新潟のゴールデンウィークイベント!花見とスキーを楽しもう♪

新潟のゴールデンウィークイベント!花見とスキーを楽しもう♪

新潟では「お花見」と「スキー」を同時期に楽しめるってご存知ですか? 県内には5月下旬までオープンしているスキー場があり、桜など春の花々は4月下旬~5月上旬に見ごろを迎えます。つまり、『ゴールデンウィーク』は新潟観光にぴったりの季節なんです! というわけで、この記事では新潟でのゴールデンウィークの楽しみ方をご紹介します。今年のゴールデンウィークはぜひ、新潟へおいでませ!

2018年03月09日

ゴールデンウィーク中の新潟の見どころをご紹介!

1. 弥彦公園のヤヒコザクラ

A post shared by i.sat20 (@i.sat20) on

県内最大のパワースポット・弥彦神社と、1000年もの歴史を持つ弥彦温泉の2大観光スポットがある「弥彦公園」。1年を通して楽しめる人気のスポットですが、特に弥彦山頂の「ヤヒコザクラ」は必見。樹齢170年あまりの大木で、その力強い姿は圧巻です。
1. 弥彦公園のヤヒコザクラ1561349

出典:きはるさんの投稿

公園内にはソメイヨシノや八重桜のもあり、例年4月下旬~5月上旬までお花見を楽しめます。

2. 国営越後丘陵公園のチューリップまつり

2. 国営越後丘陵公園のチューリップまつり1561352

出典:

春の花は、桜だけじゃありません。長岡市にある越後丘陵公園では、四季を通じてさまざまな花や自然体験を楽しむことができます。ゴールデンウィークシーズンには、およそ3000平米の「花の丘」に色とりどりのチューリップが咲き誇ります。それに合わせて例年「チューリップまつり」が開催され、オランダ衣装を着て記念撮影をしたり、さまざまなクラフト教室を楽し婿とができます。

3. 五泉市チューリップまつり

3. 五泉市チューリップまつり1561355

出典:

県内有数のチューリップの産地・五泉市。市内の巣本地区には約150万本ものチューリップが咲き誇る広大なチューリップ畑があり、例年4月中旬~下旬には「チューリップまつり」が開催されます。会期中はチューリップのプランター・球根販売や、市の特産品である里芋やお酒の販売などが行われます。

4. いくとぴあ食花

子どもから大人まで、新潟の「食と花」について、楽しみながら学べる「いくとぴあ食花」。例年のゴールデンウィーク前半ごろにはおよそ11万本のチューリップが見ごろを迎え、それに伴ってイベントも開催されます。ヒツジの毛刈りや園芸・アロマ関連教室、ミニコンサート、農産物の販売など、その内容は様々。五感をフル活用して、丸1日満喫しちゃいましょう!

5. GALA湯沢スキー場

5. GALA湯沢スキー場1561373

出典:

新幹線の停車駅(越後湯沢駅)とスキーセンターが直結した、世界に例を見ないスキー場として知られる「GALA湯沢スキー場」。こちらは営業期間が5月上旬までと長く、ゴールデンウィークでも滑れるんです! (※その年の気候によってクローズ日は変動する可能性があります。)スキーを楽しんだ後は、併設の温浴施設「SPAガーラの湯」でのんびり過ごしてみてはいかがでしょうか?

6. かぐらスキー場

6. かぐらスキー場1561376

出典:

こちらは一部エリアを除いて、なんと5月下旬まで滑れるスキー場です! 営業期間の長さだけでなく雪質のよさでも有名で、初心者から上級者まで幅広い方におすすめ。かぐらエリアにある宿泊施設兼レストラン「和田小屋」では、スノーシーズンに限らず1年を通してさまざまな山小屋体験が楽しめます。

花やスキーより団子!というあなたには

7. 白根グレープガーデンのいちご狩り

A post shared by Hamzah Babkair (@hamzahbabkair) on

観光農園「白根グレープガーデン」では、ゴールデンウィークシーズンにイチゴ狩りも楽しめちゃいます。全天候型ハウスなので雨の日でも安心。また、立ったたまま収穫できる棚栽培なので車椅子の方も楽しめます。フルーツがなくなり次第終了となので、あらかじめ電話などで確認すると安心ですね。

ガーデン内「メロウ」でジェラートも♪

「メロウ」料理 54348 いちご シャーベット & よもぎもち

出典:ダイアンサスさんの投稿

白根グレープガーデン内にある「メロウ」では、イチゴ棚の下でバーベキューができたり、とれたての果物やジェラートが楽しめます。こちらは、果物の風味がダイレクトに感じられる「いちごシャーベット」と、「よもぎもち」です。

メロウの詳細情報

メロウ

新潟 / アイスクリーム

住所
新潟県新潟市南区鷲ノ木新田573 白根グレープガーデン
営業時間
[7月上旬〜12月中旬] 8:00~18:00 [12月下旬〜6月下旬] 10:00~17:00
定休日
元旦
平均予算
  • ~¥999

データ提供

8. ピアBandaiで浜焼きを味わう

A post shared by Leehoo (@leehoo35) on

日本海の幸や新潟の酒・食材が一堂に会する、日本海側で最大級の観光市場です。メイン施設の「万代島鮮魚センター」では、旬の新鮮な海の幸や各種加工品・お惣菜を購入できるほか、土日祝にはアツアツの浜焼きも食べられます。よそではなかなか入手できない食材も多いので、じっくり見てみましょう。新鮮な寿司を堪能するなら、敷地内にある「佐渡廻転寿司 弁慶」が美味しいですよ。
「廻転寿司弁慶 新潟ピア万代店」料理 54354 本まぐろ大トロ

出典:Mハルさんの投稿

「弁慶」で食べられる本まぐろの大トロ。地元でとれる鮮度抜群のお寿司は100円~。地元客や観光客に人気の回転すし店です。

廻転寿司弁慶 新潟ピア万代店の詳細情報

5000廻転寿司弁慶 新潟ピア万代店

新潟 / 回転寿司、魚介料理・海鮮料理

住所
新潟県新潟市中央区万代島2-4 ぴあ万代
営業時間
10:30~21:00です。
定休日
水曜(祝日の場合翌日)
平均予算
  • ¥2,000~¥2,999
  • ¥2,000~¥2,999

データ提供

おまけ*ご当地アイス「もも太郎」

A post shared by mie (@shi.sou.mie) on

最後に、新潟県に来たらぜひ味わって欲しいご当地おやつをご紹介。県内ではおなじみの「もも太郎」です。県内各地のスーパーやコンビ二で購入できます。TBSテレビ番組「マツコの知らない世界」で紹介されて以来、全国的に知名度がアップしました。

A post shared by kazumax55 (@kazumax55) on

「もも太郎」というからにはさぞジューシーなピーチ味…と思いきや、製造元の公式HPには「いちご味」と書かれているではありませんか! さらにその材料は、モモでもイチゴでもなく「りんご濃縮果汁」……。どんな味かは食べてみてのお楽しみ! 初夏の新潟を歩き回ってちょっと疲れたら、ぜひ「もも太郎」を試してみてくださいね。

新潟でゴールデンウィークを満喫しよう♪

ゴールデンウィーク期間中の新潟のイベント、あなたはどこへ行ってみたいですか?ぜひ、ゴールデンウィークは新潟の春を楽しんでみてください。

新潟県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

特集

関連キーワード