はじめての鵜飼におすすめ! 親しみやすい木曽川鵜飼へ行ってみよう

はじめての鵜飼におすすめ! 親しみやすい木曽川鵜飼へ行ってみよう

夜の川面にかがり火が輝き、水面では鵜が泳いで川魚をとってくる…。幻想的な風景の中で行われる鵜飼は夏の風物詩です。東海エリアの鵜飼は長良川が有名ですが、愛知県犬山市の木曽川でも鵜飼がおこなわれています。伝統的な衣装をまとった鵜匠(うしょう)と鵜の動き、木曽川から見上げる犬山城の姿など、木曽川鵜飼の優雅な光景に見とれましょう!

2017年05月30日

1300年以上の歴史を誇る伝統漁にうっとり

世界でも珍しい古来から伝わる漁法

世界でも珍しい古来から伝わる漁法1180122

出典:ミンチカツさんの投稿

鵜飼とは、訓練した鵜(ペンギンなどの仲間の鳥)を使って川魚をとる伝統漁法です。世界でも希少な漁法で、日本や中国で主に行われてきました。奈良時代の歴史書「古事記」にも登場し、約1300年前からあったと言われています。現在では観光用鵜飼が木曽川、長良川、京都の宇治川、大分県の三隅川などでおこなわれていて、1300年にもわたって守られてきた伝統漁を目の前で体感することができます。

鵜と人間の華麗なチームプレーが見もの

鵜飼では、舟に鵜匠(うしょう)が乗って鵜をコントロールします。1人の鵜匠があやつる鵜は10羽で、鵜ののど元に結んだ紐で指示を出します。鵜は鵜匠の動きに従って水中にもぐり、川魚を獲っては浮かび上がってきます。
鵜と人間の華麗なチームプレーが見もの1180216

出典:ミンチカツさんの投稿

鵜飼中は、鵜匠がホーイホーイと独特な声を出して鵜をはげまします。水面に上がった鵜は鵜匠や”なか乗り(鵜匠の助手役)”から魚を取り出され、また水中へ消える。みごとな鵜・鵜匠・なか乗りとの連携プレーです。

息のあった連携技は鵜匠と鵜の信頼関係から

息のあった連携技は鵜匠と鵜の信頼関係から1180222

出典:ねえ●●やまっちさんの投稿

川にもぐって獲った魚を人間に取られるなんて、鵜がかわいそう…。そんなふうに感じるかもしれませんが、鵜と鵜匠の間には深い絆があります。鵜匠は鵜の世話や訓練をして、日ごろから一羽ずつ鵜の状態に細やかな気を配り、体調によっては漁をお休みさせることも。こういった鵜匠によるケアが行き届いているため、鵜飼の鵜は、一般的なウミウよりも長生きするといわれているんですね。

初めての方におすすめの木曽川鵜飼♪

伝統的な長良川鵜飼か、カジュアルな木曽川鵜飼か

伝統的な長良川鵜飼か、カジュアルな木曽川鵜飼か1180174

出典:ミンチカツさんの投稿

鵜飼というと、岐阜県長良川の鵜飼が有名ですが、長良川の鵜飼は皇室に保護された伝統的な鵜飼です。荘厳で美しいのですが、初めての人はちょっと緊張するかも。対して木曽川鵜飼は長良川鵜飼ほど堅くなく、リラックスして鵜と鵜匠の動きを眺められ、のんびりと楽しめる鵜飼です。

木曽川鵜飼の鵜匠は、犬山市観光局職員!?

長良川鵜飼の鵜匠は宮内庁の式部職に所属する国家公務員で、世襲制。それに対して、木曽川鵜飼の鵜匠は犬山市観光協会の職員です。世襲制ではないので、鵜匠が足りなくなれば一般公募されることもあります。観光協会職員だなんて、木曽川の鵜匠がより身近に感じられますね。

鵜の活躍が屋形船ギリギリのところで!

鵜の活躍が屋形船ギリギリのところで!1186302

出典:不良オヤジさんの投稿

木曽川鵜飼は鵜舟とお客さんが乗る屋形舟の距離がとても近いのが特徴です。鵜が水中に飛び込む水しぶきを感じられることもあり、まるでお客さん自身が鵜飼に参加しているような気分になります。

昼の鵜飼も開催中

昼の鵜飼も開催中1180197

出典:

木曽川鵜飼には、昼鵜飼があります。本来の鵜飼は漁ですから夜におこなうのですが、鵜と鵜匠の動きは昼のほうがよく見えるので、昼の鵜飼もまた見事です。長良川鵜飼には昼鵜飼はなく、こんなところも木曽川鵜飼の気軽に楽しめる理由でしょう。

かがり火の下で、幻想的な情景が広がる夜の鵜飼

かがり火の下で、幻想的な情景が広がる夜の鵜飼1180231

出典:ねえ●●やまっちさんの投稿

それではまず、夜の幻想的な鵜飼を見ていきましょう。闇にかがり火がきらめき、舟上には伝統的な衣装をまとった鵜匠が立つ。鵜匠の手の先では、10羽の鵜が漆黒の木曽川の中にもぐっては浮かび上がります。
かがり火の下で、幻想的な情景が広がる夜の鵜飼1186304

出典:不良オヤジさんの投稿

炎・水しぶき・鵜の動きと、実は非常にアクティブな鵜飼。歴史絵巻のおっとりした光景をイメージしていると、躍動感に驚きます。特に鵜の動きは、なめらかですが想像以上に激しいんです。
かがり火の下で、幻想的な情景が広がる夜の鵜飼1186309

出典:Frogmanさんの投稿

激しく動く鵜のすぐそばに屋形船がいます。ひとつの鵜舟に最大で3隻の屋形船がつき、鵜舟と屋形舟は鵜の動きについて、一緒に木曽川を下ります。夜の木曽川を舟で下るのも、優雅な歴史絵巻の一コマのようです。

ライトアップされた国宝・犬山城も見どころ

ライトアップされた国宝・犬山城も見どころ1180170

出典:aitaikanon_kさんの投稿

木曽川鵜飼の見どころのひとつは、夜の犬山城。屋形船から見上げる犬山城はライトアップされて、神々しい美しさです。さすが国宝!

鵜のなめらかな動きを堪能できる昼鵜飼

鵜のなめらかな動きを堪能できる昼鵜飼1186925

出典:

昼鵜飼のメリットは、鵜の動きが夜よりもはっきりと見えること。鵜舟と屋形船の距離は夜と変わりませんから、すぐ目の前で鵜と鵜匠の華麗なチームワークが見られます。
鵜のなめらかな動きを堪能できる昼鵜飼1180140

出典:ミンチカツさんの投稿

昼鵜飼の所要時間は約2時間30分、6月1日~10月15日の毎週火・木・土・日曜(8月9日~12日を除く)に開催されます。上記外の日でも、大人20名様以上で申し込めば随時運行してくれます。夜の鵜飼よりちょっとリーズナブルなので、気軽に行けるのもメリットです。

女性鵜匠に会えるかも!?

木曽川鵜飼ではママ鵜匠も活躍中!

木曽川鵜飼の鵜匠は現在4人、そのうち1人は女性です。稲山琴美さんは東海地方では初めての女性鵜匠として活躍していましたが、しばらく育児休業を取り2017年に復帰されました。
木曽川鵜飼ではママ鵜匠も活躍中!1180264

出典:

現在は昼鵜飼を中心に活躍し、犬山市の観光PRにつとめています。全国的にも美人鵜匠として注目されている稲山さん。鵜飼に参加する鵜匠は指名できませんが、出会えたらそのすばらしい技にうっとりしちゃってくださいね。

鵜匠の古式ゆかしい衣装も見どころ

鵜匠の古式ゆかしい衣装も見どころ1180248

出典:

鵜匠の衣装は、風折烏帽子(かざおれえぼし)、黒か紺の木綿の漁服(りょうふく)、胸当て胴着、腰蓑(こしみの)と決まっています。足元には足半(あしなか)という指先から足裏の半ばまでしかない草履をはきます。こういった腰蓑や足半は、鵜匠自身が自分のサイズに合わせて作ります。

食事なしプランなら前日予約でOK

食事なしプランなら前日予約でOK1180295

出典:ねえ●●やまっちさんの投稿

木曽川鵜飼に行こうと思ったら、公式サイトからネットで予約するか、木曽川観光株式会社に電話で申し込みましょう。コースは3種類あり、夜鵜飼の船上での食事プラン・夜鵜飼の食事なしプラン・昼鵜飼(もれなく食事つき)です。夜と昼の食事つきコースは3日前までにご予約を、夜の食事なしコースは前日までに予約すれば大丈夫です。
食事なしプランなら前日予約でOK1180151

出典:ミンチカツさんの投稿

夕刻、漁場へ向かう鵜舟。幻想的な情景です。

2017年の日程は、6月1日~10月15日です。夜の鵜飼は8月10日以外毎日開催されていますが、週末を中心に予約が埋まりつつあります。公式サイトの予約カレンダーで空き状況を確認して申し込みましょう。なお、木曽川の状況及び天候により運休することもあります。

鵜飼見物で殿様気分♪

鵜飼見物で殿様気分♪1180272

出典:Milesさんの投稿

鵜飼は、屋形船に揺られて木曽川で遊ぶ優雅なイベント。舟の中から鵜匠と鵜の動きを見ていると、まるでお殿様のような気分になってきます。のんびりと木曽川に浮かんで、夏の1日を堪能しましょう。

愛知県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード

全国を旅する編集部おすすめ

お得に旅する編集部おすすめ

Go To トラベルキャンペーンでお得に旅しよう♪ 知っておきたい基本情報&オススメの旅先