乱歩ワールドに紛れ込む?!ディープな世界観の大阪「金魚カフェ」

乱歩ワールドに紛れ込む?!ディープな世界観の大阪「金魚カフェ」

大正時代の建物で営業する、大阪の「金魚カフェ」。その独特でディープなお店の世界観は、カフェ好きなら必見!なんでも店主は江戸川乱歩好きで、カフェも江戸川乱歩の世界に紛れ込んだような感覚になれちゃうかも・・・♪個性的なのに何度も通いたくなる居心地の良い雰囲気が魅力で♪ここにしかない、大阪の「金魚カフェ」をご紹介します。

2017年06月16日

独特の乱歩ワールドに魅了される

「金魚カフェ」外観 1207021

出典:そんじょそこらさんの投稿

大阪市阿倍野区の「昭和町」に、レトロでミステリアスな雰囲気が漂う喫茶店「金魚カフェ」があります。大正15年に建てられた長屋の一画で営業しているお店で、店内は独特のディープな世界が広がっており、一度訪れるとその世界観に魅了されてしまいます。随所に置かれた小物や装飾など、ちょっと怖いけど好奇心を掻き立てられる世界をご紹介します。
店主は推理小説家・江戸川乱歩の大ファン!怪奇的な世界や幻想的な空気感を得意とした小説家で、その独特の世界観で世界中にファンがおり、推理小説好きなら知らない人はいない作家です。その世界観がこの金魚カフェでは味わえます。不思議な気配が漂う店内を捜索してみてはいかがでしょうか?

ディープな混沌とした空間

レトロな小物やアンティークな家具、ちょっと怖い不思議な置物など、江戸川乱歩の世界を感じさせるディープで混沌とした店内の雰囲気を少しご紹介しましょう。ゆっくり座ってカフェを楽しむのもいいけど、お店の中を見て回りたくなる店主のこだわりがつまった店内です。
「金魚カフェ」内観 1207026

出典:kyociiiiiさんの投稿

タイムスリップした気分にさせてくれる店内。お店の中央には店名でもある「金魚」が大きな水槽でゆらゆらと泳いでいます。中央に置かれているので両方から見ることができ、水槽越しに店内を映し出した姿も独特の世界で魅了されます。

「金魚カフェ」内観 1207022

出典:ノエミさんの投稿

本棚には江戸川乱歩の作品はもちろん、魔術学などマニアックな作品が並んでいます。その横にはお店のマスコット的存在?人体模型の平八郎さんがたたずんでいますよ。

A post shared by naoki ikeda (@nike_12o2) on

壁には古い新聞や江戸川乱歩の記事などが、いい感じの廃れ具合で装飾されています。独特の雰囲気が絵になりますよね。

A post shared by みっちん (@bjgeisha) on

庭側に置かれたショーケースには、実験道具や何に使うんだろう?と思う不思議なものがいろいろ飾られています。

「金魚カフェ」内観 1207038

出典:かんみ♪さんの投稿

庭には、たくさんの狐様が!緑に覆われていてどこか幻想の世界へ誘われそうな雰囲気です。

どこでくつろぐ?

店内にはテーブル席、座敷席、カウンター席などがあり、場所それぞれが独特の雰囲気を漂わせています。どこに腰を下ろしてくつろごうか悩むところ。あなたならどの席を選びますか?
「金魚カフェ」内観 1207041

出典:猫海月。さんの投稿

庭が眺められるお店の一番奥には、長テーブルの席があります。陽の光が窓際に置かれてた品々を透過して、不思議な空気が漂います。

「金魚カフェ」内観 1207044

出典:ネコルルさんの投稿

お店の中央には小上がりの座敷席があります。懐かしさが感じられる円卓に座って、店内を見渡しながら過ごすのもいいですね。しかし、目の前には不思議な笑みを浮かべる童の人形が!じっと見つめられながら食事を楽しんでみては?

「金魚カフェ」内観 1207040

出典:猫海月。さんの投稿

お店の入り口にはカウンター席もありますよ。カウンターの向こうでは店主が調理をしたりしているので、いろいろ乱歩トークで盛り上がってみるのもいいかもしれませんね。

レトロな喫茶店メニュー

お店で提供されているので、懐かしいレトロ感がたまらない喫茶店メニュー。特別なメニューはありませんが、気取らないその普通さがまたいいですね。ゆっくりお店の世界を満喫しながらドリンクや食事を楽しんでください。

A post shared by Moeko (@moekokome) on

金魚カフェの名物!金魚鉢に入れられた「クリームソーダ」。コロンとしたフォルムがなんとも可愛い♪他のコールドドリンクもこの金魚鉢に入れてくれますよ。

「金魚カフェ」料理 1207017

出典:sizzkaさんの投稿

お家で食べる懐かしい「パンケーキ」。食べやすいように一口サイズにカットしてくれています。たっぷりシロップとクリームをつけて召し上がれ♪

A post shared by ポコ / poco (@pocosan) on

カフェだけでなく、カレーもありますよ。珈琲または紅茶がセットになっています。ここはやっぱり金魚鉢でアイスコーヒーを頼みたくなるかも。

金魚カフェの詳細情報

金魚カフェ

昭和町、文の里、松虫 / 喫茶店、カフェ、ケーキ

住所
大阪府大阪市阿倍野区阪南町1-52-5
営業時間
13:00~19:00
定休日
火・水(不定休有り)
平均予算
  • ~¥999

データ提供

独特のディープな雰囲気が漂う「金魚カフェ」。最初入るときは勇気がいるかもしれませんが、店内は店主のこだわりが詰まった、ワクワクが止まらない世界が広がっています。ちょっと怖い?ちょっと不思議なものもいっぱい!夢中でいろいろ面白ものを探したくなりますよ。写真を撮るときは店主に一言声をかけてくださいね。ぜひミステリアスな世界にどっぷり浸かってください。

大阪府のツアー(交通+宿)を探す

このレストランの紹介記事

関連記事

SNSで人気

大阪府×ホテル・宿特集

関連キーワード