東京でスケボーをとことん愉しむ!スケートパーク5選

東京でスケボーをとことん愉しむ!スケートパーク5選

2020年東京オリンピックの正式種目に決まって、ますます注目されるスケートボード。これから始めてみようかな、なんて思っている方もいるのではないでしょうか?今回は、スケボーを都内で楽しめるスケートパークをご紹介します。スケボーの魅力の1つトリックを練習できる施設があるスケートパークを集めました。無料で利用できる公園や初心者でも安心のスクールがあるスポットなどご紹介します。

2017年06月18日

今こそチャレンジ!スケートボード

2020年の東京オリンピックの正式種目に決定!

2020年の東京オリンピックの正式種目に決定!1210669

出典:toshi-Gさんの投稿

飛んだり跳ねたり回ったり・・・自由自在にスケートボードを乗りこなす姿って、思わず見入ってしまうほどかっこいいですよね。スケボーといったら夜の公園で若者たちが集まって楽しむ“やんちゃなスポーツ”というイメージが強い人もいるかもしれませんが、2020年東京オリンピックでは正式種目に決定した今再び注目のスポーツでもあるんです!

どんな競技なの?

多くの大会が開催され、プロとして活躍している選手もたくさんいるスケートボード競技。なんといってもその見せ場は多彩なトリック(技)です!2020年東京オリンピックでも、お椀型のボールや深皿型のプールなどのセクション(構造物)を使ったコース「パーク」や街中に存在する階段や手すりを模したコース「ストリート」を使用し、その技の難易度、メイク率、ルーティーン、スピード、オリジナリティなどが総合的に判断・採点されます。

都内のスケートパークをご紹介!

ちょっと興味が沸いたけど、どこでやればいいの・・・なんて疑問に思っている方のために都内のスケートパークをご紹介します!せっかくなら飛んだり跳ねたりできちゃうような専用スケートパークに行ってみませんか?

23区エリア

H.L.N.A SKATE PARK<港区>

ビル屋上の本格的なパーク

台場駅から徒歩3分。お台場のビル群や東京湾などが一望できる、ダイバーシティ東京プラザ7階にある本格的なスケートパークです。ミニランプ(ハーフパイプのようなもの)・フラットバンク(ジャンプ台)・ステア(階段)など広々としたパークには本格的なセクション(構造物)が設置され、上級者でも十分に楽しめます。

これから始めたいといった方には子どもから大人までレベルに応じたスクールも開催しているので安心ですね。プロのスケーターが講師を務めるスクールは、プロの技術を直接学ぶことができると評判です。また、プライベートレッスンも行なっているので自分のペースで練習したい方やスクールに参加できない方も楽しめますよ。

各種イベントや大会も行われているので腕試しだってできちゃいます。

TRINITY B3 PARK<板橋区>

天気を気にせず楽しめる屋内パーク

浮間舟橋駅から徒歩15分ほどの「TRYNITY B3 PARK」。スケートボードをはじめ、BMXやインラインスケートなどいわゆるストリートスポーツが楽しめる施設です。屋内の全天候型というのが嬉しいですね。敷地内ではショップも併設していてウェアやシューズなどを販売しています。不定期で音楽イベントなども行われています。

A post shared by Mariko Tosaya (@marikotosaya) on

都内最大級を誇る室内のスケートパークは可動式で、セクションを変えることができるようになっています。その為、自身のレベルに合ったセクションで楽しむことができるんです。

A post shared by KAHO MAMA (@sportsloverkaho) on

MYボードがなくても安心!スケートボード、インライン、BMX各種レンタルが可能なんです。不定期でスクールも行われていますよ。

駒沢オリンピック公園<世田谷区・目黒区>

無料が嬉しい!スケートパーク

無料が嬉しい!スケートパーク1210481

出典:tohyさんの投稿

駒沢大学駅から徒歩15分の場所にある駒沢オリンピック公園は、1964年オリンピック東京大会の際に第二会場として使用されたオリンピックとゆかりある公園です。陸上競技場や硬式野球場やテニスコートを有する都内最大規模の公園では思い思いの時間を過ごす人たちで賑わっています。

そんな駒沢オリンピック公園の中でもスケートボードが楽しめるのが、運動場内にあるSS(ストリートスポーツ)広場。なんと、無料で利用することができるんです!無料ということもあり、休日は特に混むので平日訪れるのがオススメです。

A post shared by massah usui (@massah_usui) on

ミニランプが多く設置されていて、多くの人が思い思いにトリックや滑走を楽しんでいます。プロのスケーターが訪れることでも知られる駒沢オリンピック公園。他の人の滑りを見学するのも面白いですよね。

その他エリア

武蔵野ストリートスポーツ広場<武蔵野市>

子どもにも優しいスケートパーク

A post shared by chihiro (@chihiro_skater) on

三鷹や吉祥寺・武蔵関の各駅よりバスに乗車、バス停「武蔵野市役所前」から徒歩2分。武蔵野総合体育館の隣にある「武蔵野ストリートスポーツ広場」は、スケボーやインラインスケートなどを楽しむことができるスケートパークです。本格的な設備ではありますが、無料開放されているんです!利用者カードへの記入による手続きをすることで利用することができます。

A post shared by K-suké (@kknsk_sk8jr) on

木々の緑に囲まれた広場にはバンクやボックスなど多くのセクションがあります。セクションは急な角度ではないので、初級者の方も滑走しやすくなっています。不定期で教室も開催されているので、初心者にも嬉しいですね。

土曜日の午前中には、小中学生専用時間を設けているので子どもにもぴったりです。

ランプハウス東京<西多摩郡>

ラフな雰囲気で楽しめるスケートパーク

A post shared by mika.y (@yuem12) on

箱根ヶ崎駅から徒歩15分ほどの場所にある「ランプハウス東京」は屋内型スケートパークです。深夜まで営業しているので、仕事帰りに利用することだってできる便利なスポットなんです。イベントやCM撮影などさまざまな場面で使用されている「ランプハウス東京」。貸切での利用もできちゃいます。

明るい雰囲気の室内には、ランプやハーフボウルなどのセクションがあります。初心者向けのセクションもあるので、初めてという方も安心して滑走することができますよ。かわいいグラフィックアートなど内装も含め、女性スケーターからの人気が高いんです。

スケボーを楽しもう!

スケボーを楽しもう!1210474

出典:ジジさんの投稿

都内でスケボーを楽しめるスポットを紹介しました。これを機にスケボーデビューしてみませんか?

東京都のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

東京都×ホテル・宿特集

関連キーワード