしさが広がります。きな粉餅はお子さまからご年配の方まで美味しく召し上がれる、飽きの来ない美味しさ。お好みできな粉餅に黒蜜をかけていただきます。
「五十二萬石 如水庵 博多駅前本店」料理 1166438 100円 信玄餅より 断然 お得

出典:喜一郎さんの投稿

如水庵の社長が幼いころ、祖母に作ってもらったきな粉餅をヒントに作られた筑紫もち。遠く離れた故郷を懐かしく思い出す地元の銘菓であり、大切な方に福岡を知っていただくための手土産として最適な和菓子です。
「五十二萬石 如水庵 博多駅前本店」料理 1166441

出典:喜一郎さんの投稿

パック入りは1パック3個入り、5個入り、6個入り、菓子折りは1箱6個入りから18個入りまで、個数をいろいろ選べます。ちょっとした手土産や自宅用、ご進物など用途に合わせて選べるので利用しやすいですね。

筑紫もちのおすすめの食べ方♪

「五十二萬石 如水庵 博多駅前本店」料理 1175859 きな粉もち? いえいえ黒蜜をかけると・・・

出典:ぐるめ部長さんの投稿

筑紫もちの3個のお餅を1つずつ最大限に味わうおすすめの食べ方。1つめは上にかかったきな粉を払い落し、お餅のみを味わい、2つめはきな粉餅として味わい、3つめはきな粉餅に黒蜜をたっぷりかけて味わいます。筑紫もちの美味しさを十分楽しめますよ♪

定番商品は他にも

「五十二萬石 如水庵 博多駅前本店」料理 1166435 通販にてお試しセット販売中☆♪

出典:ぐるめ部長さんの投稿

筑紫もちの他にも定番の和菓子が揃っています。発売60周年を迎えた黒田五十二萬石のもなか、大河ドラマで話題になった官兵衛の赤合子をイメージしたどら焼き、さつま芋を使った博多よかいも・とっとーと、ゼリー菓子の曲水の詩、焼き菓子のどんたく絵巻、柚子餡をくるんだ荒津の舞など、地元ゆかりの銘菓ばかりです。

五十二萬石 如水庵 博多駅前本店の詳細情報

五十二萬石 如水庵 博多駅前本店

祇園、博多、呉服町 / 和菓子、大福

住所
福岡県福岡市博多区博多駅前1-24-10
営業時間
[月~金] 9:00~19:00 [土・日・祝] 9:30~18:00
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

福岡県のツアー(交通+宿)を探す

このレストランの紹介記事

関連記事

SNSで人気

福岡県×ホテル・宿特集

関連キーワード