夏の風物詩♪鹿児島名物・しろくまが食べられるお店6選

夏の風物詩♪鹿児島名物・しろくまが食べられるお店6選

ふわふわのかき氷にフルーツや小豆をたっぷりのせて練乳で仕上げるしろくまアイスは、鹿児島発祥の氷菓子。最近では、コンビニやスーパーでも販売されているので、目にしたことがある方も多いのでは?でもやっぱり本場で食べる味は一味も二味も違うんです。今回は、本場・鹿児島で絶品しろくまが食べられるお店を紹介します。オーソドックスなものから、進化系まで通年で食べられるお店を中心に集めました!

2017年06月02日

鹿児島生まれのしろくまアイス

Makiさん(@mamazo4)がシェアした投稿 -

かき氷に甘い練乳とフルーツがたっぷりのった「しろくま」。最近では、カップやアイスバーとして市販で売られ全国的にも認知度がグッと上がってきていますが、実は鹿児島生まれ。お店で食べられる味なんです。

しろくまアイスとは?

「天文館むじゃき」料理 1188132 白熊 ベビー

出典:photomaniaさんの投稿

しろくまは昭和22年に作られ、昭和24年から販売されている、60年以上もの歴史がある氷菓子。最初は蜜をかけたシンプルなかき氷でしたが、さっぱりしたミルク味にフルーツをトッピングして今の「しろくま」の形が出来上がりました。

「サンデコ珈琲」料理 1186009

出典:浜田 岳文さんの投稿

今では鹿児島市をはじめ南九州で親しまれている名物となりました。美味しいだけでなく、思わず写真を撮りたくなってしまうキュートな見た目も魅力の一つ。王道のしろくまだけでなく、その店オリジナリティ溢れるしろくまもたくさん登場し、どんどん進化しています。

本場・鹿児島で個性豊かな「しろくま」を食べに行こう

今回は鹿児島市内にあるしろくまアイスの食べられるお店を紹介します。氷にこだわっていたり、ボリューム満点だったり、キュートな見た目だったり。それぞれ個性豊かなしろくまアイスにご注目です。

天文館むじゃき

まずは発祥のお店から!

「天文館むじゃき」外観 1185956 お店 外観

出典:urya-momenさんの投稿

天文館通電停から徒歩2分。「天文館むじゃき」は鹿児島最大の繁華街天文館通りにある、しろくまの老舗です。お店の前の白くまと記念撮影をする方も多く、観光名所にもなっています。

「天文館むじゃき」料理 1185948 ベビー白熊アップ

出典:ハスタさんの投稿

種類豊富なしろくまメニューですが、一番人気はもちろん王道の「白熊」。ふわふわのかき氷にオリジナルのさっぱりとしたミルクと蜜、トッピングはチェリー、レーズン、みかん、桃など色とりどりです。通常サイズは、直径約15センチ、高さは17~18センチほどで大の大人でもお腹いっぱいになるほどのサイズです!一回り小さな「ベビー白熊」もありますよ。

「天文館むじゃき」料理 1188138 マンゴー白熊

出典:八坂牛太さんの投稿

王道以外にもフルーツをふんだんに使った「スペシャル白熊」や「マンゴー白熊」、「抹茶白熊」、ソフトクリームやプリンののった白熊など種類も豊富に揃っています。いろんな白熊を試してみてはいかがでしょうか?

白熊菓琲の詳細情報

5000白熊菓琲

天文館通、いづろ通、甲東中学校前 / かき氷、カフェ、レストラン(その他)

住所
鹿児島県鹿児島市千日町5-8 天文館むじゃきビル 1F
営業時間
【平日・土】 11:00~22:00(L.O.21:30) 【日・祝・7月・8月】 10:00~22:00(L.O.21:30)
定休日
不定休
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

紙風船

モーニングしろくまを食べるならココ!

「紙風船」内観 1188144 アーケードの2階にあります。

出典:hakata-annさんの投稿

天文館のアーケード内にある、昔ながらの喫茶店「紙風船」。朝8:00からオープンしているので、モーニングしろくまができてしまいます!何かと忙しい観光時など朝早くから予定が入れられるのは嬉しいですよね。アクセスは天文館通駅から徒歩2分と便利な立地です。

「紙風船」料理 1185972 子熊600円。
白熊750円のミニサイズですが、あまりミニとは思えません。キメの細かい練乳味のかき氷に色々フレッシュフルーツが刺さっとります。

出典:hakata-annさんの投稿

「しろくま」は、きめ細やかなかき氷の上に練乳をベースにした後味爽やかな特製ミルクがたっぷりかかっています。大きめにカットしたフルーツが6種類ドンとトッピングされています。「白熊」よりも小さな「子熊」もあります。

「紙風船」料理 1188154 ホットサンドセット740円。

出典:hakata-annさんの投稿

モーニングメニューのホットサンドは、卵やチーズやツナが入ってボリュームたっぷり!ランチタイムにはハンバーグなど日替わりランチやカレーセットなども食べられます。食事もしっかりと楽しめるお店です。

紙風船の詳細情報

紙風船

天文館通、いづろ通、高見馬場 / 喫茶店

住所
鹿児島県鹿児島市東千石8-24 増田ビル 2F
営業時間
8:00~17:00(L,O、16:30)
定休日
火曜
平均予算
  • ~¥999

データ提供

柳川氷室

地元民に愛される行列のできる氷屋さん

「(有)柳川氷室」外観 1185987 店舗外観

出典:@馬吉さんの投稿

「氷が違う!」と評判の柳川氷室。鹿児島の名水、大重谷水源の原水を6日間かけて凍らせた氷を使用したかき氷が評判のお店です。ふわふわのかき氷は美味しい上にリーズナブルで、夏には行列ができる有名店です。いづろ通駅から2分の場所にあります。

「(有)柳川氷室」料理 1185994

出典:marin464650さんの投稿

柳川氷室のしろくま「ベリー白熊」は、ブルーベリー、ストロベリーの甘酸っぱいソースがミルク味ととても合う一品です。しろくまの顔には愛嬌がありますよね。色々と味を試してみたくなってしまいます。

「(有)柳川氷室」料理 1188162 アセロラ・ミルク

出典:タイガース・ウッズさんの投稿

氷屋さんだけあって、しろくま以外のメニューも豊富!爽やかなアセロラ、定番のいちご、ハワイアンブルーの他にもコーヒー、トマト、キャラメル、シーソルトなど25種類以上のかき氷を楽しむことができるんです。しかもそのほとんどが250円とリーズナブル。追加料金でミルクをかけてくれます。

(有)柳川氷室の詳細情報

(有)柳川氷室

いづろ通、朝日通、天文館通 / かき氷

住所
鹿児島県鹿児島市堀江町19-6
営業時間
11:00~18:00
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

サンデココーヒー (SANDECO COFFEE)

キュートなしろくまと数学を楽しめるカフェ

「サンデコ珈琲」外観 1186004

出典:浜田 岳文さんの投稿

「サンデココーヒー」は、昼間はカフェですが夜は数学塾になる変わったお店。しろくまはもちろんですが、自家焙煎のコーヒーと、黒豚なんこつカレー・黒毛和牛ステーキ丼など鹿児島名物も堪能できます。市役所前駅から徒歩2分のところにあります。

「サンデコ珈琲」料理 1186013

出典:ミトミえもんさんの投稿

サンデココーヒーのしろくまは、リアルな可愛さに悶絶です。「SANDECO COFFEE的白熊」。シロップは「王道(練乳)」と「大人(チャイ風の練乳)」の2種類から選ぶことができます。さらに、ちょいがけ用のアイスコーヒーがついてくるんです。コーヒーをかければ他ではお目にかかれない、茶くまに変身です!

「サンデコ珈琲」料理 1186010 フルーツ温泉しろくまの湯① 顔アップ

出典:くろちゃんのヒゲさんの投稿

「フルーツ温泉しろくまの湯」は2〜3人でシェアできる人気メニューです。温泉に見立てたたっぷりのフルーツに、ひょっこり顔出す、最高にキュートなしろくまに出会えます。

数学カフェの詳細情報

数学カフェ

市役所前、朝日通、水族館口 / カフェ、かき氷

住所
鹿児島県鹿児島市名山町4-1 名山ビル 2F
営業時間
8:00~17:00 (L.O16:30)
定休日
年中無休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

カフェ彼女の家 天文館店

鹿児島新名物!「黄熊」に会いに行こう

「カフェ彼女の家 天文館店」外観 1186028

出典:kur0さんの投稿

「カフェ彼女の家」では、しろくまの進化系と言われている「黄熊」が食べられるカフェです。しろくまにさらに南国風味を加えた「黄熊」は鹿児島の新名物として注目を集めています。アクセスは天文通駅から徒歩1分です。

「カフェ彼女の家 天文館店」料理 1186029 標高30cm

出典:ぴま姫さんの投稿

たっぷりマンゴーのボリューミーな逸品「黄熊」。しろくまに3種類のマンゴーソース、ブロック状にゴロゴロのマンゴー、バナナ、バニラアイス、練乳がトッピングされています。メガサイズはシェア必須の約30cm!ハンディサイズは時間がない人にもぴったりのサイズで、テイクアウトも可能なプラスチックケース入りです。

「カフェ彼女の家 天文館店」料理 1188505

出典:J・ねっとさんの投稿

スイーツメニューが豊富な「カフェ彼女の家」。スフレタイプのふわふわパンケーキや、フルーツたっぷりのパフェ、シフォンケーキなども味わえます。スイーツ好きにはたまらないカフェです。

カフェ彼女の家 天文館店の詳細情報

カフェ彼女の家 天文館店

天文館通、いづろ通、朝日通 / カフェ、パスタ、パンケーキ

住所
鹿児島県鹿児島市東千石町8-18 天文館エリア
営業時間
11:00~22:00
定休日
1月1日
平均予算
  • ~¥999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

最後にご紹介するのは、通年ではなく期間限定のレアな逸品が味わえるお店です。

リゾートレストラン イルモーレ (RESORT RESTAURANT IL MORE)

しろくまならぬ「赤熊」に会えるお店

「リゾートレストラン イルモーレ」内観 1186022 吹き抜けの天井のある開放的な空間

出典:

「リゾートレストラン イルモーレ」は、鹿児島市内にいながら奄美を楽しめる施設「奄美の里」内にあるリゾートレストランです。奄美の高倉をイメージした店内では、グリル料理やパスタなど欧風料理が楽しめます。ここでは夏季限定で、ドラゴンフルーツを使った「赤熊」を食べることができます。アクセスは谷山駅から徒歩15分。

夏限定の赤熊!2017年は6月19日~

奄美大島の名産、赤いドラゴンフルーツを使ったしろくまならぬ「赤熊」。ドラゴンフルーツは“ピタヤ”とも呼ばれ、スーパーフードの1つとしても知られています。味はもちろん、かわいい表情もたまりません。

「リゾートレストラン イルモーレ」料理 1186024 パーティプランには自慢のグリル料理が

出典:

大人数のグループには嬉しい飲み放題つきパーティプランが評判の「イルモーレ」。バーニャカウダや、シェフセレクト生ハムとチーズの盛り合わせにはじまり、自慢のグリル料理などがお得に楽しめますよ。

リゾートレストラン イルモーレの詳細情報

リゾートレストラン イルモーレ

谷山(JR)、谷山(市電) / 洋食、カフェ、フレンチ

住所
鹿児島県鹿児島市南栄1-8-1 2F
営業時間
【営業時間変更のお知らせ】 <11月は通常営業となります> 【ランチタイム】 11:30~14:00(L.O14:30) *限定メニュー 【ディナータイム】17:30~21:00(L.O20:00)**限定メニュー
定休日
年中無休
平均予算
  • ¥2,000~¥2,999

データ提供

いかがでしたか?

こだわりのしろくまが食べられるお店をご紹介しました。美味しいだけでなく、見た目もキュート。かき氷好きも何度でも食べたくなってしまう、鹿児島生まれのしろくまたち♡鹿児島観光の際は、ぜひしろくまを食べに名店に行ってみてくださいね。

鹿児島県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード

大山を旅する編集部おすすめ

お得に旅する編集部おすすめ

Go To トラベルキャンペーンでお得に旅しよう♪ 知っておきたい基本情報&オススメの旅先