2017年06月09日

可愛いお守り「神むすび」が話題。阿佐ヶ谷神明宮を参詣してみよう

可愛いお守り「神むすび」が話題。阿佐ヶ谷神明宮を参詣してみよう

都心にほど近い住宅街・阿佐ヶ谷にある「阿佐ヶ谷神明宮」。こちらの神社では、メディアに取り上げられ注目を集めている「神(かん)むすび」というお守りがあります。カラフルでレースのようなデザインをしていて、腕に巻いたり、鞄のハンドル部分につけて持ち歩く女性もいる可愛らしいお守りです。実際にどんなお守りなのか、「阿佐ヶ谷神明宮」で見てみましょう!

SNSで可愛いと話題のお守り「神(かん)むすび」

とてもカラフルで可愛らしいミサンガのような「神(かん)むすび」と呼ばれるお守り。インスタグラムやメディアなどでも取り上げられ、女性を中心に「可愛い♡」と話題になっています。

Kei Kさん(@kei.k.dx)がシェアした投稿 -

細かな刺繍がほどこされた「神(かん)むすび」は、10種類以上のバリエーションがあり、巫女さんがひとつひとつ最後の奉製をして仕上げています。運気UPを祈願したもので、神様への願い事が周囲に知られることもないため、腕につけたり、ストラップにしたりと、様々なアレンジが楽しめるのも人気の理由です。

Eriyさん(@eriy06)がシェアした投稿 -

Ayuさん(@ayu3k)がシェアした投稿 -

また、季節によって期間限定の「神むすび」が登場し、それらを求めて参拝に訪れる人も多いんですよ。春には桜をあしらったもの、梅雨時期には紫陽花がデザインされたものなど、どれも繊細でとてもキュートです。

季節限定の神むすびは公式ツイッターで告知

なお、季節限定の「神むすび」の情報は、なんと「阿佐ヶ谷神明宮」の公式Twitter&公式facebookでお知らせされています。要チェックですね!

「神(かん)むすび」を受け取りに阿佐ヶ谷神明宮へ

「神(かん)むすび」を受け取りに阿佐ヶ谷神明宮へ1197119

出典:

可愛い「神むすび」を求めて、阿佐ヶ谷神明宮(あさがやしんめいぐう)へ行ってみましょう!JR中央線の阿佐ヶ谷駅から歩いて2分ほどの場所にあります。こちらの神社ができたのは200年以上前の寛政12(1800)年。とっても歴史がある神社です。日本の最高神と言われている天照大神(アマテラスオオミカミ)を祀っています。
「神(かん)むすび」を受け取りに阿佐ヶ谷神明宮へ1197116

出典:

この神社では、全国で唯一「八難除(はちなんよけ)」と呼ばれる厄払いを受けることができます。「八難除(はちなんよけ)」とは、年齢からくる災難(厄払い)や、火・水・人から起こる災難を取り除く祈祷のことで、厄年の方はもちろん、物事がうまくいかない時などにも祈祷してもらえますよ。
「神(かん)むすび」を受け取りに阿佐ヶ谷神明宮へ1197057

出典:ことだまさんの投稿

結婚式をあげるカップルが多いので、タイミングが合えば色内掛けや白無垢姿の花嫁さんに出会えるかもしれません。

約3000坪の境内を散策してみよう

阿佐ヶ谷神明宮は約3000坪の森を持つマイナスイオンたっぷりの神社。敷地内には能楽堂があるなど、見所もいろいろあるので、神むすびを受け取れる「社務所」や「祈祷殿窓口」を通りながら、境内を少し散策してみませんか?

「北野神社」で学業成就・合格祈願

「北野神社」で学業成就・合格祈願1110672

出典:

境内入り口の大鳥居をくぐり、表参道を歩いていくと、左手に神社の社務所にあたる「神明殿」があります。その建物の前にある「北野神社」は、学問の神様として有名な菅原道真公を祀っている神社です。社の前には「合格鳥居」と呼ばれる珍しい五角形の鳥居があるので、祈願しながらくぐってみましょう。

「神明殿(社務所)」でペッパーくんとご対面

神明殿の玄関では、なんとペッパーくんが参詣される方を出迎えてくれます。公式ツイッターがあったり、ペッパー君がいたりと、なんとも最先端な神社です。

「夫婦けやき」でパワーをもらおう!

「夫婦けやき」でパワーをもらおう!1111319

出典:

本殿へと続く「瑞祥門」を抜けると一層厳かな空気が漂ってきます。手前に見えているのが、2本のけやきが1本化した「夫婦けやき」で、この場所は境内の中でも強いパワースポットとして有名なところ。しっかりとパワーをもらっておきましょう。
「瑞祥門」では、天皇家を象徴する「菊の紋」が見られます。

「三貴子(さんきし)」が並ぶ本殿を参拝

「三貴子(さんきし)」が並ぶ本殿を参拝1110590

出典:

中央に天照大神、左右の社に月の神様である月読命(ツキヨミ)と海の神様である須佐之男命(スサノオノミコト)が祀られています。普段はこちらまで入ることができないため、手前にある拝殿で参拝しましょう。

「祈祷殿」の窓口で神むすびを受け取ろう

拝殿に向かって左側にある祈祷殿の窓口でお目当ての神むすびを受け取りましょう。初穂料は一体1000円なのでお忘れなく!

最後はあのバンドグループのPVにも登場した「能楽殿」を見学

最後はあのバンドグループのPVにも登場した「能楽殿」を見学1197195

出典:

阿佐ヶ谷神明宮の境内を表参道まで戻り、「神明殿(社務所)」の反対側へ歩いていくとあるのが「能楽殿」です。
最後はあのバンドグループのPVにも登場した「能楽殿」を見学1106403

出典:

能や伝統芸能の奉納が行われますが、時にはバリ舞踊やピアノの演奏など、和と洋のセッションが楽しめる演奏会も行われます。
さらに、こちらの「能楽殿」は、BABYMETALのPV撮影が行われたちょっとした有名スポット。ファンにとっては聖地なんです。PVと実物を見比べてみてくださいね。

神むすびのほかにも可愛いがいっぱい

運勢を占う「月みくじ」

拝殿には阿佐ヶ谷神明宮オリジナルの「月みくじ」があります。誕生月ごとのおみくじで、「大大吉」が出たらレアですよ!

大判サイズもある「御朱印帳」

2種類の御朱印帳が用意されています。神社らしい荘厳なデザインのシリーズと、京都の老舗文具店「嵩山堂はし本」とコラボした大判サイズの可愛らしいシリーズがあります。大判サイズはあまりないので、探している方は阿佐ヶ谷神明宮へどうぞ。

大事な家族に買ってあげたい「お守り」

ONOMINさん(@ono.min)がシェアした投稿 -

神むすびのほかにも可愛らしいデザインのお守りがいろいろとあります。ペット用のお守りもありますので、大切な家族へのプレゼントにぜひ。

年間行事に合わせて訪れるのもおすすめ

歴史古い阿佐ヶ谷神明宮には、伝統的なお祭りから、ジャズやバリ舞踊などの現代的なイベントまでさまざまな行事が行われていて、たくさんの人で賑わいます。これらが開催されるタイミングで訪れてみるのも良さそうですね。代表的な2つをご紹介しましょう。

歴史絵巻から飛び出したような「牛車巡行行事」

歴史絵巻から飛び出したような「牛車巡行行事」1111502

出典:ブルース64さんの投稿

毎年9月に行われる例大祭では、伊勢神宮から奉納された御神宝を乗せた牛車の行列が阿佐ヶ谷の町を練り歩きます。美しい着物をまとった人々が列を作り牛歩で進む姿はとても雅で、幻想的です。

掘り出し物が見つけるかも!月に1度の「骨董市」

毎月第一土曜日には、参道周辺で「神明宮我楽多市」が開催されているので、掘り出し物を見つけに行くのもいいですね。

参拝後はおいしい和菓子でほっこりしましょう

ふっくらどらやきが有名な「うさぎや」

「うさぎや」外観 1111529 外観

出典:su_taさんの投稿

どら焼きの名店として有名な「うさぎや」。上野、日本橋、そしてここ阿佐ヶ谷と3店舗ありますが、それぞれ違った経営で、どら焼き好きの間では、どの「うさぎや」が好みか話題にあがります。阿佐ヶ谷神明宮から歩いて4分ほどにある「うさぎや」は、上野の「うさぎや」の娘さんが始めたお店なのだそう。3店舗の中で唯一イートインスペースがあります。

「うさぎや」料理 1197248

出典:*あんこ*さんの投稿

「うさぎや」独特といわれるふっくらと香ばしい皮に、国産小豆の大粒あんこがたっぷり。おすすめはアツアツをその場で食べること!餡がホクホクトロトロで、口に含むと甘い香りがいっぱいに広がり、幸せな気分になります。

「うさぎや」料理 1197251 うさぎ150円

出典:スパースターさんの投稿

もうひとつの名物「うさぎ饅頭」は可愛すぎてなんだか食べるのがもったいない気持ちに…。

「うさぎや」料理 1197649 カキ氷 宇治金時

出典:vちゃあvさんの投稿

イートインスペースではあんみつや白玉ぜんざい、シーズンにはかき氷などが味わえますよ。少し休憩してから駅へ向かってはいかがでしょうか?

うさぎやの詳細情報

5000うさぎや

阿佐ケ谷、南阿佐ケ谷 / 和菓子、どら焼き、甘味処

住所
東京都杉並区阿佐谷北1-3-7
営業時間
9:00~19:00
定休日
毎週土曜日、第1・第2・第3金曜日
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

最後に。阿佐ヶ谷に行けない人にも嬉しいお知らせ

最後に。阿佐ヶ谷に行けない人にも嬉しいお知らせ1111474

出典:

可愛らしい神むすびをいただきに、阿佐ヶ谷神明宮へ行ってみたくなりましたか?「神むすびは欲しいけど、阿佐ヶ谷まではなかなか行けない…」と思った方、安心してください!遠方からの問いあわせが増えたたため、郵送で送っていただけるようになったんです。神社にうかがって神聖な雰囲気に心洗うのもよし、郵送で届けてもらうのもよし。ただ、どちらにせよ神むすびは手作業で仕上げているため個数が限られています。お守りを受け取りたい方は、気長にトライしてみてくださいね。

東京都のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

東京都×ホテル・宿特集

関連キーワード

永田町を旅する編集部おすすめ