癒しの離島♡ハートアイランド『黒島』は自然がもりだくさん!観光&グルメのおすすめ16選

癒しの離島♡ハートアイランド『黒島』は自然がもりだくさん!観光&グルメのおすすめ16選

『黒島(くろしま)』は、沖縄の石垣島から船でアクセスできる離島。島の形から別名“ハートアイランド”とも言われています。のどかな牛の放牧風景、ウミガメが産卵に訪れるほどの美しい海とサンゴなど、島がまるごと観光スポット。また、心のおもてなし“島ごはん”は、とても優しくどこか懐かしい!離島の中でも隠れ家ポイント満載の『黒島』の魅力に迫ります♪

2017年12月12日

黒島ってどんな島!?

黒島ってどんな島!?1455037

出典:まるやさんの投稿

沖縄の離島『黒島(くろしま)』は、人口は200人強、周囲およそ12.6kmのコンパクトアイランド。なんと!黒島は珊瑚礁が隆起してできた島。そのため、平坦が特徴的な土地を利用した牧草地は開放感でいっぱい~。さらに島の輪郭がハートの形なので、別名“ハートアイランド”とも呼ばれ、なんともロマンチック♡

黒島への交通アクセス

黒島への交通アクセス1454956

出典:みかん教授さんの投稿

黒島へは船でアクセスする方法のみ。県外や沖縄本島からは石垣島を経由します。玄関口である“新石垣空港”から、黒島行きの船が出発する“石垣島離島ターミナル”までは、路線バスで35分から50分程度です。ターミナルから、黒島の“黒島港”まで、高速船(25分)やフェリー(35分)を利用しましょう。ちょっとしたクルーズも楽しみのひとつ。船はネットからオンライン予約が便利。シーズンによっては割引でお得になるかも!?詳しくは船取り扱い会社の公式ホームページでご確認を!
黒島に行く船のお得な割引や時刻表の確認はこちらからどうぞ。また、ツアーも早期予約でお得に楽しもう!往復乗船券とレンタサイクル1日乗り放題がセットになったプランなどがおすすめです。

島をめぐる方法は?

島をめぐる方法は?1454993

出典:iseondo54さんの投稿

黒島めぐりは、路線バスやタクシーが無いので、レンタカー・レンタバイク・レンタサイクルで。レンタカーは限りがあるので、事前予約しておきましょう。また、効率よくめぐりたい人には、島内を周遊する観光バスを利用するのが賢いかも。 でも、折角なら島の色々な発見が期待できるレンタサイクルでのんびり観光がおすすめです。
島をめぐる方法は?1454951

出典:zew0704さんの投稿

レンタサイクルできる場所は、港や民宿などを事前にチェックしておきましょう。平坦な地形なので自転車でもラクチン。2時間ほどあればゆっくり島をめぐることができます。童心にかえって立ちこぎ競争してみるのも最高の思い出になるはず。サマーシーズンのとくに晴れた日には日射しがきびしいので、日焼け止め・帽子・タオルなどは必需品です。集落を離れてしまうとほとんどお店がないので、飲料などはあらかじめ準備して、さぁ出発!

黒島めぐりスタート!

①牧草地が開放的!

①牧草地が開放的!1455007

出典:

黒島は、東筋集落(あがりすじ・しゅうらく)をはじめ、5つの集落があります。5つの集落以外は、ほとんど牧草地。島のあちらこちらにある壮大な牧草地で放し飼いする牛たちの光景は、黒島の大きな特徴のひとつです。 人の数よりも牛の数の方が多く、その数3000頭を超えるのだそう。牧場のグリーンの中を、時間を気にせずのんびりサイクリング。贅沢な時間を楽しんで!

②ダイビングやシュノーケリングが大人気!

②ダイビングやシュノーケリングが大人気!1454946

出典:konayukiさんの投稿

島の周辺の海は、日本最大のサンゴ礁海域“石西礁湖(せきせいしょうこ)”が広がっているので透明度バツグン!カラフルな熱帯魚たちの元気に泳ぐ姿が、次々に視界に飛びこんできます。それを目当てに、ダイビングやシュノーケリングをする初心者からリピーターが全国から集まります。
②ダイビングやシュノーケリングが大人気!1455039

出典:mafukuさんの投稿

はじめてのダイビングなら、ツアーがおすすめです。神秘の海中洞窟も一度は見てみたいポイント!キレイな海は上から眺めてヨシ、中にもぐってヨシ、折角なら両方楽しんでみては?

③ウミガメの産卵(4月から9月)

③ウミガメの産卵(4月から9月)1454948

出典:syarusyanさんの投稿

毎年4月から9月には、ウミガメが産卵するために島に戻って来るシーズン。運がよければ産卵の光景に出くわすことがあるかもしれませんが、その際には決してウミガメを怖がらせないように注意してください。その周辺には卵があるかもしれないので、不用意に近寄らないようにしましょう。もし、産卵が見れなくとも「黒島研究所」でかわいいウミガメを見ることができます。

④県道黒島港線

④県道黒島港線1455061

出典:

黒島港から東筋集落をつなぐ道『県道黒島港線』は、日本の道100選にも選ばれている島の看板ストリート。古民家の赤瓦屋根や石垣などのレトロな風景は見ごたえ十分。サイクリングコースのプランにぜひ組み込んで!

県道黒島港線の詳細情報

県道黒島港線

住所
沖縄県八重山郡竹富町黒島

データ提供

⑤仲本海岸(なかもとかいがん)

【アクセス】黒島港から自転車でおよそ10分

【アクセス】黒島港から自転車でおよそ10分1455066

出典:umigorillaさんの投稿

『仲本海岸』は、島の西側に広がる黒島で最も人気の透明度抜群のビーチです。ビーチで海水浴も楽しいけど、それだけではもったいない。サンゴや熱帯魚も多いので、シュノーケリングデビューするなら絶好のチャンスかも!?
【アクセス】黒島港から自転車でおよそ10分1455168

出典:

干潮になるとリーフによってくぎられた天然の巨大プールが出現するのだそう。カクレクマノミを間近に見られたり、リーフの外側では、運が良ければウミガメや魚群などが見られることも!?
【アクセス】黒島港から自転車でおよそ10分1455065

出典:yasuton777さんの投稿

島の西側にあるので、夕日がキレイなスポットとしても人気です。ゆらめく水面に反射する景色がとてもトロピカル。シャワーやトイレ、雨小屋もあるので快適に過ごせます。遊泳期間は、4月~10月くらいまで。
仲本海岸の詳細情報

仲本海岸

住所
沖縄県八重山郡竹富町黒島
アクセス
黒島港から自転車で15分

データ提供

⑥西の浜

【アクセス】黒島港から自転車でおよそ3分

【アクセス】黒島港から自転車でおよそ3分1455110

出典:umigorillaさんの投稿

『西の浜』は、黒島港の近くにあり、ウミガメが産卵にやってくることでも有名です。4月から9月の産卵時期に訪れた際には、ウミガメに不用意に触ったり近寄ったりしないよう注意してくださいね。晴れた日には、エメラルドグリーンの海と2kmほど続く白い砂浜が、とても目にまばゆい。仲本海岸に比べると人が少ないので、プライベートな空間を満喫したい人にピッタリ。透明度抜群なのでシュノーケリングもおすすめ。あいにくシャワーやトイレの設備が無いので計画的に訪れて。
西の浜の詳細情報

西の浜

住所
沖縄県八重山郡竹富町黒島

データ提供

⑦宮里海岸

【アクセス】黒島港から自転車でおよそ10分

【アクセス】黒島港から自転車でおよそ10分1455163

出典:

『宮里海岸』は、のちほどご紹介する「プズマリ」の先、仲本海岸の少し手前にあります。仲本海岸よりも広々としています。このビーチは遊泳禁止なので人も少なく静かな雰囲気。泳がないけど海をのんびり眺めていたい人に、打ってつけの隠れ家ビーチです。

宮里海岸の詳細情報

宮里海岸

住所
沖縄県八重山郡竹富町黒島

データ提供

⑧伊古桟橋(いこさんばし)

【アクセス】黒島港から自転車でおよそ10分

【アクセス】黒島港から自転車でおよそ10分1455174

出典:YAS-Kさんの投稿

『伊古桟橋』は、青い海へとまっすぐ続く桟橋で有名な観光スポット。この桟橋は、2005年に国の登録有形文化財にも登録されています。地元では釣りを楽しむ人もチラホラ。遠くを眺めながらウォーキングしていると、まるで海の上を歩いているかのよう。
伊古桟橋の詳細情報

伊古桟橋

住所
沖縄県八重山郡竹富町黒島 地先

データ提供

⑨黒島展望台

【アクセス】黒島港から自転車でおよそ10分

【アクセス】黒島港から自転車でおよそ10分1455180

出典:iseondo54さんの投稿

『黒島展望台』は、黒島港と東筋集落をつなぐ“県道黒島港線”にある展望台です。高さは10mほどしかありませんが、あなどることなかれ!黒島は平坦なので遠くを見渡すには十分なのです。360度の開放的な景色に包まれる展望台からは、周辺の牧草地だけでなく遠くの海まで眺望できます。
黒島展望台の詳細情報

黒島展望台

住所
沖縄県八重山郡竹富町黒島
アクセス
黒島港から自転車で10分

データ提供

⑩黒島灯台

【アクセス】黒島港から自転車でおよそ25分

【アクセス】黒島港から自転車でおよそ25分1455190

出典:

『黒島灯台』は、島の最南端にある灯台です。残念ながら中に入ることはできません。また、恋愛成就のパワースポットで噂の場所なのだとか。該当する人は実際に試してみて!
【アクセス】黒島港から自転車でおよそ25分1455187

出典:

灯台自体は至って普通ですが、周辺から見る海の景色はサイコー。あまり人が訪れないので、のんびりと過ごせます。見下ろす海と崖の調和がダイナミック。夕日をのぞむ場所としても人気があります。
黒島灯台の詳細情報

黒島灯台

住所
沖縄県八重山郡竹富町黒島
アクセス
黒島港から自転車で30分

データ提供

⑪プズマリ

【アクセス】黒島港から自転車でおよそ10分

【アクセス】黒島港から自転車でおよそ10分1455200

出典:terasさんの投稿

『プズマリ』は、黒島で一番高い場所にあります。それもそのはず、琉球王国時代には海を監視する遠見台の役目を果たしていた場所です。現在は、安全のため上に登ることはできません。
プズマリの詳細情報

プズマリ

住所
沖縄県八重山郡竹富町黒島
アクセス
黒島港から自転車で5分

データ提供

⑫黒島研究所(ウミガメなど)

【アクセス】黒島港から自転車でおよそ10分

【アクセス】黒島港から自転車でおよそ10分1455209

出典:

『黒島研究所』は、黒島近郊に生息する生き物の飼育や研究を行っている場所です。ウミガメの生態研究や、実際にアカウミガメやアオウミガメなどの飼育も行い、一般の人でも餌をあげることができるそう。展示室にはウミガメだけでなく、サンゴ、イルカの骨格、ハブ、ヤシガニなども展示されています。また、夏休みシーズンには、【ウミガメ勉強会】が行われ(1時間程度)、ウミガメの生態を学んだり、放流体験などもできるので要チェックです。
黒島研究所の詳細情報

黒島研究所

住所
沖縄県八重山郡竹富町黒島136
アクセス
黒島港からその他で10分自転車
営業時間
9:00〜18:00 研究や島の行事により、休館することがあります。
料金
大人 500円

データ提供

黒島グルメならココ!

⑬パーラー あーちゃん

「民宿・パーラー あーちゃん」 外観 46746386 目立つ看板。

出典:きなこ。。さんの投稿

『パーラー あーちゃん』は、民宿も営んでいる島の食堂です。朝と夕食は宿泊者のみですが、ランチは気軽に立ち寄れます。

「民宿・パーラー あーちゃん」 料理 29941025 マンゴーミルクかき氷

出典:立花立夏さんの投稿

暑い夏には「マンゴーミルクかき氷」はいかが?サイクリング途中のクールダウンに立ち寄ってほしい一軒です。

「民宿・パーラー あーちゃん」 料理 71223469

出典:maini546さんの投稿

この店の名物料理は、「ヤシガニそば」。濃厚な味わいのカニ目当てに、石垣島住民がわざわざ訪れるほど。ヤシガニメニューをオーダーするには事前予約が必要です。

民宿・パーラー あーちゃんの詳細情報

民宿・パーラー あーちゃん

竹富町その他 / 旅館、沖縄料理、魚介料理・海鮮料理

住所
沖縄県八重山郡竹富町黒島83
営業時間
10:00~18:00
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999
  • ¥6,000~¥7,999

データ提供

⑭イコノマ

「イコノマ」 内観 29318938 おしゃれ

出典:makoshimiyuさんの投稿

『イコノマ』は、黒島の沖縄ローカルな雰囲気とは打って変わってとてもオシャレなカフェです。上品なスイーツとレトロな空間が旅の疲れを癒してくれること間違いなし!

「イコノマ」 ドリンク 29318940 パイナップルシェイク

出典:makoshimiyuさんの投稿

「パイナップルシェイク」や「マンゴーシェイク」は、南国トロピカル。優しい口当たりは、2杯でも3杯でもおかわりしたくなるほど絶品。

イコノマの詳細情報

イコノマ

竹富町その他 / カフェ

住所
沖縄県八重山郡竹富町黒島1409-1
営業時間
12:00~17:00
定休日
水曜・不定休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

⑮パームツリー

「レストラン パームツリー」 外観 21189034

出典:たにけいさんの投稿

『パームツリー』は、宮里海岸近くにあるカフェレストランです。テラス席もあるのでゆっくりとランチやカフェタイムを楽しめます。

「レストラン パームツリー」 料理 21189031

出典:たにけいさんの投稿

カレー、パスタなどのオーソドックスなメニューもありますが、自家製ミートがたっぷりと使用された「タコライス」が一番人気だとか。夜も営業しているので、沖縄の地ビール“オリオンビール”や“泡盛(あわもり)”で乾杯!

レストラン パームツリー

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

黒島には宿泊できる?

⑯民宿なかた荘

⑯民宿なかた荘1455276

出典:

『民宿なかた荘』は、仲本海岸からすぐそば。ビーチを満喫したい人におすすめの宿です。庭は南国風な緑が豊富な空間がとても落ち着きます。
⑯民宿なかた荘1455277

出典:

夕食は、奥さんが作る心がこもったおもてなし料理がテーブルを彩ります。お酒もごはんもすすんでしまいそう。食事のあとはプラネタリウムのような星空を満喫!離島宿泊の醍醐味ですね。

公式詳細情報 民宿なかた荘 <黒島>

民宿なかた荘 <黒島>

西表島 / 民宿

住所
沖縄県八重山郡竹富町黒島31-1地図を見る
アクセス
黒島港よりお車にて3分

を見る

データ提供

黒島めぐり、いかがでしたか?

黒島めぐり、いかがでしたか?1454992

出典:umigorillaさんの投稿

『黒島』を初めて聞いたという人も少なくないでしょう。そんな隠れ家的空間こそが離島の醍醐味。島をサイクリング、海でシュノーケリングやダイビングを満喫、昼間から海を見ながらお酒を飲むなど、離島の過ごし方は人それぞれ。はじめての離島観光なら事前に予習をしてたっぷりと充実したプランを練るのも楽しいですね。

黒島の詳細情報

黒島

住所
沖縄県八重山郡竹富町字黒島
アクセス
石垣港から船で25分

データ提供

沖縄県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

沖縄県×ホテル・宿特集

関連キーワード