海と温泉のリゾート地!南紀白浜で海水浴&名勝めぐり

海と温泉のリゾート地!南紀白浜で海水浴&名勝めぐり

和歌山の南紀白浜は、近畿地方随一のビーチリゾートとして知られています。ここでは、美しい砂浜のビーチはもちろん、日本三古湯として古い歴史がある温泉も楽しめちゃうんです!さらに、自然が織りなす絶景スポット、白浜グルメなど、南紀白浜の魅力をたっぷりご紹介します。2016年04月05日 最終更新

ブログで紹介

HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。

1

本州で一番早い!海水浴場開き

2016年5月3日(祝)

2016年5月3日(祝)57045

出典:nori_netさんの投稿

日本一早い海開きといえば沖縄県ですが、南紀白浜は本州一早い、海水浴開きが行われます。安全祈願、安全祈願、神事式典、初泳ぎなどが行われます。2016年は、5月3日(祝)の大型連休中に白良浜のビーチで開催されるのでぜひ参加してみては。

キレイなビーチで今年の初泳ぎ

白良浜海水浴場

白良浜海水浴場57048

出典:飯田五郎さんの投稿

青い空、青い海、真っ白でサラッサラの砂。日本とは思えない南国のビーチリゾートのようです。それもそのはず、実はハワイのワイキキビーチと姉妹ビーチでもあるんです。遠浅なので子ども連れでも安心♪シャワーや更衣室、トイレも完備なのが嬉しいですね。

白良浜海水浴場57049

出典:Quwaaanさんの投稿

夏にはカラフルなパラソルが咲きみだれ、弧を描く浜辺にそって並ぶ椰子の葉パラソルが、トロピカルムードをより一層盛り上げます!

白浜の名勝観光も外せません!

円月島(夏は午後6時30分頃がオススメ)

円月島(夏は午後6時30分頃がオススメ)57052

出典:MAYUN.さんの投稿

白浜のシンボル「円月島」。正式には「高嶋」といいますが、島の中央に円月形の海蝕洞がぽっかり開いていることから「円月島」と呼ばれ親しまれています。円月島に沈む夕陽は「和歌山県の夕日100選」に選ばれており、日の沈む夕景の美しさは格別です。夏は6時30分頃、冬は4時30分頃がオススメですよ。

千畳敷

千畳敷57054

出典:aui750さんの投稿

千畳敷は、その名のとおり広い岩畳を思わせる大岩盤です。打ち寄せる荒波に浸食され、瀬戸崎の先端から太平洋に向けて突きだしています。大自然のパワーを感じる、壮大な景観です。

三段壁

三段壁57056

出典:58KBさんの投稿

千畳敷の南海岸にそそり立つ高さ50m、南北2kmの断崖です。崖の上に立つ人がとっても小さく見えます。岩肌に打ち寄せる黒潮が激しくぶつかり合い、迫力満点です!

日本三古湯のひとつ、白浜温泉でほっこり

崎の湯

崎の湯57059

出典:

飛鳥時代から「湯崎七湯」の中で唯一残っている歴史ある湯壷です。その歴史はなんと1350年!悠久の時に思いを馳せながら、すぐそこに迫る雄大な太平洋を眺めて浸かる露天風呂は最高です。あまりの気持ちよさに、長湯にはくれぐれもご注意くださいね。

牟婁の湯

牟婁の湯57061

出典:

旅館やホテルが立ち並ぶ湯崎温泉街に位置する「牟婁の湯」。砿湯(まぶゆ)と行幸湯(みゆきゆ)の2種類の源泉からお湯をひいており、一度に2種類のお湯を楽しむことができます。こちらでも、かつて「日本書紀」や「万葉集」にも登場し、1350年以上の歴史を持つ由緒ある源泉を楽しめます。

つくもと足湯

つくもと足湯57063

出典:

白良浜の南、浜から護岸を越えたすぐのところにある「つくもと足湯」。真っ白な白良浜を眺めながら、足湯を素足で楽しめます。海水浴ができない冬場でも白良浜ビーチを楽しめると人気です。

三段壁足湯

三段壁足湯57065

出典:

足湯に浸かりながら三段壁が一望できる穴場スポット「三段壁足湯」。太平洋に沈む夕日は絶景です。

南紀白浜の名産&絶品グルメ

南紀白浜の名産&絶品グルメ57068

出典:MWU3さんの投稿

南紀白浜の名物といえば、高級魚「クエ」。水揚げが少なく「幻の魚」と呼ばれています。冬が旬というイメージがありますが、今では年中食べられるそうです。脂の乗った美しい白身は、上品で深みのある味わいです。他にも、春の名産「もちがつお」や、夏の「トコブシ(貝類)」など、海の幸は欠かせません。

とれとれ市場 南紀白浜

「とれとれ市場 鮮魚コーナー」外観 57070

出典:eb2002621さんの投稿

海水浴場から車で10分ほど、西日本最大級の海鮮マーケット「とれとれ市場」。地元の漁業組合が経営しているので、味と鮮度は折り紙付きです!そして価格もリーズナブルなのが嬉しいですね。和歌山の特産品を豊富に販売しているので、お土産にも良いですよ。

「とれとれ市場 鮮魚コーナー」料理 57071 とれとれちらし寿司 1700円

出典:フジモ1/2さんの投稿

とれとれちらし寿司。その他にも、その場で海鮮を網焼きするBBQや、にぎり寿司などが人気です。和歌山県内だけじゃなく全国各地からたくさんの美味しいものが集まっています。

とれとれ市場 鮮魚コーナーの詳細情報

とれとれ市場 鮮魚コーナー

白浜 / その他

住所
和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2521
営業時間
8:30~18:30 年末年始・ゴールデンウィーク・夏休み期間中閉店時間を30分~2時間延長する場合あり
定休日
不定休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

喜楽

「喜楽」料理 57074 もちカツオ
釣ってすぐしめるからこうなる。

出典:まちなろさんの投稿

白浜の海の幸を存分に味わえる「喜楽」。春はこちらの「もちがつお」、冬はクエ鍋と、旬の名産を堪能できます。他にも、ぞうり海老やウツボの刺身など、珍しい海鮮に挑戦してみてくださいね。土日は特に混んでいるので事前に予約をするのが確実です。

「喜楽」料理 57075 葵寿司〜( ´ ▽、 ` )ノ¥950円

出典:MASA⭐️RUさんの投稿

名物の葵寿司は、わさびの葉っぱで巻いたお寿司。ほのかにピリっとくる一品です。

喜楽の詳細情報

喜楽

白浜 / 魚介料理・海鮮料理、海鮮丼、鍋(その他)

住所
和歌山県西牟婁郡白浜町890-48
営業時間
11:00~14:00 16:00~21:00
定休日
火曜
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥3,000~¥3,999

データ提供

いかがでしたか?ビーチリゾートを思わせる和歌山県南紀白浜のオススメビーチ、温泉、グルメをご紹介しました。南国気分を味わいにぜひ、お出かけしてみてはいかがでしょうか。

関連まとめ