世界最大級の「本の街」といえば神保町!有名な本屋さん9選をご紹介

世界最大級の「本の街」といえば神保町!有名な本屋さん9選をご紹介

東京都千代田区神田にある“神保町”は、約190店もの本屋が集まる世界最大級の「本の街」です。神保町ブックフェスティバルや神田古本まつりなど、本に関するイベントも行われており、地元だけでなく全国から本好きが集まるスポットです。一日では見切れないほどの沢山の本があるので、目的がなくてもふらっと立ち寄るのにおすすめですよ。今回は、そんな神保町で人気の有名な本屋さんをご紹介します!

2017年05月25日

本好きの天国「神保町」

本好きの天国「神保町」1170463

出典:kazushopapaさんの投稿

「どんな本でも手に入る」と言われている神保町には、全国に展開している新刊大型書店から、珍しい古書を取り扱っているお店など沢山の本屋さんがあります。これだけ書店が集まっている地域というのは世界的に見ても珍しく、ここでしか出会えない本を求めて多くの人が足を運びます。
毎年秋に開催されている「神保町ブックフェスティバル」は、神保町の本屋さんが一同に参加するお祭りで、お買い得な本のワゴンセールや朗読会、文学に関する講演などが行われます。この期間中は近くの学校の吹奏楽部による演奏なども行われる為、町をあげてお祭りムード一色になります。

@uuu.47sがシェアした投稿 -

神田神保町古書店街の「神田古本まつり」では、靖国通り沿いにある古書店の向かいにずらっとならんだ“本の回廊”が名物になっています。こちらも毎年秋に開催されています。
本好きの天国「神保町」1179678

出典:しばおさんの投稿

今回は、神保町の本屋さんで抑えておきたい有名店をご紹介します!どのお店もそれぞれ個性があるので、どこへ行こうか迷った時には、是非参考にしてみてくださいね。

最新の話題作から専門書まで手に入る「新刊書店」

三省堂書店 神保町本店

三省堂書店 神保町本店1169812

出典:

神保町の本屋さんの中でも特に大きく有名なのが「三省堂書店」です。神保町が本店で、今では日本のみならず海外にも進出しており50を超える店舗があります。町のランドマーク的な存在にもなっていて、とにかく品揃えが豊富。「本のデパート」との異名も持っています。1881年創業の日本有数の老舗書店ですが、最近では電子書籍の販売をするなど、新しい取り組みにも力を入れています。
建物の1階から6階まで全てが書籍の販売スペースで、約140万冊もの書籍が並んでいます。特に1階には話題になっている本が平積みされているので、ふらっと遊びに行くだけでも、今の流行を知ることができますよ。また、この書店が発信でヒットする作品もあり、一般のお客さんだけでなく出版業界の関係者もよく足を運びます。
部数の少ない本や専門書も、お店の人に言えば一緒に探してもらうことができます。「ここに来ればなんでも手に入る」と言われる本屋を目指して、常に品揃えに気を配っています。

東京堂書店

東京堂書店1169821

出典:

神保町のすずらん通りに面している「東京堂書店」は、明治23年に創業した老舗の書店です。1階には「paper Back Cafe」というお洒落なカフェがあり、その窓際にはこのお店で販売数の多い人気の本が陳列されていて目を引きます。全国のランキングとは違った、個性的な本がランク入りすることもあり、それにつられて思わず入店してしまうお客さんも多いんだとか。
お店の1階のレジ横には「軍艦(正式名は“知の泉”)」と呼ばれる陳列棚があり、賞をとった話題の本の他に、店員さんおすすめの本が並べられています。2階と3階はより専門色が強くてマイナーな本が並んでいて、大手出版社のものだけでなく地方の小さな出版社の本を集めたコーナーや、ディープな文芸書が並ぶコーナー、他の本屋さんでは出会えないようなカルト本まであり、時間があるときにじっくりと眺めるだけでも面白い品揃えが魅力です。
「ペーパーバックカフェ」内観 1179617

出典:とうきんさんの投稿

「paper Back Cafe」では、“自分らしく本と向き合える場所”をコンセプトに、ドリンクメニューやカフェご飯が楽しめます。静かで落ち着いた空間で、読書や勉強、仕事などをすることができ、都心の喧騒から離れて自分だけの時間を楽しみたい人におすすめです。一階はカウンター席のみですが、すべての席に電源がついていて、Wi-Fiも使用できるので、ちょっとした作業をしたい時にも便利です。2階は窓際のカウンター席と、テーブル席があり、自然の光が差し込む気持ちの良い席で、ゆったりと過ごすことができます。

書泉グランデ

書泉グランデ1169825

出典:

昭和23年創業の「書泉」の老舗書店「書泉グランデ」は、主にアイドル、鉄道、アウトドア、プロレスなどの趣味に特化した書籍を多く取り扱っている書店です。地下1階から6階までが書籍の販売コーナーで、7階のイベントスペースではアイドルやプロレスラーなどの握手会やサイン会などが行われています。
書籍だけでなく関連グッズの販売も行っており、ここでしか手に入らないレアなものも多く取り揃えていることからファン注目が高い書店でもあります。6階には鉄道関係のグッズが揃っており、「鉄道ファンの聖地」としても有名。鉄道の本だけでなく鉄道模型や鉄道部品なども販売しています。

yazzzzさん(@yazzzz)がシェアした投稿 -

ボードゲームのコーナーには、一風変わった商品が販売されています。本を買いに来たはずなのに、気づいたらグッズまで購入してしまうほど、趣味の幅広げてくれそうな本屋さんです。

ブックハウスカフェ

「ブックハウス神保町」が」閉店した跡地にできた「ブックハウスカフェ」は、主にこども向けの書籍や絵本などを扱う新刊児童書専門店です。カフェと一緒になっていることで、小さな子供連れから孫の本を選ぶ大人まで、ゆっくりとくつろげる空間になっています。
本屋さんに子供を連れていくと、本に目をやっている間にどこかに行ってしまわないように注意したり、子供の声が周りの人の迷惑にならないように気を遣うことから、あまり長居することができませんよね。でもここには小さい子供が遊べるようなスペースや、個室、授乳室などもあり、子供連れの親御さんも安心してじっくりと本を選ぶことができる空間になっています。普段忙しいママさんたちがホッと一息つける憩いの場として人気です。

姉川書店(神保町にゃんこ堂)

姉川書店(神保町にゃんこ堂)1169882

出典:

話題の新刊書から雑誌までを取り揃えている一見何の変哲もない普通の本屋さんの「姉川書店」。このお店が神保町の中でも有名となったのは、数年前にはじめた猫専門書を扱う「神保町にゃんこ堂」を開いたことがきっかけでした。インターネットの普及により書籍の売り上げが減って悩んでいたところに、娘さんの提案で猫の本を種類豊富に取り揃えたのがはじまりで、今では全国の猫好きが集まる人気の本屋さんとなりました。
姉川書店(神保町にゃんこ堂)1169883

出典:

仕入れからポップまで娘さんがこだわって集めた猫書籍のコーナーはインターネットで話題となり、今ではお店の半分以上が猫関連の本で埋まっています。約400種類、2000冊以上の品揃えがあり、猫写真を撮っているカメラマンさんのサイン会なども開催されているので、猫好きにはたまらない本屋さんです。

貴重な本からマニアックな本まで揃う「古書店」

荒魂書店

すずらん通りにある「荒魂書店」は、アイドル雑誌やプレミアグッズが揃うお店です。店内には1万点ものアイドルの写真集やテレフォンカード、缶バッチといったグッズが販売されています。30~50代のかつてアイドルファンだった人が訪れ、当時買うことができなかったグッズを大人買いしていく人も多いんだとか。昔では考えられないほどのプレミアがついたお宝グッズなどもあり、童心にかえって夢中で眺めることができます。
神保町ブックフェスティバルの際には写真集がどれも500円で販売されており、当時を知らない若い世代の人も思わず見入ってしまうほど。ホームページでは取扱商品を閲覧することができるので、お目当ての商品があるかチェックしてから出かけるのも良いですね。

田村書店

1904年創業の古書店「田村書店」は、漢書の取り扱いから始まった老舗の古書店です。現在ではフランス・ドイツ系の文学書を中心に、文学書や洋書の原書専門店としていつも多くの人が集まる有名店です。2階建ての限られた空間に沢山の本が並んでいる様子は、古書店らしいワクワクを感じさせてくれます。
入口には値札の貼られた全集が並び、洋書の他にも太宰治、谷崎潤一郎などの初版本も丁寧に取り扱いされています。「日本一質が高い」と言われる特価のセールも人気です。

矢口書店

矢口書店1170465

出典:kuromu24さんの投稿

いかにも古本屋さん!という歴史を感じる佇まいの「矢口書店」は、大正7年創業の主に映画や演劇、シナリオなどの本が揃う古書店です。映画マニアだけでなく、俳優さんや業界関係者も訪れるお店で、俳優のエッセイや映画監督監督の評論本まで揃っています。人気商品は50年代~60年代のパンフレットで、日本全国を探してもここでしか手に入らないレアなものもあるんだとか。映画や演劇以外にも、日本のアニメーションの歴史や、最近では上方落語関連の本も取り扱っています。
当時流行の最先端だった雑誌は、今見ると古さではなくむしろ新鮮に感じることもできます。今では大御所と言われる俳優さんが若かりしころに表紙を飾った雑誌などもあり、今と昔の違いを楽しむこともできますよ。

古賀書店

古賀書店1169869

出典:

矢口書店の右隣に位置しているのが「古賀書店」は、クラシックを主流とした音楽専門の古書店です。楽譜や音楽家の伝記の他に、研究所や珍しい音楽家の資料なども販売されています。ロックなどのサブカルチャー的なものは置いてありませんが、タンゴやシャンソンなど、世界の音楽を知ることができる古書店です。

MICHAさん(@michamoon)がシェアした投稿 -

日本では殆ど取り扱いのない貴重な本や一般の人では購入することができない珍しい本を求めて、音楽学校の学生さんや音楽を仕事にしている人たちが多く訪れています。マスクをした声楽家の学生さんたちが多く集まるお店としても有名です。

いかがでしたでしょうか?

いかがでしたでしょうか?1170469

出典:mazarukaさんの投稿

絵本からマニアックな本までが幅広くそろう神保町。好きなジャンルの本を目当てにいくのはもちろん、新しく興味を惹かれるような本を探しにでかけてみるのも良いですね。是非、近くに住んでいる方も、地方から観光で東京に遊びに行く方も、近くまで行った際には一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

東京都のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

東京都×ホテル・宿特集

関連キーワード