友達と過ごす時間を大事にできる旅へ行こう♩全国のゆったり楽しめるまち8選

友達と過ごす時間を大事にできる旅へ行こう♩全国のゆったり楽しめるまち8選

社会人になると、毎日のほとんどの時間を会社の人たちと過ごしますよね。必然的に仲良くもなりますが、それでも気はだいぶ遣います。気を遣わないでよくて、本音が話せて、ありのままの自分でいられるのはやっぱり、気心知れた友達といるとき。そこでこの記事では、全国からピックアップした、気心知れた友達と行きたいのんびり過ごせるまちをご紹介します。まちを楽しむのはもちろんですが、この旅で最も大事なのは友達と過ごす時間。他愛もない話をしたり、普段は口に出せない感謝の気持ちを伝えたり…。そんな旅に出てみませんか?

2019年09月29日

気心知れた友達と、のんびり過ごす旅に行こう

気心知れた友達と、のんびり過ごす旅に行こう1957544

出典:ぺこ氏さんの投稿

仕事はもちろん、ランチだって飲み会だって、最近、いつも周りにいるのは職場の人……なんて、社会人あるあるですよね。その人のことが決して嫌いではなくても、職場の人ってだけで、どんなことをどこまで話したらいいのか悩んだり、自分が本当に思っていることを口に出せなかったり等々、どうしてもいろんなことに気を遣ってしまいます。

女子旅 笑顔の女性3人

出典:T.Kudoさんの投稿

その点、地元の友達や学生時代の友達など気心知れた仲なら、そんなことは何も気遣わず、話したいことも自分が思うことも、全部ありのままに話せますよね。会社の人間関係やプライベートなことでも、何かに疲れたときは本当に仲のいい友達とのんびり過ごせる女子旅に出かけませんか?

大事にしたのは「友達と過ごす時間」。

大事にしたのは「友達と過ごす時間」。1955154

出典:渡来人さんの投稿

せっかく旅行に来たからと、分刻みの名所巡りやご当地グルメをあれもこれも食べ歩く……。それはそれで充実していますが、たまには「友達と過ごす時間」を大切にしてみませんか?海が見えるカフェでまったりしたり、絶景に感動したり、美しい工芸品に見惚れたり。この記事では、急がない、気取らない、ガツガツしない。お喋りしながらのんびり過ごせる旅先を、全国からピックアップしました。

1.日本で一番海に近いまち「伊根」

1.日本で一番海に近いまち「伊根」1954681

出典:orca*さんの投稿

伊根は京都・丹後半島の北東部に位置する小さな港町です。見どころは「伊根の舟屋」と呼ばれる地域で、この地域の家屋は直接海に接しているため、1階が船のガレージ、2階が居住になっているんですよ。現在も約230軒の舟屋が現存していて、伊根湾を囲むように連なる建物は圧巻!こんな風景、ほかでは見たことがありません。

\ ここは行ってほしい♩ /

海を眺めながら、地元食材を使ったスイーツを食べてまったりと「INE CAFE」

「イネカフェ」 内観 72368388

出典:りかるじーにょさんの投稿

伊根湾舟屋群展望台近くにある「INE CAFE(イネカフェ)」は、大きな窓から伊根湾の絶景を眺めながら、コーヒーやケーキが楽しめるカフェです。中でも黄昏時に見られる海の色、空の色、そこに浮かび上がる舟屋のシルエットや家の灯りはとっても神秘的。心が浄化される気がします。

「イネカフェ」 料理 75834940

出典:y_recさんの投稿

こちらではチーズケーキやクレームブリュレなどのスイーツが人気で、伊根唯一の養鶏場で生産される卵や伊根の酒造が作る酒粕が使用されているんですよ。目の前に広がる絶景をバックにスイーツとドリンクをセットすれば、思わずシャッターを押したくなる素敵な光景が!いつもは色々喋り合う友達同士でも、このときばかりは景色に見惚れてし静かに過ごすのもいいですよね。

イネカフェの詳細情報

イネカフェ

伊根町その他 / カフェ、魚介料理・海鮮料理

住所
京都府与謝群伊根町字平田593-1
営業時間
(月~金曜日)11:00~17:00 (L.O.)16:45 (土日祝)10:00~17:00 (L.O.)16:45 ※コロナウイルスにおいての営業について※ 2020年5月23日~通常営業開始致しました! 土日祝日の営業時間を1時間、短縮致します。(INE CAFE:10時開店→11時開店)
定休日
水曜日
平均予算
  • ~¥999

データ提供

伊根の舟屋の詳細情報

伊根の舟屋

住所
京都府与謝郡伊根町
アクセス
その他で ◆京都丹後鉄道宮豊線「天橋立」駅から丹海バス(蒲入、経ヶ岬行き)で55分「伊根」下車◆宮津から国道178号を北へ車で45分◆京都縦貫自動車道宮津与謝道路「与謝天橋立」ICから国道176号〜国道178号(約45分)

データ提供

2.古き良き街並みを堪能できるまち「小田原」

2.古き良き街並みを堪能できるまち「小田原」1955149

出典:@きり#2319さんの投稿

小田原は神奈川県西部に位置し、宿場町として栄えたエリアです。箱根へ向かう中継地点としてスルーされがちですが、小田原には歴史的な建造物も多く、海と山に恵まれているため、風光明媚な景勝地がたくさん存在するんです。東京駅から新幹線でわずか30分。思い立ったらお友達とササッと旅支度♩

\ ここは行ってほしい♩ /

心洗われるような絶景に出逢える「小田原文化財団 江之浦測候所」

心洗われるような絶景に出逢える「小田原文化財団 江之浦測候所」1955171

出典:

小田原といえば「小田原城」ですが、今回注目するのは、かつてはみかん畑だった江之浦に建つ「小田原文化財団 江之浦測候所」です。測候所とはいわゆる天文台のようなもの。現代美術作家・杉本博司氏が設計した壮大な施設で、天文台としてだけでなく、ガラス張りの100mのギャラリーや海に臨む舞台など、見どころがいっぱい。

心洗われるような絶景に出逢える「小田原文化財団 江之浦測候所」1955178

出典:

その中でも特におすすめなのが、「光学硝子舞台」と「冬至光遥拝隧道」。ガラスでできた舞台は、天気や時刻によってその表情を変えます。また、相模湾の海と一体化したような風景は感動もの…!冬至光遥拝隧道は暗闇の先に見える外の光がなんとも神々しくて、心が洗われるよう。美しい写真も撮れて、充足感でいっぱいになります。

3.眼鏡のまち「福井」

3.眼鏡のまち「福井」1955189

出典:KIZさんの投稿

福井県は眼鏡好きにとって「聖地」とも言える場所で、国内生産フレームの9割以上のシェアを誇る眼鏡の産地。中でも鯖江産の眼鏡は全国的に有名ですよね。そんな鯖江にある「めがねミュージアム」は、ぜひ訪れてほしいスポットです。福井県にはほかに、日本海に面した海岸沿いに「東尋坊」をはじめとする風光明媚な断崖が点在しています。

\ ここは行ってほしい♩ /

福井県民が愛する、老舗の名物ソースをいただきに「ヨーロッパ軒総本店」

「ヨーロッパ軒 総本店」 外観 112767776 入り口

出典:どんぶり飯しんちゃんさんの投稿

ご紹介するのは、 福井名物「ソースかつ丼」の元祖とされる「ヨーロッパ軒総本店」です。ソースかつ丼は福井県民が愛するソウルフード。「ヨーロッパ軒総本店」は1913(大正2)年、洋食屋さんとして創業しました。昭和の洋食屋さんを彷彿とさせる外観や内装は趣があって、レトロな雰囲気。

「ヨーロッパ軒 総本店」 料理 63524872 ソースカツ丼のアップ

出典:ペコえもんさんの投稿

おすすめはもちろん名物の「カツ丼」です。丼には秘伝のソースが染み込んだ大きなカツが3枚ものっていてボリューム満点。このソースこそ、こちらのお店の看板なんですよ。ソースは、たっぷり味わいたい人のために、別皿でも付いてきます。豚肉はフワッとやわらかく、きめ細かいパン粉はサクッと軽やか、特製ソースも風味豊かで、普段はあまり量を食べない人でもぺろりと食べられるんです。

ヨーロッパ軒 総本店の詳細情報

ヨーロッパ軒 総本店

市役所前、仁愛女子高校、足羽山公園口 / かつ丼・かつ重、とんかつ、洋食

住所
福井県福井市順化1-7-4
営業時間
11:00~20:00
定休日
火曜日(他、月曜休みのことあり ※HPで要確認)
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

4.ガラスのまち「富山」

4.ガラスのまち「富山」1955221

出典:kaji4123さんの投稿

富山県といえば日本を代表する山岳ルート「立山黒部アルペンルート」や「黒部ダム」、世界遺産「五箇山」など、有名な観光スポットがいっぱいですが、実はガラスのまちでもあるんです。富山市は約30年前から「ガラスの街とやま」を目指し、まちを整備しているんですよ。

\ ここは行ってほしい♩ /

隈研吾氏設計の複合施設内で煌びやかなガラスの世界に入り込む「富山市ガラス美術館」

隈研吾氏設計の複合施設内で煌びやかなガラスの世界に入り込む「富山市ガラス美術館」1955208

出典:くろよんさんの投稿

そんな「ガラスの街とやま」の集大成が「富山市ガラス美術館」です。富山市ガラス美術館は複合施設「TOYAMAキラリ」内にある、現代グラスアートを中心とした美術館です。設計は世界的な建築家・隈研吾氏で、6階建ての建物は、まるで立山連峰を思わせるキラキラのファザードが特徴。富山名物であるガラスとアルミと石が反射し、富山のまちや人を輝かせているんです。

隈研吾氏設計の複合施設内で煌びやかなガラスの世界に入り込む「富山市ガラス美術館」1955214

出典:

美術館では常設展や企画展などの作品を鑑賞することができますが、中でも注目したいのが、現代ガラス美術の巨匠デイル・チフーリ氏のインスタレーション作品です。煌びやかな5作品が展示され、鮮やかなガラスアートにうっとり♩

富山市ガラス美術館の詳細情報

富山市ガラス美術館

住所
富山県富山市西町5番1号
アクセス
富山駅から市内電車環状線「グランドプラザ前」下車 徒歩約2分もしくは 富山駅から南富山駅前行き「西町」下車徒歩1分
営業時間
午前9時30分〜午後6時(金・土は午後8時まで)
定休日
第1・第3水曜日・年末年始

データ提供

5.懐かしい風景が残る港町「真鶴」

5.懐かしい風景が残る港町「真鶴」1955333

出典:¥98さんの投稿

神奈川県の西部に位置する真鶴は、真鶴半島を中心とした小さな港町で、懐かしい原風景が今も残る美しいまちです。まち全域が起伏に富んだ複雑な地形をしており、入り組んだ道がいっぱい。そんな道をふらりと歩きつつ、何気ない会話を楽しむのもいいですね。都内からは2時間ほどで行けるので、思いついたそのときに足を向けても◎!

\ ここは行ってほしい♩ /

地元食材を使った風変わりだけど美味しいピザが食べられる「真鶴ピザ食堂KENNY」

「真鶴ピザ食堂KENNY」 外観 113675486 お店入り口
街中の小さなお店。ミシュランの人形は⁈(笑)
→違った!!マシュマロマンだった。(^^;;ゞ
なおじゃぱんさま →ありがとう!

出典:匠パパさんの投稿

真鶴駅から徒歩5分の場所にある「真鶴ピザ食堂KENNY(ケニー)」は、真鶴を訪れたらぜひ足を運んでほしい本格ピザ屋さんです。港町でピザ?と思われるかもしれませんが、メニューには真鶴で獲れる食材を使った、この場所ならではのナポリピザが勢揃い。

「真鶴ピザ食堂KENNY」 料理 60756307 マルゲリータと白のうずわのハーフ&ハーフ

出典:こみうり新聞湯河原支局さんの投稿

おすすめは、真鶴産の干物をトッピングしたピザ。アジの干物にトマトソース、ニンニク、オリーブなどをトッピングしたものや、ウズワ(ソウダガツオ)のペーストと地元野菜をトッピングしたものなど、真鶴でしか味わえない個性的なピザがいっぱいです。一皿2人前なので、「ハーフ&ハーフ」にしてビールといっしょに2種類のピザを味わうといいですね。

真鶴ピザ食堂KENNY

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

6.実は美味しいものがいっぱい!日本海側のまち「鳥取」

6.実は美味しいものがいっぱい!日本海側のまち「鳥取」1955340

出典:ひでやんさんの投稿

鳥取県といえば、どこまでも続く広大な「鳥取砂丘」。空と海と砂丘のコントラストが美しく、地球のパワーが感じられる場所です。そんな鳥取県は東西に長く、日本海の幸にも恵まれています。新鮮な海鮮丼はもちろん、ご当地ラーメンやご当地カレーなどもあって、実はグルメの宝庫なんですよ。

\ ここは行ってほしい♩ /

ランチ限定の「づけあな丼」は必食「鮨よし喜」

「鮨 よし喜」 外観 54532534 鮨よし㐂・外観(2016.03)

出典:SV01改さんの投稿

「鮨よし喜」は、新鮮な地魚など、厳選ネタにこだわったお寿司屋さんです。旬の魚介類を使った握り寿司や、彩り鮮やかな海鮮ちらし、魚料理を中心とした一品料理が味わえます。中でもランチタイムの「丼」は大人気!リーズナブルなお値段で新鮮な海の幸たっぷりの丼がいただけます。

「鮨 よし喜」 料理 54532526 鮨よし㐂・づけ穴丼¥1,100(2016.03)

出典:SV01改さんの投稿

その中でぜひ食べてほしいのが「づけあな丼」です。脂がのったマグロの赤身と、特製ダレに絡まったとろフワ穴子がご飯の上にぎっしりトッピング……だけじゃないんです。食べ進めていくと、ご飯の中から、卵焼き、海老、イクラ、タコ、イカなどが登場。楽しく食べ進めることができるので、あっという間に完食できますよ。

鮨 よし喜の詳細情報

鮨 よし喜

東山公園、米子、博労町 / 寿司

住所
鳥取県米子市道笑町4-12-15
営業時間
11:30~13:30 17:30~22:00
定休日
日・祝
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥10,000~¥14,999

データ提供

7.名建築のまち「松江」

7.名建築のまち「松江」1955492

出典:nozomu1999さんの投稿

松江は島根県の東部に位置するエリアで、日本有数の渡り鳥の飛来地でもある「宍道湖」や、国宝「松江城」が有名ですよね。宍道湖の美しい夕景は「日本の夕日百選」に選ばれるなど、風光明媚なまちです。そんな美しい風景が自慢の島根ですが、名建築も多く、「モダニズム建築物の宝庫」とも言われているんですよ。

\ ここは行ってほしい♩ /

自然と調和した名建築で、夕陽に包まれる「島根県立美術館」

自然と調和した名建築で、夕陽に包まれる「島根県立美術館」1955496

出典:

数ある名建築の中でも、宍道湖岬に立つ「島根県立美術館」は、水との調和をテーマにした美しい美術館。設計を手がけた菊竹清訓氏の作品の中でも特に優れたものと言われています。宍道湖畔の景観に溶け込むような、穏やかなラインを描いた建物が特徴的。モネやクールベなどの水をテーマにした国内外の絵画を収集展示しているほか、彫刻・工芸・写真などの優れた作品も収蔵されています。

自然と調和した名建築で、夕陽に包まれる「島根県立美術館」1955497

出典:よっち~さんの投稿

「日本の夕陽百景」に選ばれている穴道湖畔に建っているため、美術品の展示だけでなく、夕陽が美しい美術館としても有名なんです。そのためロビーは一面ガラス張りになっていて、この部分だけは入場料なしでも入ることが可能。夕陽に照らされた湖は息を飲むほどの美しさで、魅入ってしまうでしょう。

島根県立美術館の詳細情報

島根県立美術館

住所
島根県松江市袖師町1-5
アクセス
JR松江駅から徒歩で15分
営業時間
[10月〜2月] 10:00〜18:30 [3月〜9月] 10:00〜日没後30分
定休日
[火] [12月28日〜1月1日] 企画展の開催日程に合わせて休館日の変更あり
料金
一般:企画展1,000円、コレクション展300円。大学生:企画展600円、コレクション展300円。

データ提供

8.のどかな風景が広がるまち「帯広」

8.のどかな風景が広がるまち「帯広」1955503

出典:kitten :Dさんの投稿

北海道の南東部に位置し、雄大な田園風景が広がる帯広は、北海道らしい風景が見られるエリア。酪農や農業が盛んなため、このエリアでは美味しいスイーツやチーズなどもたくさん生産されています。北海道銘菓と言われて名前が挙がるあのメーカーも、実は帯広で創業したんです。

\ ここは行ってほしい♩ /

お菓子も自然も楽しめる、夢のような場所「六花の森」

お菓子も自然も楽しめる、夢のような場所「六花の森」1955707

出典:pokopokoさんの投稿

「六花の森」は、スイーツで有名な六花亭が運営しているアートの森です。六花亭といえば、北海道のお土産の定番ですよね。六花亭は帯広に2つの広大な施設をつくっていて、そのひとつがこの六花の森なんです。六花の森は10万㎡もの庭園で、敷地内には六花亭の紙袋に描かれたあのお花とそのほかさまざまな植物が咲き乱れています。

お菓子も自然も楽しめる、夢のような場所「六花の森」1955708

出典:

園内には7つの小さな美術館が点在しています。中でも、あの花柄が一面に張り巡らされた美術館は必訪!壁にも天井にも花柄が施されている景色は圧巻ですよ。美術館以外にも、六花の森ともうひとつの施設だけで販売されるお菓子や、カフェでいただける出来たてのバターサンドなど、ほかにも魅力が色々。ゆっくり巡って、自然とアートとスイーツを堪能しましょ♩

六花の森の詳細情報

六花の森

住所
北海道河西郡中札内村常盤西3線249-6
アクセス
JR帯広駅から車で40分
営業時間
[4月下旬〜11月上旬]
料金
小学生 500円 大人 1000円 団体 800円 20人以上大人800円、小・中学生300円 中学生 500円

データ提供

一番大事にしたいのは、友達と過ごす時間。

一番大事にしたいのは、友達と過ごす時間。1955919

出典:Ichiさんの投稿

仕事のこと、プライベートなこと…。何かに疲れたときは、気心知れた友達と過ごすのが一番。特別な場所へ出かけなくても、特別な何かをしなくても、大事な友達となら十分楽しめます。いわゆる観光地ではない場所へ出かけて、ただ友達といられることを一番の目的にした旅へ出かけませんか?

全国のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード