【北海道】”飲む羊羹”ってご存知?食べてみたくなる「清月」のユニークなお菓子

【北海道】”飲む羊羹”ってご存知?食べてみたくなる「清月」のユニークなお菓子

羊羹は食べるもの、そんな常識はもう通じません!北海道北見の老舗菓子店「清月」から発売された「飲む羊羹」。今までの常識を打ち破る、まったく新しいスタイルが話題です。羊羹なのになぜかとってもおしゃれで、甘党さんへのギフトにもピッタリ♪一度は味わってみたい「飲む羊羹」と清月のユニークなお菓子をご紹介します。

2017年05月24日

羊羹を「飲む」時代がやってきた?!

羊羹を「飲む」時代がやってきた?!1173745

出典:komazoさんの投稿

「羊羹(ようかん)」と言えば四角くて甘い、お茶にピッタリの和菓子ですが、そんな常識を覆す驚きの商品が発売されたのをご存知ですか?それはなんと「飲む羊羹」なんです!

羊羹を「飲む」時代がやってきた?!1173838

出典:turbo3さんの投稿

水ようかんやお汁粉とも全く違う、新感覚の飲む羊羹。一体どんなものなのでしょうか。日本全国のあんこ好きの甘党の皆さん!見逃してはいけませんよ♪

北海道北見の老舗菓子店「清月」

「清月 本店」外観 1173920 外観

出典:★スマイル★さんの投稿

そんなユニークな商品を販売しているのは、北海道北見市の老舗菓子店「清月」です。80年以上の歴史を持つこちらのお店、北見を代表する菓子店として地元に根付いています。

「清月 本店」料理 1174228 赤いサイロ≪5個入り≫(外箱の中には小箱が5つ、2014年7月)

出典:やんやんこさんの投稿

清月の代表的な商品と言えば、この「赤いサイロ」。JALのスーパーシートの茶菓にも採用されたり、テレビの「隠れたお土産特集」でも第1位を獲得するなど実力派のお菓子です。

「清月 本店」料理 1174233 赤いサイロ

出典:★スマイル★さんの投稿

中身はおいしそうなチーズケーキ。ふわっと軽いのにコクがあり、後を引くおいしさ。ファンも多い商品です。

「もっと北見産の小豆を!」の想いから新ブランド誕生

「清月 本店」その他 1174613 「きたみあずき屋」リーフレット。

出典:Cara papaさんの投稿

北見地方は、実は小豆の生産量が年間500トンもあるのに、地元の小豆を使ったお菓子が少なかったそう。ここに目を付けた同社が、2015年に北見産の小豆にこだわった新ブランド「きたみあずき屋」を立ち上げました。

「清月 本店」料理 1174492 きたみあずき屋ブランドの抹茶パウンドケーキ

出典:★スマイル★さんの投稿

これまでにもどら焼きやパウンドケーキなどたくさんの商品が販売され、好評を博してきましたが、さらなる商品の開発に挑み、ついに驚きの商品が生まれました。それが、「飲む羊羹 ICHIZU」です!

まるでワインのよう!おしゃれすぎる「飲む羊羹 ICHIZU」

まるでワインのよう!おしゃれすぎる「飲む羊羹 ICHIZU」1173788

出典:

それがこちらの商品、その名も「飲む羊羹 ICHIZU」。羊羹のイメージとはかけ離れた、ワインのようなおしゃれなボトルに入っていて、見た目も素敵♪こんな商品、今までに見たことがありません!

この「飲む羊羹 ICHIZU」は普通の羊羹の2倍の小豆を使い、とっても濃厚でとろりとした舌触り。北見産の選りすぐりの小豆を熟練の職人さんたちが練り上げています。高級感のあるボトルはギフトにもピッタリですね。甘党の親せきや友人に贈ると喜ばれそうです。

工夫次第で色々使える

工夫次第で色々使える1173883

出典:

使い方は、そのままグラスに注いで飲むのはもちろん、アイスクリームにかけたり、トーストやかき氷にかけて食べるのもおすすめだそう。工夫次第で色々使えそうです。

抹茶のチーズケーキにかけるのもおいしそうですね。小豆と抹茶は相性が抜群です♪

ちなみに、この「飲む羊羹 ICHIZU」は、濃度が濃く食感を重視しているので、開栓直後は中身が出にくくなっているのだそう。よく振ってゆっくりと注ぐと出てきますので、この時間も楽しんじゃってくださいね。

お取り寄せもできちゃう♪

A post shared by tadash (@tadash1134) on

お求めは清月の直営店のほか、公式オンラインショップや楽天市場からもお取り寄せができます。新感覚の飲む羊羹、ぜひ一度お試しくださいね♪

ほかにもユニークな商品が色々!

「飲む羊羹 ICHIZU」で話題の清月ですが、そのほかにもたくさん個性的な商品を生み出しています。その中でもおすすめを紹介していきますね。

薄荷羊羹(はっかようかん)

清月の創業以来販売されている「薄荷羊羹」。北見は昔、ハッカの一大産地だったことからこの商品が誕生しました。しっとりとした羊羹からふわりとハッカが香ります。羊羹とハッカという意外な組み合わせは北見ならではですね。

蝦夷めぐり

「清月 本店」その他 1174592

出典:☆流れ星さんの投稿

40年以上のロングセラーを誇る「蝦夷めぐり」。派手さはありませんが、清月の人気商品です。

ミニサイズのバウムクーヘンの中にはバタークリームが入っていて、しっとりと懐かしい味わい。味はオレンジとチョコの2種類です。20年以上も同じ職人さんが巻き続けているという、熟練の技が生かされた名品です。

バウムラスク

「清月 本店」料理 1174537 バウムラスク

出典:machuさんの投稿

バウムクーヘンをラスクにした画期的な「バウムラスク」。職人さんが丁寧に焼き上げ、サクッとした歯触りと優しく懐かしい味が特徴で、何枚でも食べられそうです。クッキーとは全く違う食感ですよ。

「清月 本店」料理 1174538 バウムラスク

出典:machuさんの投稿

スイーツ好きで知られる、あの的場浩司さんの著書にも登場しているというバウムラスク。かなりの実力派商品です。

焼肉のまち北見クッキー

「清月 本店」その他 1174261

出典:soutaそーたさんの投稿

北見は焼肉のまちとしても有名で、毎年2月には氷点下の屋外で焼肉を食べる「北見厳寒の焼肉祭り」も開催されています。その焼き肉をお菓子で表現できないかと考えられたのがこの「焼肉のまち北見クッキー」です。

「清月 本店」料理 1174259 見た目は普通。

出典:Cara papaさんの投稿

見た目は普通のクッキーに見えますが、自社で製造した焼き肉のたれを練り込み、白く見える粒はお米をポン菓子にして入れることで、ご飯と焼き肉のたれを表現しているのだそう。しかし、肝心のお肉は入っていないとのこと…。味はあまじょっぱく、お酒のおつまみにもなりそうな新ジャンルのクッキーです。

清月 一番街本店の詳細情報

清月 一番街本店

北見 / 和菓子、ケーキ

住所
北海道北見市北1条西1丁目
営業時間
9:30~18:30
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

いかがでしたか?

今まで誰も思いつかなかった、驚きの「飲む羊羹」。北見産の小豆にこだわった清月の自信作です。自分へのご褒美やプレゼント、話のネタにもおすすめですよ。ぜひ一度召し上がってみてはいかがでしょうか。

清月 一番街本店の詳細情報

清月 一番街本店

北見 / 和菓子、ケーキ

住所
北海道北見市北1条西1丁目
営業時間
9:30~18:30
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

北海道のツアー(交通+宿)を探す

このレストランの紹介記事

関連記事

SNSで人気

関連キーワード

青森県を旅する編集部おすすめ

お得に旅する編集部おすすめ

Go To トラベルキャンペーンでお得に旅しよう♪ 知っておきたい基本情報&オススメの旅先