バターの香りがたまらない!パン通が選ぶ東京最強クロワッサン12選

バターの香りがたまらない!パン通が選ぶ東京最強クロワッサン12選

パン屋さんのイメージから絶対にはずすことのできないアイドル的存在のクロワッサン。何層にも重なったサクサクの表面ともっちりと引きのある中身から溢れ出すバターの香りはまさに幸せの象徴です。パン激戦区の東京でパン好きを魅了して離さない12の名店をご紹介します!(2016年04月09日 最終更新)

東京都
エリア
渋谷
神楽坂
麻布十番
六本木
表参道
キーワード
パン
ベーカリー

クロワッサン=「ヴィエノワズリー」?

出典:fukinさんの投稿

クロワッサンのことを「ヴィエノワズリー」と呼ぶのを聞いたことはありませんか?実はこれ「ウィーンの物」という意味の用語です。もともとはイースト発酵させたパン生地などのペイストリー生地(パイやタルト生地)を焼いたクロワッサンやブリオッシュ、デニッシュを指す菓子パンの総称のことなんです。クロワッサンもこの「ヴィエノワズリー」の1つに含まれます。

出典:uuunchanさんの投稿

クロワッサンの味を決めるのは「バター」と「小麦粉」そして「水」さらに「焼き加減」です。素材の違いは元より、窯の造りや温度によって、焼き上がりの食感は全く異なるパンになります。お店によって全く違うクロワッサンを是非食べ比べてみてください。

マリーアントワネットとクロワッサン

クロワッサンと言えばフランスのイメージですが、フランスにクロワッサンを伝えたのはオーストリアから嫁いだマリーアントワネットだと言われています。元々、パンは卵やバターを使わず、小麦粉と水、塩だけで焼き上げる物だったのです。彼女が言った「パンが無ければ(バター入りの)お菓子を食べればいいのに」という言葉は、ひょっとしたらクロワッサンのことだったのかもしれません。

出典:kickさんの投稿

マリーアントワネットについてフランスに行った職人はデンマーク人だったと言われています。デンマークと言えば「デニッシュ」の名の通り、バターをたっぷり使ったパンの本場ですね。

日本で進化し続けるクロワッサン

フランスから遠く離れた日本でも知らない人はいないクロワッサンですが、実は多湿な日本の気候はサクサクのクロワッサンにとっては強敵です。そんな逆境にあっても、味へのこだわりは誰にも負けない職人たちが、地元フランス人をも唸らせる至高のクロワッサンを生み出しています。

出典:takutomoさんの投稿

素材、温度管理、湿度管理、全てが味を左右します。日本で美味しく食べられる物は日本でこそ作られる、という徹底した職人さんたちの美学が活きています。

今回はオススメ12店舗を「基本の3店」「本場フランスから来たブーランジェリー」「日本国内で研究開発された国産ブーランジェリー」の3つに分けてお送りします!

必ず押さえておきたい基本の3店!

VIRON【渋谷】

「パリ市主催バゲットコンクールで10年間に7回優勝」「フランス人が選ぶ日本一美味しいパン屋さんTOP3入り」等の輝かしい栄光の数々は一口食べれば納得の味です。他のお店との決定的な違いは「製粉会社と直接提携」していること。本場の味へのこだわりを堪能できます。2種類あるクロワッサンは焼き色の異なる2種類で、焼き加減によるバターの風味の違いを楽しめます。

出典:*あんこ*さんの投稿

他のお店に比べると大きめのクロワッサン。水はコントレックスと日本の水のミックス。塩はゲランド、酵母はイーストのみです。

出典:パーカーやっておしまいさんの投稿

表面の食感はサクサクと軽く中は空気を含んでふわふわです。

出典:Gem Roahさんの投稿

ブランドや製法ではなく、粉にこだわったパン屋さんです。バゲットやカンパーニュには「レトロドール」、ヴィエノワズリーには「コード・アメリケンヌ」など、パンやお菓子によって使う粉を変えています。

出典:ホクホクさんの投稿

店内でのイートインも可能です。渋谷以外にも丸の内と銀座の合計3店舗あります。

詳細情報

1000VIRON 渋谷店

神泉、渋谷 / パン、サンドイッチ、スイーツ(その他)

住所
東京都渋谷区宇田川町33-8 塚田ビル 1F
営業時間
9:00~21:00
定休日
無休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

PAUL【神楽坂】

小売店の多いフランスで、チェーン店として急成長し、フランス内で350店舗以上とフランス人にとって親しみのある店。現地に限りなく近い味を伝えるために、輸入規制のある食材以外は全て現地と同じ物を使用しています。材料、製法、技術だけでなく店舗デザインまでフランスから直輸入するこだわりの店。クロワッサンの生地のデニッシュペストリーはフランスから冷凍空輸して日本で焼き上げます。

出典:*あんこ*さんの投稿

材料はフランスで練り上げ冷凍して日本へ運ぶため、本当に現地そのままの味わいが楽しめます。

出典:クラウドさんの投稿

店内もフランスの店舗と全く同じになるようにこだわり抜かれています。フランスのブーランジェリーでは対面式がメインです。

出典:amino_3さんの投稿

ゆったりとした空間でのイートインは束の間のフランス旅行を楽しめます。

出典:

この外観もフランスそのままです。

詳細情報

PAUL 神楽坂店

牛込神楽坂、神楽坂、飯田橋 / カフェ、ケーキ、パン・サンドイッチ(その他)

住所
東京都新宿区神楽坂5-1-4 神楽坂テラス 1F
営業時間
10:00~21:00(L.O.20:30)
定休日
不定期(年末など) 
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

メゾンカイザー【神楽坂】

こちらもフランスに本店のあるお店です。国内では最も古い歴史を持つ「ル・フィガロ」誌に「フランスで一番美味しいクロワッサン」として選ばれた、地元にも愛される味が体験できます。発酵バターを使った深い香りと柔らかな口当たり、あっさりめの安心できる味は日本人でも毎日食べたくなる優しい味です。日本法人の代表を務める木村氏は、あの、あんパンで有名な木村屋總本店がご実家だとか。フランス人からも「フランス本店と全く変わらない」と評判のクロワッサンは一見ならぬ一食の価値あり!

出典:ノバンディさんの投稿

サイズはやや大き目。ミニサイズもあるので色々食べたい方にはそちらもオススメです。どちらも芳醇なバターの香りがふんわり漂います。

出典:パーカーやっておしまいさんの投稿

他の店と比較すると気泡が細かく柔らかいです。あっさりとした味なのでサンドイッチにもオススメです。

出典:小町 昌子さんの投稿

焼きたてのパンが次々と運ばれてくるのを眺めながらのイートインも。コーヒーやワインも楽しめます。

出典:小町 昌子さんの投稿

緑の看板が目印です。

詳細情報

メゾン・カイザー 神楽坂店

牛込神楽坂、神楽坂、飯田橋 / パン、ケーキ、喫茶店

住所
東京都新宿区箪笥町41 大崎ビル 1F
営業時間
8:00~20:00
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

本場フランスから来たブーランジェリー

メゾン・ランドゥメンヌ【麻布十番】

2006年にパリでオープンし、地元では1日に2500本近く売り上げるという絶品のクロワッサンが食べられるお店。お店に入ったらほとんどの方が購入するクロワッサンは、「ル・フィガロ」誌において、パリでもっともおいしいクロワッサン3位に選ばれています。高級ホテルで使われるレスキュールAOC発酵バターを使った「フランセ」と国産のバターを使った「ジャポネ(日本限定)」2種類のクロワッサンの食べ比べができます。人気のためクロワッサンは1人2個までと購入制限つき。売り切れる前に早めの訪問がおすすめです!

出典:maxbeeさんの投稿

フランス産バターを使ったクロワッサン(左)と国産バターを使用したクロワッサン(右)形や大きさ、お値段も違いますが、なんと言ってもひとくち齧った後味に注目です。

出典:nemoccoさんの投稿

フランセの断面。厚めの層はもっちりとりた食感でバターの優しい甘みがしっかりと感じられます。ジャポネはミルキーで柔らかな甘みが特徴でややあっさり、フランセはバターの風味がしっかりと感じられます。

出典:YUKIちゃんさんの投稿

商品はお好きな物をトレーに取るタイプ。ディニッシュ系以外にも種類が豊富なので目移りしてしまいます。

出典:かりんとむさんの投稿

店内でのイートインもオススメです。ゆとりあるスペースでくつろげる空間です。

出典:ガレットブルトンヌさんの投稿

グレーに白文字のハイセンスな看板と、晴れた日はテラス席が目印のお店です。

詳細情報

メゾン ランドゥメンヌ トーキョー

六本木一丁目、麻布十番、神谷町 / パン、洋菓子(その他)、カフェ

住所
東京都港区麻布台3-1-5
営業時間
[月~日]7:00~19:30
定休日
不定休(年始のみ)
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ~¥999

データ提供

エシレ・メゾン・デュ・ブール【二重前橋】

かの有名な発酵バター「エシレ」の専門店です。エシレバターは1900年のパリ万博での1等賞受賞を皮切りに、世界各国の万国博覧会で何度も受賞を重ね、100年以上経った現在も三ツ星シェフや一流パティシエ、世界中のロイヤルファミリーから愛される究極のバターです。そのバターがなんと材料の半分を占めるクロワッサンが存在するのがこの「エシレ・メゾン・デュ・ブール」です。3種のクロワッサンはパン好き、バター好きにはたまらない極上の味わいです。クロワッサンはお一人様6個まで!それでもお昼には完売することも多く「何度行っても手に入らない」と言う方も続出の人気商品です。

出典:rhubarbさんの投稿

丸みを帯びた「エシレトラディション」(上)はスタンダードなしっかりと膨らんだ形でエシレバターのコクとまろやかさを堪能するのに最高のバランス。「エシレ50%ブール」(下)は文字通り50%がバターからできている贅沢な一品です。

出典:のんすたいるさんの投稿

表面からも染み出すバターに「バターを食べている」と言っても過言ではないほど!それもそのはず、生地でバターを包むようにして焼いているのだそうです。

出典:かいるあ女王様さんの投稿

店内はまさに「バター専門店」の雰囲気です。クロワッサン以外にもフィナンシェやマドレーヌ等、ミルキーで甘い香りに包まれています。

出典:てんてん!さんの投稿

平日、開店5分後の外観です。クロワッサンは朝10時に1度しか焼かない為、朝一番で手に入らないと、その日は買えないと言う競争率の高さです。

詳細情報

5000エシレ・メゾン デュ ブール

二重橋前、有楽町、東京 / パン、ケーキ、アイスクリーム

住所
東京都千代田区丸の内2-6-1 丸の内ブリックスクエア 1F
営業時間
10:00~20:00
定休日
不定休(丸の内ブリックスクエアに準ずる)
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ~¥999

データ提供

ゴントランシェリエ【渋谷】

ヨーロッパ各地で修業を積み、20代にして多数のレシピ本の出版やテレビ出演、さらにはフランス国内の注目ブーランジェリーを巡る人気番組「LA MEILLEUR BOULANGERIE DE FRANCE」のナビゲーター役を務める新進気鋭のスターシェフ、ゴントラン・シェリエ氏。2010年にパリにブーランジェリーを開店。「世界の流行の発信源」といわれるセレクトショップ「コレット」や、「エピスリー・ジェネラル」にパンを卸し、国内外を問わず世界中にパンの魅力を発信する非常にアグレッシブなシェフのお店です。見た目麗しいクロワッサンは折り目正しく、しっかりと焼けた表面とふわりと優しい弾力の中身のバランスは基本に忠実でいくつでも食べたくなる味です。

出典:さすらいのうぶちゃんさんの投稿

幾重にも重なった一糸乱れぬ層は見た目の美しさだけではなく、焼成時に水分を逃がし過ぎない工夫がされています。

出典:su_taさんの投稿

少し小ぶりな外見で、外はサクッと中はもっちり、基本に忠実なクロワッサンです。

出典:*あんこ*さんの投稿

1階はブーランジェリー、2階はカフェ、3階はイートインスペースと用途に合わせて過ごせます。カフェで食べられるモーニングのエッグベネディクトのセットは試す価値アリです。

出典:su_taさんの投稿

渋谷駅前スグの好立地にあり、宮益坂交差点の角なのですぐにわかります。

詳細情報

ゴントラン シェリエ 渋谷店

渋谷、神泉、表参道 / パン、カフェ、洋菓子(その他)

住所
東京都渋谷区渋谷1-14-11 ビーシーサロン渋谷 1F
営業時間
7:30~20:00
定休日
不定休
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

RITUEL【表参道】

フランスの権威あるグルメジャーナル『Gault et Millau(ゴー・エ・ミヨ)』にて「ベストブーランジェリー・オブ・パリ2008」、グルメガイド『Pudlo(ピュドロ)』にて「ブーランジェリー・オブ・ザ・イヤー2012」など数多く受賞しており、複数の著名なガストロノミーレストランにも提供しているフランス・パリ随一のブーランジェリー「デュ・パン・エ・デジデ」。そのオーナー・クリストフ・ヴァスールが手がける日本のフラッグシップ店です。クロワッサンは一般的な製法の約2倍の時間で発酵させた生地を使い、ひとつひとつ手で丁寧に成型した後に非常に珍しい石床式のオーブンで時間をかけて焼き上げています。

出典:saltさんの投稿

特徴的な形のクロワッサンはサクサクとした食感が楽しくパンよりもパイと言っても良いくらいです。持帰りの際はトースターでのリベイクがオススメです。

出典:甘いもの大好き女子さんの投稿

しっかりとした気泡がサクサクの層を支えています。ナイフで切っても崩れないのは長時間発酵させた生地ならでは。

出典:ろってぃさんの投稿

まるでジュエリーショップの様な店内で甘い香りと焼きたてのパンのパチパチと言う贅沢な音色で癒されます。

出典:バームクーヘンちゃんさんの投稿

「表参道駅」B2出口より徒歩0分の駅チカ。「R」のロゴが目印です。

詳細情報

RITUEL par Christophe Vasseur 青山フラッグシップショップ

表参道、明治神宮前、外苑前 / パン

住所
東京都港区北青山3-6-23 1・2F
営業時間
月〜金 8:00-19:00 土・日・祝 9:00-19:00
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

日本国内で研究開発された国産ブーランジェリー5店

マンマーノ【代々木上原】

グランドシェフの毛利将人氏がパン作りを学び始めたのはなんと12歳から!趣味ではなく、売り物のパンを師匠のお店で作り続け、21歳でフランスに渡ります。その後、300年の歴史を誇るパリの5つ星ホテルで日本人として初めて製パンシェフに就任。ヨーロッパ各地で精力的に学び、日本に戻ってからもリーガロイヤルホテル東京で3年間シェフを務め、20年の時を経て、満を持して2008年12月にオープンしたのがこの「マンマーノ」です。原材料もカナダ産最高級小麦粉や石臼挽き全粒粉、北海道産の米麹入り小麦粉、うどん粉、ラーメン用の粉など10種類以上の小麦粉を使い分け、その他、酵母やバター、塩、水に至るまで厳選しています。

出典:hyy1127さんの投稿

看板商品はなんと言ってもクロワッサンです。しっかり目の焼目と裏腹にしっとりとした中身のギャップがたまりません。

出典:nemoccoさんの投稿

きめ細かな気泡の秘訣は27層に織り込まれた上質のバターにあります。

出典:えこだねこさんの投稿

クラッシックな雰囲気の店内。所狭しと並ぶパンは小麦の種類だけでなく、使用する酵母はオリジナル自家培養乳清種やサワー種・果実種と使い分け、特別に仕入れる発酵バターやフランス・カマルグ産の海塩、水はエビアン水を使用と細部まで拘りぬいて作っています。

出典:maxbeeさんの投稿

温かみのある雰囲気が印象的な外観はパリの16区をイメージして作られているそうです。

詳細情報

マンマーノ

代々木上原、代々木八幡、代々木公園 / パン、カフェ、パンケーキ

住所
東京都渋谷区西原3-6-5 CRD代々木上原 1F
営業時間
8:00~20:00(L.O.19:30)
定休日
火曜日・第一月曜日
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

ル・プチメック東京【新宿三丁目】

もっちりとしたパン生地と香り高さで関西エリアでも有名な京都の名店「ル・プチメック」の東京店です。パリの街中にありそうな内装は、ポスターや雑貨をオーナーの西山氏手ずからフランスから取り寄せるなど細部まで雰囲気づくりに余念がありません。その一方で「町のパン屋さんの延長でやっていきたい」との考えから、価格は京都の町のパン屋さんのままです。「高価な素材を使えば美味しくなる」という物ではなく、素材を活かしバランスを考え、技術を使えば美味しい物は生み出せる、と言うオーナの考え方やコンセプトがストレートに伝わってくるお店です。日本人に馴染む味と良心的な価格はコストパフォーマンスも抜群です。

出典:パーカーやっておしまいさんの投稿

基本に忠実なクロワッサン。フランスに敬意を表してクロワッサン、バゲット、カンパーニュの3つは一切アレンジを加えないことをポリシーをしているそうです。

出典:パーカーやっておしまいさんの投稿

花弁のように中央から均等に膨らんだクロワッサンは歯触りが最高です。パリパリの表面は薄めで、中の生地のバターがしっかりと香ります。

出典:bottanさんの投稿

フランスが凝縮されたような内観。ブティックの様な雰囲気です。

出典:まろんママさんの投稿

新宿三丁目駅すぐ、マルイ本館の右手という好立地。一見パン屋さんとは思えないほどファッショナブルな外観です。

詳細情報

5000ル・プチメック東京

新宿三丁目、新宿、新宿西口 / パン、サンドイッチ、カフェ・喫茶(その他)

住所
東京都新宿区新宿3-30-13 新宿マルイ 本館 1F
営業時間
[平日・土] 11:00~21:00 [日・祝] 11:00~20:30
定休日
不定休(新宿マルイ本館に準ずる)
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

ラトリエ・デュ・パン【六本木】

世田谷エリアでひときわ有名な「シニフィアン・シニフィエ」の志賀勝英氏の元で修業をしたパン職人達が、新しいパン屋の理想を求めてオープンしたブーランジェリーがここ「ラトリエ・デュ・パン」です。小麦を玄麦から仕入れ、お店の石臼で自家製粉する徹底した粉へのこだわり!製粉・仕込・成型・焼成まで全て工房内で一貫して行い一切の妥協はありません。通常、パンの発酵に使われるイーストの量を極力まで減らし、自家製の天然酵母を使用し、さらに低温長時間発酵することにより小麦本来の自然な甘みが引き出され、焼き上がったパンは他では味わえない香りの高さです。

出典:せくれたりーさんの投稿

石窯焼きによる焼成で外側は薄く、中は水分・油分がキープされしっとりモチモチに仕上がります。

出典:

ひとくち齧るとその引きのある生地に驚く人も多いはず。低温長時間発酵による甘みとバターのコクが加わり極上の逸品です。

出典:たつとこままさんの投稿

こじんまりとした店内ではパン職人が販売をするスタイルです。

出典:マサえもんさんの投稿

平日は朝7:30~夜22:00まで、さらに六本木駅から徒歩1分と、日常使いで立ち寄る人も多いお店です。

詳細情報

ラトリエ・デュ・パン

六本木、乃木坂、六本木一丁目 / パン、カフェ、ケーキ

住所
東京都港区六本木6-1-12 21六本木ビル 1F
営業時間
【平日】7:30~22:00 【土日祝】11:00~22:00 ≪イートイン≫併設のSAKURA Cafeにお持込いただけます! モーニング/7:30~11:00【氷温熟成プレミアムコーヒー150円!】 カフェ/【平日】11:30~18:00     【土日祝】11:30~17:00
定休日
なし
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

ヒルサイドパントリー【代官山】

思わず声が出るほどのインパクトのあるクロワッサンを味わいたい方にオススメなのがここ「ヒルサイドパントリー」です。地下にある自家焙煎のコーヒーやインポート食材が揃うフーズショップの一角に、美味しそうなパンたちが目を引くお洒落な空間です。モダンな雰囲気と代官山と言う立地にも関わらず、お値段は非常に良心的な価格帯で、ディープなファンが多いお店です。こちらのクロワッサンはいわゆるスタンダードな「醗酵バタークロワッサン」と、もちもちの「天然酵母クロワッサン」の2種類です。それぞれ食感も味わいも全然違った2つのクロワッサンを是非食べ比べてみてください。

出典:APPLEの東京☆グルメナビさんの投稿

天然酵母クロワッサン。外はパリパリと固めな食感です。

出典:APPLEの東京☆グルメナビさんの投稿

天然酵母クロワッサンの断面。もちもちとした「噛みながら味わえる」パンです。控えめなバターの風味の中で自然な甘味を感じます。

出典:rhubarbさんの投稿

店内は居心地の良い雑貨屋さんの様な雰囲気です。インポート食材は厳選されたものばかりで、他では手に入らない瓶詰など、パン以外にも見どころも盛りだくさんです。

出典:crown-birdさんの投稿

外観は半地下になっているため目立ちにくいので、地図は予め要チェックです。外にテラス席があるのが目印です。

詳細情報

ヒルサイドパントリー 代官山

代官山、中目黒、恵比寿 / パン、デリカテッセン、サンドイッチ

住所
東京都渋谷区猿楽町18-12 ヒルサイドテラスG棟 B1F
営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

ブーランジェリー ボヌール【三軒茶屋】

溶岩からできた石窯で焼き上げる「ブーランジェリー ボヌール」のパンの最大の特徴はその歯触りです。溶岩窯は一般的なオーブンと異なり、遠赤外線の量が多いので中心までの熱の届き方が違います。高温・短時間で焼き上がるため、水分をしっかりと残した生地はふっくらモチモチ、外皮はパリパリの仕上がりです。看板メニューはもちろんクロワッサン。溶岩窯の長所を最大限に生かし、外はサクっと、中はもっちり、バターの香りが口の中いっぱいに広がります。フランス人シェフが監修した自慢の逸品です。

出典:yoshimin+さんの投稿

お店で人気ナンバー1のクロワッサン。溶岩窯のおかげで皮の部分は軽い歯触りです。弾力のあるクロワッサンなので、二つに切ると密度の高い美しい層が見られます。

出典:ひろまめ27さんの投稿

クロワッサンの断面。高温・短時間で焼成しているため、ふっくらとした弾力がしっかりとキープされています。

出典:k846さんの投稿

焼きたてのパンは数量限定の物もあるので気になったら迷わず買いましょう。クロワッサンは1日限定100個です。

出典:tokyonowさんの投稿

外観。通りを歩いているとパンの香りが漂って来きます。香りに惹きつけられてお店に入る方も多いのだとか。

詳細情報

ブーランジェリー ボヌール

三軒茶屋、西太子堂、若林 / パン、パン・サンドイッチ(その他)

住所
東京都世田谷区太子堂4-28-10 鈴木ビル 1F
営業時間
8:30~21:00
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

いかがでしたか?今回ご紹介したお店はクロワッサンファンならずとも必見のお店ばかりです。ぜひ食べ比べをしてみてくださいね。

25mark

25mark

東京のホットな情報を紹介していきます。楽しみにしてくだ...

icotto公式LINE@をはじめました!

1日1回icotto編集部が厳選した記事をお届けします。

QRコードでLINEの
友だちを追加
LINEアプリを起動して、[その他]タブの[友だち追加]でQRコードをスキャン
or

IDで検索する[その他]タブの[友だち追加]で[ID/電話番号]を選択。[ID]にチェックし、[@icotto]と入力。